ここから本文です

投稿コメント一覧 (297コメント)

  • 株主の求めるリターンはTOPIX、セクターインデックス、同業他社をアウトパフォームすることだと思うが、残念ながら現実は全てにアンダーパフォームしている。
    現在の高配当利回りも配当額を増やしたからではなく、株価の下落により結果高配当利回りになったという情けない実情である。
    経営者は株主からの負託をちゃんと理解し報酬に見合った働きをして欲しいです。

  • 2020/01/09 14:09

    14:07現在の騰落率

    TOPIX 1.62%
    機械セクター 2.03%
    コマツ 0.70%

  • 日立の上場子会社は再編の話が出てからここを含め全てかなり上昇している。
    再編の結果が出るまでは空売りはリスクが高すぎるかな?

  • 現在株価は2539円です。
    VWAPより0.6%下方に乖離してます。
    弱い株の典型的な動きです。

  • 昨日のような市場暴騰時にはほとんど上がらず、本日のような暴落時には律儀に下げるのでは株主は辛いですね。
    本日の騰落率も日立建機に1%程度負けております。
    また、本日240日移動平均線を下回ったので過去1年に株主になった方は平均的に全員含み損状態になりました。

  • コマツの株価リターンを平均であるTOPIXと比較してみます。

    ヤフーファイナンスの比較チャートで簡単に確認できます。
    タイムホライゾンは1ヶ月、6ヶ月、1年、2年、5年。10年。
    すべてのタイムホライゾンでTOPIXをアンダーパフォームしてます。
    1ヶ月という超短期から10年という超長期ですべてのタイムホライゾンでです。

    コマツは高配当利回りなので配当込みのリターンだと少し変わってくるでしょうが、コマツの株主は銘柄選定という点では全員失敗してます。

  • 数値だけ見るとコマツロングー日立建機ショートを組みたくなる。
    計測期間をいろいろ変えてみてもこれだけ乖離する確率は1%以下である。
    しかし、日立建機にまつわるM&Aを考えると躊躇してしまう。

  • 本日はTOPIX、日経平均、機械セクターそれぞれ1.5%程度上昇しております。
    コマツは今日上がらなくていつ上がるのですか?

  • コマツと日立建機の株価比較
    (データは全てヤフーファイナンスより)

    2019.8.26の株価
    コマツ  2225.5円
    日立建機 2222.0円
    TOPIX  1478.03
    コマツは日立建機を3.5円上回っている。

    2020.1.6の株価
    コマツ  2608円
    日立建機 3280円
    TOPIX  1697.49
    コマツは日立建機を672円下回っている。

    上記期間の株価リターン
    コマツ  17.19%
    日立建機 47.61%
    TOPIX  14.85%

  • TOB価格より安値で売却する売り手:TOBまで持っていれば2300円になるが、TOB実施日程は未定でそれまで資金は固定されてしまう。いますぐ投資したい銘柄もあるから少し安くても売却しよう。

    買い手:TOB実施日程は未定でもしかしたら随分と先になる可能性もある。それまで資金が固定されてしまう。それにTOB自体がご破算になる可能性もある。それならある程度安くないと買えないな。


    本日の終値は2269円でTOB価格より約1.35%ディスカウント。
    この1.35%は売り手にはリスクを引き取ってもらうので払うリスク解放料です。
    また、買い手にとってはリスクを引き受けるので受け取るリスクプレミアムです。
    ですからTOBの実施がすぐにでも行われることが決定すればこのディスカウントはゼロに収斂していきます。

  • TOB価格
    ショーワ 2300円
    日東工業 2250円

    最終的に2銘柄の価格差は50円に収斂する。
    しかし、場中それぞれの思惑で価格差が大きく50円を超えてくることがある。
    本日の場合、私の見てる限りで言えば90円を超えた状態があった。

    マーケットにタダでお金が落ちてる状態である。
    明日以降もミスプライシングされるなら裁定ポジションを組むのは悪くないと考える。

  • 先行研究から、株価は業績予想の修正が発表されるだいぶ前から、それを予見させるような動きを見せることが知られています。
    しかし、株価の未来予知能力と言われるものはインサイダーなしには存在しえないものだと思います。
    今回ショーワの株価の不自然な動きは10月10日を起点に10月21日から加速度的に進んでおります。
    今回経営統合されるショーワ、ケーヒン、日信工業の株価の動きとセクターインデックスとの乖離を統計分析すれば、異常な動き=インサイダーが有為的に出てくると思います。
    ただ、個別にそれを摘発するのはほとんど不可能だと考えています。

  • [東京 30日 ロイター] - 30日付読売新聞朝刊は、日立製作所<6501.T>とホンダ<7267.T>が、傘下の自動車部品メーカー計4社を合併させる方針を固めた、と報じた。
    報道によると、日立の完全子会社「日立オートモーティブシステムズ」と、ホンダが筆頭株主となっているケーヒン <7251.T>、ショーワ <7274.T>、日信工業<7230.T>の3社を合併させる。日立は新会社株の過半数を持ち、ホンダも出資する方向。新会社の売上高は2018年度の単純合算で約1兆8000億円となり、国内3位となる見通しという。

    毎日毎日上げておりましたがこういう事でしたか。
    ちなみにケーヒン、日信工業も同じような上げ方をしてますね。

  • 本日も勢いは衰えません。
    14時20分頃9万程度のまとまった売りも瞬時に消化し上げ続ける強さ。
    多くのテクニカル指標が上げ過ぎを示す中どこまで行くのか非常に興味があります。

  • 現在1771円でVWAPより約1.5%上方に乖離してます。
    どうなってんだ?

  • 本日も引き続き強い。
    現在1762円で年初来高値を更新。
    VWAPより1%以上上方に乖離しており異常な強さである。
    10月30日の中間決算までは上がり続けるのだろうか?

  • SBI証券によると、信用買残-信用売残が170万株以上あります。
    出来高が20万~30万の銘柄で170万株以上を処理するのはかなり難しいのではないだろうか。

  • 現在1738円。
    この2週間ほど強すぎる。
    10月30日の中間決算でアップサイドのサプライズがあるのでしょうか?
    しかし、これだけ上げると中間決算後急落もありそうで怖い。

  • 本日の値下がり率は東証一部(2152社)中20位でした。
    何故?

本文はここまでです このページの先頭へ