ここから本文です

投稿コメント一覧 (4コメント)

  • >>No. 578

    北興化学HP
    ホーム 株主・投資家情報 業績・財務情報 セグメント別情報
    https://www.hokkochem.co.jp/ir/financial-information/segment
    農薬事業の構造的不振を、ファインケミカル事業の高付加価値化で補い、着実に利益成長していると思いますが。

    なお、新中計の2020年度利益計画30億・35億・25億円を既に2018年実績で31.41億・40.81億・29.44億円と超過している。
    新3ヵ年経営計画
    https://www.hokkochem.co.jp/wp-content/uploads/HOKKO_Growing_Plan_2020_20171204.pdf
    無理に売上より、高収益化が理想でしょう。

  • >>No. 568

    > 時価513円では
    > PER   PBR   利回り
    > 5.1倍 0.57倍 2.92%
    > 安いと思いますが。

    株主総会前に、株価低迷。
    他では、株価低迷対策で 自社株取得が増えている。

  • 野村さんのお陰(安いとこ買えた人には)?
     想定外の安値379円の分析

    (1)野村証券        2.90% →  2.88%
    (2)野村ホールディングス        0.00% →  0.00%
    (3)野村アセットマネジメント        0.42% →  1.43%
    10/22~12/20の60日間で(1)野村証券は市場内外で取得・処分を頻繁に繰り返し、特に株価に直接影響する市場内で累計取得12,900株累計処分17,100株で差引4,200株処分で売り越し手口とみられる。
    半面(3)野村アセットマネジメントは主に市場外から差引15,200株買い越している。(市場外は見えない)
    集計相違有れば御免

    市場全体が軟弱のところに、主幹事のこの売り越し姿勢は2018.11期の業績が芳しくないのではと推察され、全般セリングクライマックスのなかで、買物薄のなか処分売りで想定外の安値379円(@108.56ではPER3.49倍)となったと推測します。
    そして、12/28 これら保有報告 
    12/28 会社から過去最高決算見込みへ大幅上方修正(@108.56)の開示が事実。

  • >>No. 205

    野村のお陰?
     想定外の安値379円の分析

    (1)野村証券        2.90% →  2.88%
    (2)野村ホールディングス        0.00% →  0.00%
    (3)野村アセットマネジメント        0.42% →  1.43%
    10/22~12/20の60日間で(1)野村証券は市場内外で取得・処分を頻繁に繰り返し、特に株価に直接影響する市場内で累計取得12,900株累計処分17,100株で差引4,200株処分で売り越し姿勢とみられる。
    半面(3)野村アセットマネジメントは主に市場外から差引15,200株買い越している。(市場外は見えない)
    集計相違有れば御免

    市場全体が軟弱のところに、主幹事のこの売り越し姿勢は2018.11期の業績が芳しくないのではと推察され、全般セリングクライマックスのなかで、買物薄のなか処分売りで想定外の安値379円(@108.56はPER3.49倍)となったと推測します。
    そして、知ってか知らずか?
    12/28過去最高決算見込みへ修正開示が事実。

本文はここまでです このページの先頭へ