ここから本文です

投稿コメント一覧 (54コメント)

  • 決算的には、会社側予想通りの数値だと思われますね。
    なので、最終的に増額があったとしても小幅でとどまるかと。

    ただ、想定より低いといっても過去2番目によい数値で2Q・3Qと着地しているわけですし、
    3Qのみでみれば、売上高は前年比で1割くらいあがっていることを考えると、今の株価は安いと思います。

    まあ1,300円くらいの株価でも良いとは思いますな。

  • 下の投稿で、”過去最低の業績となる予想”と書いてしまいましたが、
    ”過去7年間で最低の業績となる予想”が正しいです。

    1,100円台は安いと思うとりますので、明日、その近辺であれば買いたいです。

  • >>No. 222

    会社のIRページです。

    それを過去年度から4半期ごとに分解して計算すれば、先ほどの投稿になります。
    めんどくさいですけどね。

  • 決算をみるとわかりますけど、さらなる上方修正はあると思います。

    というのは、業績を過去の4Qのみで切り出すと以下になります。

    ―――――――――――――――――――――
          売上 営業 経常 純利
    H30 4Qのみ 25,509  815  779  624 ←今日発表の会社予想(=過去最低の業績となる予想)
    H29 4Qのみ 27,489 1,945 1,951 1,257 ←過去実績
    H28 4Qのみ 29,974 1,730 1,750  925 ←過去実績
    H27 4Qのみ 29,940 2,302 2,292 1,437 ←過去実績
    H26 4Qのみ 29,633 1,505 1,565  928 ←過去実績
    H25 4Qのみ 24,388 1,624 1,687  932 ←過去実績
    H24 4Qのみ 25,694 1,861 1,854 1,225 ←過去実績
    ―――――――――――――――――――――

    一番上の”H30 4Qのみ”の数値って、最近7年の中で最低の業績になるって予想なんですよね。

    でも、実際のところ、3Qまでは絶好調の業績となっている。
    言い方は悪いけど、保守的すぎる予想としか言いようがありませんな。
    こんな4Qの数値はありえないですよ。常識的に考えればね。

    即ち・・・1株純利益を独断と偏見で予想すると、
    最低160円~上180円あたりが着地点ではないかと予想します。
    これでも保守的な予想のつもりです。


    その場合、株価的には、PER10倍でも1,600円~1,800円なわけで
    株価的にはまだ割安で、上昇余地充分だというのが僕の意見です。

  • 900円台になっても、PER9倍台ですから
    株価の上げる余地はたっぷりとありますよ。

    財務が鉄板で業績も安定的に拡大している訳で、
    これまでの株価が安すぎただけです。

    特に2Qは進捗よかったからね。3Qが予想範囲内であれば、
    さらなる水準訂正は普通にありえる。

    半導体メーカーにも拡販をしているようですし、自動車向けも堅調・・・。
    その上、電線地中化の夢もあるとすれば、PBR0.6倍台 PER9倍台はお買い得だよね。


    まずは1,000円台を目指せ!!そこからが上げ相場のスタートです。


    参考:タイガースポリマー 2Q決算の過去の推移
         売上 営業 経常 純利
    ―――――――――――――――
    H30.3  10,523 780 835 590 ←最新決算
    H29.3   9,108 617 630 429
    H28.3  10,042 576 556 374
    H27.3   9,459 563 751 723
    H26.3   8,536 412 379 237
    H25.3   7,064 207 223 507
    H24.3   6,316 147 123 109

  • 他の銘柄を利食いして、平均830円で買い参戦しました。

    以下の3点に魅力を感じています。


    1点目.長期的な視点で増収増益傾向である。加えて今期も好調。


    2013年 売上295億 経常利益8.8億
     ↓
    2017年 売上405億 経常利益30.4億

    まで拡大しています。
    今期も既に、売上207億 経常利益15.3億 を稼いでおり、上方修正の可能性があります。
    (ちなみに今期予想は、売上405億経常利益27億)

