ここから本文です

投稿コメント一覧 (10766コメント)

  • >>No. 451

    成長性のある優良企業なら株価対策などしなくても、株価は上昇トレンドを続けます。

    ここは毎期のように会計操作や株価対策したり、話題になるような企業に多額の投資をしていますが、下落トレンド継続ですから、いかに本業が思わしくないかということを如実に語っているのではないでしょうか?

    話題の未上場UNICORNにIPO前に投資してサヤ抜きするという、他人の資金力とコネのみに頼ったビジョンファンドですが、割高でかってさらに高値で売り抜けるのを狙っているので、もし失敗した時の損失は莫大となり、5回成功しても1回の失敗で大赤字になりかねないです。万が一、主力で3発喰らったら、再起不能のハイリスクローリターンファンド。7%の利回りで出資しているサウジや米国大手は、ローリスクミドルリターン。

  • 山さん 観光を楽しんでいらっしゃって、素敵な写真をありがとうございます。

    私は、パシフィコ横浜近辺でさきほどまで食事とデザートを楽しんでおりました。

  • >>No. 58236

    東北沖の大地震の津波の危険性と電源喪失を、国会で指摘されながら、それを黙殺して福島第1原発事故が起こり、指摘があった当時官房長官でありながら、電源喪失を予見することは無理だった、とのうのうと宣う安倍首相はどんな人種なのだろうか?

    東電の肩を持つ訳ではないですが、原発の運営をしていたのは東電ですが、設備の設計や管理をしたのはGEや東芝であって、安全基準を満たしているかチェックしていたのが国です。

    思考実験です。

    寒い日の大雨の際に緩いカーブで制限時速を守って走行していた乗用車がスリップして、ABSが上手く作動せずタイヤがロックし、ハンドルを切っても危険を回避できず道路から飛び出して集団下校中の小学生集団に突っ込んで大惨事が起きたとします。

    似たような事例が数年前に海外で起きて話題になり、今回事故が起きたようなカーブの制限速度を下げる必要性を指摘した職員がいたのにもかかわらず、都道府県の公安委員会はそれを黙殺して何の点検や処置もしませんでした。

    東電はドライバー
    乗用車の設計者はGE、製造は東芝・日立
    速度制限を下げる必要性を唱えたのは共産党
    公安委員会が安倍官房長官
    という図式です。

  • >>No. 36415

    夢心さん お久しぶりです。
    サガミの売り、コロワイド&都築電気の手仕舞い、承知致しました。

  • >>No. 36413

    sumomoさん 旭情報サービス②の買い1P、承知致しました。
    着々と利益を積み重ねていらっしゃいますね!

  • オウケイウェイブ、寄り付きで離脱。
    決算跨ぎで含み損、ナンピンの結果、お迎えが来て、無事プラスで終えられました。
    ありがたや〜。

  • 孫さん自身が、投資家に対して財務詐欺してるようなもの?

    >孫はウィワークの財務詐欺にあったようなもの?

  • ギグワーカーに安全網、ウーバー運転手は従業員
    2019/9/19
    【シリコンバレー=佐藤浩実、白石武志】米カリフォルニア州で18日、独立事業主の定義を厳しくする新法が成立した。米ウーバーテクノロジーズなどのライドシェアは運転手の一部を「従業員」として扱うようになり、最低賃金の保証など追加の費用負担を迫られる。ネットで単発の仕事を請け負うギグワーカーには安全網が整備される一方で自由な働き方が奪われる懸念も広がる。

    法律は2020年1月に発効となる。コスト削減のために産業界で横行する労働者の誤った分類にメスを入れ、働き手を守る狙いだ。

    新法は独立事業主の条件を(1)会社の管理・監督下にないこと(2)会社の通常業務の範囲外の仕事をしていること(3)同じ業界で独立した事業を手掛けていることと定める。

