ここから本文です

投稿コメント一覧 (112コメント)

  • 信用倍率もいい感じになってきたので、年後半のチャートがきれいな右肩上昇を続けるのを期待したい。今後も儲かりそうなんだから独歩上昇だね。たぶん。

  • 私の議決権行使は単純明快である。封書到着時点で持ち株の株価が塩漬けの場合はすべて否である。否が三つも続くとなぜか笑えてくる。野村もトヨタもホンダも持ち株数に関係なく、内容も含めて全部否である。株主総会は交通費が無駄なので、近場の三洋堂しか行ったことがない。個人株主の賛意を集めたければ会社側も株価を少しは上方に働かせてみることだ。そこでだめなのだから否で十分だろう。

  •  増配を継続中とは思えない株価だな。NISA的な末端株主だがあきれる。

  •  新店が開店する前に必ずと言えるほど調整するのは安く買いたい人が多いから?

  •  日本郵政から野村不動産を守ったのだから、リストラ待ったなしの日本郵政を含め、お役所からしばらくいやがらせや行政指導が増えるのは仕方のないことです。
     金融は金融で稼いで黙って仕返しをすればいいだけのことです。国債買うのをお辞めあそばしてはいかがですか?

  • 任天堂やアップルは中国共産党政権にとり、貴重な米ドルを稼ぐ、お宝会社です。ひどいことをしない限り、競争力のある工場はとどまるでしょう。この先、サプライチェーンの再編で中国国外で新工場は作られるかもしれないものの、すぐにはできないので、その前に中国政府が何らかの好条件を出すかもしれません。この先の25%の関税は米国までのコスト見直しで競争力のある会社は対応するはずです。技術のない弱っちい会社と強い会社を見分けるいい機会になるかもです。
     任天堂の今期会社予想は保守過ぎて、今期のPEGレシオで見る改訂PERが割安といえない状況です。でも中国を含め、任天堂の世界市場は安定的に広がり、高増益傾向もしばらく続くのではないでしょうか?増収増益増配が継続し株価もそれなりに上昇すると見ます。子供エンタ市場にライバルは必要ですが、今のところはいないようです。

  • PERとPBRからファンダメンタルは割高といえる。ROEとROAをみて成長株とは言えない状況である。個人の信用買いが増えて信用倍率は無駄に高い。
     個人の信用買いのあきらめ売りが進まない間は、よほどの材料がない限りこのままの株価推移、下がることはあっても上がることのない状況が続くだろう。
     ひらまつが頑張った配当を出せば少し買い増ししてもいいけどね。現物買いで。

  •  1000万株の消却で消却分だけいきなり株価が上昇するのかと云えばそうはならないだろう。周知期間はとれているが、後で揉めたくないからか、空売りさんがかわいそうだからか、どのみち放置しても上昇するだろうし、お優しいことで。

  •  本日は権利取りで1450円株価は上昇した。週末には33000円で1000万株の消却が行われる。33000円×1000万株÷13166万株で単純に時価総額に大きな変化がなければ一株当たり2506円資産が増えるという理解で良いだろうか?
     会計上税務上任天堂がどうなるのかは知らないが、一般株主は100株当たりで
    約25万円資産が増えるのだ。ふふふである。毎年やってくれい。

  •  ワイン会で〆に僧院ワインという激マズを飲まされたので、いつか連れに飲ませてやろうと思っていたのだが、ご本尊がお亡くなりになったせいか、知らない間に店がなくなっていた。駅中の高島屋にあって、夕方利用できない時間帯があるのも、競争に敗れた一因だと考える。他に面白い店がたくさんあるからね。

  •  3/20にモルガンSが任天堂の目標株価をoverweight継続の39000にした。先月の2/13では三菱UFJMSがneutral格下げで26400としたばかりである。
     モルガンSが単独でしかも継続という語を使用しているところに仲間割れというか、こいつと一緒にされたくないらしき意思表示を感じる。
     目標株価と現時の株価が大きく乖離すると信用でも買いたい個人が増えてくる。その状況を大口が利用するので目標株価まですんなり上昇しなくなる。アナリストも嘘つき呼ばわりされたくないので、現時の株価に目標株価の方がすり寄ってくるようだ。先のことは誰にも確実には当てられないからな。配当をしっかりもらうことにする。増収増益増配で無借金の会社なのだから放置を選択。

  • 逆張りが好きなので、ヤフーの株式ランキングでは年初来安値と信用倍率下位をよく見る。お宝になりそうなものはないかとね。材料がそれほどあるように見えない東邦ガスがきれいな右肩上がりのチャートを作っているのを見ると、空売りの踏み上げが適度に混ざらないとこんな風にはならないのだろうなと考える。現状割高だし、空売りしたくなるのもいけないとは言えない。
     一方、任天堂は好材料で個人が信用で買うので、安値引きはがしのカモになりやすい。信用倍率が上位になったら、信用買いには気をつけた方がよいだろう。

  •  2月の仏滅の日曜のお昼に女友達連れて食事した。7500円のコースにワインを同じくらい飲んで、約3万円。連れはひらまつのマイナーな品種の白ワインが気に入ったようだ。フォアグラ以外の食材ではホタルイカやイワシ、卵とかがあり、魚嫌いではあるが普通に食することができた。フォアグラ嫌いの連れは料理から外してもらっていたが、隣のテーブルの料理のエビの方が気になるようだった。冠婚葬祭の絡まない仏滅の休みを狙ってまた来てもいいな。

  •  アダストリアを処分して、納税予定分の余りで少し買ってみました。期待値は高そうです。

  •  英国がEU離脱はやっぱやめーとなったら世の中はどう動くのだろうか?

  •  改装開店がニュースでメディアが話題にすればまた株価もそれなりに戻っているだろう。優待がいいからね。

  • 株の基本は安く買って高く売る。一か月もしないうちにゲームは終わり、売らされた買わされたの結果が出てくるだろう。儲かっているなら勝ちでいいのでは?

  • 銀行が証券会社に手数料を払って、場外で売り、適当な数量を投信に組み入れて銀行が手数料をもらって販売する。期末までには任天堂が1000万株を帳簿から、ちっちと消すから損はあるまい。これから投信組み入れの割合が増えそうな予感がする。どうでもいいけどね。

  • 取締役が100株しか保持していない会社が自社株買いと償却を行うのはサプライズだろう。国債よりも任天堂の株を持っていた方がいいに決まっている銀行が売り出すのはいろいろな事情がありそうだ。売却資金で何を買うのかな?任天堂株を上回る何かを見つけたのか?現金資産を増やしたいだけか?国債を買わされるとか?
     一株あたりの何やかやが上昇で期待値が上がるので、株式市場が任天堂の予想する価格帯で大人しくしているとは思えないのだがどうだろう。個人投資家の100株資産を増やしたいのは肯定である。

本文はここまでです このページの先頭へ