ここから本文です

投稿コメント一覧 (98コメント)

  • 今はコアの親分みたいなルネサスエレクトロニクスが株式の売り出しをしてる最中なので、そちらに力が行っててコアの株価は冴えませんね?!~~私も少し外してルネサスを全力?で買い申し込みしました?!

  • ソフトバンクの孫さんが、アルファベット傘下のロボティクス企業で2足歩行や4足歩行のロボットを開発しているボストンダイナミックス社を買収するという!! ロボットベンチャーのSchaft社を買収することも合意しているという!?~~コアはARMの製品を使ってるだけに買収はされないが??~

  • 1500円台でモミモミして、その後は1860円に挑戦するというチャートの動きと見るか?! ~~マルチGNSS LSI相場は始まったばっかりの初期と見るが?!~~

  • 遂に来ましたか!! 5月9~11日開催の測位航法学会で発表した「多周波マルチGNSS・LSIの開発」は信号処理ロジックの検証作業も進んでおり、理論的には事実上完成真近の状態と言っていいのでは?! 来年の夏には製品がリリースされるという?!! コアの時代が目の前!!

  • 6月1日9時過ぎの「天頂衛星みちびき2号」が打ち上げられれば、コアからも何かIR情報が出されるのではないかと思いますが~~?! その結果が楽しみですね?!

  • 日本版GPS(全地球測位システム)を目指す準天頂衛星「みちびき2号機」が、6月1日(木)9時17分46秒に打ち上げられる! 政府は年内に3,4号機を打ち上げ、世界最高レベルの精度を実現させるという(山間地や高層ビルの谷間でも電波は届く)!
    ~~~そこで対応する製品とその信号だがコアでは~~
    コアの製品
    「COHAC**」CD311 QZNAV(L1C/A、L1-SAIF)
    「COHAC**」QZRCV-DL6 LEXデコーダ(L1C/A、LEX、       L6)
    コアの(チップ・LSI・モジュール?の内)
      CL641シリーズ=807T、807AT、845T、EVK-010=           (L1C/A)
    その他 コアの
      多周波RFデータストリーマ(研究者向け)(L1C、           L1-SAIF、L2C、L5、LEX、L6)  アルゴス送信機「CTX641」(研究目的のみ利用可)            (L1C/A)
    ~~括弧内は信号の種類です~~

  • 追記 もしこれが完成すれば、戦時に敵対国に天頂衛星を撃ち落とされ・破壊されても、cm級測位は可能~~ということになるが?! これはすごいと思います?!! コアがんばれと言いたいですね!!

  • 今までコアのGNSSの測位航法学会での発表について書いてきたが、書かなかった分を書くと~~
    多周波マルチGNSSベースバンドのLSI化について、今回LSI化を予定しているLSIの特徴は「公開されているGNSSの全ての信号に対応する」ことが重要であり、天頂衛星のみでなく世界中の人工衛星の信号に対応するように開発している?!
    現在構想中のLSIで対応する信号は~
    *GPS  =L1C/A、L2C、L5
    *QZS  =L1C/A、L1S、L2C、L5、L5S、L6
    *Galileo=E1bc、E5a
    *GLONASS=G1(FDMA)、G2(FDMA)
    *Bei Dou=B1Ⅰ、B2Ⅰ
    現在、LSI化に向けて信号処理ロジックの検証作業を行っているという?!!~~これが出来れば世界初?❓で、天頂衛星の数に関係なく他国の衛星を使ってcm級の測位が可能となると思われるが~~?!(これは私の推測も入っています?!)

  • いずれにしても、6月初旬には天頂衛星が打ち上げられ、今後コアの GNSScm級 測位受信機と多周波マルチGNSS LSIなどのGPS関連が注目を集めると思うが、このようにミサイルが打ち上げられるなか自動車や農機・建設機の全自動化も進むとは思うが、もっともっと技術を極めて 将来は超精密 ステルスミサイル・無人全自動 ステルス戦闘機・無人全自動 戦闘車などの実現にもお国の為に力を貸してほしい出すね?!(これは夢か)。これ等の全ての製品にマルチGNSS LSIが搭載される時代が来るといいですね?!(僕の夢です?!)。

  • 追加 コアはルネサスエレクトロニクスとはR-INコンソーシアムの会員として協業している~と言っていいと思う?!