    3条件すべてを証明できない限り、雇い主となる企業は労働者を従業員として扱う。企業は最低賃金の保証のほか失業や病欠時の保険の手当などをしなくてはならない。

    最も影響を受けるとみられるのが、ギグエコノミーの企業やその仕事を請け負う人々だ。米労働統計局によれば、米国のフリーランスは全就業者の6.9%にあたる1060万人にのぼる。

    ギグエコノミーの代表格の企業はライドシェア大手のウーバーとリフトだ。スマートフォンのアプリを介して一般の運転手と乗客をマッチングするサービスで、現在は運転手を独立事業主としている。

    しかし大学教授らから「(ウーバーなどの運転手は)アルゴリズムによって従業員のように管理されている」との声が出ていた。

    従業員として扱うと、企業の負担が生じる。英バークレイズはカリフォルニア州でライドシェアの運転手を従業員として扱った場合、社会保障税などで1人当たり年3625ドル(約39万円)の追加費用がかかると試算する。ウーバーは同州で14万人、リフトは8万人の運転手を抱えるとされ、単純計算でそれぞれ年に5億ドル、2億9000万ドルが追加費用となる。

    米モルガン・スタンレーもウーバーでは運転手に関わる費用が35%上昇すると予想する。運賃にコストが上乗せされ、カリフォルニア州の乗車料金は従来に比べ最大で25%高くなり、そのせいで同社全体での予約数が1~2%減るとした。

    現在、両社は利用者から受け取る料金の約8割を運転手らに配分する。現状でもサービス運営や研究開発費などをまかなえず、営業損益は業績を確認できる17年1~3月期以降、両社とも10四半期連続で赤字だ。

  • 最近は金利低下の影響で、外債も利回りがいまいちで、触手が伸びません。
    19日からの売り出しのインド・ルピー建てゼロクーポン債が複利換算で5.5%。
    1年前なら7.0%で売り出されてましたから。

    数年前に外債を購入したころは、インドネシア・ルピー建てで複利7.31%
    ロシア・ルーブル建てで複利9.73、ドル建てで4.25%でした。

    為替リスクを考えたら、昨年度のカナディアン・ソーラーなど分配金利回りが7%を越えてましたから、あり得ないほど投資家に有利な条件だったことが分かるかと思います。

  • >>No. 36406

    ぴかさん 手仕舞いは大引け、のルールなので、ZOZOの終了は本日の大引けでよろしいでしょうか?

  • 中立的に会計するならば、ARMは買収価格3兆3千億円で、利益200億円程度に急減しているので、減損で3兆1千億円計上しても何らおかしくないですが、SBGは誤魔化すからすぐにはやらないでしょうね。

  • ソフトバンクのあまりに残念な経営。
    低迷するARMの業績

    ARMの買収に際して、ソフトバンクの孫会長はIoT市場が2025年までに11兆ドル規模に膨らみ、アームの技術がその大半を支えるとの見方を示していました。

    しかし、現時点ではこのARMの売上の伸びは非常に芳しくありません。米国株で目が肥えている読者の方なら、この会社の散々な状況が一見してわかると思います。

    注目は買収をした2016年からの利益(EBITDA:オレンジ色グラフ)の極端な減少です。世界中の半導体で圧倒的なシェアを誇っているARMでありながら、この利益の減少は惨劇という他ありません。

    この利益の急減速は、ひとえにソフトバンクの経営のミスだと思います。利益の減少は、買収後に急速に拡大した投資などの支出拡大(Total Cost:緑色グラフ)のせいですが、であれば投資に見合った売上拡大(Revenue:青色グラフ)があってしかるべきです。

    それが全く見られないどころか、売上成長がなくなっている点を見る限り、IoTの需要の拡大の時期を見誤った過大な投資をしているように見えます。

    ソフトバンクグループ内でARMの株を保有するソフトバンク・ビジョンファンドが、アームの低成長で投資ポートフォリオの成績が悪く見えることを嫌って、株をソフトバンクに付け替えているとも聞きます。これでは、あのARMがまるでお荷物のような扱いです。

