ここから本文です

投稿コメント一覧 (111コメント)

  • 注意深く厚労省のHPを見ていれば掲載されますので分かるはずです。但し、「条件」付きの承認はかなり厳しいと聞いた事が有ります。条件承認は、数年にわたり多数の症例を集めないと、承認には至りません。
    知らんけど。

  • 今は製薬各社が山中先生のips細胞治療をお願いするのが、争奪戦の様相を呈していると、E社のMRさんが言ってました。山中先生も元号に関与させられたり大変そうですが、今朝の毎日にあった様に、他家のips細胞もかなり利用し易くなる等徐々にips細胞治療が軌道に乗りつつある様です。此処は、その再生医療の本丸みたいなものですから、安心で放置。見れば、厚労省のips細胞とかの第一の再生医療は70件を超えて居ます。

    風説の流布ではありません。
    知らんけど😊。

  • 此の会社、二つ失敗した事は認めています。だから下げても良いのですが、なんか中途半端な株価になっています。其の内、何方かに振れるでしょうね。
    知りませんが。

  • この1月31日に、厚労省が再生医療に関しての重要なお知らせを記載しました。(再生医療としてips細胞と書かれています。)つまり、再生医療のルールを決めて、その中心にips細胞治療を考えている様に思います。脊損、心筋、パーキンソン以外にも膝や今まで表面化しなかった難病の治療が可能になるかもしれませんし、ips細胞に関して様々な企業が動き出していると日経にもありました。国策の様にも考えられます。此処は長期で面白いと思います。
    分からんけど。

  • 徒然なるままに。
    小生、日中仕事があり、デイトレードは無理だからやりません。博打の才覚も無いし、「株は信用はやるな」が親の言いつけだからやりません。
    今後の医療は、①遺伝子②ips細胞③ES細胞、が中心となると考えて、武田から此方へ鞍替えして、もうキリが良いので長期放置です。ips細胞に期待しています。昨日の、山中先生ではないですが大阪万博の時には良い値段になっていると期待しています。

    外傷性の脳損傷は小生は否定的です。エビデンスが必要です。シューマッハを治したから買いますが、アメリカのFDAは厳しいと聞いたことがあります。聞いた話で、後頭部を損傷して両眼失明、こう言う人を治さないと。
    心筋細胞と脳細胞は再生しないのが原則。これをひっくり返すのは簡単ではないと思います。だから4592.は最初から懐疑的。頭に穴を開ける時点で更に懐疑的。治療は先ず侵襲の低いのが原則です。当然ベクターて運ぶと思っていたから驚きました。有意差が数%はリハビリのレベル、此れも信頼出来ない。
    加齢黄斑やアルツハイマーに効果、の時点で更にアウト。機序が違うのに両方加療可能とはあり得ない論理。此の時点で駄目なのを承知で釣りあげたはず。確信犯ですね。

    此処は其れ位は分かっていた筈。機関が吊り上げて更なる買い手の犠牲者を増やさない、と考えたのかもしれない。此処は自らの傷を浅くしたのが一番でしょうね。

  • 僕も中国のラツーダは好材料と考えますが、サンバイオのショックが大きいので。良いIRを出した翌日に主要項目駄目でした…は流石にないと思います。トップが喧嘩でもしたか?
    此処は昨年から下げても直ぐに戻しましたからね、不自然な事が多いですよ。まぁ所詮、弱小個人株主が考えても限界は有りますからね。
    此処は良く分からないのが結論😱

  • 何時からサンバイオは駄目と知っていたのか?
    何故昨日、サンバイオの梯子を外したのか?5月位迄サンバイオを持たせるかと思っていましたが、サンバイオを外せば株価が大きく下がる可能性は承知の上の筈だから。
    全て計算していると思うのですがね。
    知らんですが😱

  • サンバイオが駄目なのは分かっていた筈、それさへ分かってなかったら、此の会社はアホですわ。
    サンバイオ駄目なのを計算して、もう少し先の予定が早くなって決算も駄目なら、かなり売られるでしょうね、想像が付きません。1500〜2000位で落ち着きますか?3桁にはならないと思いますが、放置です。

  • 仕事が有りますしね。
    東一ですからね、ラツーダも何とかなり、まあ安心感はありますから、此れからの医療を考えれば此処はかなり有望でしょう。ふるい落としはありましたが、直ぐに戻しましたしね、下げても大した事はないと。放置でOKと思います。

