ここから本文です

投稿コメント一覧 (756コメント)

  • これからはディープユーザーに支えられる形になるでしょうね!

  • チケキャンの事はミクシーの利益にはあまり関係ないかな!

  • まず一番の問題はモンストの利益がどれくらいねばるか

  • これについては前四半期決算動画を見たら分かる!
    下降トレンドに入ったのは確実なのに、ゲーム内イベントが失敗した為に利益が下がったと発表してますが、
    セグメント利益14.8%ダウンの理由としては稚拙すぎるのではないでしょうか!

    売上(利益も)広告投入で回復したが、それも効果がなくなってきたので現在はコスト削減中!
    そのため次四半期は売上の下げはあるものの利益率が改善し、まだまだいけると発表しそう、、

  • アニメ動画は、ターゲットを中高生に合わせている点も今からでも方向転換してほしい!

    アニメ動画は現状収益性はほぼなく、モンストの広告としての効果しかないが、アニメにすることにより広告費としてではなく投資として損益には表記されるので、これは逃げの一手に近いのに知らない者には新規事業開発費という攻めの一手に移るのではないでしょうか!

    賃借料の大幅な下げも縮小傾向にあることを物語り、出来ればどのような経緯か説明がほしい部分!

  • 続き・・・
    利益の9割以上を占めているゲーム事業(エンターテイメント事業)で利益のほぼ全てを支えているモンストの課金利益が下げトレンドの状態で、投資家たちの希望は
    ブラナイダッシュとマーベルツムツム、そして新規に立ち上げまくっている他事業!!

    もしゲームをしない方で、ミクシーに投資している方はこの2点のゲームは自分でやるか、子供・孫にでもやって感想を聴くべき、
    ブラナイに関しては、配信の早期打ち切りを回避するためと考えられ期待薄す!
    それでも面白ければよいが、早いうちに自分でゲームをしてみて判断するべき!!

    マーベルツムツムは本家ツムツムの二番煎じで成長期待低く、NHN PlayArt・ディズニーからみ利益率はもっと期待薄
    グッズの販売権などややこしくなるのにこの条件の提案はミクシー側からのアプローチであり、これも決して攻めの経営とは言えない!

    どちらにしてもリセマラ込みのDL数の発表であり実ユーザー数は回りの反応で見たほうがよさげ!

  • つづき・・・
    現在行っているメディア事業だが、出会い系(婚活系)やオークションサイトなど目新しいものはなく、後発のミクシーがどれくらい、この事業を育てれるかが勝負だが、色々手を出しすぎって柱のない状態!

    元々ゲーム事業に手を出さず、ミクシーのSNSの内容を強化してフェイスブックに並ぶ企業を目指せばまた状況が変わったかもしれないが、ただの企業買収屋にしかになってきている!

    ちょっとそれた・・・

  • 主観ではなく業績を・・・
    つづき・・・

    メディア事業は今後成長するものもあるだろうが、ヒットサイトを今から作るのはギャンブルであり
    特にモンストの衰退を補うにはメガヒットサイトの開発が必要!
    ※メガヒットサイト、ぐるなびとかベクターとか、カカクコム!

    成長はヒットサイトを作るという超絶的な努力と目標意識が必要だが、
    衰退は一つのゲームの終わりにより強く圧力が掛かっている!

    ※主観ですがミクシーHPを見る限り、学生の文化祭のようなノリのサイトに見え利益追求意識が弱く感じました!
    失敗しても挑戦しよう!頑張ろう!的な

    挑戦し頑張って失敗を避け、絶対利益を出そうという企業風土は感じられない!

  • つづき・・・
    機関投資家が嫌うものは業績縮小と下方修正
    業績の縮小は下記内容から容易に推測できる!


    会社予想(成長の止まっている会社は目標でもある)
    売上高 218000 4.4%   営業利益 80000 ▲15.8%

    モンストの売上の下げを補い売上高の4.4%アップの理由が現状の事業内容では弱すぎる!
    営業利益は、経費削減で補い達成できるかもしれないライン!!

    この状態では幾つかの機関投資家は逃げを考えるタイミング!

    マーベルツムツムのDL数の伸びで少し株価が上がった時があったが、機関投資家ならマーベルツムツムが3社で利益を取り合っているのを理解しており、業績にほとんど影響を与えない事を理解している!

    そのため現状のDL数などで買っているのは、一般投資家でバリュー投資を考えてるか、高いときに買った投資家のナンピン!

    逆に売っているのは、大口投資家の手仕舞いと考えられる!


    成長株機関投資家はもう逃げているかもしれないが、残っている成長株機関投資家や
    悠長にかまえていたバリュー投資家が次の決算での売上高と営業利益の縮小を見たとき、なげうってきたら株価は
    3,000円からは一気に2,000円までは下がるかもしれません!

    営業利益の下げは確定要素大!
    営業利益の上げはギャンブル要素大!

    投資はギャンブル要素が発生した時点で手仕舞い!
    という考えから現状は手仕舞い推奨です!

  • >>No. 778

    期待できる話は、これで企業が終わりではなく、
    モンスト以上の成功をしたポケモンGOや
    大きく企業を改革したスティーブ・ジョブズなど変わる要素が0ではないという事!

