ここから本文です

投稿コメント一覧 (569コメント)

  • >>No. 1005

    サワさん みなさんおはようございます。
     雪の朝を迎えました。
     地元野菜のチラシで9時から
     「ナガイモ」の即売会が行われます。
     規格外のナガイモ10ギロで,1500円。
     市価よりも格安で、品質も良いので人気があります。

    「なぎさホテル」伊集院静。読み終えました。

    「あまり考えない方がいい。
     なるようにしかならないものです。
     無理にそうしなくとも、
     何かがなる時は、
     むこうからやって来るもんです。
     あなたには、その方がいい。」

    この言葉が気に入り、
     手帳に書き写しました。

    サワさんのおっしゃるとおりに、
     心が温まるような小説でした。

     アパ

  • >>No. 1009

    サワさん みなさんおはようございます。
     モクモクと雪が降っております。
     全道的に大荒れの予報が出されております。
     今のところ風はないので、
     この後が、更に天気が崩れるのかと思います。

    さて、12月を目の前にして
     年賀状を購入しました。
     郵便ポストの貯金箱がついてきました。
     少しずつ貯金をしますか。

    葉室鱗の新作が出たのですね。
     蜩の記でしたか、以前読みました。
     少し堅いがよい作品でした。
     新作もよんでみたいですね。

    今、永倉萬治の「ああ、結婚」を読んでおります。
     この作品は、8編で構成されております。
     様々な夫婦模様が、少しコッケイに描かれ
     肩の凝らない内容です。
     男性好みかな・・・。

    南木佳士の棚の上に永倉萬治の本が並んでおり、
     ちょっと気まぐれに読んだのが
     彼の作品を読み出したきっかけです。
     息抜きをしたいときに読む本として
     こういう本も良いかも知れません。

     アパ

  • >>No. 1012

    ショウグンさん ご無沙汰です。
     まだ、新潟はパークゴルフが出来るのですね。
     さすがに北海道とは2ヶ月も違いますね。

    椎名誠の作品。
     157冊目とは、凄いです。
     ちなみに私の通っている図書館で蔵書検索してみると、
     椎名誠の蔵書は、127冊でした。
     いかにショウグンさんの読破した冊数が凄いのか
     証明されたようです。
     「ガス燈酒場によろしく」は貸し出し中でした。
     機会があれば読んでみたいと思います。

     アパ

  • >>No. 1016

    サワさん 鳩時計さん こんばんは
     吹雪の一日でした。
     今年、初めて除雪機を出してきました。
     ベト雪なので疲れました。

    昨日の地震驚きました。
     札幌3度ですか。
     網走も結構揺れ、驚きました。
     船酔いみたいな感じが残って
     テレビに釘付けでした。
     特に、仙台に甥がいるので心配しました。

    海野碧(うみの・あお)さん。
     女性なのですね。
     私も、
     「水上のバッサカリア」
     「真夜中のフーガ」
     「迷宮のファンタゴ」
     と、3冊程読んだのですが、
     男性作家だとばかり思っておりました。

    「人の気も知らないで」永倉萬治
     肩の凝らない作品を読んでおります。

     アパ

  • >>No. 1014

    サワさん みなさんおはようございます。
     うっすらと雪化粧した朝を迎えました。
     
    無冠の父 阿久悠
     昨夜から読み始めました。
     まだ、最初の部分だけですが、
     読みやすい文章ですね。
     作家を生業としない阿久悠さんが
     こんなに文章がうまいとは、
     さすがに一流の作詞家だと違いますね。
     感心しております。

     このあと、サワさんの批評文のような
     展開が出てくると思いますが楽しみです。

     アパ

  • >>No. 1023

    サワさん みなさんおはようございます。

    「風を見にいく」 椎名 誠
     貴重な旅のエピソードを綴った作品。
     
     アパ

  • >>No. 1027

    サワさん みなさん おはようございます。
     昨日の吹雪もやんで青空です。
     朝日がとてもキレイです。
     スズメのえさ台に多くの鳥が群がってかわいいです。

