ここから本文です

投稿コメント一覧 (330コメント)

  • 以前、こちらの掲示板に「現物放置が最強?@3990」
    という名前で参加させてもらっていた人間です。

    今、こちらの掲示板を拝見いたしますと、なにか、
    UUUM株の株価が思うように上昇しないことによる、
    あせり、倦怠感、閉塞感のようなものを感じます。

    UUUM株は、今現在も、依然として将来有望な銘柄と
    考えますが、株式投資の対象は、UUUM株だけではないので、
    この閉塞感を打破する一つの方法として、UUUM株以外の
    銘柄に目を向けてみるのもよいのではないでしょうか?

    私は以前、UUUM株の現物株6300株保有していましたが、
    買残も多いようですので、今すぐの爆上げもないだろうと
    考え、UUUM株持ち株はいったんすべて売却、
    (正確にはNISA枠にUUUM株200株残していますが)
    今現在は、ユニゾホールディング社7000株のホルダーです。

    ユニゾHD社は、東京駅前に自社ビルを有する、資産の
    多い会社なのですが、外資系のエリオットに株を大量に
    買われてしまい、友好的なフォートレスに依頼して
    TOBをおこなっているところです。

    大株主のエリオットにユニゾHD社の経営権を持って
    いかれたくないユニゾHD社の経営陣としては、
    なんとしてもTOBを成功させたいが、そのためには
    TOB価格を引き上げていく必要がある。
    また、TOB価格を引き上げても、最終的に、
    TOBが成立しなかった場合、エリオットは、
    法外な配当金を要求してくると思われる。

    第三者的な個人投資家としては、どちらに転んでも、
    利益を上げられることになるので
    「TOB銘柄は、絶対に買い」と判断しました。

    ユニゾHD株で利益をあげることができましたら、
    またUUUM株に戻ってきますので
    そのときはまたよろしくお願いいたします。

  • 以前にも書きましたが、こちらの銘柄の関係者は
    「国家とハイエナ」を通読されて、エリオットに
    ついて研究されることをおすすめいたします。

    エリオットは、恐れられているハイエナファンド
    であると同時に「法の番人」でもあるのですが、
    エリオットは、基本的に、どのような考え方で
    投資に臨んでいるのか?

    法廷で問われるのは法律に基づいた正義のはずですが、
    そうだとすれば、法廷闘争をもっとも得意とする
    「訴訟型ヘッジファンド」とはどういうことなのか?


    ・・・あくまでも「個人的な思い込み」ですが、
    エリオットは、世界各地で、手当たり次第に
    資産差し押さえの訴訟を起こしているとされます。

    エリオットが日本の会社に目をつけたのは、
    やはりその会社の所有する不動産が魅力的
    だからなのではないでしょうか?

    ねらった会社の株式を大量に保有したからには、
    とことん大株主としての権利を主張し、
    その会社の不正をとことん追及、最終的には
    その会社を解散に追い込み、所有する不動産を
    差し押さえにくるのではないでしょうか?

  • いつもレベルが低いトンチンカンな質問ばかりして
    申し訳ありません。

    こちらの掲示板の意見も参考にさせていただき、
    本日 2019/09/09 午前中に 現物株 7000株(
    平均取得単価4290円)購入しました。

    さて、大株主のエリオット・マネジメントについては、
    黒木亮 著「国家とハイエナ」幻冬舎 が詳しいと思います。
    「国家とハイエナ」は、エリオットの活動をメインに執筆
    された国際金融の解説書で、素人にも読みやすい良書
    だと思います。

    ホルダーの皆様は、なるべく「国家とハイエナ」を通読
    されて、エリオット・マネジメントの手法について研究
    されることをおすすめいたします。

    あくまでも個人手な感想ですが、私が「国家とハイエナ」
    を読んで、ユニゾ株購入に踏み切った理由は
    下記のごとくです。

    ***********************************************************
    エリオットは「法律書をもったハイエナ」という異名を
    持っており、ねらった国家や機関の債券を入手したら、
    法廷闘争に持ち込んで、とことん権利を追求する。

    たとえば、エリオットが、ねらった会社の株式を大量に
    保有した場合は、まず、法外な高配当を要求し、
    法廷にて、会社の不正や隠し財産をとことん追求、
    最終的には会社を解散に追い込み、会社の総資産、
    解散価値を根こそぎ回収しようとしてくるだろう。

    つまり、エリオットは、かならずしも、恐ろしい
    ヘッジファンドというだけでなく、国家や機関の不正を
    追求する「法の番人」としての顔も持っている。

    また、エリオットがねらった会社の株式を保有している
    第三者的な個人投資家も、漁夫の利を得て、資産家
    になれる可能性が高い。

  • うまい具合に、第三者割当増資ができるのかどうかが
    経営陣の腕の見せ所のように思います。

  • TOB不成立の場合に、そう簡単にTOB価格を引き上げる
    こともできないという場合は、思いきった増資で株数を増やし、
    敵方の株の持分の割合を低下させてしまうという手法は
    最後のウルトラCのような気がしてきます。

  • TOB不成立の場合、ポイズンピルの可能性は?

