ここから本文です

投稿コメント一覧 (148コメント)

  • 連続S高の記録って,どこが作ったかわかりますか?
    内容によっては,記録を作ってしまうのではないかと,勝手に想像しています。

  • ソニーが定額制ゲーム配信サービス「PlayStation Now」を日米で半額以下に
    ◎アップルやグーグルに対抗、ソニーも月額10ドル以下でゲーム遊び放題
    ttps://nkbp.jp/2nuJyhb

    ソニーも ® 開始でしょうか?
    インフラが整わないと競業にはなれませんからねぇ~。

  • 上げても売り物が出ないね。

  • he~さんの解釈はとても分かりやすいし,実際にそうならそれで納得のいくところだと思いました。
    ただ,今回の否定理由は「再生医療等製品の条件及び期限付き承認」の要件が「癌領域においては特に変化して,厳しくなった」と書かれている点が1つ。既存の治療法では効果が無いメラノーマに対する効果という高いハードルと,ウィルスを使った癌治療という新規性は評価してもらえなかったと理解しました。

    それから,「条件及び期限付き承認」は所詮第Ⅲ相臨床試験を行いやすくする手段だったが,第Ⅱ相でも患者探しに苦労したのに,このまま第Ⅲ相を続けてもデータを集めるのは厳しいので,一旦停止した方がよいと判断したのでしょう。

    膵癌の方が臨床検査の患者数を集めやすく,つまりデータを取りやすいので,そちらを優先により良い形で再び「条件及び期限付き承認」を行うかもしれません。競合する抗癌剤が少なく,効果が高いと判断されれば,条件+期限付き承認を受けられ,更にデータがとりやすくなります。
    将来的にはそのデータと合わせてメラノーマでの再挑戦もあるかもしれません。あるいはHF10とより相性の良い組み合わせが見つかるかもしれません。

    重要なのは業績への影響は軽微だという点です。確かに期待はしていましたが,冷静に考えれば,むしろ話題に上がってくれた方がありがたいくらいと考える人もいるかもしれません。

    余談ですが,今後は末期癌の患者が無駄な延命治療よりも尊厳死や安楽死を選ぶことになると思います。タカラバイオでも今後の需要を見越した緩和医療(Palliative medicine)についても取り組んでほしいと考えます。

  • BBB通過キャリアについては,JCRから取引や契約についてはペプドリが一任されているのですが,相性がいいかを試してみたいという企業とは全て対応していると金城さんが言っていました。
    既に10数社とライセンス活動を開始しているので,その中には失敗続きの認知症薬の再挑戦が含まれているようなので,効果が出てくれるといいですね。
    それにしても,ガン治療,安価なCAR-T風治療,中枢神経疾患・損傷,認知症,その他医薬部外品に至るまで,多種多様だし,大型案件だし,世界初だらけで管理するのが大変ですね。
    PDPSのライブラリが進化するのに伴って追加の特許も検討しているようですね。

  • ステータス更新は誰のために更新を公開しているのか,そしてどの箇所が更新されたのか。全くわからん。審査内部でいろいろ動いてるってことでしょうか?
    ただ,結論が近づいていることだけは伝わってきた。

  • 2019年6月期決算説明会資料の16〜19のスゴさがわかった。
    動物実験すでにやってるんじゃん。
    100億は絵空事ではなさそうです。

  • DOWが上がり始めましたね。
    明日は良い総会日和になるといいですね。
    社長さんが去年のように悪乗りして,ポロっとサプライズ的な発言をしてしまうハプニングを期待しています。
    弾劾予定の大統領のような嘘や暴言はダメですよ。

  • 大引けの6万株は買い戻し?
    ご本人にしかわかりませんが,出来高が増加傾向で,来週以降が楽しみです。

  • >>No. 107

    漏れはさすがにないと思いますが,もう時間の問題なのは自明。
    日経連騰で利確した資金がこちらに移動しても不思議ではない。

  • IR担当者は既に発表用の文書はほぼ完成させてると見てます。
    提携先までは伝わってないかもしれませんが、特許の方はできてるでしょ。

  • そう思いますね。というか,そうであってほしいです。
    8月30日の100万株超えの出来高の時にトレンドは上向きになったと思いましたが,いよいよローリスク・ハイリターン銘柄に資金が戻ってきた感じですね。まだまだ出遅れ感が強いし,買い戻しに動かざるを得ないでしょう。
    年末まであと3か月。楽しみです。

  • 後場が楽しみになってきた。
    もう結果はわかっているのだから,あとはその規模とスピード。
    最低でも一気に世界シェア50%
    いよいよかと思うと,「ただ見届けたい」という思いしかない。

  • 日本、アメリカ、EUだけでほぼ世界制覇で、C国は何らかの形で絡むしかない。

    2018年新設のハイパースケールデータセンターは40拠点 – Synergy調査報告

    www.cafe-dc.com/design/synergy-number-hyperscale-data-centers-reached-430-2018/
    世界のデータセンター市場は、EquinixがEMEA、Digital Realtyが北米、NTTがAPACのリーダに

    blogs.itmedia.co.jp/business20/2017/07/equinixdigital_realtyntt.html

  • 利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第2弾〕 24社選出 <成長株特集>
    19位

  • 社長の第一声以前に、宇宙服での登場(搭乗)で伝説の株主総会にしてほしいです。ガンダムのノーマルスーツでもいいです。

  • アメリカとEUの特許庁はもう認定したらいいのに・・・
    仕事が遅いというか、諦めが悪いというか・・・
    これって、利権がらみの政治的圧力とかは関係しませんよね。
    インパクトが大きすぎて、可能性が無くもないと想像してしまいます。

  • 出来高、ASJらしくていいね!

  • 25日の赤間の記事ですが、
    ・連結営業利益は前期比14%増の62億円と最高益を更新する見通し
    ・次の焦点はメガファーマと呼ばれる海外大手との提携を通じた海外戦略だ。「バイオ医薬品は欧米市場が7割を占める」だけに成長余地は大きい。
    この2点が中心なのでしょう。

    最後の文は、好業績と明るい将来見通し、期待できる材料などとは矛盾する下落続きの株価について、何らかの理由探しをした結果、こじつけ的な苦し紛れのまとめ方にたどり着いたと言ったところだと受け止めています。

  • 下落続きで意気消沈気味の方もいるようですが、新生ゴミサクラサクさんのおっしゃる通り、自分で調べて判断することです。
    私は、RNCDDSはペプチドリームのPDPSと同様に見ています。主役として表だって名前は出てきませんが、業界を一変させ、正に次世代型ビジネスモデルに不可欠で、そして世界の社会インフラ整備としても多くの可能性を秘めている革新的技術です。株主はおろか社員にすら話せないほど秘密裏に開発を進めている契約なんて、普通じゃないことくらい想像できます。

本文はここまでです このページの先頭へ