ここから本文です

投稿コメント一覧 (9998コメント)

  • 5/24
    政府が推し進める「働き方改革」が新たなステージに移りつつある。副業の推進や定年の延長(定年制廃止)の実現に向けた動きを強めており、株式市場でも関連株に思惑買いが広がりそうだ。

     現状、多くの企業で禁止されている副業・兼業については、人手不足対策の1つとして政府が導入を奨励しており、就業条件の改定などで環境を整えようとしている。また、政府の「未来投資会議」では、高齢者が従来の65歳から70歳まで働けるように関連法を改定することや、将来的な定年制廃止に関して議論されている。

     こうした流れをとらえるのが、企業と在宅勤務者のマッチングサイトを展開する★クラウドワークス だ。広告宣伝の効果もあり人材紹介件数は増加基調が続く。フリ ーランスの紹介事業にも注力している。

     フリー人材のコンサルサービスを手掛ける✳️みらいワークス にも注目したい。クリエーターの人材派遣では、★クリーク・アンド・リバー社 なども有力。在宅作業が可能な、コンピュータープログラムの不具合を検出する「デバッグサービス」では、★デジタルハーツホールディングス や★ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス が浮上する。

     一方、定年延長に絡んでは、アクティブシニア(55歳以上の働く意思のある人材)への就労支援を展開するキャリア が最有力。医療・介護向け人材紹介のエス・エム・エス や、アルバイト紹介のフルキャストホールディングス も、シニア層への取り組みに積極的だ。

     副収入の増加により、会社員の確定申告ニーズが高まることも予想される。確定申告のフリーソフトを提供するマネーフォワード はこのテーマの隠れた関連銘柄としてマークしたい。

  • これからのSB623について下記の二つのサプライズがあると期待している。

    1) 今のところ薬事法の問題もありSB623がどの様に効 果があるのか映像として見る事は出来ないが、映像を出す時期が来れば世界が驚愕する様な映像になると思う。

    2) 再生細胞薬「SB623」は、健常者の骨髄液から採取した間葉系幹細胞を大量培養する訳だから最終的なコストは可なり安く生産出来るし安くして世界初の新薬で世界を驚愕させる事は考えていると思う。単価1000万円以下、例えば500万円位にしないと世界展開で多くの患者に使えないと思う。世界を驚かすには普通のやり方は考えていないだろうと思いたい。神のみぞ知る。

  • 超強い、高値引け! 何かを期待したくなるね。

  • 毎日毎日こんなに地合いが悪いと時には仕方がないが、後場はどこまで戻るか楽しみだね。

  • >>No. 828

    サンバイオは日本に見切りを付けた訳ではありませんよ。

    会社沿革

    2001年(平成13年)2月  米国カリフォルニア州にてSanBio, Inc.を設立

    2013年(平成25年)2月 日本法人サンバイオ株式会社を設立

    2013年(平成25年)8月 SB623脳梗塞用途、米国にて臨床試験フェーズ1/2aの患者への投与完了。サンバイオ株式会社 本店を東京都港区海岸に移転

    2014年(平成26年)1月 日米親子逆転の企業再編を実施(日本法人を親会社に)

  • 出来高は相変わらず超少ない。何故?

  • 出来高は相変わらず超少ない。何故?

  • >>No. 117

    ▶︎みなさんご一緒にwwwwww
    断言しようwwwwここ買人wwwwww
    おまぬけもん🐵

    上記の投稿は以前の有名な宇宙人。
    バイトは儲かっていますか?
    毎回同じフレイズは古いので別のものに変えたら? 変えても株価には影響ないが、宇宙人の暇潰し。

  • 国の政治が分かっていない。自分達と同じレベルで考えない方が良い。しかめっ面で会談しても世の中は変わらない。ゴルフでも何でも明るくやった方が良い。企業の取り引きでも同じこと。

  • 米国、ファーウェイ製禁止要請か 5G基地局で韓国に
    2019年5月23日 19:31

    LGなどはファーウェイを使用しており、禁止すれば中国から制裁を受ける。 使用すればLG経由で情報が漏れるので同盟国として米国は絶対受け入れない。米国から制裁の対象になる。板挟みの状態。

    ザインはLGと取引があると思うので株価に影響は?

