ここから本文です

投稿コメント一覧 (98コメント)

  • >>No. 789

    此処は、なんかすごい材料が隠れているみたいですね?!酸化ガリウム半導体らしく、カーブアウト企業のノベルクリスタルテクノロジーと組んでパワー半導体を開発し、今年中には量産化するのでは?!と言う噂もあるようですね⁈

  • >>No. 162

    ほんと?! 騙される下げでしたね?! 残念ですね、もう一段上が有りそうですが?

  • >>No. 743

    新東の全固体リチウムイオン電池の材料生産用高圧ロールプレス装置「RLP-H600」は材料の粒度をそろえて最小で2㎛に短時間で粉砕できる。直径420㎜の上下2本のロールの間に材料を通して粉砕する(最大60キロニュートンの高加圧力)。油圧制御ではなく、ボールねじによる電動として油分・水分量を極限に少なくするようにしているらしい!!

  • 高圧ロールプレス装置「RLP-H600」の姿が少しづつ明らかとなってきつつありますね?! 直径2㎛に物質を等質に砕く技術のようですね!!

  • 4月18日付(?)日刊工業新聞記事によると、~~新東工業は国のプロジェクトとして全固体リチウムイオン電池の基盤技術を開発するリチウムイオン電池材料評価研究センターから、全固体リチウムバッテリーの材料生産用に高圧ロールプレス装置「RLP-H600」を受注した~という!!

  • >>No. 730

    あまり詳しくは書けませんが~~シェール石油・ガスは地下2000~3000㍍近くの頁岩からなるシェール層の岩石の隙間にあり、それを水圧破砕で掘削してガスを採取するのですが、その際人工的に岩石の割れ目(フラクチャー)を形成、伸展させ流体の流路を確保するが、その場合ジェルを圧入して岩石を破砕し、フラクチャーを形成しそれを長時間支持するためにプロパントと呼ばれる砂粒状の物質をジェルに混ぜて圧入する。その際のジェル=フラックサンドの設備メーカーが新東工業だということです!!~~この技術は鋳造に必要な砂の技術の応用で新東の得意な技術です。そして米国では新東の子会社がこの技術でシェールオイル掘削に活躍しているそうですが?!

  • >>No. 26

    直近の窓を埋めて上昇開始ですか?!

  • 新東工業はフランスのセラミックス3Dプリンターの3Dセラム社を買収(株式75%)していたが、昨年12月から国内販売を本格化、医療分野・航空宇宙分野・エネルギー分野に進出し、将来的には2次電池分野(全固体電池)への拡大も期待されるという。装置から材料・製造まで一貫して手掛けているのは世界でも新東工業のみではともいう。材料はアパタイトからアルミナ・ジルコニア・窒化ケイ素など~も提供するらしい!!

  • 物騒な世の中で韓国・北朝鮮との関係で、自衛隊の艦船や航空機・無人戦闘機の全てに日本製GPS(天頂衛星の)機器が搭載されるというが、殆んどは三菱製品だろうけど精密さから言えばここの製品も候補に挙げられても可笑しくはないと思うが??!~~もしも、そうなら救世主!!!!!

  • 昨年の 12月4日~5日の 958円~972円の窓を 埋めてきました!此処からはじわじわと上の方を向いて上がって行って、新東工業の地相場と言っていい値段へ駆け上がっていくのではと思います。新しい「6軸力覚センサー」も出来ましたし、米国でのボーイング関連やシェール石油も将来性がありますし、そろそろ全固体電池の話題も出て来るのでは??!

  • コアは、中間決算発表の次の日は 必ずと言っていいほど驚くほど下げる癖があるようですね?!~此処からは どんどん上がっていくのでは~と思っています!!

  • 新東工業の技術= *全固体電池で層構造体の製造方法・製造装置・その層構造体を備えた「全固体電池」*シェール石油採掘関連*基板フイルム圧着装置(有機EL)*表面処理技術(ボーイング関連)*フランス3Dセラミックプリンター買収*本業では英国オメガ社買収*介護ロボット等‥多彩な技術を持っており、創業はトヨタから始まっている!! 今後はどの分野が会社を引っ張って行くかが見どころ!!

  • 12月20日の売買代金増加率(前日の代金に対する本日の売買代金増加率)ベスト50=株探ニュース=の中で、新東工業は36位となっていたが、面白かったのは新東の説明が「全固体電池関連」となっていたこと!! やっと、そういうように考えてもらえるようになったのかと思った!!

  • >>No. 642

    1株資産・現金同等物 は減ってないし(1815円・33932百万円)、配当金?は増えてる(22円)し、前期が 工場売却で良すぎただけ?! 金持ちには持ってれば預金するよりずっと得?!

  • またこの展示会では、コアのメーン製品とも言えるGNSSのcm精度測位受信機COHAC∞Chronosphere-Ⅼ6も出展されるようだが、この製品は日本国内(CLAS)では誤差水平2.2㎝、垂直3.2㎝とも言われ、以前よりもずっと精密な測位が出来るようで、その測位の収束時間は60秒となっておりごく短時間で測れるという代物?!! またそれに使われるLSIはチップ化されて販売されるようだ??世界的にも他に無いような製品と言える?!

  • コアの新製品?!!~「ET&IOT Technology 2018」が=11月14日(水)~16日(金)の3日間、パシフィコ横浜で開催されるが、此処にGRシリーズ最新作のGR-ROSEを出展する!!ロボットがOSで動く小型ボード誕生!?(ルネサスエレクトロニクスのがぜるね参照?)

  • 前回投稿で誤差を書いたが、今回会社の発表ではCOHAC∞Chronosphere-L6でCLAS(日本国内)では誤差水平2.2㎝、垂直3.2㎝となっており、以前よりずっと精密な測位が出来るようだ!! 測位の収束時間は60秒と短時間でOK!!~~という?!
    早速全ての防衛機器に使ってほしいですね?!!

  • 決算には「みちびき」によるGNSS機器(誤差6cm・10cm)の売り上げは11月からだから含まれてないので、後期は期待が持てる!!

  • 此処はボーイングの表面処理とシェールオイル関連が支えとなっており、全固体電池が将来的な希望となる?! 自動車関連はアメリカの制裁を逆利用出来ればそんなに落ち込まないかも(どうせトヨタ系列?)。

  • 2017/10/03 16:02

    コアは「Multi-GNSS Asia Conference」=10月9日(月)~11日(水)の3日間、インドネシアのジャカルタで開催=に参加する~と発表!!
    コアからは、みちびき 「4機 体制」に向けた GNSS ソリューション「COHAC∞」(コハクインフィニティー)の最新測位技術を紹介するとともに、研究成果の発表を行うそうです!!

本文はここまでです このページの先頭へ