    くらいかな

  • モバイルゲームで一発大当てした場合、

    そのゲームが衰退しだしても新しいキャラやアイテム
    そしてシステムを次々に開発していく必要があり、衰退の中それを行うのはかなり精神負担のある作業です!
    人件費や開発費もの負担率も売上の縮小により負担率はUPします!
    それらを一気に縮小すると、その縮小感を感じたユーザーから離れていきます!
    ある程度までくるとそれらの費用と時間的効率などが負担になりゲームの配信終了となります!

    これをしっかり踏まえモンストの利益の落ち込み時期を最大限まで伸ばし、その間に新しい利益の源泉を掘り当てることが出来ればまた成長します!

    そして掘り当てようとしないものには、その利益の源泉は掘り当てられません!

    が今あるものをしっかり育てず、次々目移りしても仕方ないですね!

    今あるものをしっかり育てつつ、新しい利益の生まれるものをしっかりと見極める目がミクシーにあれば、
    また株価の下降トレンドも終わりを告げ、上昇して来る時があるでしょう!

  • 4半期決算ごとの売上の伸び率は落ちたけれど、それでもメガヒットのモンスト・パズドラ!

    ただメガヒットの反動でこれらが少しでも落ち込むと他事業で補えなない!

    ゲームはだんだん利用ユーザーが減っていくものである以上、課金売上が縮小トレンドに入ったのは否定出来ない!

    現在のミクシーでもっとも重要な数字はモンストの売上高であり、それを予測するには四半期毎の売上を
    分析すると予測は出来ます!

    エンターテインメントセクター売上
    2017第2四半期売上  ○○○
    2017第1四半期売上  44022  
    2016第4四半期売上  55021  
    2016第3四半期売上  51276
    2016第2四半期売上  42025
    2016第1四半期売上  47002

    ○○○の部分の、みなさんの予測を聞きたいです!
    エンターテインメント以外の昨年年間売上 13443
    今年大幅に伸びても15000くらいだと思いますがキリよく20000とすると

    会社予測(四季報予測も同じ)218000を達成するには
    エンターテインメントセクター売上が年間で198000必要になります!

    2017第1四半期 44022だったので、第2~4四半期で153978売り上げると予測達成です!
    つまり
    2017第4四半期売上  51326  
    2017第3四半期売上  51326
    2017第2四半期売上  51326 という売上をエンターテインメントセクターで経常しなければいけないのです!

    ちなみに四季報夏号では中期売上予測を105000としておりました!
           秋号で四半期売上実績は47344です!
    四季報夏号の予測通りの推移では次の四半期は105000-47344=57656必要になりますが、
    ちょっと無理がありますよね!

    それなのに四季報も予測を変更していないのです!
    四季報は間違えても責任などないのですから、投資判断のメイン材料にはしないことをおすすめします!
    そして自分の目で見て考え、シンプルに2017第2四半期売上  ○○○をまずは予測して見てください!


    ミクシーの規模は個人投資家で動かせる規模ではないので、機関投資家が動く理由がなければ5000円や6000円なんて金額には戻りません!

    上記足し算・引き算で十分投資判断は出来ると思うので、目をつぶらず考えて見てくださいませ!

  • >>No. 800

    配当前に下方修正したら、配当金額なんて吹っ飛ぶくらい下落しますよ!

    業績の下方修正をどれだけスムーズに発表出来るかが、いまのミクシーの勝負どころ!

  • >>No. 802

    短期であれば上昇もあり得るし、ミクシー側の戦略次第では5000円くらいは目指せたかもしれません!

    売上の落ちをイベントが失敗した為といっており、
    イベントの失敗で片付けるには縮小幅は多き過ぎ、言いわけ感が凄く伝わってきます!

    次四半期までに会社予測を下方修正するのは、ほぼ確実であり、それまで機関投資家の逃げでじりじり下げるのではないでしょうか?

    そして下方修正発表の際に、塩漬けにしていた個人投資家の失望売りで下げ幅が伸びたところへ、バリュー投資家が被せて買いに入ってきます!


    これがよくある、ニュースの逆に動くという現象ですが、ニュースの前に単純な決算毎の分析で下方修正などは分かるのです!


    Googleプレイでの売上ランキング一位のモンストですが、
    機関投資家が見ているのは成長率なので、順位は関係ないのです!

  • オフィシャルHPの写真をイメージから実写に変更
    テレビ・雑誌・新聞で特集や特番が組まれる
    各旅行会社にツアーが組まれる

    どこかのタイミングで3500を寄り付きストップ高でぶち抜くと思いますが、出来ればじわじわ上がってくれらた
    買い上がり出来るのにな


    経営が失敗するにしろ、成功するにしろ、
    オカダ・マニラ オープン数日で5000円くらいは目指せるかな


    株価には関係ないが、臨時国会後半には、オカダ・マニラがオープンしておりIR法案の大きな架橋になりそう

  • Googleプレイの売上ランキング フェイトに負けてるけど
    フェイトがすごいのかな

  • まだ具体的な感じではないが、熱意が今までの報道より強いので、
    材料だけで月曜ストップ高になるかも!

  • カジノ関連に手を出せない方が一番危惧しているのは、ギャンブル依存症!!

    そんなもの競馬でもパチンコでもいっぱいいるけど、手軽に行けない分、依存症発生率は競馬やパチンコより低い!

    IR法案が満場一致で賛成されるのがベストだが、野党は否定するのが仕事だから、現状の山口代表が否定してるのが普通の状態!

本文はここまでです このページの先頭へ