ここから本文です

投稿コメント一覧 (9881コメント)

  • >>No. 355

    生きてましたか。2k復帰おめです。
    今回は私も持ってます。
    前期は3Qが起爆剤になりましたんで今期も期待してますわ。

  • 受注の開示については上場企業の標準的な方法と同一にして行きますよということでしょう。

  • >>No. 147

    去年の5/24にも出てますね。毎月から四半期開示にするとの内容で。
    翌日は日経若干上げに対してまずまず上がってますが基本的に株価材料にはならないと思いますが。
    特別な大口受注だけ東証開示というのが基本と思います(7717Vテク等)。
    年間売上高の30%以上等となると同じくVテクを例としても昨年では、そこまで行かない(20%程度)受注の開示が一本だけで、通常の企業だとあまり開示機会はなくなるんでないでしょうか。
    7725インターアクションのように年間売り上げの2%程度のものも細かく受注開示しているところもありますね。
    まあ適時開示ルールに厳格に則ると上場製造業は受注の開示機会がほぼ無くなるのが普通と思います。

  • 小中高校でパソコンやタブレットなどの学習用コンピューターの不足が顕著となっており、法人向けパソコン販売を展開する同社(ハイパー)に商機が膨らむとの見方が広がっている。文部科学省調査では今年3月時点で5.4人に1台の割合でしか普及していない状況にあり、今後は20年度の小学校のプログラミング教育必修化などを前に解消が進むことになる。同社は企業をエンドユーザーとして直接販売するほか、卸売業者にも納入していることで、学校向けパソコン特需が間接的に収益を押し上げる可能性がある。
    (9月5日minkabu PRESSより)

    次期も買い替え需要で堅調と四季報にあり、2023年度までの経済対策特需は調達力のある同社には追い風だろう。

  • 小中高校でパソコンやタブレットなどの学習用コンピューターの不足が顕著となっており、法人向けパソコン販売を展開する同社(ハイパー)に商機が膨らむとの見方が広がっている。文部科学省調査では今年3月時点で5.4人に1台の割合でしか普及していない状況にあり、今後は20年度の小学校のプログラミング教育必修化などを前に解消が進むことになる。同社は企業をエンドユーザーとして直接販売するほか、卸売業者にも納入していることで、学校向けパソコン特需が間接的に収益を押し上げる可能性がある。
    (9月5日minkabu PRESSより)

    全小中生向けにPC配置なら公立向けなら入札業者指定受けて直販すれば良いのでは。
    次期も買い替え需要で堅調と四季報にはあるが、2023年度までの経済対策特需は調達力のある同社には追い風だろう。

  • 今期予想PERではかなり割高なアルチザが今日新値奪還。
    ここも6月高値をまず捉えたい。

  • ここが決算翌日に大きく上昇したのは、5G関連が属する電子・通信機器事業の売上が2Q単独期間で大きく伸び利益が黒字転換したこと、同事業セグメントの受注も順調に増加したことが要因で、別に太陽光発電所売却の一時益で嵩上げされたからではないやろう。
    結局、肝心の5G関連において四季報秋号にあるように引き合いが活発なことが2Q決算で分かったことが大きい。
    初動の押しやな。

  • 株探のおかげでしばらく需給が乱れたが、次の半導体需要の山は2017~18より遥かに高いことを念頭に関連株には臨みたい。
    ここについては、まずは水準訂正を。

  • No.571

    強く買いたい

    今月12日の株探記事より 【…

    2019/10/28 09:31

    今月12日の株探記事より
    【電子材料は上放れ前夜、プローブカードに追い風】

     日本電子材料 <6855> は25日移動平均線を足場に上放れ前夜。動き出せば足の速い銘柄だ。半導体メモリー市況の底入れ観測が浮上するなか、中小型の出遅れ半導体関連をターゲットとする動きが強まっており、検査用プローブカード大手の同社はその流れに乗る。EUV(極端紫外線)など新たな市場が立ち上がるなか、最先端の半導体テストに使われるプローブカードにも新需要が創出される。同社は世界4極体制で素早くグローバル需要に対応できる強みがある。半導体メーカーが、コストの低減のためテスト工程の集約化を進め、ファイナルテストを極力省きウエハレベルでのプローブテストを増加させる傾向があり、同社に追い風となっている。21年3月期は高付加価値製品の受注回復から大幅増益で切り返す公算大。<急騰性4・中期的上値余地4>