    ※海外売上が50%程度の会社の為、営業利益ではなく経常利益を重視しました。




    2点目.財務がピカピカに優良であり、資産面からも割安。

    自己資本比率67%(2017.3期)で、資産内容も
    現預金91億+売掛金91億+投資証券27億=209億 であり、
    これは時価総額167億を上回っている。

    また利益剰余金が193億に達しており、配当余力は十分。



    3点目.出遅れ気味の株価であること。

    他の割安株は軒並み上がっています。
    PBR1倍に到達する銘柄が結構増えてきています。

    そんな中で、タイガースポリマーは株価があまりあがっていない。
    仮に上方修正などがあった場合、水準訂正で1,200~1,300円になってもおかしくない。


    ◆◆◆

    800円台は目をつむって、買いだと思うちょります。
    皆さま、どうぞよろしく。

  • カネミツの2Q決算の過去~現在の推移は、以下の通り。
    会社側発表で2Qが想定以下といっても、
    売上高は過去最高、営業利益なども過去2番目に良い数値です。


        売上  営業 経常 純利
    ――――――――――――――――――
    H30.3 2,285  182  159  111
    H29.3 2,198  195  178  146
    H28.3 2,057  151  115  84
    H27.3 1,915  119  137  104
    H26.3 1,820  123  124  87
    H25.3 1,678  113  98  77
    H24.3 1,572  86  83  52


    製品出荷遅れも原因とのことですが、そういったものが盛り返せれば、
    会社側発表数値レベルの業績には、落ち着くと予想。

    カネミツのネット記事だったかを少し前に読んだことがありますが、社長は誠実そうな人でしたよ。
    ただ、資本政策には、やや無頓着そうな感じだった。
    その点は改善の余地がありますが、中長期で期待できる企業だと思うちょります。


    がんばってくらはい、カネミツ・・・!
    会社名も縁起が良いぜよ。金満・・・!!

  • いやはや・・・安いと思います。

    いささか気が早いですが、3Q次第といった感じでしょうが、
    3Q悪くても下げ余地は少なくなってきていますよね。

    むしろ、3Qが意外に堅調だった場合は、あげる可能性が高いと踏んでいます。

    そう思って、1,040円どころで拾いました。
    売ってくれた人ありがとうございます。

    願わくば900円台でさらに買い増したいどえす!!
    そう思っている人が多かったら、1,000円前半が底値だったりしてw

  • 私も買いました。
    前から保有していたので、ナンピン買いですね。

    さすがに1,100円台は安いと思います。

  • 第2四半期決算、いい数値だと思いますが、如何ですかね?


    (過去の第2四半期決算のみでの推移)
        売上 営業 経常 純利
        ―――――――――――
    H30 2Q 3,752 664 698 479  ←今四半期
    H29 2Q 3,173 510 478 341
    H28 2Q 2,889 512 496 233
    H27 2Q 2,695 441 423 267
    H26 2Q 2,598 411 427 270
    H25 2Q 2,282 254 228 146
    H24 2Q 2,554 266 243 156


    半導体関連からの受注は以前として好調なようです。
    昨年度も好調だったようですが、さらに良くなっているのはGOODだと率直に評価。

    このペースでいけば、PERとしては10倍を割れる訳で、上方修正は遅かれ早かれあるでしょう。
    (朝鮮半島での戦争などが無い限りですけどね)

    2,000円近辺での値固めもされてきましたし、目下、日経平均はじめ株式市場が好調ななのも考えると
    下がったら、買えば得する事はあっても、損する可能性は低いかと考えます。

    とはいえ、これは僕個人の考えなので、ま、個々人の判断ちゅーところですな。

  • 2017/11/06 21:52

    >>763
    >>767

    なるほど、それが原因ですか!
    仮にアグリフード事業が採算改善ということになれば利益面では、さらに強化されますね。

    明日の市場の動向は見ものですな。

  • 太陽化学 第2四半期決算 評価

          売上 営業 経常 純利
    ―――――――――――――――――
    H30.2Q  9,728 947 948 654  ←今四半期
    H29.2Q  9,913 789 763 524
    H28.2Q 10,547 829 723 471
    H27.2Q  9,507 553 762 501
    H26.2Q  9,113 642 628 399
    H25.2Q  8,693 599 586 353
    H24.2Q  8,487 549 495 279

