ここから本文です

投稿コメント一覧 (162コメント)

  • 今年2回目の山歩き

    明日の成人の日を含む3連休中日の今日、今年2回目となる“山歩き”に行って来ました。
    昨日は小雨が降ったりしていたのですが、今日は日中は晴天で暖かくなったのと、朝一に仕事に出たので、帰りがけに「右田ヶ岳」に寄って来ました。

    今日は正月明け(鏡開き)も終わり、登山口にある右田小学校では、どんど焼きが行われていて駐車場に沢山の車が着いていましたが、丁度1台出たので停める事が出来ました。
    10:20に登山口を出発、山頂には11:15到着。正月に不摂生な生活をしていた事もあり、体が少し重かったような気がしました。登山途中は人と殆ど出会いませんでしたが、さすが山頂には15~6人の方がいらっしゃいました。

    下山途中の石船山の手前で登って来た女性に声を掛けられたの立ち止まると、前の職場で働いていた方で、思いがけない再会でビックリ! その人も登山に填まり、近々「九重山」に行く事にしてて、トレーニングでこの「右田ヶ岳」に来たとか・・・ 雪が好きで冬山登山をするとの事でトレーニングらしく重いリュックを背負ってました。積もる話もあり、10分程度立ち話をして別れました。LINEの交換をしたので、また山歩きをご一緒する事もあるかも・・・

    今日の画像は右田ヶ岳に向かう、信号待ちの車中から撮ったもので、南東方向から見たものです。

  • 2019年 初山歩き

    新年明けまして おめでとうございます。
    2019年、平成最後の正月を迎える事になりました。2019年の山歩きを始める事にしました。

    元日の山口は生憎の天気で太陽を見る事が出来なかったので、1月2日(水)が晴れたことから、初日の出を拝む!と称して「右田ヶ岳」に行って参りました。
    登山口には9:40に着き気温は5℃、風もなく絶好の登山日和となりました。登りの登山者も少なく感じましたが、山頂には20名程度のグループの方がおられ、大変賑やかでした。
    太陽も燦々と輝いており、風に翻る日の丸。今年1年の健康と無事故、安全、希望成就と欲張りなお願いを祈念して太陽に合掌し、10分程度休憩して下山開始。下りでは複数の家族連れの登山者と出会いました。

    今年も出来るだけ多くの“山歩き”をしたいと思います。我とは思われる方、是非ご一緒しましょう。
    写真は南西方向から撮った「右田ヶ岳」の全貌です。

  • 「右田ヶ岳」トレッキング

    今朝も冷え込みが厳しかったのですが、天気が良かったので、山歩きに行って来ました。
    右田小学校の駐車場に9:50到着しましたが、相変わらず満車状態。丁度1台が出て行ったので、そこに滑り込みました。
    9:55天徳寺を出発し山頂に向かいました。登山道は風雨や登山客が多い影響か、随分荒れているように感じました。特に土の部分が流されていて今までとは少し違う様相を呈しているように思えました。
    石船山には10:07に到着。今日は山頂は風が強いのか? 山頂の日の丸が、はためいているのがよく見えたので写真を撮りました。(今日の添付写真は望遠で少しUPにして撮ったその写真です)
    今日は登山者とは、余りすれ違ったり追い抜いたりと言う事もなく10:55に山頂に到着。
    さすがに山頂には結構大人数のグループの方がおられ、記念写真を撮られたりしていらっしゃいました。今日は青空は広がっていたものの遠くはかなり霞んでいて、「由布岳」等大分県を望む事は残念ながら出来ませんでした。

    久しぶりの「右田ヶ岳」は、やはり“きつい”って改めて感じさせられました・・・
    ここ最近はほぼ毎週、山に登っていたので体力も付いたと思っていたのですが、登り始めて暫くすると「足の重さ」を感じ始め、今日は途中で諦めて帰ろうかな? なんて弱い心を見せそうになりましたが、何とか山頂にたどり着きました。
    山頂では約15分間休憩し下山開始。12時には駐車場に戻る事が出時期ました。

