ここから本文です

投稿コメント一覧 (403コメント)

  • 株式会社ジール、インフォアジャパンとクラウドBIプラットフォーム
    「Birst」に関するチャネルパートナー契約を締結

    ジールは、インフォアのパートナープログラム
    「Infor Partner Network Agreement」を締結し、
    「Birst」の導入から構築、運用、保守までワンストップで
    提供ができるようになりました。
    ジールは今回の締結により、マルチテナント対応という「Birst」の
    特長を活かし、分析対象データのサイロ化に課題を有するお客様を中心に
    「Birst」の新規導入を促進します。

    Birstについて
    組織内の様々な部門で管理される分析データモデルを連携させ、
    データの重複管理を必要とせずに企業全体にまたがる分析を可能にする
    「ネットワークBI」というコンセプトをもとに設計された、
    マルチテナント対応のクラウドベースのBIプラットフォームです。
    インフォアは、業界特化のクラウドERPにBirstを加えることで、
    クラウド上の統合されたデータから得られるインサイトや
    相関関係、予測分析を、使い易いユーザーインターフェイスで提供し、
    ビジネス全体の可視化やスマートな意思決定を支援しています。

    株式会社ジール 代表取締役社長 岡部 貴弘は次のように述べています。
    「これまでBIシステムの全社展開においては、
    大規模なデータウェアハウスを構築の上、業務ごとに複数のデータマートの
    整備を行うことが前提でした。一方、いくら操作性に優れた
    BIツールを導入しても、結局これらの構築や運用がボトルネックとなり、
    全社データの十分な活用にまで至らないケースが少なくありませんでした。
    Birstはこうした今までの常識を打ち破る画期的な機能を備えたBI製品として、
    発売以来ジールでも注目してきた製品です。
    この度、待ち望んでいた日本での全面的な展開が開始されるということで、
    いち早くジールでの取り扱いを決めました。」

    ジールは2012年からインフォアのInfor d/EPM(旧Infor BI)の
    販売・導入を行っており、同製品の提供も引き続き行います。


    イイね

  • なんか上がってるって思ったら10時30分にニュースリリースきてましたね

    練馬区「新たな小中一貫教育校校舎等改築事業および
    練馬区立上石神井北小学校校舎等改築事業に係る
    コンストラクション・マネジメント(CM)業務」
    受託事業者決定のお知らせ

  • >>No. 147

    ここは経常利益で評価すべきは基本というのは何故ですか?

  • 結局この会社の強みって何なんだろうな?
    素晴らしい成長率、利益率で注目していたけど
    いざ伸び悩みに直面した時に、投資拡大したものの
    コストがかさんだだけで売上は伸びず、利益減
    これってつまり競争優位性ないのでは?
    これから先もさらにコストは拡大していくだろうし
    それに対する売上の伸びがこれでは収益構造が厳しい

  • 主要3タイトルのPV数の落ち込みは想定外だったらしい

    2021年5月期 売上5500 営利2000の目標は
    まだまだ狙える位置にいるので据え置くらしい
    この来期予想でこんなこと言うのは詐欺でっせ

    株価の下落に対しての対応は、目標に向かっての進捗状況を
    随時報告させていただきます(意味がわからんw)
    もちろん自社株買いとかは無しです

  • 来期会社予想
    2020年5月期 売上3217(+2.2%) 営利616(-23.7%)
    これでは中期経営計画での目標である
    2021年5月期 売上5500 営利2000
    なんて夢のまた夢

    販管費だけ爆増し売上横ばいで利益圧迫、成長ストップの完全にアカンやつ
    19年は戦略的投資期とし、20年、21年が回収期という予定は完全に消えました

  • 来期予想悪いね
    四季報の予想よりさらに悪いや

  • どうでしょうね
    決算&自社株買い発表でS高2258円で引けた次の日
    結構押して安値2126円までありましたが
    その時でさえ買っていません
    もし買う価格帯を設定していたとしたら、まだこの辺では全然買う気はないのでは

  • GameWithのHP→投資家の皆様へ→IRカレンダー

  • >>761
    来週決算ですね、今まで下げ過ぎてて悪いこと織り込みまくったので
    フラットなところまで戻して決算注視って感じじゃないかな

    営利下方修正出してくるかなって思ってたけど、音沙汰無しでここまできた
    まさか会社予想達成できているのだろうか?
    来期数字もどんなのくるか楽しみですね!

