ここから本文です

投稿コメント一覧 (75コメント)

  • フライトは現株価の100倍以上、みんなとは桁違いの株価を読む。

  • 俺の云う事信じれば億万長者もすぐ実現!!!

  • 馬鹿者共、能書きで銭が儲かるか?銭儲けは天分じゃ、アホ共は賢者の真似、提灯に尽きる。

  • ハゲタカは上がり株に飛び付くが本命、真打ちはこれからだ、フライトは本命中の本命である

  • おいおい、どこ見てんだ、多分?何考えてんだよ!フライト大舟に乗った気分だぜ!

  • 株に絶対はありませんがフライトの今回は多分ではなく絶対に騰がっていきます。

    これは相場感ではなく道理です。

    フライト強くお勧めさせて頂きます。

  • フライトは片山圭一朗が上げんじゃねぃぞ!おまんらが買上げるんじゃ!

  • あがれば あれよ あれよと あっという間に 騰がる のが フライトの特性。

  • お楽しみはこれからだ!、ワハハハ!。(超爆笑)

  • ここは 大化けに 化ける、どんどん化けてゆく。

    これだけの 超優良企業 は存在しない。

    電子決済は 国策である。

    オリンピックを目指して、可動式(無線式)の電子決済装置にカードのIC化に 対応できる会社は フライトのみ。

    世界のカード会社すべてから認可を得ている。

    最近JR東日本からSuica認定及び交通系ICカードで10種類(Suicaを含む)が認定された。

    これはビッグニュースだ。

  • 下がる!、下がれ!、損切れ!とは「毎度馬鹿の一つ覚えの如く、同じパターンだね。」

    「DeNA次世代タクシー配車アプリ「MOV」
    Incredist Premiumを採用し交通系ICカード決済に対応決定
    ~Android版ペイメント・マイスターが登場~
    2019年07月31日

    h ttps://www.flight-hd.co.jp/news/detail.html?id=411

    会社の株式会社フライトシステムコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 片山圭一朗、以下フライトシステム)と株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋⾕区、代表取締役社長兼 CEO:守安 功、以下DeNA)は、DeNAが提供するAIを活用する次世代タクシー配車アプリ「MOV(モブ)」の車載器システムと連動したタクシーの車内決済システムとして、フライトシステムの次世代マルチ決済装置「Incredist Premium(インクレディスト・プレミアム)」を導入し、主要タクシーメーター4社と連動した交通系ICカード決済の対応が決定しました。

    ※交通系ICとは「Kitaca」「Suica」「TOICA」「ICOCA」「SUGOCA」「PASMO」「manaca」「PiTaPa」「はやかけん」「nimoca」の10種類」

    ここは信用売りは認められていないのに、下がって儲かる訳がない。

    論理的根拠は「売り煽り諸君」には無い。全く狂人的な言動だ。幼児の駄々こねとしか言いようがない。

    フライトが嫌なら、他の株に乗り換えればいいのに、頭大丈夫ですか?お薬飲んでますか?強いお薬出しますか?

    これだけ巨大な会社(DeNA社、三菱マテリアル社、米国アップル本社、米国IBM社、三井住友、三菱UFJ、6大世界カード会社、米国ID TECH社、JR東日本、日東電工、NTTドコモ、ソフトバンクなど)と取引しているフライトをゴミ会社扱いするヒトの頭は常識を持ち合わせていない狂・っ・て・い・る人間である。

    最近JR東日本からSuica認定が決定したのに、

    「下がれ、下がる、損切れ」という「売り煽り諸君」の頭はどうかしているぞ!!

  • 念願のJR東日本のSuica認定及び交通系ICカードの認定の衝撃が大きい。

    現在日本では唯一である。フライトが一番である。

    とにかく株は美人投票なのだ!

    美人株は騰がる。美人でない人は美人の小さいホクロにケチをつける。

    一円でも安く買いたい、器の小さい売り煽りの人。個人の信用売りが認められていないのに、売り煽りをするアホな人間。

    もう一度言う、フライトは美人株なのだ。東京オリンピック、大阪万博を控え、しかも将来性抜群の株なのだ。

    来週から3、000を超える、激上げモードにチェンジする。

  • 「マイナンバー制に関わる自治体関連、物流改革関連、金融関連のシステム開発を軸に、ヒアリングから提案、システム設計/構築/導入、稼働後の運用やサポートまですべての工程に対応」とマイナンバーに関する自信のある営業広告している。

    (w w w.flight-hd.co.jp/ir/individual.html)

    「コンサルティング&ソリューション事業
    オープン・web系システムをトータルで支援

    マイナンバー制に関わる自治体関連、物流改革関連、金融関連のシステム開発を軸に、ヒアリングから提案、システム設計/構築/導入、稼働後の運用やサポートまですべての工程に対応。さらにコンサルティングやインフラ設計/構築、ソリューションサービスも提供します。」

  • 三井住友カードでも将来性のない会社と包括協定+手数料ビジネスをフライトに付与するわけない。

    もし、フライトが倒れたたら、三井住友カードの信用は失墜する。

    JR東日本、DeNAも困る。Sucaが認定された以上、どんどん騰がるしかない。

    どんどん騰がるには買うしかない。単純な論理だ。買えば上がる、売れば下がる。

    そうだろう。

    NTTドコモ、ソフトバンクも信用のない会社と取引があり得ない。

    もし装置が故障や間違った動きすれば、誰が責任を負うのか?