    今年も残すところ、この1ヵ月だけになりました。後何回トレッキング出来るか分かりませんが
    天候が良く、時間が許せばチャレンジしたいと思っています。

  • 茶臼山・大谷山トレッキング

    今日は「山口市民 登山教室の会」主催のトレッキングに参加して来ました。
    下松市と光市の境界にある「茶臼山(349m)」と「大谷山(275.9m)」の周回コースでした。
    今朝、家を出る時の気温は0℃と今シーズンの最低気温を記録していましたが、7:30に県庁集合、その後マイクロバスに乗り、総勢24名の参加者で出発。
    登山口近くの国道188号線の大谷パーキングに8:50に到着。準備運動を行い3班に分かれて、9:10出発をしました。
    大谷ダムを経由し、大谷山→茶臼山と時計回り(本屋根コース)に登って行くはずでしたが、途中その分岐点を見落としてしまい、茶臼山→大谷山→大谷ダムの反対回り(東豊井コース)になり山頂を目指しました。

    登山道は、比較的広く大変よく整備されており、最近もされたのかシダ類の新しい切り葉が山道にありました。このコースは高圧線の通る鉄塔と並行しており、それも目印となりました。
    しばらく進むと右手側に「笠戸島」や「太崋山」など瀬戸内海の展望が見えて来ました。今日は風もなく非常に見晴らしが効き、この段階から彼方に大分の国東半島や「由布岳」を確認する事が出来ました。ベンチ等が準備された展望地もあり休憩をしながら、山頂には10:31に到着。
    山頂からは360度の大展望が広がり、先にも書いた「由布岳」や四国の佐多岬を見る事が出来ましたし、眼下には下松・光・周南の街や工場群を始め、瀬戸内海や海に浮かぶ島々のを姿を見る事が出来ました。
    今日は本当に遠くまで見渡す事が出来、こんなによく見えるのは年に数度しかないと、他の登山客の方が言われていました。雲一つない青空と海の輝きがピカイチでした。
    早い昼食を摂り、山岳会の会長さんから近辺の山の説明を聞き、全体写真を撮影後、11:40に山頂を出発し、「大谷山」を目指しました。

    なだらかな尾根道を進み、「大谷山」には12:07に到着、他班の様子を伺った後、12:17には
    山頂を出発、登山口には13:05には到着する事が出来ました。

    下山後は笠戸島にある「国民宿舎 大城」により日帰り温泉にて汗を流しました。とは言っても今日は涼しく多量の汗を掻く事もなく、登山用に準備ていた水分も一度も飲むことなく終わっていました。
    お風呂は露天風呂も含めて、オーシャンビューとなっており、真っ青な空と瀬戸内海の穏やかな海を眺める事が出来、最高の入浴となりました。
    登山の後の温泉は格別ですよ!

    写真は山頂より瀬戸内海を臨む!です!

  • 宮島(広島県)「弥山」トレッキング

    11月17日(土)宮島にある「弥山(535m)」トレッキングに山友5人と行って来ました。
    危惧された天気予報も前日には、雨から晴れへと変わり、当日は爽やかな秋晴れになりました。

    この「弥山」への登山は半年前から話があって、皆の都合でこの日に決まっていたので、天気予報に一喜一憂させられました。
    当日は宮島口にあるホテルに10:30頃集合し、その足でフェリーに乗り宮島へ。紅葉の時期とあって、すごい数の観光客でビックリしました。