  • 米国、ファーウェイ製禁止要請か 5G基地局で韓国に
    2019年5月23日 19:31

    LGなどはファーウェイを使用しており、禁止すれば中国から制裁を受ける。 使用すればLG経由で情報が漏れるので同盟国として米国は絶対受け入れない。米国から制裁の対象になる。板挟みの状態。

  • 色々な技術がある企業だ。大量受注が期待出来る商品が生産されるなら株価の大幅な上昇に繋がる。優れた技術でも生産量が少ないと株価維持に精一杯。

  • ★野村証券に改善命令へ、金融庁 上場基準の情報漏洩
    2019年5月23日 18:00

    金融庁は23日、野村証券に金融商品取引法に基づく業務改善命令を出す方針を固めた。東京証券取引所の市場区分見直しに関する情報を投資家らに漏洩した問題が発覚し、社内の情報管理体制などに大きな不備があったと判断した。野村証券に対する処分は2012年、上場企業の公募増資を巡るインサイダー取引問題で業務改善命令を出して以来となる。

  • >>No. 647

    ▶︎IR担当は9月までの研究がうまくいったので来年の1月までに申請するとのことでした。

    来年の1月迄に承認申請すると言う事は今まで通りの予定を再確認した事になりますね。早ければ来月6月に承認申請があるかも知れないので目が離せない。

  • 正直なところ、ここの投稿者の中でkurutoriakiさんの投稿内容が一番的を得ているのでだーい好きと言う人が多いと思います。ハズキルーペだーい好きと同じ。先が大きくハッキリ見えるんです。

  • 若者から見て、ここの投稿は何故か人や企業をバカにした老害化現象が起きている。

  • ゴールドウインの自社株買いに期待。

    ★自社株買い急増、9割増の3兆4000億円 19年度計画
    2019年5月22日 19:40

    日本株市場は欧米主要市場に比べ営業日数が少ない(東京・中央の東証アローズ)
    上場企業の自社株買いが急増している。2019年度の自社株買い計画額は21日時点で、約3兆4千億円と前年同期比9割増だった。三菱地所など資本効率を改善するため、株主への還元策を見直す企業が相次いでいるためだ。ファナックなど減益でも自社株買いに踏み切る例も増えている。18年度の自社株買い額は日銀の上場投資信託(ETF)の買い入れ額を上回り、日本株の重要な下支え役となっている。

    日銀の金融緩和政策などを背景に、上場企業は潤沢な手元資金を抱える。ただ経営者は大規模な設備投資には依然として慎重だ。コーポレート・ガバナンス(企業統治)改革の進展で「従来よりも資金の使い道を問う投資家の視線が厳しくなっている」(三井住友トラスト・アセットマネジメントの上野裕之シニアストラテジスト)。消去法的に自社株買いに資金を充てる企業が増えている。

    自社株買いは、企業が発行した株式を自社で買い取り、市場に流通する株式を減らす行為を指す。株式需給が引き締まり株価を高める効果があるほか、1株当たりの利益も増える。少ない資本でどれだけ効率的に稼ぐかを示す指標、自己資本利益率(ROE)を底上げする効果もある。

    4月1日から5月21日までに発表した自社株買い計画額(取得枠)を集計したところ、合計額は約3兆4100億円と、前年同期(1兆7700億円)と比べて93%増となった。計画を発表した企業数も約230社と3割増えた。
    (以外省略)

  • ✳️日本唯一の国認定の宅配回収 リネットジャパン 

    日本唯一の国認定だから期待出来るところがあるね。

  • 年末から来年に掛けて大活躍です。それまでホールド。

本文はここまでです このページの先頭へ