ここから本文です

投稿コメント一覧 (3316コメント)

  • 今日の朝刊記事

    [中国14億人巨大化自国で育成]
    世界市場を囲い込み、人口14憶人を誇る世界最大市場から締め出され、
    中国共産党による情報統制が結果的に国内企業を巨大化させる。

    したがって、日本と中国との貿易は一層緊密になり、企業巨大化に寄与する技術向上による、日本との関わりある企業は好業績銘柄などの機械、照明器具、一般商品等々、此処も値しますが、他の多くの株価も急上昇しております。
    参考まで。

  • テクノスマートと余りにも差が付いてしまいましたね。以前は此処を盛んに触っていました。しかし、此処に拘っていては自らの門が開かなくなることでテクノスを700当時から800時まで大量に仕込んでいました。やっと売る価格に達し1000前後で3/1程度利食いはじめましたが、4Q頃は最高値の1600を目指すと思われます。
    同じヒラノ同業者は爆上げ状態で下手に手放さず、持ち株配当も4%であって、今は信用買いで動かしています。

    ところで、小口さんも一時ソースネクスに手掛けておられましたね。間違っていればごめんなさい。私も600で仕込み結局は615すべて降りました。あの銘柄は仕手強く博打相場に愛想付き離れました。

    他も触っている銘柄で1万株以上も仕込んでいるのでか、2714は配当現在4%以上で3Q好決算の超小型銘柄510台現在なので年間配当テクノと合わせ80万入る目標にしていますね。^^
    お互いに頑張りましょう。此れで此処から放れます。ご迷惑な投稿にお許しください。m(__)m

  • 私はテクノスマートは下記で述べたように好決算で、此の銘柄で今日高利益75万となっています。1500目標とし、4Qの目標はすでに達し、2000をめざされる予測しております。^^

    投資は企業の選択次第で上下は如何様にもなりますね。

  • 無理して買って、此処は600以下が似合っています。2Q頃は更に世界経済悪化し、通期頃には500割っているかもね。別にこのように売り煽らなくても此処の売り筋は読み切っているると思いますね。此処は本本的に経営戦略を立てなさない限り業績は好転しないと思いますね。子会社に甘んじフラフラしていては駄目ですよ。自力で進化した戦略を強化し、松下幸之助ではないが、社員にも血の出るほどに信念を入れさせることですよね、

  • ただ、此の株価でも必ず儲けられる。高値買いの方も儲けることができます。つまり、少しなりの内容に騙し上げ時に買値に以上になれば欲張らず手放しておく、または、半分処分し買い時は我慢我慢し必ず安く買える時に資金は温存。買い平均を下落率大きくする下値対策をします。此処は約50幅で上下しますので買いだ買いだと煽れば上がりますが買わない、むしろ、大口と小口が乗り上昇に、同じく適切に手放し儲けることが自分第一主義です。トランプ策です。

    もちろん、私は600以下で指しています。もし、買えれば750以下で手放します。

  • 好いですね。高騰するのですか、買ってみたいが買えません。株式は過去の様に動く時代ではなくなったと思う。私の持っていた銘柄はすべて全滅しています。エフティグループ6246も最高の好決算で増配も予想通り動かずで投稿もすべて抹消しました。もし、よければ私の投稿銘柄を見て戴ければ分かります。ネオス、大木ヘルス好決算で予告した通りに悲惨な状態です。ただ、買い付けている銘柄は上昇します。共に頑張りましょう。^^