    宮島へは10:55到着し、登りはロープウェー駅に近くにある一般的な「紅葉谷コース」とし、下りは階段の多い「大聖院コース」にしました。
    山友の一人は、先日より腰を痛めてると言う事で、ロープウェーを利用して登る事になり、残りは登山道を登って行く事に!
    登山口を11:30に出発、ロープウェー獅子岩駅との紅葉谷分岐点へは12:20に到着し、ロープウェーを利用した山友を待つことにしました。登山をされている日本人も少なくはありませんでしたが、大半は外国人だったようなきがしました。外国の方は健康志向なようでコンパスも長く体力もある為か、どんどん登って行かれました。紅葉谷分岐点以降は、ロープウェーを利用された日本人観光客が増えていきました。
    ロープウェーを利用する人が多いため、整理券の発行後、出発まで1時間近く待たされたらしく、ロープウェーを利用した方が、登山者よりも遅くなったようでした。
    その山友が分岐点に来たのは12:45で、それから共に山頂を目指して歩きました。

    山頂には13:04に到着し、山頂にある展望台へと上がりました。さすがに島だけあって、4面が海! 遠くに広島の街並みが見え、海のいたる所には、牡蠣の養殖用の筏を見る事が出来ました。空も秋の澄んだ青色をしており絶景でした\(^o^)/
    ただ、「もう少し人が少なければ」と言うのが正直な感想です。山頂付近は巨岩が多く、その石をくぐったりで面白かったです。

    昼食を摂ったりで、約1時間休憩し下山を開始!
    大聖院コースは情報通り階段が多く、このコースを登りに使っていれば、途中で膝にキテ、登りきる事が出来なかったかもしれません。
    15時過ぎには、宮島の街に着き、参宮通り(お土産通り)でビールとつまみを物色したり、土産を買ったりしました。

    県外の登山は通算4例目となりました。今回は高さもなく急登も少なかったので、きつさはありませんでしたが、島ならではの景観の素晴らしさに感動しました。

    写真は山頂展望台から山頂を撮ったものです。とにかく人が溢れていました!

  • 「蕎麦ヶ岳」トレッキング

    今日も爽やかな秋空に誘われて、山口市にある「蕎麦ヶ岳(556.9m)」に山歩きに知人と行って来ました。 個人的には「蕎麦ヶ岳」に登るのは7年振りの事になります。

    山口市仁保にある、この山は頂上部分に蕎麦の実を載せたような尖峰がそびえている事から、この名が付いたと言われています。
    仁保の道の駅を通り過ぎ「奈美」方面の標識に従って右折し、県道197号線に入りそのまま道なり進みむこと数km。一貫野地区に入ると道の左側に「蕎麦ヶ岳登山口」の案内が出ているのでそれに従い右折。細い道を登るとすぐ右手に広い駐車場へ到着。

    10時55分に登山口を出発し山頂を目指します。よく整備された登山道で右側から川の、せせらぎが聞こえ木々に覆われた登山道に差し込む木漏れ日と、いい感じで癒しを感じさせてくれました。秋らしく木の葉が登山道のあちこちに散乱していましたが、紅葉のある所では赤い絨毯のようになっており、登山道を見るだけでも自然の移り変わりを感じる事が出来ました。
    登山道は滑らかで急登も殆どなく、初心者が楽しく山歩きを体験出来る山です。

    ずっと木々に覆われた登山道ですが、鞍部に到着すると「山頂まで450m」の看板があり山頂目指し左の道を進んで行きます。最初のピークで山頂が顔を出して来ます。ピークから少し下り、再び登りになりますが暫く行くと真砂土が見え山頂到着(12時ジャスト)。山頂は今までの覆われた世界とは一変、360℃の大展望が開けました。
    若干霞んでいましたが、天を仰げば見事な青空☀ 北西には県庁をはじめとした山口市街地や鳳翩山が、南には右田ヶ岳等の防府の山並みが、東には間近に真田ヶ岳と全てが一望出来る、素晴らしい景色を満喫。

    昼食を摂り、約1時間休憩し下山をしました。絶好の登山日和ではありましたが、私達以外に登山者は一人で、私達よりも早く登られていたので暫くして下山された為、この贅沢な静かな空間を独り占め出来たみたいで最高でした。 
    皆さん、やはりメジャーな山に行かれるのでしょうね^_^;

