ここから本文です

投稿コメント一覧 (13コメント)

  • ラインとのサービスはリリースだと夏予定となってたが、まだスタートしないのかなぁ。今度の決算のタイミングあたりなのだろうけど、準備頑張って欲しい。

  • PTSの動向とかマジで無意味だから。
    個人の数百株の取引など値付けになんの影響もない。

  • 10億は準備してるでしょ。総額でもまだ100億程度の会社だし、販売パートナーとしてここのビジネスは中長期で何倍にもなると確信があれば、このくらい端金。

  • 1日に複数買いも高値で買うとは思えないし、中長期保有で直ぐには売らないだろうから、買い上がりにはならいけどね。

  • ファンドも売りに出るかもしれないから、一概には言えないけどね。
    9万を全て浮動株から調達は需給的に難しいのではと思う。

  • 内実を最も良く知る販売パートナーの東京センチュリーが持分適用まで買い増すのが何よりの材料だよ。会社が短信で目標達成できますと言ってるだけだったら、信じきれないし。ただ、販売パートナー数じゃなくて、肝心の導入社数を出してくれないのが、信用できないところ。

  • 割安だと思うけど、明日は上がっても少しだけな気がするよ。上方修正は皆んな分かってたし、株売って20億の特益も一時的だし、サプライズ感はゼロだね。FPDと半導体は今は落ち目だから、3月中頃までは今の水準で我慢かな〜。残念だけど、早く見直し入って欲しいよ。

  • 暴落相場の中でもパラマウントベッドはやはり強いですね。
    ほぼ設備投資をせずに営業CFを100億以上稼いで、シェアも高い。余った金は運用と株主還元に回す。
    成長と利益率を維持するのに巨額の設備投資が必要な銘柄より、自社株買いで株価に安定貢献してくれる方が長期保有には適してます。
    今後も世界レベルでのニーズの増大とそれに対する海外展開も順調とくれば買い銘柄だと思います。

  • 基本的に株価は足元の業績より、将来見通しを過大に織り込むと思います。一株益は低くても、テーマ銘柄ってだけで過剰に買われてますし。逆に不動産は昨年終わりから今年に入ってリスクが顕在化してますよね。このことは、市況の変化を一番受けやすい、マーケットリーダーである財閥系不動産や大東建宅のような大手の株価に現れていると思います。個別企業の株価はそれぞれ要因があるとは思いますが・・・
    ただ、少なくとも今年度の収益目標は開示情報を見れば誰でもわかる通り必ず達成しますので、現状の株価水準は低すぎだとは思います。少なくとも、2200円程度で推移して欲しいところですね。。。これでも予想PER5倍いかないんで、今の状況は理不尽です

  • 自分の持ってる銘柄の悪いとこってワザと意識しないようにしてるのかもしんないけど、
    実際直近の決算資料にあるマンション契約残が前年比大きくマイナスになってるのってヤバいよね。
    アパート販売は好調だけど、利益率の良いマンションは昨年度がピークだったってことだし。
    まあもう少しは持ってるつもりですが・・・

  • >>No. 738

    返信ありがとうございます。
    ここの場合は、決算数日前の1900円頃から、あからさまな短期筋の期待買いが入っています。そして、その大多数の人は決算直前か直後に全売却し、長期保有の資金に回すか、次の決算期待銘柄へ移るのが普通の投資行動だと思います。コンセンサスを上回るのはみんなわかってましたからね。インベCの場合は、事前の株価にあまり織り込まれていなかった分、サプライズが大きかったのでしょう。しのけんより財務の安全性が高いため、成長性が見込めるなら短期で売却せず、長期保有する人も多かったのではと考えます。
    モルガンの空売りについても、現在の相場に強い影響を与えてるかは疑問です。モルガンの空売り残も決算前後でそこまで変化ありましたでしょうか?
    恐縮ですが、モルガンが必要に空売りをしていると考える理由を教えてください

  • 運転資金が多いビジネスモデルなのは、確かにリスクの一つですが、そんなのは昔からなので、すでに株価に織り込まれています。インベスタークラウドとはPERの水準が5倍程度違いますので。シノケンとの対比でインベスタークラウド出しても意味ないでしょ

  • 営業CFがマイナスになっている一番の理由は、棚卸資産の増大。その背景にあるのは、売上計上(引渡し)まで数ヶ月を要するアパートの受注残が前期比で大幅に増加したことにより先行する資金が増えているから。この状況は業績拡大期の企業なら当然のこと。
    目先の業績は誰もが評価するところではあるが、中長期の見通しが悪いので業界自体のPERの水準は徐々に切り下げていくと予想する。長期金利の上昇が一番のネックで、需給バランスの悪化が次点だと考える。
    それでも、予想PERで5倍〜5.5倍が現時点では適正(JASDAQにいるのが本当に残念)と考えるため、2350〜2600円を適正株価としているが、今後業績が良くなってもPERの水準が下がるため、ここ1年内での3000円到達は難しいと予想する。
    もちろん日経平均2万2000とかまでいったら分からないけど、この銘柄の旨味は、ファンダメンタルズに支えられた硬い底値にあり、損失リスクを抑えた勝負が出来る点にあるので、相場自体が上向き始めたら、他の銘柄へシフトしようと考えている。

本文はここまでです このページの先頭へ