ここから本文です

投稿コメント一覧 (51コメント)

  • >>No. 996

    あははは

    持続力なかったね

  • >>No. 976

    ヒアリ定着か 東京港で国内初 国立環境研分析

    南米原産で強い毒を持つ特定外来生物のヒアリが東京港青海ふ頭で定着した可能性が極めて高いとの分析を、国の防除に携わる国立環境研究所がまとめたことが16日、分かった。国内の他の発見例と異なり、巣の中で成長したとみられる繁殖可能な女王アリが50匹以上見つかり、既に別の場所に拡散した恐れがあるとしている。

  • >>No. 15



    早めに集計して、必要ならば修正出して欲しいね♪

  • >>No. 980

    長寿命で安全な防虫プラスチック
    防虫忌避 ARINIX®

    ttps://nix.co.jp/0500

  • >>No. 978

    ヒアリ(学名・Solenopsis invicta、別名・アカヒアリ、火蟻[1])とは南米大陸原産のハチ目(膜翅目)・アリ科・フタフシアリ亜科に属するアリの一種。世界の侵略的外来種ワースト100選定種で、特定外来生物にも指定されている[2]。

    命の危険があるのは、アレルギー症状の中でも特にアナフィラキシーショックが起きる場合で死亡することもある[4][5]。そのため殺人アリ[注釈 1]と呼ばれることもある[5]。

  • >>No. 4

    まだいるよ♪

    じっくり見ながら、下記のイベントに期待している

    *楽天や他のキャリアから継続的な受注(画像添付)

    *通期業績の上方修正(推測だけど)

    *分割(要望しよう)

    *水素吸蔵合金技術の進展

    *土地売却資金の使途発表

  • >>No. 418

    短信から

    「防災・減災、国土強靭化のための3カ年緊急対策」に加え、本年6月に公表された「国土強靭化アクションプラン2019」において国土強靭化施策の充実・強化が行われたことにより、社会インフラの点検・補修・補強業務の需要が増加するなど、引き続き市場環境は活況を呈しました。」

    「再生可能エネルギー関連の取り組みにつきましては、従前の営業活動の継続に加え、小水力発電に関する需要を喚起するため、前年同様、DM営業を行いました。また、小水力発電機本体の製造コスト見直しの一環として、装置構造の改良を実施したほか、当第2四半期に開始した学産官連携の小水力発電の導入検討プロジェクト(群馬県内自治体における発電電力の農業用ハウス利用)についてのフォローアップ活動を行いました。」

  • 前回の上方修正は決算発表と同時開示セットだったね

    今回も上方修正があれば、同じタイミングになるかも?

    しかし、会社の予想に大きな変化が生じた時点で速やかに
    投資家向けに開示するのがベストだと思う



  • 皆で分割をIRに要望しよう

  • 台風の強さを中心付近の最大風速によって「強い」(33メートル以上44メートル未満)、「非常に強い」(44メートル以上54メートル未満)、「猛烈な」(54メートル以上)と3段階で表現する。今回の台風19号は1991年の統計開始以来初めて、非常に強い勢力のまま東日本に上陸する可能性がある。


    ★統計開始以来初めて★

    地中化や送電インフラの強化をしてもらいたいね

  • 時価総額8億円也

    直近の有価証券報告書から: 

    「今後の新製品、新技法については5G、EV、AI等の先端分野からIoTへの応用、並びに電子機器の小型化・高機能化・高周波化に伴う高精度・高性能・広帯域温度特性フェライトコア、省エネ対応として更なる低損失・高飽和磁束密度・高透磁率フェライトコアの開発・改良等を進めております。」

    「5G、EV、AI、IoT、産業機器、医療機器における国内外市場での新規開拓に向け、中国・香港・欧州営業窓口と共に販売拡大を図り」

    テーマの中に、「5G」が筆頭♪

    四季報に「5Gも」

  • 最近の颱風は非常に強い

    老朽化もあるし

    地中化進めるべき♪

    那須電機のお仕事だね

  • 他に5Gで化ける小型株を探索中

    候補: トミタ電機

    時価総額8億円也

    直近の有価証券報告書から: 

    「今後の新製品、新技法については5G、EV、AI等の先端分野からIoTへの応用、並びに電子機器の小型化・高機能化・高周波化に伴う高精度・高性能・広帯域温度特性フェライトコア、省エネ対応として更なる低損失・高飽和磁束密度・高透磁率フェライトコアの開発・改良等を進めております。」

    「5G、EV、AI、IoT、産業機器、医療機器における国内外市場での新規開拓に向け、中国・香港・欧州営業窓口と共に販売拡大を図り」

    テーマの中に、「5G」が筆頭♪

    四季報に「5Gも」

  • 2019年10月10日
    共闘も競争も…5G基地局の整備、視界は良好?
    携帯3社、計画前倒し

    「携帯大手3社が2022年度末までに各1万局以上の第5世代通信(5G)基地局の整備を完了する見通しとなった。既存基地局の活用やキャリア同士が手を組むことで、事前の計画より前倒しで整備を進める事業者も出てきた。総務省も携帯各社へ支援策を講じ早期整備を後押しする。」