    通信インフラ事業で故障などあれば、新聞記事になる。

    一円たりとも間違ってはいけない。銀行もNTTドコモもソフトバンクも同様。

    まして交通系電子マネーSuicaがデタラメな演算すれば、とんでもないこと。

    ビジネスは信用で動いている。

    だから6月から東京エレクトロン長崎が製造を担当するのも、フライトの技術力を評価しているからである。

    フライトの世界的6大カード認知+NTTドコモ+三井住友カード&手数料ビジネス+交通系電子マネー(現在進行形)、これは非常に信用のかたまりである。

    ソフトバンクが「ソフトバンク、膨らむ借金「11.6兆円」の重圧 フリーキャッシュフローを改善できるか」(東洋経済)でも、潰れず、中東の石油王、トランプ大統領、プーチン大統領、習近平主席からも顔が利く間柄である。

    要は会社は経営者の人間力が大事で、人間力がゼロの売り煽りには理解できないだろう。

    片山社長の人間力はJR東日本、DeNA,三菱マテリアル、東京エレクトロンデバイス、アップル米国本社、NTTドコモ、三菱UFJ、三井住友、ソフトバンク、大手官公庁等等とビジネスを展開してきた実績がモノいう。

  • 素人投資家は単なる株価の下落を理由にして、売却するから、投資に失敗する。


    フライトを糞株とののしるなら、この際、売りたければ、売ればいい。


    まもなく来るフライトの株価大幅上昇のとき、ブーメランとなってお前の後頭部を直撃するだろう。

  • 米国への輸出が可能となったULJapanの認可なら株価3倍増以上だな。

    「飲料自販機やホテル、病院、駐車場等の自動精算機市場に向けたマルチ決済端末の提供を開始
    〜日本市場向け専用インターフェースを米国ID TECH社と共同開発〜
    2019年02月07日
    h ttps://www.flight-hd.co.jp/news/detail.html?id=402

    会社の株式会社フライトシステムコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 片山圭一朗、以下フライトシステム)は、飲料自動販売機やホテル、病院、駐車場など屋内外に設置した自動精算機に向け、ICクレジットカード等に対応したマルチ決済端末の新製品の提供を開始します。 」

  • VISAが日本初で7月から非接触のVISAカードに切り替えた。
    今後マスターカード、アメックスカードも非接触に切り替わる予定である。

    NTTドコモが「当社はQRコード決済だけでなく、(非接触決済サービスの)iDやクレジットカードの3つの方策を広げる方向で進めたい」とのことで、すでにドコモショップにてIncredist採用(2018年04月26日)されている。

    ソフトバンク携帯電話販売店や大手家電Yなどに導入済みである。

    フライトはパナのレジ直結の有線(固定式)と異なり、無線なのでユーザーへの対応が早い。

    今日の日経朝刊7頁13版のNTTドコモの社長の非接触決済サービスの)iDやクレジットカードに無線対応(可動式)できるのは、フライトのみである。だから採用となった。


    2019/7/27付日本経済新聞 朝刊

    ――QRコード決済の競争が激化しています。今後の顧客還元策をどのように考えていますか。

    「当社はQRコード決済だけでなく、(非接触決済サービスの)iDやクレジットカードの3つの方策を広げる方向で進めたい」

  • ■「ジャックスグループの後払いサービス」がフライトの一般消費者相手の事業拡大に貢献。いままでBtoBであったが、BtoCのビジネスを着手。

    ■ここは買い場である。


    ■ECサイト構築パッケージ「EC-Rider B2B(イーシーライダービートゥービー)」と、ジャックスグループの後払いサービス「アトディーネ」がAPI連携を開始いたしました

    2019年8月19日

    h ttps://www.atodene.jp/news/190819.html

  • 念願のJR東日本のSuica認定及び交通系ICカードの認定の衝撃が大きい。

    現在日本では唯一である。フライトが一番である。

    とにかく株は美人投票なのだ!

    美人株は騰がる。美人でない人は美人の小さいホクロにケチをつける。

    一円でも安く買いたい、器の小さい売り煽りの人。個人の信用売りが認められていないのに、売り煽りをするアホな人間。

    もう一度言う、フライトは美人株なのだ。東京オリンピック、大阪万博を控え、しかも将来性抜群の株なのだ。

    来週から3、000を超える、激上げモードにチェンジする。

  • パナは固定式装置(有線)・・・スパー、コンビニに主。

    フライトは可動式装置(無線)・・・携帯電話販売会社など。

    パナとフライトは棲み分けされている。

    安いものでフライトは10万以下、パナは50万以上。

    パナ以外(有線)競争相手がいないから、無線式はフライトのみだから、利益が出るように価格設定力がある。

    5月発売のマルチ決済でも米国ID TECH社との開発製品もオンリーワンゆえ儲かるように価格設定できる。

    世界の6大カード会社(VISAなど)+銀嶺カードから、今後新規参入しても、

    許可をもらうのに3年以上かかる。

    問題は国際基準のセキュリテイー保護のテストにパスするかどうかが、新規参入を妨げる。バリアーが大きい。そして各カード会社に殺到する世界中からの申請待ちである。

    フライトは強い。

    無線式で6大世界カード会社+銀嶺カードのセキュリテイー保護の国際基準にパスしたメーカーである。

    いまは大底値である。

    h ttps://www.flight-hd.co.jp/news/detail.html?id=411

    DeNA次世代タクシー配車アプリ「MOV」
    Incredist Premiumを採用し交通系ICカード決済に対応決定
    ~Android版ペイメント・マイスターが登場~2019年07月31日

    ※交通系ICとは「Kitaca」「Suica」「TOICA」「ICOCA」「SUGOCA」「PASMO」「manaca」「PiTaPa」「はやかけん」「nimoca」の10種類」

    明日は大化けに化ける。STOP高までゆくだろう。

    今後10、000円以上の株価となる。

    現在、まだまだ序の口である。

本文はここまでです このページの先頭へ