    上記のとおり、売上高減少についてホルダーの意見が割れるところですな。

    決算資料では、以下の4つの事業で説明がされている。

    1.ニュートリション事業
      売上35億(4%増) 営業利益7億(15%増)

    2.インターフェイスソリューション事業
      売上43億(1%増) 営業利益 7.7億(17%増)

    3.アグリフード事業
      売上115億(5.7%減) 営業利益4.6億(49%増) ←売上高減少の主な要因

    4.その他
      売上0.8億円(23%減) 営業利益0.1億円(500%増)


    売上高の減少の大きな要因は、上記3.のアグリフード事業。

    あくまで個人の考えではあるが、
    売上高利益率の低い3.の事業の売上減少は、正直問題視しません。
    一方、1.や2.について売上高が増えている事はポジティブ要因ですな。

    太陽化学第2四半期決算
    http://www.taiyokagaku.com/file/000219.pdf

  • この第2四半期も過去最高益です。
    どうみても、まだ割安ですな。

    解説すると、第2四半期終了時点で進捗率を加味したPERは、13倍台です。

    このソフト99という会社は、第3四半期がもっとも稼ぐ会社です。
    それを考慮すると、最終的なPERはもっと低くなるものと予想されます。

    2Qの決算報告を見ると、ほぼ全セクターが好調なのも良いかと思います。

    1,000円突破時に、”ここからは握力が肝心”と
    投稿しましたが、基本的には今も同意見ですな。
    ただ、短期の急騰時にある程度の売りが出るのはしょうがないとも思います。

    ・・・すなわち、”押し目は買い”
    ここからのソフト99相場は、これがテーマです。

  • に過去の2Q決算がこれね。


        売上 営業 経常 純利
        ―――――――――――――
    H30 2Q 26,043 1,090 1,086 589 ←今回決算
    H29 2Q 24,405 1,266 1,274 739
    H28 2Q 23,166 1,007 1,002 526
    H27 2Q 20,892 1,026 1,095 598
    H26 2Q 19,416 874  1,007 476
    H25 2Q 18,043 792  782  383
    H24 2Q 17,423 863  922  434


    みてみると、順調に売り上げは伸びているし、営業減益といっても、過去2番目に良い数値。

    http://www.alps-logistics.jp/pdf/ir/18/data2018_h/con18_h.pdf

    の決算書類の説明を見ても、経営は順調です。

    心配している人は、安心なされい!!

  • 営業減益を材料として、今日は下げるだろうと思っていましたが、
    決算の内容見る限り、特に問題の無い決算だと思うけどね。
    売った人は、単純に営業減益というキーワードに反応しただけでしょ。

    なぜならば、
    ・計算してみると分かるけど、第2四半期だけ切り出しても売上高の好調は続いている。
    ・海外展開の費用(一過性の費用)が計上されたことが起因の営業減益。事業自体は好調
     (これは決算報告書の内容、及び、売上高をみれば分かる)
    ・元々、株価が上がっていなかったこと。(なので、今回の下げは行き過ぎ)

    逆にこの決算を見て、駄目でしょっていう人がいたら、
    この掲示板に分析内容を書き込んでほしいな。書き込みまってます。

  • 今日の上げは、8億の譲渡益が材料視されたんでしょうね。

    自社車室の売却ということで

    ・売上高:減少
    ・車室からの営業利益:減少

    のかわりに

    ・譲渡益:8億

    という訳ですな。

    ただ、売上高の減少といっても、たったの80車室が減るだけで、
    8億の譲渡益は、パラカにとっておいしい取引だと思いました。

    みんな良く分析していますね。
    今日の上げは、以下にパラカに投資している人が良く銘柄を分析しているかが良く出ていました。お見事!!

