ここから本文です

投稿コメント一覧 (182コメント)

  • 有報によると賃貸用不動産関係の2016年3月末時点で、「期末の時価は、中国深セン市政府認定の不動産鑑定会社による鑑定評価額であります。」とし394.86億円とある。通常、このような数字は実現化させないと放っとかれること多いが、ここは14年度に実績あり、今期は額は不明も案件進行中。

  • 2020年に向かってのインフラ、オフィスビル建設に伴う、既存施設取り壊し時のアスベスト発生増がポジティブになってくると思う。

  • 2016/11/25 15:39

    12月9日の決算発表前に上期上方修正。他の企業のパターンと同様、この時点では通期は修正しないのは常。

    アゼアス <3161> [東証2] が11月25日大引け後(15:30)に業績修正を発表。17年4月期第2四半期累計(5-10月)の連結経常損益を従来予想の1100万円の赤字→3900万円の黒字(前年同期は5400万円の赤字)に上方修正し、一転して黒字に浮上する見通しとなった。
     なお、通期の経常利益は従来予想の1億2000万円(前期は9100万円)を据え置いた。

  • 2016/12/08 08:17

    9月8日のソフトバンクの「5Gプロジェクト」発表時と11月9日のドコモの「5Gトライアルサイト」構築発表時に出来高伴って上がりましたが、特に前者は場中高値283円まで行きすごかったですね。昨日の株価は11月10日の高値220円を抜いてきた程度で、出来高も増えてはきましたが、9月に比較するとないに等しい状況。今後の出来高と株価の変化が楽しみです。

  • 2016/12/16 07:17

    韓経:KT、世界初「5Gオリンピック」を平昌で公開へ
    http://japanese.joins.com/article/541/223541.html

    1日前の記事ですが、昨日の日経記事含めて、5G関連じわじわと効いてくるかと。6778、3852、4748、3842なども。

  • 2017年CESは5Gに焦点=米CTA〔BW〕http://www.jiji.com/jc/article?k=2016122800422&g=bnw
    米業界団体のコンシューマー技術協会(CTA)は、来年1月5~8日にラスベガスで開催する「2017年CES」で、5Gが「接続された世界」に与える影響と5Gの未来にスポットを当てると発表した。

  • 2017年CESは5Gに焦点=米CTA〔BW〕http://www.jiji.com/jc/article?k=2016122800422&g=bnw
    米業界団体のコンシューマー技術協会(CTA)は、来年1月5~8日にラスベガスで開催する「2017年CES」で、5Gが「接続された世界」に与える影響と5Gの未来にスポットを当てると発表した。

  • 100%連結子会社である深圳皇冠(中国)電子有限公司が中国深圳市に所有する固定 資産9113.51平米の土地(建物13664.40平米)を売却しただけで、2014年度に40億円弱の特別利益を計上しました。いまだに、127,000平米もあるわけで、どこまでキープし、どこまで売却していくかは不明ですが、この価値を保有しているという事実は変わってないです。

  • No.393

    強く買いたい

    JR東日本が25%の株式を保有…

    2017/06/08 06:51

    JR東日本が25%の株式を保有し、同社の首都圏の警備を全面的に担当するセントラル警備保障(CSP)が東京オリンピック・パラリンピック(前年にはラクビーワールドカップ)でもCSPがJR東日本の首都圏のエリアを一括担当することが決まっている。まだまだ、首都圏の警備強化は続いていく。

    CSPの直近決算説明会資料のP11によると、2016年の伊勢志摩サミット期間にも、JR東日本の各駅テロ警戒、海上・海中警戒システムなどを受注し、ノウハウを蓄積している。同社の2020年度までの中期経営計画(上記決算説明会資料P18~)を見ると、売上は上記の用な需要の高まりで伸び続ける。利益ベースは2017年度のみ、2016年度伊勢志摩サミット特需の反動、先行投資などで減益予想だが、これらは既に決算発表後折り込まれている。2018年度からは再び伸びていく予想でこのトレンドを材料とともに今後株価は織り込んでいくのではないか。
    #決算発表資料(http://www.we-are-csp.co.jp/Portals/0/IR%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%A2/pdf/presentation/20170424.pdf

  • 2017/06/16 09:37

    数日前のNHK「クローズアップ現代」でのアスベスト過去の問題悪影響取り上げ==>今後の建物解体含むアスベスト処理問題不安(法律にのっとってはいるものの、連日身近なところで処理されている)となりアスベスト関連銘柄が材料視される可能性が大きいかと。業績は上向きの中、株価低迷時に仕込む価値あり。

  • 出来高は少ない中=悪材料は出尽くしており売り物も少ない中、3か月ぶりで1700円台奪回の意味するところは、来来期からのアップターンをベースにまずは3月の2000円手前のところを目指すトレンドに入ったのではないか。

  • >>No. 548

    来来期でなく、来期(18年9月期)です。すみませんです。

  • >>No. 733

    昔東京スタイルを手掛け、最近「生涯投資家」がベストセラーになっている村上世彰さんが、三陽商会のようなPBR0.45倍のキャッシュリッチで株価低迷会社をどう思うか気になるところ。ちょうど、本日日経朝刊の「ファンドバブルの足音」といった流れも最近クローズアップされ、バリュー銘柄探しが当面興味深い。