    下山開始は13時で登山口には13時50分到着。その後、仁保の道の駅に寄り帰路に就きました。

    来週は山友5人で、広島県宮島の「弥山」に登る予定になっています。

  • 「右田ヶ岳」山歩き

    爽やかな秋の陽気に誘われて、11月4日(日)に「右田ヶ岳」に行って来ました。
    朝から真っ青な綺麗な空が広がっており、屋内に居たのでは勿体ない! と思い朝イチに買い物のを済ませて、「右田ヶ岳」に向かいました。

    右田小学校の近所で「幸せます まつり」なるものをやっており、駐車場にも車が沢山ついていましたが、丁度1台出て行ったので、そこに車を停めて天徳寺(登山口)に向かいました。
    天徳寺の後方に見える石船山のバックにも見事な青空が見えたので、そこで1枚写真を撮りました。

    この秋晴れだと言うのに、登山客とは余り出会う事はありませんでした。
    連休の最終日だから? 花博の最終日だから? 幸せます まつりのせいで駐車場が空いてないから? 色んな考えられる理由があるにしろ山頂に到着時も誰一人、登山客は居らず山頂を暫くの間、独り占めする事が出来ました。誰一人居なかったのは、これが初めての事でした。

    真っ青な雲一つない空と緑の山の綺麗なこと!
    そして静かな山頂!!
    とても気持ちの良い爽快感と満足感!!!

    これが山歩きの醍醐味だなーと、つくづく感じる事が出来ました。
    来週も天気が良ければ、何処か山に登ろうと思います。

    写真はいつもの山頂です。でも、この空の青さを見て下さい☀

  • 鴻ノ峰トレッキング

    今日も爽やかな秋晴れとなり、近所の山に「山歩き」に行って来ました。
    今回は、山口市中心にそびえる「鴻ノ峰(338.0m)」で大内氏が治めていた中世山城があった山で、山口県百名山(中島篤巳著)に名を連ねています。
    去年、市民登山教室の会で、この隣にある兄弟山には登っていますが、久しぶりに「鴻の峰」に登りました。私が「鴻の峰」に初めて登ったのは小学校(おそらく3年か4年生の時)の遠足でした。その後は当時の山友と2009年5月に登って以来となります。
    「鴻の峰」テレビ局の中継所が設置されており、山頂近くまで車道も整備されていますし、麓には木戸神社があり、公園も整備されていて初心者向けの山です。
    本などでは、山口大神宮の裏手にある登山口からの登山が紹介されており、こちらは結構、急登が続き登山らしい山道を歩く事になります。

    今回は最近、知り合いに「一緒に山歩きしよう!」と声掛けを積極的にしているので、今日は前々回にご一緒した友人と登ることになり、木戸神社側の登山口をスタート・ゴールとしました。
    9:50に登山口を出発し、「鴻の峰」「兄弟山」の分岐点から中継所に繋がる車道を登って行きました。上を見上げると真っ青な空、周りは木々の緑、そして澄んだ空気と山歩きには絶好のコンディションでした。市街地を見わたせる休憩所を通り過ぎ、中継所に到着したのは10:50。小休止をして市街を眺め、山頂を目指します。
    ここからは登山らしい山道となります。山頂傍に近付くと室町時代に造られた高嶺城跡の石垣や井戸等を見る事が出来、山頂には11:05に到着。
    山口駅方面は木々もなく景色を眺める事が出来ました。また家族やご夫婦で登られている人達を何組か見る事が出来ました。

    今日は日曜でSLやまぐち号が走る日でもあり、下山途中にSLの汽笛が聞こえたので展望所からSLも見えるはずなので、しばし休憩を待つことに。SLから吐き出される煙が見え、山口駅停車を確認、津和野方面に動いている姿を双眼鏡で確認することが出来、一緒に行った友人も喜んでいました。登山口には11:35に戻ることが出来、気持ちの良いひと時を過ごす事が出来ました。