  • 会社のバランスシート上では、現金28億+売掛39億+投資有価証券21億=88億あります。ちなみに流動負債は25億。
    財務上の問題はまったくありません。

    四季報の記事をみると分かりやすいですが、がんがんと設備投資を入れています。
    設備投資→資金回収 の流れの好循環が見事にはまっているのが見てとれます。
    こんな中でのヨコヨコチャートは、ありがたいというほかないですな。

    これが、ジワリジワリと上がり始めたら、順張りの投資家も参入してくるわけで、
    業績上方修正でも発表された日にゃ・・・



    ●前々号四季報
    【最高益射程園】半導体用継ぎ手絶好調。外注費こなす。営業益独自再増額。会社計画保守的。
    増配幅上乗せに期待。18年3月期は半導体用継ぎ手堅調。一般産業用バルブも本格回復、営業連続増益。連続増配も。
    【中国・南通】建機・産業車両用油圧配管製造会社を買収。
    買収後、半導体・液晶装置向け配管システムの製造も開始。
    ドイツでクリーンバルブの販売代理店開拓に着手。


    ●前号四季報
    【独自増額】半導体・液晶製造装置向けクリーンバルブ快走。
    配管システムも好伸。一般産業用も建機向けが底打つ。
    外注費増こなし営業益続伸。会社計画保守的。会社は記念配落とす計画だが普通増配に期待。
    【静 岡】半導体用クリーンバルブの製造拠点を移転拡張。
    配管システムの研究、生産技術の開発機能強化。稼働は来期。
    中国の油圧配管製造会社買収は6月にずれ込み。


    ●最新号四季報
    【再増額】半導体・液晶製造向けクリーンバルブが期初から絶好調。
    一般産業用も建機向け上向く。外注費増こなす。営業益再増額。
    下期停滞前提の会社計画過小。会社は記念配落とす計画だが、普通増配に期待。
    【次々と】静岡新工場は年末着工、19年春稼働。
    一般産業用中心に清浄度要求低いクリーンバルブも扱うステンレス配管専門工場も岐阜工場内に新設、年内本格稼働目標。

  • いや、この横横、本当に最高ですよ。
    なぜかって、上がった銘柄を売って、この銘柄を買えることができるからね。

    イハラサイエンスは、一気に急騰しすぎてしまったので、
    利食い売りによる株価下落から横横チャートに変化しましたけど、
    根本的に業績は良いです。


    たとえば、6405鈴茂器工という銘柄がありまして、あの銘柄も1,000円で横横を演じましたけど、
    僕は、その横横を辛抱強く買っていました。今は、2,700円くらいですね。
    こちらは、もう全株売ってしまいましたけどね。

    イハラの場合はファンダ面から、まだ上昇局面は来ると思っています。
    四季報は、【独自増額】(=業績絶好調)をうたっているし、
    すでに発表された1Q決算も近年まれにみる良い決算でした。

    小型の他の株がこれだけ上がっていることを考えると、
    今後、上方修正がなされた場合には、それが触媒となって一気に株価が大きく天に向かってはばたくことを期待しちょります。

  • ついに4桁示現っ・・・!終値1,000円なりっ・・・!


    1,000円を超えても、時価総額は222億。
    258億円の当座性資産(現金;換金性の高い資産)に遠く及ばぬっ!!

    今期の売上の伸びは、過去を大きく上回っている。

    まだまだこれからよ・・・!

    大きく儲けたいのであれば握力を鍛えるべし!!びしびしと!!

  • 今日の急落でさらに買い増しました。ありがとうございます。

    過去5年にわたって決算をみるとわかりますが、
    すべて会社の当初業績予想よりも実際の業績が上回っています。
    つまり、PERはもっと低くなるわけですな。
    現金が約170億+売掛金170億で、340億の流動資産も魅力的だわさ。

    ホルダーの皆々方、今日の急落を見て落胆する事ないですぞ!

    アルプス物流の株価は1,000円を超えると予想します・・・!
    上方修正があれば、案外あっさりと突破するものですたい。

本文はここまでです このページの先頭へ