ここから本文です

投稿コメント一覧 (3コメント)

  • >>No. 659

    あと業績の芳しくないMTI社が、いつまでもここの株を保有し続けると思いますか?
    もし、放出したらどうなると思いますか?
    ここの株を買いたい機関もいないと思いますが。

  • >>No. 659

    個人の特定や業務上の機密は書けないのでギリギリの表現になっての注意喚起のつもりで書きました。
    あなは残念ながら株主さまですか?
    であれば、上がることを期待して塩漬けにするのはやめた方が良いですよ。
    目標株価は50-100円が実体の姿だと思います。
    あなたが負け犬にならないように、ご忠告いたします。

  • この会社で働く従業員Aです。
    もう辞めるので、この会社の株に興味を持っている方へ参考情報をお伝えします。
    投資するにふさわしい企業かの判断材料にして下さい。

    昭文社は「昭」の字が表すとおり、昭和時代の企業体質です。

    ■男尊女卑
    男性優位で女性管理職はいませんが、有能な女性は多いです。
    ですが、気が強すぎる女性も多く、そいういう女性は管理職にすべきではないでしょう。

    セクハラが横行しています。
    役員の接待への同行を要求されたり、卑猥な発言もお酒の場だからと許されると思っている節があります。
    また、今どきボディタッチがコミニュケーション手段と勘違いしている男性社員もいたりします。特に45歳以上の中年層で今回のリストラでいなくなるかもしれません。

    ■センスのない経営陣と奴隷体質の従業員
    上意下達の体質です。
    社長の思いつきに賛同するイエスマンと振り回される従業員。
    いつしか従業員は飼いならされ、反発することもせずにただ従うばかり。そして失敗。
    失敗しても役員は責任を取らず、下々の人間が左遷させられることの繰り返し。
    逃げることが上手い人間が出世し、まともに取り組む人間はバカを見る会社です。

    現場従業員は、配属事業により温度差があります。
    基本的にはおとなしい人が多いですが、上に反発すると疎まれて異動させられるからです。
    パワハラ事例も何件かあります。

    上役の企画に反対意見を述べると、怒り出して「対案を出せ」というので、対案を出すと、「効果(売上や利益)が目的ではなくて、上層部へのパフォーマンスが目的だ」という始末。

    こんな人たちが上層部にはびこる中で、赤字体質から回復できると思いますか?
    ちなみに、この企画の結果は、効果は全くなく、本当にパフォーマンスで終わりました。
    他にも何千万円が、センスのない企画に消えていくのを見てきました。

    株主の皆様、怒りが湧きませんか?
    実施命令をしたエライと思っている方々は何ら責任をとっていません。

    ■四季報やIRに惑わされないように
    この会社は流行りものに手を出す癖があります。
    ビジネスモデル無しで「株のテーマ」を後追いして失敗します。

    最近だと旅ナカ事業に注力とありましたが、これが伸びるとは思えません。
    ネットでは最終的には「ナカ抜き」で、直接現地会社に申し込む形になるでしょう。
    利用するのは英語のできないシニア層で、英語が当たり前になってくる今後、若者に利用される機会は少ないと思われます。
    これは12月に上場したベルトラにもいえることです。

    そして毎期のことながら、過大な目標設定をして、下方修正する癖もあります。
    出版事業は書店に納品した時点で売上にできるため、昔は3月に強引に納品にして、つじつま合わせの黒字化をする、といった姑息な手段を使っていましたが、それが通用しない時代になりました。

    ■この会社の将来予測
    あらゆる事業に失敗して、小規模な出版社として存続すると思います。
    この会社のビジネスが成り立っていたのは、主に書店での場所取り合戦に勝っていたからです。
    書店が減少する中で伸びる余地はありません。

    キャッシュが豊富だった時代は、村上ファンドによる買収工作もあったようですが、2位株主のMTIが買収することもないでしょう。
    それだけの魅力的な事業もブランド力もない企業になりました。

    自分ならこの会社の株は買いません。
    株価はまだ割安ではなく、底なし沼です。
    おそらく、さらなるリストラを行って出版事業のみに回帰した時が買い時でしょうが、当分先のことでしょう。
    その時は上場廃止になっているかもしれませんが。

    もし、すでに株を保有しているのなら、社長を含む経営陣の解任動議を出されることをおすすめします。

本文はここまでです このページの先頭へ