IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (59コメント)

  • >>No. 472

    自社株買いはない
    立会外分売までして株主を増やして東証1部への指定替え狙っているのに、
    その逆となる行為をするわけがない
    ただし指定替えがうまくいった場合は話は別

  • あまり反応するのもどうかと思いましたけど、コンビニ氏の単位で買いを入れたら、いくら潜在的な売り手がいるとはいえ価格を一気に跳ね上げる要因になります。
    (10万株とか通常の1日の商いに匹敵する量)

    イタリアでは生活必需品以外の生産を全て止めたそうですね。
    大半の生産を中国に依存するブランドもあるでしょう。
    そういったところは、商売をしようにも売り物すらない状態で大ダメージです。

    一方アタオは全ての商品がメイドインジャパン。
    まず、販売できるものがあるところが強み。
    しかも店舗販売と同じくらいECの売上もある。
    今こそ店舗販売分の商品をECに回してでも、春の門出を祝う皆様にしっかりと商品を提供すべきときではないですか。
    そのためにブランドをアピールするときです。
    そして希少性よりも、「うちは商品を販売できます」をアピールしたほうがいい。
    今は有事、日頃の戦略とは違った手を打つべき。

    あと、小さいことですが、会社の公式HPでいつまで終わった「東武池袋」の期間限定店の告知をしているんですか。
    ブログの更新はマメにできるのですから、こういう小さなところをしっかり更新してください。
    こういう小さな綻びが、いずれ大きな問題になります。
    今のコロナショックについての会社の対応など、HPに載せられることはたくさんあるはずです。
    恐らくIR担当もご覧になってるでしょう。(以前メールしましたが駄目でした)
    世界情勢がこの状態ですから、株価対策をしてください等は言いませんから、そこのところよろしくお願いします。

  • 株価自体は12月半ばの水準までドボンですね
    第3Q決算発表前ですね…

  • うーん…第3四半期で売上微増ながら決算では前期割れですか。
    アタオ神戸店が閉店していた昨年第4Qより売上低い予想って。
    恐らく相当下めには出してると思うけど感心しない。
    それでも利益がプラス着地なので第1Qの△5,000万円のこと考えたらえらく上がった印象。

    kokさんの見解を聞きたいです。

  • 昨年は増床分の家賃が閉店期間にも関わらず計上しなければいけなかったところ、
    今年は営業しているので大丈夫といったところでしょうか。
    店舗販売は第4Qが多いということで期待ですが、
    ネット販売についても今期分はこなしてそうですしひとまず安心といったところでしょうか。

    アタオランドの情報ありがとうございます。
    こういったアナログの情報ってバカにできないのでとても助かります。
    短期にしろ長期にしろ、どのような指標よりも先行しますからね 笑
    今後とも地の利を生かして教えていただけると助かります。
    当方札幌民なので。

  • ■短期の視点
    テクニカル的には200日移動平均線の880円近辺を超えるか超えないかが次の大きなポイントですね。
    一目均衡表では転換線がサポートラインに入っています。
    移動平均線も設定によりますが、日足で見た場合上から短期・中期・長期、しかもすべて上向き。
    ボリンジャーバンドを見ても+2σを超える水準でバンドウォーク間近。

    ■長期の視点
    第4Qに起こることはすでに書きましたが、
    来期の第1Qではもはや特損扱いにしていいような5,000万円の販促費が消え利益率が劇的に上昇します。
    イルメールコラボでUUUMに支払った広告宣伝費が気になるところですが、サプライズハッピードールの人気ぶりを見るに払った分の利益は出ていそうです。
    来期1店舗を新規オープン、2店舗を増床なので、これらの費用がいくらかかるのか、そして閉店期間の売上が計上されないのが気になりますが、
    過去に増床は幾度となく経験されているので大丈夫なはず。
    あとは新モデルが誰になるのか気になるところです。

  • 第4Qに起こること。
    ・【イルメール】サプライズハッピードール想定超。次回3月中旬(来期)
    ・【アタオ】LIMO、3月以降分の予約受付(今期終了)
    ・アタオランド開店のため昨年は2/10から閉店していた旗艦店アタオ神戸店の売上がアタオランドの売上として上乗せ
    ・【イルメール】海外EC開始。追加費用がないことからその分上乗せ。
    ・株主数さえ問題なければ東証一部指定替の可能性
    ・来期は新規1店舗、新規店舗の発表
    ・来期は有名モデルを起用、モデルの発表

    イアンヌとロベルタについて情報ある方よろしくお願いいたします。

  • すいません…世界観の動画は見ることが出来ました。
    イルメールの公式ページを見たのですが探し切れなくて。
    是非拝見したいと思います。

  • 株価より気になるのはイルメールの動画プロモーション。
    11組のクリエイターの動画を順次公開のはずなのにアップされているのは1D&のゆーぽんさんのだけですし、
    それに世界観の動画もアップされる予定のはずですが未だアップされておらず。
    12月もう終わってしまうのですが大丈夫でしょうか。

