IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (14コメント)

  • >>No. 727

    そのとおりだよね。次期総会の議案には現役員は全て✖を打とうよね。

  • >>No. 635

    ちがうよ。614は無い者いの僻み、あるいは株価低迷の不満のはけ口。633,634は中電退職者。自らの乏しさを憂えず、他人の豊かさを妬まず。

  • >>No. 342

    トランプ大統領の就任後しばらくまでは米国株価が上がりますよ。理由は「経済、財政政策への期待」です。結果的には日本株も上がります。したがって証券会社の取扱い高も増え利益も増えま、結果的には株価が上がります。

  • 証券会社やアナリストなどは目標株価を上げないでほしい。この人たちが上げると株価が下がります。今は順調に上がっているから水をささないでほしいです。

  •  売り方の 希望的観測だな。 残念ながら はずれだ。 ギリシャはEUから抜け出ない。 独、仏も抜け出てもらいたくない。 それが双方の本音だ。 理由? ギリシャも 独、仏も 相互依存関係にあるからだ。 ここは生活保護国家の ギリシャが 思い切って 国全体で 痛みを乗り越えるべきだ。 苦労、努力するべきだ。 
     日本の 生活保護受給者にも当てはまる。 甘いことを言ってたら 連中はもっと金よこせと言うぞ。 自分の生活態度を 改めようとしない。 生活保護を甘やかして 煽るのが 赤旗、朝日新聞、中日、東京新聞などの ダメ新聞だ。

  •  「元総理、管氏が~」  字が間違っている。本人に対して失礼だ。正しくは「菅総理」だ。反原発の人はこの程度かと思われるぞ。彼の支持者は漸減している。次の選挙ではもう当選しないだろう。反原発運動の将来を物語っている。
     また、危険といえばこの世の中すべて危険だ。100パーセント安全なものはないぞ。なぜ世界一危険なんだ。

  •  ANAは周囲の勢いある上昇気流にありながらも、水平飛行よりやや上昇しているに過ぎない。何故か。度重なる公募増資の結果過剰積載になっているからだ。重量オーバーだ。したがってなかなか上昇できない。ANAの発行株式は35億2千万株だ。このうち、2009年7月に約250円で5億4千万株、2012年7月に184円で10億株ほどを公募増資した。この結果株価は希薄化し、かつては金券ショップでも1万円近くで買い取った株主優待券も、今では2~3千円ほどにしかならない。
     伊東社長は「株の希薄化対策を行わねばならない。」と言っていたが、今はもう忘れているだろう。何もせずに株価が上がったから。でも、こんな時こそ自社株買い、増配などで長期ホルダーに恩返しをするべきではなかろうか。そして社内改革をすすめ経営改善を図り、ANAを世界一の航空会社にしてもらいたい。

  • >>No. 58164

    世間から誰も相手にされない性格とみた。少し相手をしてやろう。瞬間風速でものを言うな。あんたのように細かく探れば日経平均は10割上がっているぞ。
     「木を見て森を見ず。」という諺はおぬしのためにあるようなものだ。まだ将来ある若いご仁とみた。もっと大きい目で世の中を見ろ。

  •  この地合いでもANA株は上昇しない。なぜか。度重なる公募増資でたくさんの株主が発生した。数円でも株価が上がればすぐに売るからだ。日経平均の上下動とは関係なくANAは水平飛行を続ける。そしていつかまた公募増資を行い急降下します。そして水平飛行に移り、また、公募増資で急降下する。この繰り返しだ。
     公募増資後は自社株買いなどにより株価の回復を行うがANAはそんな素振りもない。公募増資と言うと聞こえがいいが早い話がモルヒネ、痛み止めだ。ANAは中毒にかかっているかもしれない。そろそろ禁断症状が出るころだ。
     この特効薬は社内改革しかない。人件費、支出経費を見直せ。新型機は利益で買え。公募増資、借金はあてにするな。政治家や役人と距離を持て。極めて苦い薬だが良薬口に苦しというではないか。

  • >>No. 58109

     例年今の時期は優待券は下がります。夏休みになると高くなりますよ。新しい優待券が到着したので金券ショップですぐに換金する人が多いからです。3500円どころか数年前までは8~9000円ぐらいでも売れましたよ。
     何故か、LCCの就航、旅割60などの低料金の搭乗券の販売などもありますが、何といっても度重なる公募増資で大量の優待券が市中に出回るようになったからです。
     ANAはしばしば公募増資を行います。その都度株価は下がり、優待券価格も下がります。株主にとって不利益なことをこの会社は株主総会終了直後に行います。こんな破廉恥なことをやるんだから会社内部は相当病んでいると思います。真剣に社内改革に取り組み、経営を一新することが今この会社に望まれているところです。株価、優待券価格、いずれも上昇する余地のあるANAですから。

