ここから本文です

投稿コメント一覧 (44コメント)

  • 昨年前半の大量所有報告書/EDINETで、野村が10%近い株式を所有していました。その後、空売りして株価を下げて収益を上げようとしていると思っているのですが、詳しくお判りの方お教えください。
    それと、モルガンスタンレイが目標株価を下げていましたが、野村と組んで動いているのではないかと思ってなりませんが、お分かりの方お教えください。

  • 他の医療関係の会社の投稿では,「今日はしょうがないだろう。33業種別ランキング。精密機器 32位、医薬品 33位と最下位だったので、しょうがない」とありました。

  • No.238

    様子見

    >>168 yuyakeko…

    2019/04/20 12:26

    >>168
    yuyakekoyake様
    本庶さんへの見解、詳細で良くわかりました。
    何とか、株価がせめて3000円まで回復することを
    期待したいものです。
    退職金が漬物に成って久しい状況なのです。

  • >>No. 113

    >>113
    YUYAKEKOYAKEさん
    本庶さんには、これまでの契約通りで納得してもらってうのが道理ですね。こんごは、20~30%の奏効率のオプチーボを、更に50%以上に向上させる研究の目途を付けて呉れ、それが小野薬品で確認出来たら、数十億の一時ライセンス料と、売り上げに応じた報酬を払うことを提案したらどうでしょうか?

  • ニプロさんの長期借入金が、2年前の4063億円から、最近5329億に増えている
    背景をお教えください。

  • 本庶さんが26億円を受け取らないなら、小野薬品は弁護士と協議して、供託金?として送り、特定の郵便で告知しておく必要がありますね。

  • ひぐらし様
    >>310
    1月16日の日経の株価の傾向を特集しているスクランブルの記事に寄ると、
    日本の陸運、不動産、医薬品などの企業は、純投資目的以外の「特定投資株式」の銘柄数が相対的に多く、持ち合い解消に消極的に見えるそうで、医薬品企業としては、
    小野薬品が取り上げられています。111社の株を持っていると記述されています。以前に日清食品と、製薬会社からの要求で、持ってもらってた株を売り出したことがあり、株価が変な動きをしました。
    ちょっと想像を超えた株を持っており、昨年からの株価低迷で、財務が傷ついているかもしれませんね。

  • ひぐらし様、Fuj様、aya様
    この低迷が激しい小野薬品の、近い将来への発展の可能性に関して
    いくつもの貴重な資料開示を有難うございます。
    何とか応援を続けてゆきたいと思います。

  • >>462
    すいません。2回投稿してしまいました。

  • 2018/10/25 19:53

    今日25日の日経夕刊に、沖縄県の豊見城中央病院と中頭病院で行われた、
    早期食道がんの内視鏡手術で、患部が収縮して狭窄し、裂傷を起こしやすくなるが、
    東京女子医大が開発した口腔粘膜細胞を培養した薄い細胞シートを、裂け目を覆うように
    貼り付けて臨床試験した。中頭病院で7月に治療した70代の男性は治癒し、
    再発することもなく経過は良好との事。
    豊見城中央病院でも、今月中旬に、70代男性に移植して、経過を観察中との事。
    期待が持てる経過で、うれしい限りですね。

  • ひぐらし様
    たいへん長い間、我々を勇気づけていただき大変有難うござます。
    本庶先生がノーベル賞に輝き、長い間絶えてきたものとして、
    ご同慶の至りです。
    小野製薬も、京都大学の基礎研究充実に寄与しないといけませんね。
    株主からも、募金を募ったら、多少は救いになるのでしょうか。

  • 7月30日の日経の私見卓見というコラムで、エピキュールの青木さんが、
    海外M&Aについて、「買った瞬間に成否はほぼ決まっている」との結論に
    いたっており、買収を仕掛ける段階で7つの特長を備えていないと難しいとの見解です。
    小野の相良社長は、次は「自力」での進出を目指す。「まずは当社の強みを発揮できるニッチな市場に焦点を当て、自社販売の第一歩を踏み出したい。すでにいくつかの候補化合物に的を絞っています。それらをはずみに『本気で』ビッグマーケットへ乗り出します」とのことですが、
    進出企業が備えるべき7つの能力として、
    ①中核となる事業に置いて、日本市場において最大手であり、高収益であること。
    ②自社の中核事業に関連して、新規参入が難しい事業を持つ海外の会社を買うと運営しやすい。
    ③強固な財務力があり、買収後も維持出来る見通しがある事。
    ④適正価格を超えて買ってはならない。
    ⑤買う企業が黒字か、黒字化が見込める事。
    ⑥人材への依存度が低い、ローテクの業態でのM&Aが望ましい。人材の価値が高いと流出が起こると無価値になる。
    ⑦買い手の人材の質の方が高いこと。日本人がコントロールすることになるので、ハードルが高い。
    小野は、新薬の開発や、海外の進んだ薬品の導入、導出力に心配はなさそうですが、
    海外での販売力や、BMSとの契約関係をうまく勧めて、自己で販売することに異議を唱えれることがないように
    今から、少なくとも2~5年ぐらいの準備がいるのではないでしょうか?