    画像は山頂から山口市街地を望む&ススキ

  • 久しぶりの「右田ヶ岳」

    今日は本当に爽やかな秋晴れとなったので、この清々しさに誘われ「右田ヶ岳」に行って来ました。右田小学校の駐車場も若干の空きがあり車を停めて、登山口の天徳寺へ向かう道で「右田ヶ岳」と空の青色がとても映えて綺麗でした。

    天徳寺を9:50に出発。久しぶりの「右田ヶ岳」の登山道に夏場の雨で少し荒れたかなーと感じました。前岳である石船山には10:10に到着しスマホを確認。今日は腕時計をしてくるのを忘れたので時々スマホで時間を確認しました。
    今日はこの登山には最適な天気と気温とあって、多くのグループ(親子や友人、カップル、はたまた10名前後の団体さん)と上り下りの間に出会う事があり、人気の高さを伺わせました。
    また山ガールさんも増えてきだしたように思いました。
    そして、山頂には10:46に到着しました。

    先週の大海山の時とは違い、スッキリとした青空に白い雲、遥か彼方は霞んでいたものの非常に綺麗な景色を観ることが出来、『超気持ちいい』と思わず叫びたくなるような山頂からの眺めでした。山頂には10名位のグループがおられましたが、私が到着後、間もなく下山されたので静かな時間を過ごせました。11時には下山を開始し11:50には登山口に戻る事が出来ました。

    4か月ぶりの「右田ヶ岳」でどれだけ登れるか不安でしたが、1時間以内で登れたので、まずは良しとしておきましょう(^_-)
    来週は職場の行事で山歩きは出来ませんが、また天気の良い日に何処かの山にチャレンジしたいと思います。

    写真は山頂より防府市街を望む

  • 大海山~勘十郎岳トレッキング

    台風一過の秋晴れとなるとの予報で、10/7(日)に「大海山(亀尾山)(324.6m)~勘十郎岳(246m)」の周回コースに行ってきました。

    今回も山歩き初心者の友人(この日が誕生日)と登山口である千坊川砂防公園に集合し、10:35登山開始。まずは大海山を目指し、仏岩を通るコースを歩きました。山登りは10年以上前の事と言う友人のペースに合わせての山歩きになったので、休憩スペースがあると水分補給をしたり、写真を撮ったりして、大海山の山頂に着いたのが12:00となりました。
    この日は、3連休の中日(前日は台風)で思った以上に登山客も多く、山頂には数組のグループの方がおられ、ほぼいっぱい状態でした。また丁度お昼と言う事もあり、弁当を広げられてました。ここで弁当を食べると、登りがあるとキツイと言う事だったので、15分程度休憩し、勘十郎岳で弁当を食べる事として出発。12:50に東峰に到着し、12:55には主峰である西峰に到着することが出来ました。
    待ちに待ったお弁当を食べ、しばし休憩。こちらも60~70代の20名位のグループの方が来られ山頂は満員状態となりました。約50分の休憩後、下山を開始し登山口には14:10に到着しました。

    現在、阿知須のきらら公園で「花博」が開催されており、この日は「ブルーインパルス」の展示と航空ショーがあると言う事で、下山途中にジェット機の轟音が鳴り響いていました。不幸にも下山途中で高木に遮られ機影を見る事は出来ませんでしたが、音だけは楽しませてもらいました。

    そして下山後は、お決まりの「秋穂荘」で温泉に浸かり、汗と疲れを流して帰りました。
    来週も晴れれば、山歩きに行きたいと思います。次は久しぶりに「右田ヶ岳」に行ってみようかな?