  • そもそも此処は業績が改善されると600台から最高値まで急上昇が元の株価に戻ったまてですね。戻った理由はソフトブレーンとの噛み合いで子会社化するにあたり、ソフトブレーン買収に当時に資産をつぎ込み最高値まで買われました。今のソフトブレンは格安の500以下で乱高下しましたが、確かにソフトブレンのお陰で業績を補えはしています。
    しかし、買付資金に膨大であったばかりに資金調達にも事欠ける事態でこの先も本来の親でもあるスカラの力量がなく先細りし続けられると予想します。
    投資者のメンバーも大口を叩かれていた方々もチラチラ程度で他は去られた。
    格言で頭と尾っぽは買うべからずと昔から言われ、正に今は尾っぽに値します。
    過去はすべて過去とし、銘柄に惚れていけない。例えば、アドウエイズ2489ですが、3Q好決算でしたが2000から5年後の今日には400を割っています。昨年の800台にも戻る気配すらありません。話はそれますがIPO銘柄で7048は500台から最高値1000台を付け乱高下はしているもののいずれは2000を目指すと予測しています。これ等若く新しい銘柄とか経営力ある企業を選択されれたらと思いますよね。ともかく、過去の株価におごることなく冷静に株価選択されればとおもったまで。此処に投資される以上は何時までも暗いトンネルに入っていても、いずれは上昇することに頑張って戴きたいです。

  • 以前から此処と株価を張り合い常に此処は2714は追い越すことができなかったが、作日3Q好決算で進捗率100%超え週明けには追い抜くかと思っています。
    此処も好決算で1000を目指し頑張って戴きたいですね。

  • [プラマテルズ社からのメール返答]
    本来、貴社に直接メールでお礼を申し上げるのが適切と思いましたが、御無礼ながら掲示板でお礼申し上げます。
    また、提起しました項目2点に付きまして、私としては貴重でもあり丁重にお答え戴、(事柄差し控)有難う御座いました。引き続き投資継続致したいと存じます。
    今期、来期も社長様以下、社員にも奮起して戴き、進化した成長企業に育て汗を掻いて頂きたいです。一投資家としても末永く頑張ります。    

    乱文乱筆でお許しください。 以上

  • もちろん、現在、此処の会社に問い合わせをしております。たぶん、研究はされておられるかと思います。問いに対し企業秘密に関わることなので、此れで此の件は終わらせて戴きます。

  • 世代高機能素材として注目されている夢の素材、セルロースナノファイバー(CNF)を活用したCNFの優れた特性を活かした製品の開発が加速しています。

    近畿経済産業局は、(地独)京都市産業技術研究所と共同で、平成26年12月から「部素材―CNF研究会」を運営し、関西の不織布、プラスチック及びゴム産業の関連企業を中心にCNFの実用化に取り組んできました。平成29年12月からは、「新素材―CNFナショナル・プラットフォーム」事業として、対象範囲を全国・全産業分野に拡大しています。

    詳しくは此の素材を調べて戴ければよいかと思います。
    自動車産業は此の商品化する25年には3倍に伸びると予測されています。

  • らるほど、子会社通じて光通信からスカラが買収されたね。此の件と思いますが前回のコールセンターは元来、好業績のエフティグループがコールセンターは重複し光としては不要だって思う。しかも、格安で確か600万たったかな。買収しましたが大騒ぎし業績には大したことなく株価が暴騰された。その頃に投稿していましたが聞く耳持たずだった。此処はソフトバンク系列で光との株式共通点はないでしょう。?


    >子会社通じてスカラは光通信の取引先を紹介してもらったりしてメリット受けている。

  • 週末後時は賑わっていましたが物静かになりましたね。しかし、今日の動きは本格的に売り板を大量に習得され、800台はおろか900台も1300超えれば1000台相場の流れとなります。此れまで低位株でもて遊ばれていたが、いずれば手も足もでない相場になると思われます。
    此れまでと違って株価単価が上昇に伴い上昇幅も大きく、上値の予想は付けがたいが此処に投資される方は無暗に売買されな方が良いかと思われます。

  • 時価総額1000億円以上→東証1部残留の可能性大
    時価総額500億円以上1000億円未満→東証1部降格の可能性あり
    時価総額500億円未満→東証1部降格の可能性大
    東証再編確定までに頑張って1000億超えなければならい。