  • 2017/05/23 23:24

    コアのASURA蔦(RZ/T1搭載)は、4月11日に東京で開かれたルネサス・デブコンでデモ展示されており、R-INエンジンを搭載しEther CAT・Ether netに対応しておりFA産業向けのプラットフォームとして開発され、デブコン会場ではEther CAT Slave機器2台で協調制御するXYプロッタのデモを展示、産業機器のリアルタイム性を損なうことなく産業イーサーネット処理との両立を見ていただいた~という?! ~ルネサスでは、RZ/T1は第4次産業革命を目指す中心技術としており、FA産業各社に提供していると言われている?!。

  • 一つ大きなのが抜けていました!!~それは~
    *ホームページでは開発中の新製品となっている ASURA 蔦で、ルネサス製 RZ/T1搭載のFA産業向け( Ether CAT、Ether net対応)のスマートファクトリー・スマートシティー等の全自動化をするプラットフォームで、第4産業革命の中心に参加しようとしている製品ですが?!

  • して見ましょうか(欠けた分は有るかも?)
    *IOT関連(人工知能が使えるmbedプラットフォーム=GR‐PEACHとGR-LYCHEE)
    *GNSS(cm級測位受信機)と多周波マルチLSI
    *4k・8k電子テロップシステム
    *ASURA CSAC(チップスケール原子時計組込)
    *フインテック
    *セキュリティー
    *クラウドセンター
    *医療介護(電子カルテ・介護ロボット)
    *太陽光発電所それに農業~~~等と思いますが??

  • ダウ・日経平均が急落したので、落ちれば買いかと思って身構えていましたが、余り下げませんでしたね?! コアは今期・来期と成長する材料として、ルネサスの人工知能組み込みの「GR-PEACH」「GR-LYCHEE」の二つの mbedプラットフォームとcm級測位受信機の「多周波マルチGNSS LSI」という新製品が近々?売り出されることになろうし、4K・8kテロップもテレビ製品が出つつあり、レゾナというプラス要因もありますし明るい未来があると思いますが~~?!!

  • 測位航法学会で発表したコアの「多周波マルチGNSS LSIの開発」の開発メンバーは、末武雅之、高橋健吾、最上谷真仁、今村祐輔、近藤徹、山本享弘の各氏となっています!!

  • 此れは私の想像(夢)ですが~~
    コアがJAXAと共同研究し開発している精密単独測位方式対応cm級測位受信機だが、コアはずいぶん前から言ってるが、これは事実上完成して製品化されており、この開発過程で問題となったのは市販の汎用品の組み合わせでは困難で、天頂衛星のLEX信号と複数の衛星からの信号を同時にキャッチ出来なかった。そこで独自に回路を設計しcm級受信機を開発したが、この独自に回路を設計したものが「マルチGNSS対応受信機」で、これにより検証したロジックをFPGAとマイクロコンピューター内に組み込み175×140×45㎜の函体にcm級測位に必要な機能を全て納めているという!!? ~~ここで独自に開発した回路を「多周波マルチGNSS LSI」として開発発表した~~ のではないか?!==とすれば、この新LSIを組み込むことによってcm級測位機が簡単に出来るとすれば凄いと思う?!!

  • いずれにしても、測位航法学会全国大会(5月9日~11日)の中で、11日14時30分からの末武雅之氏から説明がある「多周波マルチGNSS LSIの開発」を見ないことには分かりませんが、こういう発表をするということは研究が相当進んでいると言ってもいいかと思いますが~~?!

  • 皆さん会社が発表してるIRの意味が分かってないみたいですね?!~~もしLSIが出来れば、ほとんどのGNSS機器に搭載されるようになるかも知れないのに??!~~中には相当古いニュースを書いてらっしゃる方もいますが?!~~

  • コアは、5月9日~11日開催の測位航法学会全国大会に参加する。ここでコアは多周波マルチGNSS LSIの開発に着手するらしい!? コアはこれまで、QZNAVやLEXデコーダといったFPGAベース受信機を開発・販売してきたが、6月に人工衛星みちびき2号が打ち上がる。FPGAはGNSSベースでは限界があり、コアは多周波マルチGNSSベースバンドのLSI化を検討、現在LSI化に向けてFPGAプラットフォーム上で信号処理ロジックの検証作業を行っているという?!!(詳しくはホームページで~)~~次の新製品も研究中?!

  • >>No. 333

    阿呆のつぶやき?! ~すぐ前は、大戦が起こるようなことを言ってたが?? 株より核シェルターでも買った方がいいのでは? あほー??

本文はここまでです このページの先頭へ