  • >>No. 620

    長文駄文になってしまいましたが、ドラクエウォークがコロプラ板ではあたかもコロプラのタイトルみたいになってるんで、基本に立ち戻って貰わんとと思った次第です。

  • あくまで私見と断った上で、コロプラの取り分が2~3割とか、それ以上とかの意見があるらしいが、「developed by~」というクレジットがあり共同開発をしている同様ケースではFFBEがあり、同タイトルは世界展開していてそれなりにヒットしているがAlimというgumiの子会社が開発を担当し上記のクレジットがあるもそれ程の恩恵はない。(gumiの業績レベルなのでそれなりに業績寄与はしているが)
    ドラクエウォークはコロプラが共同開発しているが、位置ゲーであること以外のゲームシステム、音、音楽、キャラデザ、その他諸々はドラクエの世界そのものであって、まずパブリッシャーとして運営、配信をスクエニが行い、一旦配信したら不発となっても簡単には引けないスマホゲーム特有のリスクを背負っていることからもスクエニからコロプラへのレベニューシェアについてはあるとしても非常に小さいものと思う。

    スクエニのタイトルで今も配信されているBDFEを開発したシリコンスタジオも配信当初は思惑で盛り上がったが、結局ヤフー板でIRに問い合わせたとの投稿内容を嫌気し急落したこともあった。結局ヒットしなかったが。
    但し、コロプラについてはドラクエウォーク配信時の700円程度時の時価総額は、同社のキャッシュを考えればほぼノーリスクだったとも考えられると思うので、幾らかでもレベニューの契約があるなら1000円台の株価は何らおかしくないと思う。

  • 2019/09/13 14:36

    需給 売り
    テクニカル 売り(逆張りはそろそろ買い)
    オシレータ そろそろ買い
    日柄 そろそろ買い
    業績 ストロング買い

  • 2019/09/13 14:28

    四季報秋号は前号比かなり大幅な増額になりそうだな。

  • 米中貿易問題は継続協議となったが先行き突然緊張が高まる懸念も依然あり、また、参院選後始まる日米貿易協議への懸念や消費税率上げも控え、日本株全体が今後引き続き上昇することは難しいと思うが、5G関連は業況が上向く数少ないセクターのひとつだろう。

    ここは先週までに比べ上値追いには慎重になるだろうが、戻りを試す展開を期待。

  • トランプ氏は米中協議後、米企業のファーウェイ向けについて安全保障上問題のないところについては売っていいとの見解を示す。
    米政府の許可なく米企業からの部品・技術の購入を禁じるエンティティーリストから外すことについては会談で習氏と話していない。明日(日曜?)か火曜日に協議すると会見で述べる。

    ファーウェイ原則禁輸措置を緩和するかどうかについては今後協議するとのことだが、安全保障上重要な5G製品・設備の生産に必要な部品等については簡単に緩和はしないと思われる。
    いずれにしてもファーウェイ問題は米側が中国から譲歩を引き出す最重要カードとして温存し、今後も緊張を高めたり和らげたりしながら駆け引きしていく材料にするつもりだろう。
    一見米国側の譲歩が大きく見えるが、トランプにとっては選挙で多くの州を取るため農産品の輸出拡大は最重要。
    今回会談ではファーウェイへの禁輸措置緩和という米国半導体企業等の販売面での打撃を緩和しながら、農産品はじめとする米国品購入拡大を図る布石を打ったと見られ、なかなか上手く行ったとも言えるのでは。

  • No.729

    強く買いたい

    引け新値ダゼヨ

    2019/06/21 15:15

    引け新値ダゼヨ

  • 2019/04/03 10:06

    半導体ラリーが始まりつつありますが、
    ここはちょっと出遅れ過ぎですな。

  • 2019/04/02 13:35

    パナソニックとローソンは無人レジ共同開発してるんですね。失礼。
    昨年7月のサンケイビズ。
    ttps://www.sankeibiz.jp/business/news/180724/bsb1807240645001-n1.htm
    文中に「パナソニックが現在、浸透を目指しているのは、コンビニ大手のローソンと共同開発を進める「レジロボ」と呼ばれる無人レジ。一部で実用化も始めた。」とありますね。

    ファミマの方がローソンより店舗数が多いけど、どちらでもいいか。

  • ローソンよりファミマでしょ。

本文はここまでです このページの先頭へ