ここから本文です

投稿コメント一覧 (1448コメント)

  • 建築とか学校関係とか国が取り纏めている統計27件に、「手続きに問題」「漏れ」「単純ミス」など不適切な統計があると、各紙が騒ぎ立てている。
    「各省庁の統計への意識が低い」「統計を取る体制が手薄」と鬼の首を獲ったみたいな騒ぎよう。
    統計に携わる職員(国家公務員)、アメリカ13,000人、カナダ5,000人、日本1,940人と少ないので「けしからん」となるらしいです。
    統計は大事ですが、統計は統計、狭い意味では「生産性はない」、職員増やして経費増やす必要はない。 最近はそうでもないが、20年程前は、公務員削減を各紙・世論が騒いでいました。
    勤労統計漏れで、15年間で過小支払いされた失業保険など総額と延べ人数、一人当たり年2,500円程度ですね。
    それと国の統計だけど、実際に数字を取ってくるのは各自治体(県・市町村)、そこまで下ると、統計に携わっている人数、凄い数では、更に、各自治体での統計作業、全て適切かな?

  • IWC, FIFA, IOC腐ってますね。 サマランチなんかオリンピックを喰い物にして得た賄賂は100億円は下らないでしょう。 ユネスコも、世界遺産部門なんかは腐ってますよ。
    国連も腐りつつありますね。 トランプが批判するのも一理ありますよ。

  • 世論(国際世論?)を気にして司法がねじ曲がるのは韓国。
    日本の司法にそんな真似をして欲しくないですね。
    日本の検察・裁判所には堂々と自らの方針を貫いて欲しいですね。
    アメリカの陪審員制度ってメチャクチャですよ。 日本の企業が提訴された特許問題、最先端の技術の特許を巡る裁判で、陪審員はおじちゃん・おばちゃん、最先端技術なんかちんぷんかんぷん。 原告の弁護士は、本筋をねじ曲げて、おじちゃん・おばちゃんの日常生活への影響を訴えて、勝訴。

  • ゴーンは狡猾でしたね。
    仏政府がルノーと日産の完全統合を目論んでいたが、ゴーンは反対していた。
    ゴーンは両会社のトップでしたが、日産には株主の代表としても君臨、一方ルノーでは株主である仏政府に監視されたり色々注文を受けたりで、好き勝手出来ない。
    ケリーみたいな私的秘書を代表取締役にさせるような事は、日産では出来たが、ルノーでは出来ません。 なので完全統合なんかはやりたくなかったのです。
    日産は私的な財布ですね。
    オーナー社長でもないのに、ルノーのトップと言う事で、日産ではオーナー社長みたいな立場になっていました。
    日産も情けないが、ルノー・仏政府も情けないですね。

  • IOCとFIFA、五輪とワールドカップを個人的な喰い物にしている。
    サマランチは権力を盾に巨額の私腹を肥やした、百億円は下らないでしょう。
    投票権を持つIOC委員も賄賂強請り放題。
    アフリカの国を卑下したくないが、その辺りからの選出委員、主に現地の政治家、の意識は低すぎ、賄賂を当然と思っている。
    五輪とワールドカップ、競技自体はかなり崇高なレベルにあるのに、運営主体のIOC/FIFAは腐りきっている。 別組織を創設した方が良い。

  • それにしてもゴーンの不正所得、次から次から出てきます。
    今度は日産・三菱のオランダでの合弁会社での所得、取締役会にも諮らずに、契約権限の無い秘書に契約署名させて、呆れます。
    まだまだ出てくるのかな。

  • 日本の司法制度への欧米からの批判に対して経団連の阿呆が何か分かった様な事を言っているが、欧米の批判は身内を庇いたいだけの批判。 そんなものに振り回される必要はない。
    拘留を延長する決定は裁判所がしているもので、検察が勝手にしているのではない。
    糞みたいな陪審員制度を採用しているアメリカにあれこれ批判されたくないですよね。

  • 離脱案が否決。
    反対した連中は、強硬離脱派と離脱反対派、要は真逆のふたつの連中。
    賛成したのは、穏便な離脱派。
    議会が議決出来る離脱案はありえないのが現状。
    どうしようもないですね。

  • フランスが起訴出来るのなら、日本もフランスのオリンピック委員を収賄の疑いで起訴すれば良い。
    それと東京オリンピックへのフランス選手団の参加を禁止すれば良い。
    ウダウダ言うなら、東京オリンピック開催を止めれば良い。
    困るのはIOC, IOCがフランスを黙らせるべき。