  • 近いかも知れないですね。

    分かりませんが😊

  • 確かに見晴らしてみると、素晴らしい時価総額であります。去年、短期間に株価急騰の御蔭であり、此処は何としても今の時価総額を維持したくあらゆる手を使います。昨年11月には京都の山中先生ともips細胞で契約を結び、住友化学もバックアップの体制です。富士フィルムとか日立の名前も出て参りましたが、王者武田が誤った今は、此処がips細胞治療のトップランナーの様です。
    来年の今頃には、見晴らして見ると、更にビックリした時価総額になる予定です。
    責任は持ちませんが😊😊

  • kaz 様
    色々、ご教示有難うございました。
    厚生官僚は厳しいですよ。

  • まっいっかさん、Tuk…さんへ

    本日、サンバイオ、中々の高騰、おめでとうございます。
    サンバイオへのご招待有り難く思いますが、昔、7779.が絶好調だった頃に、何回も掲示板に反対意見をしましたが、罵倒を浴びただけで話になら無かった記憶が御座いますので、すればまた同じ結果になる事は明らかで流石に遠慮させていただきます。「私、学習能力はありますから」

    多分、サンバイオも日本脳神経学会で発表されるでしょうから、その時は是非拝聴し、参加して疑問があれば質問致したいと考えておりますので、楽しみです。

    プロトコールは専門用語ですが、使い方は間違っていないと思います。気に障りましたら、失礼しました。

  • makosan 様
    サ◯バ◯オの高値はおめでたい㊗️。慢性の脳梗塞の治療が其れ程簡単である訳ではなく、プロトコールもさだかでない現在、シューマッハを治す迄は信用しませんが。詰まりはもっとしっかりしたエビデンスを要求したい。本物は残ります。
    アメリカのFDAのphase3の壁は高いと聞いています。因みによく話す薬剤師さんも、同じ解釈で一致。お手並み拝見ですね。😊😊
    しかし、何時か何処かで見た様な感覚、dejavuを感じるのは私だけではあるまい。

  • 付箋様
    2018.11.09東洋経済、小長洋子 に書かれております。確認して下さい。スマホでも見る事は可能です。

  • ama様
    書き忘れましたが、慶應の岡野教授とy先生との関係は分かりません。
    特許の関係から、なかなか話は漏れてきませんし、y先生もガードはかなり堅かった印象ですね。y先生は面白い話をして下さりました、その発想に驚きました。理論的には可能でしょうが、現実には如何なものか?の印象ですね。
    私は4506を少し持っている程度ですから、上がれば嬉しいですが、下がっても、仕方がないなぁという感じですね。

  • ama様
    慶應の岡野教授に関しては、脊損に関しては、平成34年度を目処として、慢性のものまで治療可能とされておられます。岡野教授は、脊損を治療するのにも5〜10%は神経機能が残っていないと難しいと述べられた記憶が有りますが、慢性の脊損では矛盾しないか?と思うのですが、自信があられるのでしょう。これは検索されれば確認して頂けると思います。
    ips細胞で80〜90%治療可能というのは事実ですが、これはy先生にご迷惑がかかりますので、何処に書いてあるかは勘弁をお願いします。しかし、やがては明らかになって参りますから、その時には責任を持って事情はお話出来ると思います。
    本当に重要な情報は上がってきません。
    話は異なりますが、先日の日経に、アルツハイマーの程度が血液検査から分かる様になったから、此れから2〜3年掛けてデータを集める、と有りました。これは凄い事と感じております。
    ips細胞の治療は信じられない位進んでいる様です。ES細胞治療との競争みたいですが、ips細胞で膝の治療が可能になった様ですね。
    札医とニプロの方は見ないので良くわかりませんが、何方にしろ、名誉を掛けた競争は熾烈でしょうね。

  • アメリカではFDAのphase3をやると理解してよいのですね。
    なぜ、アメリカのphase2で有意差が出たら、日本では早期承認出来るのですか?アメリカのphase2は何人ですか?正確に教えてください。
    外傷性、慢性脳梗塞、加齢黄斑、アルツハイマーと全然機序が違うのに、この4つに対して効果があるのは可笑しくは無いですか。
    7779.はアメリカのFDAで認められたから、日本のPMDAでもOKが出たのですが、あれはロボットで人間が体内に入れるものでは無いですよ、其処は決定的に違うと思いますが。

  • 誰でも良いから答えて下さい。
    早期承認というのは、アメリカでも日本でもphase3をやらずに、市場に投入して良いということですか?

本文はここまでです このページの先頭へ