  • こんばんは。

    ようやく週末を迎えますね~(^o^)
    とは言え、先ほどから雨の音が聞こえだし、台風の影響で大荒れの予報になってます☂

    皆さん、台風への備えは出来てますか?
    大きな被害の出ない事を祈ってます!

  • anaさん、Laughさん、コメントありがとうございます。
    今日は広島がリーグ優勝を決めたようで、街は騒がしく盛り上がっていることでしょう^^

    anaさんが言われるように、これからは自分の為に少しは時間とお金が使えるかな!?

    台風が北向きに進路をとり週末接近しそうですね。山口はここ数年、台風で大きな被害が出てないだけに、また反れるのではとも考えてしまいますが、皆さんも備えをしてご注意を!

  • こんにちは!

    今日は子供が引っ越しをするので、有休を取って手伝いに行きました。
    子供は今日から広島での生活を始めます。

  • こんにちわ!
    私も混ぜて下さ~い。 山口住みです。
    ヨロシクお願いします。

  • 観音岳トレッキング

    季節も少しずつ秋に移行し始めたので先週に続き今週も「山歩き」に行く事にしました。
    今回は最近知り合った方と、ご一緒することになり、その方の近所の山と言う事で「烏帽子岳(熊毛)(696.6m)」に決めて待ち合わせをして登山口に向かいましたが、そこで作業をしている方に「7月の豪雨で登山道が土砂崩れで流されて行けないよ」と教えられ急遽、行先を変更することにしました。豪雨で被害が多発した県東部の山は少なからず同じような状況が考えられた事から、周南市湯野にある「観音岳(408m)」にしました。
    個人的には登山を始めた頃の2007年6月に登ったことのある山で約11年振りの登山となりました。

    9:55に登山口である楞厳寺に到着し10時登山開始。最近はハイキングコースとして登山道が整備されており、とても登り易い親切な山になっていました。登山道は四国八十八か所が設置され、それぞれ観音様が設置され併せて寺院の名前が書かれていました。途中2か所のベンチが設置された休憩所があり、大変重宝しました。
    その先には、『延命水』という水場があり「1口で2年、2口で10年」と書かれていて、取り敢えず2口飲みましたが、彼女と「延命より老化防止の方が嬉しいね」と喋りながら山頂を目指しました。その先には博打場跡という巨石があったりし、山頂には10:57に到着。

    曇空のせいもあり、景色はイマイチでしたが、周りの山々を一望する事ができました。初めての登山となった彼女には、山と海の色の区別がつきにくいドンヨリした景色には十分な満足感は得られなかったみたいでした。
    写真を撮ったり、昼食を摂ったりして小一時間休憩をとり11:55に山頂を出発。お休み広場の所から左折し、下山周回コースをとって下山して行きました。これで八十八か所を巡ったことになり登山口である楞厳寺には12:53に到着。

    下山後は麓の湯野温泉で汗を流して帰路につきました。
    初めての登山となった彼女が、これから登山を積極的に行うかどうかは不明ですが、弱音も吐かず最後まで一生懸命歩いてくれました。ただ虫(蚊など)が殊の外多く、それが嫌だったみたいです。

    今年は、知り合いが「山登りを一緒にしてもいいよ」と言ってくれたので、積極的に「山歩き」をしてみたいと思っています。

    写真は山頂で撮ったものになります。

  • 西鳳翩山~東鳳翩山縦走

    今日は「市民登山教室の会」主催の今年度第2回目の登山に参加して来ました。 今回は旧山口市の名峰「西鳳翩山(742m)」~「東鳳翩山(734m)」の縦走と言う事で、7:45に西鳳翩山登山口集合でした。
    朝7時、自宅を出る際に北に見える鳳翩山には、分厚い雲がかかっており雨を予想させるものでしたが、今日の“晴れ”という天気予報を信じて出発。登山口に近付いても雨こそ降っていないもののドンヨリとして市街地を見ることが出来ませんでした。