  • うちの近所の家電専門店では、故障して動かなくなったペッパーが、お店の隅にずっと放置されてますよ。捨てるにも費用がかかるそうで。。。無用の長物w

  • 中国では既にほぼ完全自動運転のバスが一部の地域で運行してますね。
    ロシアでも後付けの自動運転システムが完成間近。
    アメリカは周回遅れ、日本は勝負にすらなっていない。これが現実。

  • ARMは、既にシェアも高く、EBITDAが2015年がピークで成長鈍化してますからね。業績ピーク時に、利益の50倍以上の価格で買うなんて、永○会長も呆れたことでしょう。彼は、業績がイマイチの会社を買収して、経営を立て直すプロですから、伸びしろのない会社を高額で買うなんてド素人かよ、って心の中で叫んだに違いありません。

  • 【道路関連無駄使い事業 ワースト5】
    1位:山陰自動車道
    日本海の過疎地域に中国地方で3本目となる高速道路を建設。未開通区間の総事業費は約4500億円。安倍晋三氏の選挙区を通り、“安倍道路”と呼ばれている

    2位:山陰近畿自動車道
    鳥取市が起点で日本海側の過疎地域を通り、費用対効果が乏しい。未開通区間の総事業費約6000億円。石破氏が「推進議員連盟会長」を務め、“石破道路”と呼ばれる

    3位:紀伊半島一周道路
    過疎地域が多い紀伊半島を一周する高速道路計画。地元議員の二階俊博・元経産大臣が推進。未開通区間の総事業費約4600億円。「命の道路」と防災目的を強調
    紀伊半島一周道路
    大物族議員の二階俊博・元経産大臣の地元で進む紀伊半島一周道路計画

    4位:東九州自動車道
    高速道路がみかん園を縦断。「代替案(山裾ルート)は半額でできる」とみかん農家は訴えてきたが、高速道路会社は無視。そして7月14日、強制代執行(土地収用)に踏み切った

    5位:中部横断自動車道
    八ヶ岳や南アルプス、富士山が見える景観を破壊する道路計画に地元住民や観光業者らが反対。予定地に推進派の北杜市長や山梨県議らの土地があることが判明

  • >>No. 58201

    ヒストリア、見ていました。
    歴史というのは、後世の人には検証のしようのない事柄が多すぎるので、
    複数の説があった場合、どれが正しいのかは永遠に謎ですよね。
    史実に基づいたフィクションってことで、捉えています。

    注目を浴びるために敢えて、通説とは真逆の説を唱えることもありますし。

  • >>No. 36403

    perozaemonさん

    SUMCOとOKIの手仕舞い、承知致しました。
    これでトータル+40%くらいで、オールキャッシュポジションですね!

  • 先日、知り合いの御婦人宅にお邪魔して、投資ポートフォリオのチェックをさせて頂きました。株式比率が9割、REITが1割だったので、今は資産防御債券、REIT、インフラファンド、外債の比率を増やした方がいいとアドバイスし、さっそくインフラファンドを昨日購入したそうです。日本の資産が100%は長期的には相当にリスキーなので、外債が良い条件で売りに出されたらお知らせする約束をしました。

    その御婦人は、バイ&ホールドスタイルで、毎年数百万円くらい貯蓄して、高配当の投資先を安い時に各銘柄数百万円単位で買うスタイルらしく、投資時期も2002年、2009年、2012年に集中していて、ほとんどの投資先が2〜3倍以上に値上がりしてました。高配当の優良企業ぞろいで、素晴らしいポートフォリオでした。

    よく長期投資は女性のほうが向いているといいますが、その通りですね。統計的にも男性は、売り買いを頻繁にして手数料負け、さらには高値で飛びついて暴落に巻き込まれて退場という比率が、女性よりも圧倒的に多いとか。

  • 年内4000円割れ それでも買いたくないな〜

本文はここまでです このページの先頭へ