ここから本文です

投稿コメント一覧 (57コメント)

  • 永田良一氏は弘法大師 空海の密教を信仰しているみたいだね!お大師様が新日本科学を見捨てる訳がない。必ず最後に新日本科学は勝つ!

  • 働いてみたい注目成長企業2019
    ランキング第5位に新日本科学が選出
    これは確実に2004年の上場来高値5,880を超えることを示唆している

  • いずれ上場来高値 超える

  • 今日のお昼は肝吸い付きの特上うな丼にします^_^

  • 今日のお昼は特上のうな重にします^_^

  • ようやくだね!売り豚、ご愁傷様!

  • 上場来高値は2004年の5,880円ですよ!

  • 2019/03/28 16:23

    医薬品開発の受託国内最大手の株式会社新日本科学(本社・東京都、永田良一代表取締役)が沖永良部島で、シラスウナギ(ニホンウナギの稚魚)の人工種苗の大量生産に向けた事業を展開する。同社と和泊町は20日、新たな水産業創出に向けた協定を締結した。国内でシラスウナギの不漁が続く中、人工種苗による大量生産技術の確立と、島の新たな産業創出に期待が高まっている。
     シラスウナギは近年、乱獲などで採捕量が激減。国際自然保護連合(IUCN)は2014年、ウナギ資源が枯渇しているとしてニホンウナギを絶滅危惧種(IB類)に指定した。
     養殖ウナギの生産量全国トップを誇る鹿児島県もシラスウナギの採捕量が近年大幅に減少。県内養鰻業者は、シラスウナギを中国からの輸入に頼っているのが現状で、人工種苗での大量生産技術の確立が望まれている。
     同社は前臨床(臨床研究の前段階)試験受託で国内トップの東証一部上場企業。米国、中国などにも拠点を構え、グループ会社を含む従業員数は2千人余。
     人工シラスウナギ生産事業は、県内養鰻業や日本古来の食文化を守ろうと、14年から鹿児島市の本店研究施設で着手。17年11月には世界初の「閉鎖式循環システム」を用いたシラスウナギ生産に成功し、昨年夏から研究拠点を指宿市に移して大量生産に向けた研究開発を行っている。
     今後は同社がこれまでの研究で得た技術と、沖永良部島の高温で、きれいな海水を生かし、シラスウナギの大量生産実現に向けた取り組みを進める。
     同社は伊延港近くの町有地を賃借契約し、「今後、速やかに研究拠点を構え、一連の種苗生産を整えた上で、大量生産事業化への展開を図る」としている。
     20日、和泊町役場で協定調印式があった。永田社長は「まずは今後3年間でシラスウナギ1万尾を生産し、最終的には鹿児島で必要な量の6千万尾を目標としている。大きなエネルギーが必要だが、諦めずに一歩ずつ進み、島の活力につなげたい」と抱負を語った。
     伊地知実利町長は「医薬品の前臨床関係の業界で国内トップの企業が本町に進出することは大変うれしく、感謝の気持ちでいっぱい。今後の研究成果が楽しみであり、豊かな自然を生かした島独自の産業が生まれることで地域の振興発展の力になることを期待したい」と歓迎した。

  • 一回下がると終わった?私のような10年ホルダーはデイトレの考え方が分かりません!上場来高値5,880円更新します!

  • なんか出て上場来高値5,880円更新します!

  • 経鼻絡みで上場来高値5,880円更新します!

  • 上場来高値5,880円更新の日迫る!

  • いよいよ2004 3/15の5,880円上場来高値更新の日迫る

  • 777
    揃った!これは何かあるな

  • 新日本科学の実力のおかげです。いずれ上場来高値を必ず突破します!

  • チンパンジーの人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使ってヒトの病気の治療法などを探る研究を、京都大霊長類研究所(愛知県犬山市)のグループが二〇一七年に本格化させる。ヒトとの遺伝子の差が約1%しかないのに、チンパンジーはがんやアルツハイマー病をほとんど患わない。iPS細胞を使うことで、ヒトとチンパンジーの細胞や組織を詳細に比較し、この秘密に迫る計画だ。

     iPS細胞は〇六年にマウス、〇七年にヒトで作製されて再生医療研究が進んでおり、一三年にはチンパンジーでもiPS細胞作製が報告された。世界的に始まったばかりのサルなどの霊長類のiPS細胞研究に、霊長研の今村公紀助教(35)は初期から携わる。今村助教と大学院生の北島龍之介さん(25)は霊長研などで飼育する四頭のチンパンジーからiPS細胞を作って研究環境を整え、今年は世界で初めてニホンザルのiPS細胞の作製にも成功した。

     グループでは特に脳に注目する。これまでマウスなどの実験動物以外では、生きた動物の脳細胞を得ることは難しかったが、iPS細胞からは脳の神経細胞や組織を培養し、発生過程も詳しく観察できる。

     アルツハイマー病では、脳にタンパク質のごみが蓄積して神経細胞が死に、認知症になるが、チンパンジーではこの蓄積がほぼ見られない。今村助教は「神経細胞の研究が可能になったことで、なぜチンパンジーで病気が起こらないのかわかるかもしれない」と話す。京大iPS細胞研究所でアルツハイマー病の再生医療を研究するグループとも連携して研究計画が進む。チンパンジーではがんも極めて少ないことから、今村助教らは脳腫瘍でも同様の研究を進めたい考えだ。

     ヒトの進化の鍵になった遺伝子の特定を目指す、スケールの大きな研究もある。ヒトとチンパンジーは遺伝子が約99%一致するが、ヒトの脳がチンパンジーより約三倍大きい点で異なる。これが高度な言語や文明の形成につながったと考えられる。今村助教は「ヒトとチンパンジーの脳が発生する過程を遺伝子レベルで分析し、脳を大きくする指示を出すような遺伝子を見つけられるかもしれない」と話す。

     富山県高岡市出身の今村助教は金沢大を卒業後、京大大学院などでノーベル医学生理学賞受賞者の山中伸弥教授の研究室に所属し、iPS細胞の発見を間近に見た。「山中先生から独自の研究分野をつくることの大切さを学んだ。霊長類のiPS細胞研究という自分の分野を確立したい」と話している。

     (森耕一)

  • 経鼻投与基盤技術が確立されるのはいつ?

  • WVE 高値更新してる。

  • 日々公表に指定された銘柄は、毎営業日に信用取引の未決済残高が公表され、投資家に注意喚起が促されます。 買い残と売り残が公開されるとどのような効果と影響があるかというと、規制措置がとられることによって、過度の信用売買が自粛されやすくなるという効果があります。 

    仕手系材料株はファンダメンタルズで分析すると異常な高値まで買い進まれるケースが多いため、相場の知識をある程度持っている投資家ほど売り玉を建ててしまうのです。 当然仕手筋は売り残が急増している銘柄に目をつけ、さらに上昇させることで踏み上げ相場を誘発させます。空売りが大量に発生した日から値幅を計算して、強制ロスカットになる水準を目標株価に設定するということが多いです。 その水準を数日維持させて、株価が乱高下している間に分からないように売り抜けるという巧妙な売買手口で莫大な利益を確保するわけです。

    日々公表銘柄に指定されると、東証でも大証でも同じ影響があります。 未決済の空売りが急増していると、当然踏み上げ相場を期待した買いが入ってきますので、ストップ高レベルの暴騰が期待できるのです。

本文はここまでです このページの先頭へ