    「風を見にいく」椎名誠
     今年、読んだ本は75冊となりました。
     昨年よりも20冊ほど多かったと思います。

    「三匹のおっさんふたたび」有川浩
    「花宴」あさのあつこ
    「光圀伝」冲方丁
     この3冊を予約しております。
     予約者が多くてなかなか読めそうもあありません。

     アパ

  • >>No. 1030

    サワさん みなさんこんばんは。
     この一年、お世話になりました。
     この欄から多くの情報をいただきました。
     ありがとうございました。

    サワさん
     体調を崩されたのは、
     長年の勤務から解放されたことも
     あったのかな〜
     どうぞ、お体を大切にしてください。
     身体が健康。これが何よりですね。

    今年を振り返って
     宇江佐真理の本をものすごく読んだことが印象です。
     もう、夢中で読みふけった感じです。
     気に入ったんです。

    来年もこの調子で読書を楽しめれば
     良いな〜。と思います。

    佐川光晴の作品は、
     おれのおばさん
     家族芝居
     とうさんはm大丈夫

     などを読みましたが、良い作品でした。

    今度は、「静かな夜」も読んでみようかな。

     アパ

  • >>No. 1034

    サワさんみなさん
    あけましておめでとうございます。

    今年のメモ帳は、
    「相田みつを手帳「道」2013

    相田みつをの言葉がページをめくるたびに
    掲載されている手帳です。

    表紙には



    道はじぶんで
    つくる
    道は自分で
    ひらく
    人のつくったものは
    じぶんの道には
    ならない
      みつを

    どんな一年になるのか
    流れに任せないで
    自分でひらいていきたい

    サワさん
     年賀状を出す出さないことより
     どうぞ、お体を一番大切に
     してください。


      アパ

  • >>No. 1037

    サワさん みなさんおはようございます。
     寒さ厳しい中、天気には恵まれております。
     今日の最低気温は、マイナス16℃
     昨日よりも暖かかったです。

    サワさん
     体調が回復してきているとのこと。
     とても、安心しました。お大事にしてください。
     宇江佐真理の「アラミスとよばれた女」
     まだ、読んでおりませんでした。
     通詞のできる人をテーマにした作品が
     「おうねぇすてぃ」でしたが、
     アラミスとよばれた女も面白そうですね。
     彼女の作品は、読書後の鑑賞に浸れるところが良いです。

    今年、最初に読んだのが
     「太陽は動かない」吉田修一
     スパイ大作戦
     目的はいちはやく機密情報を入手して
     高く売り飛ばすこと。
     428ページの大作の割には
     得るものがなかったのが残念でした。

    道新「卓上四季」を写し書きしております。
     なかなか、文字を書く機会がなくなったので、
     惚け防止と、世情に関心を持つのに役立つかな〜。
     と、考えて元日から始めました。
     今日まで続けたので、三日坊主からは脱却しました。(笑い)

     アパ

  • >>No. 1037

    さわさん みなさんおはようございます。
     網走は12日流氷初日でした。
     平年よりも9日も早いそうです。
     このところの気温がマイナス二桁になり
     そろそろかな。と、思っておりました。

    アルマジロの日々(永倉萬治)を読みました。
     1 ライター
       心臓病発作を繰り返す妻と、2人の息子を抱える
       ルポライターの毎日の生活。
     2 横井さん
       1の彼が、横井庄一さんとのインタビューを
       描いた作品
     3 ベトナム
       スランプに陥った1の彼が
       ベトナム旅行を通して元気を取り戻す
     1の彼は、永倉萬治本人だと思いますが、
     いつもながら快いタッチで苦境にあっても
     明るく乗り越えていく筆運びに感心します。

     アパ

  • >>No. 1041

    サワさん みなさんおはようございます。
     曇り空ですが雪は今のところ降っておりません。

    ところで、14日、15日は我が町の図書館は休館日。
     厚別の図書館は開館しているのかな〜。
     調べてから出かけた方が良いかも・・。

    「アルマジロの日々」永倉萬治
     136ページの「なあ今日子・・」
     人生に活かされるような会話。と、
     310ページの
     思わず吹き出してしまう会話のやりとりが面白かった。