  • どうやら他メンバーが男達を唆した事実は無いみたいです。
    県警の捜査で分かったみたいです。
    最初から違和感があったのですが、山口とか言う奴の被害妄想か、ライバルの他メンバーを蹴落とす為の投稿か?
    山口の一方的な言い分を鵜呑みにして他メンバーを悪者にした事務所もグルなのか? 阿呆なのか?
    解散しなさい。 TVのインタビューに答えているファン、腹の出た中年に差し掛かったキモイ連中ですね。 あの連中は本来ロリコンなので、NGT48とかAKBは年齢が高過ぎる筈ですが、ロリの代用なのでしょうか? 小学生への追っかけは出来ないので、代用なのでしょうね。

  • たいしたものです、オリンピック三連覇して国民栄誉賞。
    だけど、ロンドンでオリンピック三連覇した選手はもう一人、伊調馨、何故伊調馨は、その時点で国民栄誉賞を貰えなかったのか?
    (世界選手権での連覇数が違う? 世界選手権10個よりもオリンピック1個の方が断然上ですね)
    理由は二つ:
    至学館谷岡学長(子分の栄元監督)が政府に対し伊調馨を外した(推薦しなかった)。 その時点で栄と伊調馨の関係は拗れていて、栄は伊調馨の3連覇を邪魔しにかかっていた。
    当時の内閣は阿呆の民主党、谷岡学長の言いなり。
    伊調馨が4連覇したので、流石に無視出来なかったから、国民栄誉賞を。
    吉田はさておき、谷岡と栄は最低ですね。

  • >>No. 776

    お前は阿呆
    ゴーンはそれなりに優秀な企業立て直しの経営者だったが、別に彼でなくても、思い切ったリストラを推進できる人間は他にも居ました。 日本人、それも日産社内の人間では駄目ですが、大株主のルノーからルノーからの100%後押しを貰って送り込まれた社長ならば、そこそこ優秀な人間であれば出来ましたよ。 やることはハッキリしていたのだから、リストラ・リストラ、縮小・縮小、新車開発大幅削減。
    ゴーンだけで立て直せたのではないですよ。 ルノーからの巨額の投資が一番効果があったのですよ。 それを、全て自分だけの功績だと勘違いしたのが背任に繫がっている。
    それを未だに分かっていない。
    ルノー・仏政府にすれば、「お前何してんだよ!」と言う心境では。

  • >>No. 206

    子供を作る、子孫を残すと言う面では生産性ないですよ。

  • 女性を差別している意図は全く感じられない。
    若い女性をバカにしいる意図も感じられない。
    普通に知っているだろうと思われる料理を、奇想天外な失敗をやらかす事に驚きと面白さを感じているだけ。 (その料理のレシピを知らなくても、その女性を否定するものでもない)
    このような番組・企画に対して目くじらを立てて、差別・女性蔑視などと騒ぎ立てる人間・団体、更にはそれを取り上げる週刊誌・メディアの方が、よほどパワハラ・セクハラ・差別主義者。
    騒ぎ立てている人間が誰か知らないが、もしそれが女性だったら、ブスでブスでブスのどうしようもないブス、容姿ブス・精神ブスですね。

  • 事実を言ったら差別と非難される、それっておかしいですね。
    子供を作る作らないと言う面では、LGBTは生産性はない、それは事実。
    黒人を模したマスコット人形を作ったブランド・メーカーが、差別だと非難されたが、それもおかしい。 黒人を黒人と言うのは事実であって、差別ではない。
    色が黒いのはアイデンティー、それを誇りに思えないのは個人の問題。 差別だと騒いでいる連中は、自らを差別しているのでは。

  • お家騒動的なゴタゴタですが、その責任はトップのゴーンですね。
    倒産寸前の日産を立て直した手腕は評価できますが、その後20年もトップを張らしたのは間違いですね。 オーナー社長ならば長期政権も良いでしょうが、雇われで20年は長すぎます。
    帝王だと勘違いするし、会社の繁栄よりも自分の金儲けを優先しますし。
    「乱世の雄は、平時の賊」そのものですね。
    更に悪いのは、株主であるルノーの筆頭株主である仏政府ですね。
    ゴーンに任せっきりにした仏政府の責任です。

  • このスレッドに、しきりに捕鯨反対のアホがいますね。
    人間は命あるものを食べないと生きていけない、そう言う宿命。
    鯨だけを特別扱いして保護する理由は何なんだよ。
    ペットの犬猫も喰いますか?

  • 無法者シーシャパードや、「牛を食べても、クジラは可哀想」などの低能連中に阿ねって機能不全に落ちっている捕鯨委員会なんかは脱退して当然。
    これまでは、なんでもかんでも国際協調の唱い文句で色々参加していたが、この際全て見直して、日本の国益にならないものは全て脱退すべきです。
    国益ファーストです。 トランプが、温暖化京都議定書からの脱退して、白黒ハッキリ言う道筋が出来つつあります。
    金ばかり拠出させられるユネスコからも脱退すべきかも。
    それから国際動物園委員会(協会)からも脱退すべき。
    ワシントン条約からも脱退しましょう。

本文はここまでです このページの先頭へ