  • 2019 年6月 30 日現在における自己株式の取得に関する進捗状況
    1.取得した株式の種類 当社普通株式
    2.取得した株式の総数 0株
    3.株式の取得価額の総額 0円
    4.取得期間 2019 年6月1日から 2019 年6月 30 日まで
    5.取得の方法 東京証券取引所による市場買付

    わろたw
    こんなクソ高値でわざわざボランティア買いすることはないと思うけどね
    しかるべき時にちゃんと下支えしてくれるならそれでいい
    このままの株価なら今回の期限内では買わずに終わるのかもね

  • 今年の3月、住友ベークライトとの提携発表時のS高からの悪夢が思い出される

  • お疲れ様です

    >そろそろ請負型のCMからピュアCMへの移行が終わり
    >売上も伸びていくものと考えているもう少しだけお時間をいただきたい。

    2018年度 決算説明会 資料 P17 「売上高とピュアCM売上高の推移」
    この資料を見ると、もう売上高のほとんどがピュアCMになってますね
    売上の見た目マイナス会社予想(‐23.6%予想)も今期くらいまでですかね!

  • KUDANに限らず新興は業績とはかけ離れたバカ高い評価の時価総額つけてて
    いくら成長株だとしてもやりすぎのところが多いんですよ
    遥かに堅実に稼いで着々と成長している企業の何倍もの時価総額つけてたりして
    だから半値とかにもあっという間になってしまう、それじゃ投資はできない

  • >>No. 67

    返信ありがとうございます!
    なるほどですね、リクルートでもやれないレベルとなると
    かなりの競争優位性がありそうですね(数字にもしっかりと表れてますね)

  • >>No. 65

    >ところがここはリクルートのTLリンカーンと互角どころか、圧勝してる。

    その強さはどこにあると考えていますか?
    よろしければ教えてください

  • 決算(7/10)まで1月切ったので予習(長文ですみませんが)

    2019年5月期会社予想 売上3154(+17.8%) 営利905
    2019年5月期四季報予想 売上3100(+15.8%) 営利750
    四季報では当初、売上3150 営利900と会社発表とほぼ同じ予想でしたが
    5/22に下方修正しました、会社は1Qからずっと修正なしできています

    1Qから3Qまでの実績と4Q成績を最近の鈍化具合(+13%)で想定して
    売上を計算すると、2019年5月期売上は3149となり
    会社予想と非常に近い数値になります
    戦略投資期間ということで、会社の想定通りの売上でしょう

    ただ営利に関しては会社予想の905には到達できないと思っています
    その理由は3Q決算で見せた営業利益率の大きな落ち込みにあります
    営利率15.1%でしたが、これは戦略投資等調整後では営利率25.4%となり
    2017年5月期1Q以来の水準まで落ちたことになりました

    4Qも3Q同様の営利率15%と想定して営業利益を計算すると
    2019年5月期営利は741となり、この数値は下方修正した四季報の
    数値と非常に近い値となります

    以上のシミュレーションから、売上は会社予想に近い数値
    営利は四季報予想の近い数値に着地するのではないかと予想しています

    次に注目の2020年5月期予想ですが、四季報では
    売上4100(+30.2%) 営利1200としていましたが、これも5/22に下方修正し
    売上3500(+12.9%) 営利850とし、成長鈍化継続予想ということでしょう

    3Q決算後、株価は一方的に下がり続けています
    ・利益率の想定以上の落ち込み
    ・PV数の減少傾向
    ・春に発表予定だったエグリプトの延期
    ・四季報で下方修正された来期業績への不安

    決算で会社がどんな数値の来期予想を出してくるのか、また
    それに対して株価がどう動くのかは、なかなか予想は難しいですが
    自分はまぁまぁの悪いことは織り込んでいるとみてます
    少なくとも四季報の鈍化継続数値は織り込まれていると思います

  • 時価総額1200億!? はあ?って感じ
    新興企業ってなんでこんなバカ高い評価受けるんだ
    こんなことしてるから数年後、買い値から1/5、1/10被害者の会が
    至る所で開催されるんだ

本文はここまでです このページの先頭へ