  • お久しぶりです。今思えば此処も1000台から暴騰し大人気時代も影をひそめましたね。私は高値当時から段階的に降りました。
    あれこれ安値銘柄に乗り換え高値辺りで此れまで降り利益拡大していますよ。

    今は昨年暮れ12月に上場したIPO銘柄は現在乱高下し高値1090週末880と此れから海外旅行、国際化に外交事業も増え観光銘柄ですね。出来高は100万株から500株と人気は抜群で1500~2000もと予測されますが、株価だけは誰れにも分からず未定としておきます。乱高下の落ち着く段階はいずれ訪れるかな。

  • 此処は前回の分割時頃は今のように多くの方はいなかった。当時は投稿は私程度で簡素な掲示板が今では多くの方々が群がり仕手筋にとってはご馳走ですね。
    個人の投資者なんて弱いもので騙し上げすれば束になって集まってきます。ところが全員損失祭りにあわれ、その祭りのように騒ぎも影をひそめ空しい思いする方も多くいると思う。此処は短期なら好いが長期では必ず大損しているね。

  • 下記に追伸
    最安値後500まで戻りに約40万株、500台に入ってから約20万株の出来高です。此処の浮動株は約85万株程度と少なく。元来既存の4/1の内、株主約20万株としますと空売り約1万株・信用残10万株に対する安値で仕込まれた方が利確されていると思いますね。

    上記の数値はあくまで憶測であります。

  • プラマテルズの此処は3Q好決算でもあって、なぜ上がらないのか不思議ですね。此処の過去に振り返れば最高値を付けられ、業績が報われず半値以下の500まで下落しました。その後市場が悪く400辺りまで3/1まで下げました。此処を過去に盛んに賑わらせた方々は去られた。しかし、今回の3Q比較すれば昨年の通期経常利益を勝るほどの好決算予想されます。会社も1円増配されたのも自信の証と捉えいます。もちろん、私も大口さんと付き合い560台も2度に渡り買わせて頂きました。私も含め下値では常に買われておられ、21円配当で4%は美味しい買い物と常に思っています。
    プラマテルズ
    ホームページから引用しました。
    19/3期、上期は11.8%増収、0.2%営業増益。主力の精密機器、家電、電子分野において堅調に推移する中、医療、ポピー関連伸長した。取扱商材別には、エンジニアリング系樹脂、スチレン系樹脂、PET樹脂といった売上構成比の。伸びが好調。海外売上高比率は8.0%から37.1%
    に拡大した。上期末配当は前中期比1円増配の10円。通期予想は修正なく19/3期は3.2%増収、(中略) 上期の通期予想に対する進捗率は売上高で52.0%。営業利益で53.0%。18/3期、17/3期実績を上回っており、着実なスタートを切ったといえる。主力の商材がしっかり伸びており、販売先でも売上構成比率の高い精密機器向けへの伸びが大きく安定感も垣間見える。19/3期は増収・減益予想だが、18/3期は業績予想を2度修正する等、同社の業績予想は保守的だ。バリュエーション面では割安感がある。

  • 売り方は規制が入らぬよに上手に買い戻し回転させ、翌日仮にも高騰したしても痛くもかゆくもない。大口は自ら操作されておられるので売買数値は手に取るように集計、計算に基ずき弱者を食い物にされておられる。また、騙し開けも同じことで吊り上げ売るの繰り返しが今日ですね。要すに適切な下値で仕込むことでですが中途半端で買えば利益は取れないかと思います。私は現在ノンホルで観戦のみに徹しています。現物派は高値買いの方は放置に好かろうかと思う。

  • 投資するからには信念をひたすらに持つことも大切です。邪心的な投資であっても勝てば官軍。買い方はすべて同志であって共に明日以降中長期に渡って最高値に向かって頑張りましょう。イェーイ

本文はここまでです このページの先頭へ