  • Torさん
    >>828,833
    受注残については、7月13日のhttps://www.hds.co.jp/ir/achievements/accounts/
    で、2018年と19年の第一期を比較で、減少率が出ます。
    それと、今日の第一四半期報告の、12ページに受注状況が示され、その中の日本の
    受注額が、ロボット関係が8,299、その他が1,227百万円で、合計9,526百万円
    で7月13日の9,546百万円とほとんど変わりません。
    当方も素人で、確信はありませんが。

  • 空売り検索では、Credit Suisse Securitiesが、118万株空売りしており、この株価がストップ安に
    へばり付いているのは、アルゴでやっていると思われますが、その手に載らずが宜しいかと。

  • 『決算書はここだけ読め』というという本に従って、
    昨年度の決算書より、最近3年間のキャッシュフローを抜き出してみました。
    営業活動による       平成27年   平成28年     平成29年
    キャッシュ・フロー (千円)   6,666,140   8,622,997    10,257,532
    投資活動による
    キャッシュ・フロー (千円) △3,249,376  △3,841,103   △5,268,622
    財務活動による
    キャッシュ・フロー (千円) △1,311,273 △4,552,342 1,598,075
    現金及び現金同等物
    の期末残高 (千円) 13,344,553 12,935,673 19,992,651
    従業員数(名) 5,233 5,545 6,220
    (外,臨時雇用者数) (186) (190) (184)
    営業CFから投資CFを差し引いた、フリーCFは常にプラスであり、財務CF
    は、昨年だけ、自己株式の処分による収入が約42億発生したためにプラスとなっている。
    大変健全な経営が行われていると解釈できそうですね。
    唯一、従業員数が、平成25年は3100人程度から、2倍増しているので、売上げが200億から
    427億に2.13倍と、多少生産性向上が弱いのか?

  • >>katさん
    >好決算=株価上昇 が、日本の株式取引から消えて無くなりつつありますね。
    >機関投資家、証券会社などが、強引に値下げを図って儲ける形態は、とても
    >健全な姿とは、思えませんね、、。これが、日本の株取引ならば、
    >情けないですな、、、。 全くですね。
     他社の掲示板で、大口株所有者の調査方法を教えてもらいました。
    EDINETが使えるようになっているので操作してみてください。
    念のため,検索方法ですが、
    ①EDINET/大量保有 で検索
    ②文字列に 7747 と入れて検索
    N証券グループが、持ち株比率を、最近上げていることが判ります。
    最近の下落の原因が判ります。

  • ひぐらし様、Bakさま、fuj様、ameyujyu様
    何時も貴重な情報を有難うございます。
    小野の広報部に、ロシュのテセントリクが発売になったが、
    特許訴訟の件、問い合わせた所、行っているが、結果は
    公表できる状況ではないとの事でした。

  • Ameyujyu様
    >>779,799,802
    海外の生の動きを的確に教えて頂き有難うございます。
    後期高齢に入って2年前に購入しましたが、劇的な乱高下ばかりで
    した。今回の件でも、このような適切な情報がないと維持するのが
    難しくなってしまいます。
    今後とも、よろしくお願いします。

  • >>281海好きさん
    >>290ゆうさん
    教えていただき有難うございました。
    参考になる事が盛りだくさんですので、順次見せていただきます。
    2007年頃、東京女子医大での進捗状況説明会を聴き、
    応用範囲の広い技術と思いました。
    色々教えていただけるのが、楽しみです。

  • 海好き様
    ネットで探してみましたが、掲示板を見つけられません。
    2007年頃からセルシードを見てきたのですが、
    支援する力もありませんが、素晴らしい技術であることだけは
    信じており、臨床が進み、今では供給体制も完成しつつあり、
    応援したいと思っています。

本文はここまでです このページの先頭へ