    本日の参加者は30名、山岳会の方が20名の計50名で8:15に1班が出発。普段は私は1班なのですが、この夏に体を動かしておらず体力に自信がなかったので、班を下げてもらい3班になりました。スタート直前より雨が降り出し、途中でカッパを着るほどの雨量となり買っていたカッパを出して初めて袖を通しました。(今まで雨が降る日には山に行った事がないので)

    途中で雨は上がりましたが、西鳳翩山山頂に到着したのが9:40。しかしながら雲(ガス)の影響で視界もきかず景色を観ることは出来ず、山頂にそびえ立つ電波塔を撮るだけとなり、油峠に引き返し「東鳳翩山」を目指す事となりました。
    11:10に「西鳳翩山」と「東鳳翩山」の分岐点である「地蔵峠」に到着。この頃には、太陽が顔を出し始め青空が見えるようになりました。非常に長い階段が続き、膝が重く感じられましたが、この3班の女性達は非常に逞しく、1班を途中で抜きトップで東鳳翩山山頂に11:55到着。
    山頂には他の団体さんも来られており、強い日差しが注いでおり、景色も抜群でした。
    山頂付近に“山梨”があるとの情報で採りに行きました。小ぶりで少し硬いですが梨の味も少しはしてすきっ腹には程よい水分補給になりました。その後、班ごとに記念撮影を行い、一旦山頂を降りた所にある広い丘で昼食を摂りました。
    12:35にそこを出発し、地蔵峠へと戻って行きました。地蔵峠からは会の方が準備して下さったマイクロバスで西鳳翩山登山口まで送って頂き、13:30には登山口に着く事が出来ました。

    久しぶりの山歩きであったのと、前半の蒸し暑さ、後半の気温上昇で体力を消耗したのと、地蔵峠から東鳳翩山に向かう登山道がよく整備されているのはいいけど、階段の多さが膝に負担となり、結構しんどい登山となりました。
    これから季節はどんどん良くなるので、天気の良い休日には山歩きを積極的にしたいと思いました。

    それにしても今回も会の皆さんには大変お世話になり、ありがとうございました。
    次回の3回目は、12月で「禅定寺山(392m)」の予定になってますので、それまでにしっかりと体力を付けておこうと思います。

    今回の画像は、ガスに包まれた西鳳翩山山頂の鉄塔です。

  • 今夏最後の“山歩き”

    梅雨明けと同時に、毎日うだるような暑い日が続いていますが昨日、知人に誘われ“山歩き”に行って来ました。
    一昨日も最高気温36℃となっており、早めに登って昼過ぎには下山しているようにと、8:30に小郡で待ち合わせをし、今回は山口市の代表的な山「東鳳翩山」に行って来ました。
    知人は初めて登る山みたいで、登る気満々でした。私は1月に市民登山教室の会で登ったので3回目の山歩きとなりました。
    8:50には一ノ坂運動公園駐車場に到着し、9時に登山口を出発。この暑さもあり何度も水分補給の休憩をしながら登って行きました。登山道は殆どが日陰となっており直射日光に晒される事もなく私は比較的快適に歩くことが出来ました。

    山頂には10:45頃到着。360度の大パノラマを堪能することが出来ましたが、やはり遠方は霞んでおりスッキリとした景色は見れませんでした。風も多少あり、登る時ほどの暑苦しさはありませんが日陰がないので太陽の輝きを体中に浴び、ジリジリとした暑さを感じました。
    山名の書かれた看板のある積み石には誰が挿したのか黄色い風車があり、少し夏の涼しさを感じさせてくれました。
    この暑さにもメゲズ、思ったより登山者が多くビックリしました。
    11時過ぎには下山を開始し、12:15には登山口まで戻って来ました。登山口周辺には民家もあり田などへ水をやるため用水路があり冷たい綺麗な水が気持ち良い音を立てて流れていたので、手を付け顔を洗って行き返った心地がしました。

    とにかく大量の汗を掻いたので湯田温泉で汗を流し、その後、美味しい「ざる蕎麦」を頂いて帰路につきました。
    やはり、夏の低山登山はきついので、秋までは夏休みということで山歩きは中止する事にしました。
    それと今回の山歩きには、先日買ったトレッキング用パンツを着用しました。スリムタイプなので足に纏わりつく感じはしましたが、ストレッチが効き違和感なく登るう事が出来ました。

    写真は山頂の物ですが、黄色い風車があることが分かりますかね?

