ここから本文です

投稿コメント一覧 (321コメント)

  • >>No. 1757

    うん、それ何となく記憶にありますww
    もう終わりだと思ったら、単なる篩で次の日から騰がってしまったりw
    短期は需給だから、想像の斜め上を行くこともしばしばですね。特に新興はおもちゃにされることが多いですからその傾向が強いですww

  • 新興で10%のアップダウンなんて日常茶飯事でしょう?何も無くても仕掛けでそのくらい動きます。
    今日のケイブ見てくださいw
    蒼焔もリリース当初はセルランさっぱりで爆死案件扱いでしたからw
    CUE!も現段階で見切るのは早すぎでしょう。
    A3もここまでロングヒットになると予想していた人はいなかったのでは??
    まあ、そこまで悲観的になる状況では無いですねww

  • 明日は「オンコリスを狼狽売りしたおんどれらを、意外に下落しない焦燥感が襲う」の展開を期待したいですね♪

  • 10%以上騰げて、往ってこい。
    損切りライン割ってますので1,400円以上で持ち越した人も少ないでしょう。
    同時に、ここらで抜けたい人もいい気分で抜けられたのでは?
    出来高も多く、自由に売れたわけですし、上ヒゲだけど、意外としこりはないのでは?、と思いますww

  • 1/8 ノムラのカラ売りが入ってますね。
    材料が出たところをモグラたたきで25日線割れまで…
    いいようにされてしまいましたね(>_<)

  • LINE Payの手数料0%もよく読むと、専用アプリ経由のみで決済システムを持たない売上の少ない零細店舗しか対象にならないみたいですね。(LINE側もプロモーション費用程度の予算なのでしょう。)
    こうした施策によりLINE Payを使う人を増やし、手数料3.45%の普通の店舗でも使ってもらうことにより収益を上げていく目論見なのでしょうね。(LINE Payが普及すれば手数料0%は意味が無くなるので終了するでしょう。)
    全ての店舗に手数料0.95%を適用し、革命を起こそうとしているpringと比較してはいけませんねw

  • チャート的には今週いっぱいが正念場ですね。
    この辺で踏みとどまればトレンド転換も期待できます。
    アエリア同様、機関の操作が激しいインフォテリアもブレークしました。
    インフォテリアの7月上旬からのチャートが参考になるかも知れません。(材料が出ては下げられ、イライラの連続でしたw)
    何はともあれ、狼狽売りが一番怖いのでホールドするならレバレッジをかけない余裕のあるポジで行きたいですね。

  • あと、逆指し値を入れておくのが賢いような風潮がありますが、機関からすればバケツリレーで暴落相場を演出できる燃料でしかありませんので、念のため。(図らずも株価操作に手を貸すことになりますw)
    逆指し値入れるような自信の無い人、余裕の無い人は、すぐに成り売りされることをおすすめします。

  • 新興でもイトクロなど、たちの悪い機関に絡まれていないところは利益の割に時価総額も高く比較的安定した動きになっていますね。

  • 相変わらず、朝の印象操作がひどいですねw
    小型株は短期ではファンダメンタルより需給で株価が左右されるのに、こんなにやりたい放題ではまともな市場は形成されませんね^^;
    個人は現物中心の余裕のあるポジションでいかないと、作られた乱高下で往復ビンタされ、資金を溶かすことになりますね。

  • 朝一のは追い証の強制処分売りだったのでは?
    他のゲーセクも似たようなことになっています。

  • メルカリの時価総額が1,000億円??
    ひどい売り煽りの記事ですねww
    なぜこんな短期間で急激に成長できたのか、メルカリがすでにSNSレベルの生活必需ツールに格上げされているからでしょう。SNSもそうですが、この分野は先行してユーザー数を増やしたところが全てを持って行きます。フリマではメルカリがその位置に最も近いでしょうね。

  • まあ、42回の特別ボーナスのうち売上連動分が全てでは無いなら、何月分まで算入しているとか意味が無くなりますので、あまり前のめりにならない方がいいのかもですねw
    すいません^^;

  • 42億円の件、6月分の給与に含めようとしたら、リアルタイムでは無く月締めの数字でしょうから普通に考えると5月までの分(4ヶ月分)までしか支給できないでしょうね。

  • 蟹、ブロコからアエリアdisりに来てはしゃいでいるのは、音ゲーまじめにやったこと無い人でしょうね。
    音ゲーは課金すればいいというものでは無く、相当の時間の拘束、それなりのテクニックが必要になってきます。
    純粋に音ゲーにはまってくれる人はいいけど、キャラやイベントを楽しみたいだけの人は面倒くさくなってしまうかもですね。(ラブライブは熱狂的なラブライバーと呼ばれる人たちがその辺引っ張ってたように思います。)
    これがA3!と同じような誰でも遊べるアプリなら完全に競合していたでしょうけど…。
    ただ、一般の市場参加者はそこまで考えないでしょうから、乙女ジャンルの競合出現と言うことで、弱含む可能性もありますので要注意ですね。

  • アンジェ、リミポなど真性仕手株は数字の裏付け無用、思惑だけなので騰げやすいですが、一旦崩れると下値めどがありませんから(強いて言えばスタートラインが下値めどですね)専業以外はさわれませんね。
    A3!の乙女のtweetや物販の行列、CD売上、セルランは嘘をつきません、紛れもない真実です。
    煽り屋さんのばかげたtweetとどちらを信じるかですねww

  • 自社IP(利益率最高)でセルランTOP10常連のアエリアの時価総額が500億円しかないのなら、蟹もブロコもドリコムも既に上値が無いことに気づくべきでしょうねww
    既に実績が上がっているアエリアがゲーセクの評価を上げていかないと、他の銘柄の未来はありません。(リリースゴール、提携ゴールになってしまいます。)
    アエリアdisってる場合じゃ無い、応援しなきゃですねww

  • シャニライは音ゲーですから、本格的に上位に食い込もうとすれば課金以外にも相当な時間と苦行、それなりの技能?を要します。
    ラブライブとかやったことある人は分かると思いますが、仕事に疲れて帰ってきてからやるのは結構キツイし面倒くさいですねww
    スマホアプリの世界ではゲーム性が高ければいいというものではありません。
    気軽に誰でも疲れずに楽しめて、多くの人に長く楽しんでもらえる、A3!はそこを目指しているので、ゲーム性が高くマニアックなシャニライと比較してみても仕方ないですねww

  • 6/9の6,930円から15%ほどがっつり調整してますから、あんまり心配しなくてもいいのでは??

  • 4月高値を明確に超えてますので、次のステージに入っていると考えるのが普通でしょうね。
    ガチャの更新やイベントにセールスがきちんと反応すること(一過性のまぐれ当たりでは無いということ)が認識されてきていますから、日々のセルランだけで一喜一憂する段階は終わっているのでは??(逆に秋組のイベでセルラン上げても株価は調整継続でしたね。)
    そもそも1月末リリースで1Qが前年比8億円売上増なら、低く見積もっても通期で44億円売上を修正しなければ計算が合わないのに24億円の修正、会社自身も疑心暗鬼だったのかもですがあまりに適当すぎました。
    売上的には3月>2月でしょうから、3月並の売上継続だけで更に上積みとなります。
    後は今のセルランから誰でも計算できますねww

本文はここまでです このページの先頭へ