  • 先週、12月14日にイルメールのサプライズハッピードールを発注しました。
    そのときに発送まで10日ほどかかるということで気長に待っていたのですが、
    先程発送しましたとの旨、メールで頂きました。
    こういうのは通常長めの期間を言っておくものですが、発送まで1週間かかりました。
    人気は本物と見て間違いないのではないでしょうか。

  • どうせやるなら徹底的にやらないと

    Inspire the next ATAO
    Leading Innovation ATAO
    A Better ILEMER, A Better Wallet
    目の付け所がアタオでしょ
    The New Value Frontier ATAO
    SHIFT_the Future ATAO
    Drive Your Dreams ATAO
    お、ねだん以上。アタオ
    お金も満タンに アタオ財布
    ATAO i’m lovin’ it
    トレンチコートと調和する お金豊かな毎日をめざして アタオ
    お金で買えない価値がある。買えるものはアタオの財布で。
    第一志望(の財布)はゆずれない アタオ
    One ATAO
    お金の恋人 アタオ
    やがて、おかねに変わるもの。 アタオ
    財布にこだわり、財布を超えていく。 アタオ
    「最近お金がなくって」「昔からそんなときはアタオって言うでしょ」
    「本革鞄」から「キャラもの財布」まで手広くカバーする巨大アパレルメーカー スタジオアタオ
    世の中には二種類の財布しかない。アタオかそれ以外か。
    ファッションにエンタテイメントを アタオ

  • アタオに悲観的で長文が嫌いな人は読まないでください。

    ●第3Qは昨年有楽町のロベルタ等2店舗がリニューアルしていたため、閉店していた期間分の売上が上乗せされる(ロベルタは高価格帯で価格弾力性も低そうなので消費税10%はほぼ影響なしと見る)

    ●第4Qは基幹店のアタオ神戸店がアタオランドに向けて閉店。その分今期はアタオランドの売上が上乗せされる

    ●第1Qで計上されたアタオランド開店のための広告宣伝費とネットの広告単価上昇による5,000万円の費用は確かに痛いが、第2Qの決算ではネットの広告費の対策に対してはある程度の効果が出ていると推察される(第2Q単体で見たら販促費は増えていないことから)

    ●四季報によると、来期以降横浜・新宿の店舗リニューアルと出店1を検討しているとのこと(今期はこれ以降主だった動きはなさそうなので、第3Q、決算でのサプライズは考えづらい)

    ●札幌・福岡で限定店を複数回開催。特に札幌での限定店は、今年2月が5年ぶりの開催だったにもかかわらず直後の7月にも開催。大丸の2Fエスカレーター前での出店は平日・休日・時間帯を変えて複数回視察したが、いつもは閑散としている場所に女性客が多く集まっていて、どの時間帯でも財布だけでなくカバンを持ってレジに並んでいる人を見かけた(これを見て7月以降の暴落時も持ち越すのを決めた)

    ●今のところ店舗展開は関西圏と関東圏のみだが、上記の札幌での盛況を考えた場合、今後全国的な店舗展開に舵を切ることは十分にあり得る(来年度の新規店舗は札幌か福岡と予想)そうすれば売上、利益、そしてまだまだ低いと思われる知名度も一気に増える

    ●今年に入って配当実施・優待実施・株式分割・立会外分売と、株主の人数を増やすことに重点を置く施策を実施。これは大方の予想通り東証1部への指定替えを狙ったものと考えられる(今期考えられる唯一のサプライズ)

    ●逆に、立会外分売をしてまで株主を増やそうとした経緯があるので、その逆の行為になるであろう自社株買いが実施できないでいる。経営陣は今の低い株価を歯がゆい気持ちで見ているのではないだろうか

    ●第2Qのキャッシュフロー計算書では、長期負債をリスケしている跡が見える。支払利息が減るので、その分経常利益が改善されるのは言うまでもない

    ●それにしても店舗展開のスピードといい負債を減らす姿勢といい、瀬尾社長は相当に手堅い経営をされる方だと思う。このまま黙ってこの状況を眺めている方ではない

    ●第2Q時点で、売上が四季報予想より1億円低い程度。通期での売上は四季報予想で50億、会社予想で49億なので、後半戦は四季報・会社とも同程度の手ごたえと考えているようだ。第3Qの決算に期待したい

  • 去年は今年の比じゃないくらいこの時期の野菜が高値だったことを考えれば、利益は幾分ましになりそう。

  • 自分みたいに450円で買った人は高みの見物

  • 急展開出来ないのはそこにあるかもしれませんね
    まず3店で人材を育てて(今よりおいしいうどんができるようになって)そして広げていくと
    西海岸だから大谷投手あたりが宣伝してくれるといいんだけどな

  • ロミオとジュリエットじゃなくて、ロイドとエリオットだった!

  • 高くなるのか低くなるのかイマイチ分からない期待だな

  • PER考えたらあと半値でもおかしくない

本文はここまでです このページの先頭へ