  • 夏用トレッキングパンツ購入

    先週末から台風とその後の集中豪雨でずっと雨の降り続く一週間で、“山歩き”もままならない状況が続いています。特に昨日から県内は勿論のこと、九州~近畿の広範囲にかけて甚大な豪雨被害が出ており、川の氾濫、土砂崩れ等、死者・行方不明者が多数出ている他、JRをはじめとした鉄道にも大きな影響が出ています。今日も山陽新幹線は新大阪~小倉間の運行の目途が立っていない状況。
    今日の山口の予報も雨でしたが、雨は降っておらず曇り空ですが、また明日は雨のよう☂

    その貴重な梅雨の合間を利用して、トレッキンググッズをスポーツ店に見に行きました。夏用のトレッキングパンツが古くなったので、ボーナスも入ったし、いい物があればと思って・・・ 
    先日、広島に出張に行った際に時間があったのでデパートでいい物を見つけてて、今月も出張に行くのでその時に買おうと思っていたのですが、結構高かったので少し迷ってる状況でした。

    山口で気に入ったのがあればと思い今日出かけた訳です。
    まずはヒマラヤへ。「いいな」と思える物もありましたが自分に合うサイズが見当たらず、スポーツデポへ。ここで前店で「いいな」と思った物で私に合ったサイズがあり、しかも値段が30%OFFと、めっちゃお得な気分になり試着してフィットすることを確認して購入する事にしました。メーカーは「Marmot」でストレッチ加工で、撥水、速乾に優れたパンツで、夏の山歩きには丁度良さそう!!^^

    秋の前半までは履けそうなので“山歩き”が少し楽しみになりそうです。

  • 6月最後の山歩き

    今日も梅雨の晴れ間となり、体力作りにと思い立ち「右田ヶ岳」に山歩きに行って来ました。
    気温も上がりそうなので少し早目の時間にと思い、9時過ぎに家を出ました。今日はさすがに右田小学校の行事もないようでしたが、相変わらず駐車場には沢山の車が停まっており、何とか1台分の駐車スペースを見つけ停める事が出来ました。

    登山口である天徳寺に向かう時に、時計をし忘れて来てた事に気付きましたが携帯電話で時間を確認し9:40登山口を出発。しばらくすると一組のカップルと出会いましたが、彼女の方がとても登山をするような格好ではなく、散策程度に途中にあるお堂まで行くのだろうか?と思いつつ追い抜いて進みました。

    結局、10:35に山頂に到着。数組のグループが登っておられましたが、さすがに直射日光は避けて日陰で休を取っておられたので、山頂部の岩場から久しぶりに防府市街を見わたす事が出来ました。山頂は、ほぼ無風状態で確かに直射日光の元で長時間を過ごすには向かない・・・でも日陰は満員状態ということで、早々に下山を開始しました。
    下山途中に第2ピークを過ぎた所で、最初に出会ったカップルと遭遇。あの格好で登って来てるではないか❢ ぶったまげましたが、彼女はきっと登山が嫌いではないのだろうが、こういうデートもありなのかっと思いました。

    暑いながらも、体力作りの為と思い頑張ってみました。
    あ~他の山にも登ってみたい! 誰か付き合ってくれる人は居ないかなー!?

    写真は山頂の風景(無風だったので旗も靡いていません)

本文はここまでです このページの先頭へ