     お楽しみに・・。

     アパ

  • >>No. 1042

    アパです。
     厚別図書館は、
     13日の週は開館しておりました。
     大丈夫です。

  • >>No. 1047

    サワさん みなさんこんばんは。
     流氷が接岸すると
     とたんに気温が低くなり寒いです。
     観光で訪れる方も多いし、
     流氷と一緒に栄養分も運んでくるので
     水産関係も恩恵があると云われております。

    ところで、
     永倉萬治の本気に入って頂き
     良かった。
     彼の作品は何冊か読みましたが
     肩の凝らない、楽しい作品が多いですよ。

    昨年、予約していた
     「光圀伝」冲方丁(うぶかた・とう)
     読んでおります。
     尋常ならざる熱量で 
     その鮮烈な生き様を活写した、
     魂ふるわす渾身の1,500枚
     ボリュウム満点の作品ですが
     読み進める内に引き込まれていきます。

     アパ

  • >>No. 1047

    サワさん こんばんは
     朝から吹雪いて
     3回も除雪に励みました。
     疲れますね。

    川柳のお題は、「マスク」
     
     よそ行きの
     カツラ・マスクで
     変身だ

    テレビのカツラのコマーシャルを見ての句です。
     久しぶりに作ってみましたが・・・。

     アパ

  • >>No. 1049

    調子に乗って 更に

     「マスク顔 挨拶したが 誰だっけ」

     「スッピンも マスクで隠し お買い物」

    庭のえさ台。
     大きな鳥が二羽(つがいかな)
     独占しております。
     スズメが怖がって遠巻きにして
     食べ終わるのを待っております。
     
     アパ

  • >>No. 1051

    サワさん
     「体調が良くない。」とか、
     一度、大きな病院で検査を受けられたら如何でしょうか。
     実は、日曜日に書き込みが無かったので
     具合が悪いのかな。と、心配しておりました。
     お大事にして下さい。

      アパ
     

  • >>No. 1054

    さわさん みなさんおはようございます。
     吹雪の朝です。
     今日一日この天気かと思います。
     昨日も除雪の一日でした。
     北国に住んだ者の宿命ですね。

    サワさん 回復基調にあるようで良かったです。
     くれぐれも無理をしないで
     養生してください。
     お母さんの歳まで元気でいなければね。

    「光圀伝」(冲方丁)
     長編小説でしたが読み応えがありました。
     兄を差し置いて世継ぎになることへの疑問。
     妻を娶ってから、兄の子供を貰い受け3代目とすることを
     決意する。そして、詩歌に没頭する傍ら過ごす高齢期。
     波乱の人生を見事に描いて、読む者を本に引き込んでいく
     作家の力を感じた作品でした。

    サワさん近くの病院。
     私の友人が努めておりました。
     安心できる良い病院です。
     先生の指示をよく聞いて良くなって下さい。
     お大事に。
     

     アパ

  • サワさん 皆さんこんばんわ。
     大雪の後、家の前の道路。
     キレイに排雪してくれました。
     この後、明日は雨、日曜日は大荒れの天気が予想されております。
     キレイな道路が何日持つのか気掛かりです。

    サワさんの以前読まれた「夫婦の散歩道」津村節子を読んでおります。
     夫である吉村昭と歩んだ足跡が描かれており、
     本当にいろいろな思い出を残されているのだと思いました。
     過ぎてしまえば一瞬とも思えるが、どうしてどうして
     いろんなことの積み重ねがあったのだと推察されました。
     
     アパ

  • >>No. 1058

    サチさん お久しぶりです。
     お父様、息子さん。みなさんお元気とのこと。
     元気に毎日を過ごせること。
     これが最高の幸せですね。

    これからも、書き込みお待ちしております。
     
    南木佳士「猫の領分」、辻村深月「ツナグ」
     この2冊を「夫婦の散歩道」の次に読む予定です。
     
     アパ

本文はここまでです このページの先頭へ