ここから本文です

投稿コメント一覧 (1276コメント)

  • >>No. 684

    >売却する子会社:ライフリビング(株) 業態:収益マンション1棟売り
    >純資産48億円、総資産76億円、売上高90億円、営業利益9.6億円、純利益5.9億円
    >優良子会社だ。

    100億円くらいで売れそうですね
    2ヶ月分くらいの延命にはなるかな

  • >>No. 653

    > 支援する気ないから銀行出身役員が強権発動して 一連の不動産売買したわけ。

    同感です。

    支援する気なら融資・増資するはずなのに、なぜか2Q決算では借入金が減っています。

    「売れる内に不動産を売って、少しでも現金を回収したい」が銀行側から派遣された役員の本音でしょう。

  • >>No. 645

    > 行政による救済の声を待っているんじゃない。
    > そしたらりそなも受入先も動きやすいし

    行政が救済するとすれば、可哀想なオーナーさんたちにつなぎ融資を斡旋するくらいでしょう。

    違法建築を建て続けてオーナーを騙した会社をなぜ行政が救済するんでしょうか?
    大義名分が全くありません。

    > ここの機関投資家はそれがあることを知っているからこそ
    > 買い進んできているのではないかなと思う。

    ここの買い方さんはそれがあることを信じているからこそ買い進んでいるんですね。
    常識で考えてありえないと思いますけどw

  • >>No. 550

    > 曙ブレーキも、借金チャラにしてもらって再建に向かっている。
    > だから、レオパレス21も金の問題は大丈夫だろ。

    曙ブレーキ工業が事業再生ADRを申請したのは今年の1月。
    それから第三者割当増資が決定するまで株価は半値以下になっていますね。

    > 膿を出し切って、生まれ変わればいいんじゃないか?
    > 時間はかかるかもだけど。

    そうですね、その頃に買えば良いんじゃないですか?
    時間はかかるかもだけど

    > それともTOBか?

    債務超過してからの方がお得ですねw

  • ほんの6ヶ月前まではこんな入居率計画だったんですね。

    3ヶ月毎に「3ヶ月経てば入居率は改善する」と言い続けていれば良いんですから簡単なお仕事ですよ。

    今頃85%まで入居率が改善していて、昨年並みの建築受注に回復するというバラ色の未来を予想して「来期は1億円の黒字になります!」と発表していたのを忘れた株主が多いようで。

  • >>No. 437

    >先日のホテル3棟の売却で手にした現金も一瞬で消えますね

    「一瞬」は大げさですね。

    3ヶ月分程度の延命策にはなっていると思いますからw

  • >>No. 435

    >オーナーに一番良いのは、改修してもらってから会社が破綻することだね。

    レオパレスにとって一番良いのは、改修をしないで破綻をしないように延命策を講じ続けることですね。

    今のところ、問題が表沙汰になってから1年半は改修をなるべくしないようにして延命し続けることに成功しています。
    これは売り方として予想外でしたw

  • >>No. 433

    >これまで他社にない差別化で伸びてきた会社です

    ですね。

    見えないところの壁を作らず、壁の防火防音も無視するなど違法行為を厭わずコストカットする優れたアイデアマンである「特級建築士」の指示の下で叩き出した不良品率8割という圧倒的な数字は他とは比べようもありませんよね。

    >今回の不正を正し、もしこの危機的状況を脱して今後はこの業界の模範となるよう生まれ変わることこそ社会的責任をはたすことであると思います。
    >偉そうなことをいって申し訳ないのですが、それに期待したいと思います

    それならば、札束で顔をひっぱたいてでも職人を集めて改修を進めるべきなのに、問題が発覚してから1年半が経過しても不良物件の1割も改修が進んでいないのは不思議ですね。

    貴方のような優良株主の意見がが少しでも経営陣に通ると良いと祈っています。

  • >>No. 397

    >職人さんや作業員取り合いになっている現状では他社の現場から金で頬を叩いて、もぎ取ってでもこういう会社の恥の不備は早く補修して渡すべきなんだけどね。


    それができないから遅々としたペースでしか補修できないのもありそうですね。

    1棟あたり200万円ってのは現金が枯渇するギリギリの額ですし、何とか手持ちのホテルなどを売って凌いでいる状態なのは今回の決算で分かりましたからね

  • >>No. 309

    > 会社の立て直しに関与する意図があるのだったら、ここで利確するのは納得しにくい感じがしたもので。
    >結局、値幅取りの投機に過ぎなかったということでしょうか。