  •  5月は株価が下がるものだ。ANAもついに下がった。この水準が引き続くだろう。日経は夏場にかけて回復する。これが株全般の例年の動きだが、ANAはこのままの水準で推移するだろう。もしくは何らかの要因で株価が下がる。よほどの経営環境の好転でもない限り上昇しない。
     何故か。度重なる公募増資で株主が増え、数円の株価上昇でも売りが続出する。したがって大幅な株価の上昇は望めない。日経平均はアベノミックス以降7~8割増加したがANAは2割そこそこしか上昇していない。おまけに公募増資で大増発した株主優待券によって、乗客が払う運賃は表示の運賃の半額だ。このためこの好況下で売上げが伸びても、利益は昨年より減っている。優待券客が少なければもっと売り上げが増え利益も増えるはずだ。
     伊東社長はかつて株主への報告書で「株の希薄化対策を行わねばならない。」と言っていたが、何もしていない。この男にはできる由もないしやる気もない。このままではANAはジリ貧だ。もう退場願いたい。
     無配になってもいい。一度大改革を行って会社を一新するぐらいのことをやってもらいたい。そして世界一の航空会社になってほしい。これが今ANAに求められていることだ。

  • >>No. 56359

    連結外し?節税対策でどこでもやってる。横領?お前見たんか。ウソを書くな。でまかせ書くな。

  •  国のやることは何でも赤字だ。以前は国鉄、米 今は年金、国保、介護保険、箱物施設の運営費、林野など山ほどの赤字事業がある。消費税を上げても「赤字だ赤字だ」と叫ぶ声がもう聞こえている。なぜこうなるか。①政治家、役人にコスト意識なし。②政治家、役人の無責任体質。例をあげよう。一県一空港だがほとんど赤字。赤字空港があっても、積極的に誘致した政治家、知事や役人は誰も責任とらない。③先のことは考えない。自分が関わる今が良ければ後どうなろうが知ったこっちゃない。
     こんなわけで国と関わりの多い企業はいずれつぶれる。ANAもその一つだ。羽田の枠を多くもらった。いいことだ。だが、そのうらで政治家や役人にたかられているぞ。パーティー券買わされる。怪しげな新聞雑誌を買わされる。寄付させられる。関係者の子弟を採用させられる。有能ならいいが、他社ではほとんど使い者にならないからコネで入ってくる。赤字でも就航せよと言ってくる。公募増資せよと唆す。他にもまだまだあるぞ。
     だが日本航空は大手を振ってこうした要求をはねつけている。羽田の枠は少ない方がいいぞ。たくさんもらうとたくさんなくすぞ。政治家や役人がたかってくるぞ。
     ANAの社長は増資後の株式の希薄化に対処すると言っているが、何もできてない。本気ならやることは二つだ。ANAも身を切れ、そして政治家や役人のしがらみをはねのけろ。経営陣はわかっていても何もできないのだ。今の経営陣はとてもできない。株主が声をあげて会社の背中を押さないとだめだろうな。

  •  戦前の日本軍はいろいろな事実が明らかになったのを見れば、無能な指導者に率いられた哀れな集団だ。無念にも私傷病された兵士の方々には、国家のためにということで粉身砕骨の働きをされ、まことに尊崇の念に堪えません。しかしながら、東条英機、松岡洋右等は狭小な視野で国を指導し、結果、先人が営々として築き上げたものを数年で失くしたのだ。それどころか、現在においても北方領土、竹島等の置き土産を置いていったのだ。
     この連中は(1)甘い情勢分析(2)無責任な組織運営(3)メンツを重んじた前時代的な発想。こんなことで国を滅ぼしたのだ。特攻だといって効果が出ない戦法をいつまでも行ってたぞ。意表を突く攻撃で初期の頃は効果があったが、すぐに対応方法を研究され、最後は米兵のゲームの対象でしかなかったのだ。艦隊決戦と歩兵の銃剣突撃が肝要だといって、時代遅れの連中が戦争指導をした。
    各地の負け戦でも誰も責任は取らない。それどころか責任の擦り付け合いをしているんだ。
    こんな連中が解放だ、独立だと叫んでもチャンチャラおかしい。所詮国益第一、古い植民地主義しか思い浮かばなかったのだ。欧州のドサクサに紛れて勢力拡大を図ったに過ぎない。決して高い理想などあり得ない。大東亜共栄圏だ、五族協和だと勝手な屁理屈を加えて行為を正当化しているだけのことだ。所詮偏狭な国益第一しか頭にない連中だったのだ。

本文はここまでです このページの先頭へ