  • No.769

    強く買いたい

    本日の日経朝刊のP33(東京版…

    2017/07/06 08:09

    本日の日経朝刊のP33(東京版)の「私見卓見」(横浜国立大学客員教授、東京大学EMP企画推進責任者)を読むと、アスベスト問題が事実上野放し状態という点が明快に記されている。建物解体時のアスベスト含有廃棄物は2040年頃まで年40万~50万トン発生するという。築地市場解体はじめ、2020年前後に向かってのペースは特に早いのではないか。デイリーの材料と違いじっくりポジティブに効いてくる。

    その他感染症材料などはあくまでもサポート的材料かと。

  • No.425

    強く買いたい

    CSPの直近決算説明会資料(以…

    2017/07/09 07:30

    CSPの直近決算説明会資料(以下添付)のP11によると、2016年の伊勢志摩サミット期間にも、JR東日本の各駅テロ警戒、海上・海中警戒システムなどを受注し、ノウハウを蓄積している。要は2019年G20サミットの開催場所がどこになろうと、首都圏中心に事業展開するCSPは首都圏でも現地でも大きな恩恵に預かれるということ。2019年ラグビーワールドカップ、2020年オリンピックに向けてさらなる業績向上につながる事象ではないか。添付資料内の中期経営計画には当然G20開催の件は含まれていない。
    http://www.we-are-csp.co.jp/Portals/0/IR%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%A2/pdf/presentation/20170424.pdf

  • 2017年6月既存事業売上が5か月ぶりに前年比増(106%)。2017年2月に展開を終了した複数ブランドの売上減が影響し、前年比93%となって以来、3月が同93%、4月が同99%、5月が同95%となっていたが、6月は同106%で水面上に踊りでた。http://www.sanyo-shokai.co.jp/company/ir/monthly.html

    上記はポジティブな材料だが今後は持続性が注目される。それよりも、ダメ会社ぶりのほうに興味あり。ダメな会社にダメ出しするコメントありますが、わかりきったことで意味ないかと。2017年2月に、『敵対的買収防衛策の廃止』で買収しやすい環境に変えてきている事実もあり、いつまでもPBR0.4倍台(2017年7月)の株価では自社株買いでもしないと、筆頭株主のオアシスでも、その他のバリューアップ会社などコントロールしようとする会社の出現の可能性に興味あり。

  • No.814

    強く買いたい

    今年6月12日のNHK「クロー…

    2017/07/25 16:11

    >>No. 1787

    今年6月12日のNHK「クローズアップ現代+」でアスベストが使われた可能性のある全国の公営住宅がクローズアップされて以来、民放メディア各社がこの全国的な大問題をほとんど報じてない(私の知る限り)のが不思議でしたが、やっと以下のように週刊朝日最新刊で報じられている。「石綿の除去や封じ込めなどの対策がとられていない建物は、いまも全国に多く残っている。」などとの結論。この対策のためには防護服・防塵マスクなどが必需品。

    室内に“居ただけ”で死亡も 「建物アスベスト」の恐怖https://dot.asahi.com/wa/2017072100018.html?page=5

  • No.847

    強く買いたい

    1.日経ビジネス(8月7日・1…

    2017/08/05 07:48

    1.日経ビジネス(8月7日・14日号)では「アスベスト健康被害」を特集。冒頭の写真では防護服・防塵マスク姿の方がアスベスト解体現場で格闘する様が紹介され、「対策が進んでいない分、これから大きなビジネスチャンスが広がると言える。」など詳細に渡ってレポートされている。


    2.防護服とセットの防塵・防毒マスクの興研(7963)が上期業績予想を以下のように大幅上方修正。防護服にも同様の傾向ありと推察できる。

    「産業向けの防じんマスク、防毒マスクの販売が順調であったことに加え、海外を含む一般向け並びに医療機関向けの使い捨て式マスク「ハイラック」シリーズの販売が伸びるなど、マスク関連事業は全般的に好調に推移しました。」との会社コメント。http://www.koken-ltd.co.jp/preview_pdf.php?h=ba41351c9eade65900243cc103f41dd5

    売上…4,100→4,479(+9.2%)
    営業…350→433(+23.7%)
    経常…320→388(+21.2%)
    最終…210→282(+34.3%)


    3.様々な感染症問題、原発廃炉問題(8月5日の日経新聞には廃炉市場について記事)といった現在進行形の問題などを解決するためにも、防護服やその関連商品への需要は中長期的にも続く。

  • 防護服などアゼアスの製品はこれ以上アスベスト被害を増やさないための本丸。鳥インフルなどは季節性ありますが、アスベスト対策は1年中で、今後何十年も続きます。以下は過去に起こったことに関しての処置。

    アスベスト 厚生労働省が賠償訴訟を促す異例の通知

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171002/k10011165201000.html

  • 10月27日からの「東京モーターショー2017」併催イベントとして「FUTURE MOBILITY SUMMIT」が開催される。DAY2のトラック:A「自動運転、電動化で2020年のクルマはどこまで進化するのか」の中でNTTドコモの吉澤和弘社長が「次世代モビリティへの挑戦~5Gでより豊かな未来を~」と題してプレゼンテーションを行う。
    http://business.nikkeibp.co.jp/nbs/nbsemi/171027t1/?n_cid=nbpnb_rltvs_fms_ofsitesemi_170912

本文はここまでです このページの先頭へ