    提案らしい提案をした様子もないようですしね。
    アルデシアに大量のババを掴ませて、残りは売るチャンスを見計らってるってことでしょうか。

  • >>No. 303

    普通に利確しているってことじゃないでしょうか。
    確か買い単価は230円台だったので、ウハウハですねw

  • >>No. 292

    はい、そういう建設的なお話を聞きたかったのです。

    帰宅してゆっくりと書き込みしてくださることを期待していますので。

  • >>No. 285

    > そうやって誤算誤算を繰り返していくのでしょう
    > あなたの根拠には誤算の種がチラホラ

    浅学非才の身なので具体的に指摘してもらえるとありがたいです

  • >>No. 281

    ただし、不思議なのは、この期に及んでこの3ヶ月で長期借入金を14億も返済していることです。
    資産の切り売りをしていることと矛盾する印象です。

    もし、「不動産の売却を進めたのが銀行から出向してきた役員」と報道されていたのが事実だとすると、銀行は資産の切り売りをして可能な限り債権の回収をしているのかもしれませんね。

    銀行から見て再建の見込みがあるなら追い貸ししても良いはずなのですがw

  • > 上方修正ですね(笑)

    そうですね、おめでとうございますw

    今期はホテルを含めた不動産の売却で300億以上のキャッシュを得ていますからね。
    そこは誤算でした。

    半年ほど延命になりそうで、良かったですね。

  • >>No. 272

    >とにかく早く改修、終息させて風化させるしか道はないのに、このペースだと自ら破綻しにいってるみたい

    いや、破滅を先送りした結果がこれなんでしょう。

    界壁偽装問題が発覚してから1年半以上が経過しています。
    (オーナーから訴訟を起こされた時点からだともっと長いのですがw)
    この間に検査を進めながら補修をすることもできたはずなのに、約30000棟のうち900棟しか終了していません。

    本気で補修しようとすれば月10億円単位のキャッシュが出ていき、一時的に入居率はさらに下がる。
    それに耐えきれないことが分かってるんだと思います。

    長期的な入居率上昇のためには一気に補修を進める必要があるが、それをやってしまうと1年と持たずにキャッシュが枯渇する。

    詰んでるんですよ、ここは。
    1Qと2Qの決算でハッキリと分かります。

  • >>No. 267

    となると、必然的に15ヶ月の間に入居率を上昇させなくてはいけませんが、そのためには補修を終わらせなくてはなりません。

    現時点で補修関連引当金は530億円。
    1棟当たり200万円程度を見込んでいます。

    15ヶ月で補修を終わらせるとすると、工事業者に1ヶ月2000棟分の工賃を払う必要があります。
    200万円×2000棟=40億。

    補修が本格的に始まると、先程述べた60億円に加えて40億円のキャッシュアウトが1ヶ月間に生じるはずです。

    950億÷100億を考えると、現預金が枯渇するまで9ヶ月です。

  • >>No. 249

    > 普通とは?
    > 今期のことを言っているのかな?
    > それとも10年後?
    >
    > 曖昧な投稿には意味がない
    > 君は何も述べていないに等しい

    そうですね。買い方さんとしてその意見は正しいと思います。

    僕なりに述べさせてもらうと

    ・1Q決算では130億の現預金が減少
    ・2Q決算では不動産売却と投資有価証券売却で150億を手にしたのに30億の現預金減少

    と、現預金の枯渇の手当てに追われる状況です。

    入居率がさらに下がっており、3Qでは本業でのキャッシュの流出は180億以上になるでしょう。1ヶ月に60億円以上の現預金減少です。

    9月末時点での現預金690億とホテルの売却益160億を合わせても850億。
    他に売れる資産は名古屋のホテルとグアムのリゾートですが、仮にこれが100億あったとしましょう。それで950億。

    950億÷60億を考えれば、現預金が枯渇するまで15ヶ月くらいでしょうか。

  • >>No. 175

    > yahooの広告にやたらとレオパの入居募集案内が出てるんだけどこれ俺だけか?

    こちらはgmailの広告にOYOがやたらと入ってくるようになりましたw

  • >>No. 156

    B/Sが公表されていました。

    現預金は3ヶ月で30億減っていましたね。
    不動産の売却で150億、有価証券の売却で30億の現金を得たのに、それでもまだ手当ができていないほど本業がダメダメだってことが分かりましたw
    ホテルも売ることになった事情が分かります。

    営業キャッシュフローは250億のマイナス。
    その要因は明らかで、メインの賃貸事業が110億の赤字だから。

    計画では81.4%の入居率を想定して期末の売上・利益を予想していますが、11月以降の平均入居率が82.5%まで回復しなければいけないことになります。

    79.49%まで落ちた入居率がどこまで回復するか、生ぬるく見守るとしましょうw

本文はここまでです このページの先頭へ