  • 頭が悪いので、少し考える時間をくださいよ。

  • たとえば、あくまでも一つの考え方ですが

    旧興銀の市場価値 ≒ 現在のユニゾ社の株価

  • >日本の銀行役員はみんな同じことを考えていたので、
    >みずほに限ったことではない

    長銀が10億円でリップルウッドに買われていったのに対し、
    興銀をみずほとして残したと思うのです。

  • ごもっともです。
    勉強になりました。

  • 小崎社長は、かつて、2002年頃、みずほホールディングスの
    株価が、素人が見ても「さすがにまずいのでは?」と思われる
    ところまで、みるみる暴落したときに、一兆円の増資などを
    提案して、みずほホールディングスを窮地から救った人
    という印象ですよね。

  • いつもトンチンカンな質問ばかりして
    申し訳ありません。

    ユニゾ社は、もともと、みずほ銀行(日本興業銀行)の
    分身のような会社(先輩のいらっしゃる会社)なので、
    いよいよF社のTOBが成立しないという場合は、
    みずほ銀行が義理でF社のTOBに参加してTOBを成立させる・・

    そこまでは現実的でないとしても、みずほ銀行もユニゾ社の
    大株主になって、自分たちの先輩のいらっしゃるユニゾ社の
    経営陣の支えになるという可能性はないのでしょうか?

  • これまで低レベルな質問を繰り返し、
    醜態をさらして失礼いたしました。

    実は最近、他の銘柄を売却し、少しまとまった
    資金ができたので、よさげな投資先を探していて、
    こちらの銘柄にたどり着いたのです。

    こちらの銘柄の要点をまとめると
    下記のごとくだと思われます。

    **************************
    U社は、その株式を、H社、E社、I社に大量に
    買われることになった。

    株式会社であるU社は、その経営権を、大株主
    であるそれらの機関投資家にもっていかれて
    しまうリスクが高まってきた。

    それに対抗して、U社の経営陣としては、
    現在の経営陣の継続のため、U社と友好的な
    関係にあるF社にTOBを依頼した。

    そのままの経営陣で運営を継続したいと望んでいる
    U社の経営陣としては、なんとしても、F社のTOBを
    成功させたいが、そのためには、F社のTOB価格を
    引き上げる必要性が高まってきた。

    したがって、U社の株式投資は、第三者的な個人
    投資家にとっても、大変有利な投資先となる。

    長文失礼いたしました。

  • フォートレスは
    今のTOB価格でTOBは成立すると
    考えているのでしょうかね?

  • HISのTOBは検討中(=撤退)なので、
    対抗馬(ホワイトナイト)として依頼
    されたフォートレスのTOBも今と
    なっては存在意義が薄れてきている。

    それに、フォートレスも
    本当にTOBが成立することを
    望んでいるわけでもない。

    ただし、フォートレスにも
    起業家としてのメンツがあるので
    一度提示したTOBをいまさら
    引っ込めるわけにもいかない。

    そういうことなのかと
    思っていました。

  • >現実はHISのTOBはあるんですけど。
    >大丈夫ですか?
    >有るものを無いと仮定する意味あるのかしら(笑)

    >>801のレスは
    「HISのTOBは検討中なのでないのと同じ」
    という意味のことを言っているのですよね?

  • >エリオットが自身の購入価格を下回る株価を
    >喜びますかね(笑)

    エリオットが喜んでも悲しんでも
    フォートレスのTOB不成立の後の
    株価には影響しないのでは?

  • そもそもHISのTOBがなかったら、
    ホワイトナイト(フォートレス)のTOBも
    存在しなかったのでは?

  • ユニゾ経営陣がフォートレスにTOBを依頼したのは、
    あくまでもHISのTOBを阻止するための対抗馬として
    であって、本当は、ユニゾ経営陣はフォートレスの
    TOB成立も望んでいないのですよね。

    そして、このままフォートレスのTOBが成立しなければ、
    株価も2000円に戻ると考えていていいのですよね。

  • >そんな空売りできますか?
    >1,000パーセント無理でしょ(笑)

    つまり、財力がある機関投資家といえども
    ユニゾ社の株価操作は絶対に無理
    と考えていいのですね?

本文はここまでです このページの先頭へ