    「多の5万3626局

     KDDIは21年度までに5G基地局を1万622局、23年度末までに約5万3626局を設置する。同社によるとこれは携帯4社で最も多い設置数。同社は既存基地局の活用や海外の基地局ベンダーを採用し、低コストで早期の整備を実現する。ソフトバンクは、総務省に示した計画より2年早い22年度末までに、約1万1200局の5G基地局の整備を完了する計画だ。」

    「9カ月前倒し

     NTTドコモは20年6月末までに全ての都道府県に5G基地局を設置する。当初は21年3月末までを期限としていたが、約9カ月前倒しする。さらに1年後の21年6月末までに全国1万局へ設置。そして24年度末に2万6334局を設置する計画だ。吉沢和弘社長は「(2万6334局は)確実に実現できる最低限の数。より多くの人に5Gの世界を体験してもらうため前倒しを予定している」と強調。さらなる繰り上げに自信を見せる。

     各社の基地局整備を支援するため総務省も助け舟を出す。総務省は23年度末の5G基地局数を、携帯4社の計画値より2割以上多い8万4000局超にする目標だ。実現に向け補助金制度を20年度の予算案概算要求に盛り込む。」

    「基幹インフラ

     5GはIoT(モノのインターネット)化や産業・工場のスマート化、超スマート社会「ソサエティー5・0」実現のカギとも期待される基幹インフラ。いち早くサービスを提供し優位に立とうと、各社の前倒し競争は今後も続きそうだ。 」



  • 他の方の投稿をコピペー

    上方修正の香りがする

    *******

    IRさんに先ほど問い合わせしました。

    通信金物利益は、四季報どうり楽天モバイル需要みたいです。今回の利益に関しては、会社としても驚いているそうです。

    来期みとうしが低いことについて・・・楽天さんが整備遅れから本格サービスを遅らせているため受注依頼がどの程度になるかわからないからとの回答です。しかし、ゆくゆくは設置しないといけないので、那須さんお願いしますってなりますよね?の回答にはそうですねとの回答でした。

    楽天が本格的にサービスを提供できる時期がみえないので、これくらいの受注がこの期間にくるなと予想できないので楽天受注をあまり考えないスタンスってイメージですね。

  • ドコモと共同のアンテナ関連特許出願

    ++++++

    特開2019-080224
    アンテナ取付腕出し金具

    【課題】アンテナ支持柱に対して任意の方向にアンテナを取付けることが出来るとともに、既設のアンテナの電波照射角に干渉せずに新規なアンテナを取り付けることが出来る。

    【発明が解決しようとする課題】
    通信技術は日々進歩しており、新たな通信技術によるサービスが提供されるが、この場合、既存のアンテナとは異なるアンテナを必要とする場合がある。

    しかし、既存のアンテナによる通信サービスの利用中において新規のアンテナを設置しようとすると、同一の支持物に設置することが出来ない場合が多い。この様な場合には新たな支持物が必要となるが、経済的負担が大きい。

    既存のアンテナが設置された支持物に対して、新たなアンテナを設置できるようにすることが経済的にも望ましいが、その場合、以下の様な課題があった。

    (1)既存のアンテナと同じ向きに設置できない。
    (2)申請した高さに設置できない。
    (3)新規及び既存アンテナによる照射電波の遮蔽
    (4)新規アンテナと既存アンテナの離隔の確保が必要


    ☆☆☆☆
    そこでこの発明は、上記の問題点に鑑みて発明されたもので、アンテナ支持柱に対して任意の方向にアンテナを取付けることが出来るとともに、既設のアンテナの電波照射角に干渉せずに新規なアンテナを取り付けることが出来るアンテナ取付腕出し金具を提供する。
    ☆☆☆☆

  • 数字を見ると、大きな発注はこれからと思われる

    +++++++

    楽天の基地局開設予定:

    3.7 / 4.5 GHz: 15,787基地局
    28 GHz: 7,948基地局
    合計:  23,735基地局

    年内予定: 3,432の基地局

    設置済:    532局

    ++++++++

    テーマ:

    1、年内に予定されていた3,432の基地局が仮に春までに開設できれば、那須の売上・利益にどのぐらい寄与?

    2、全体の23,735基地局をこなすまでに必要な年数や那須の業績への影響は?

    3、他のキャリアーの注文をどのぐらい取りこめるか?

  • ネコさんの予測・計算を転載(感謝)

    「5Gのサービスを全国に行き渡らせるためには「4Gの約57万局よりも多くの基地局を設置することが必要」(総務省担当者)らしい

    KDDIの見てみると4G基地局使いながら5Gを3局設置

    57万局×3=172万局   総務省が各社20万~30万局を想定してるのも良くわかる。

    国土面積を5Gエリアを割ると120万局」

本文はここまでです このページの先頭へ