ここから本文です

投稿コメント一覧 (839コメント)

  • 2019/08/24 11:21

    ダウが大きく下がった割にはADRは踏みとどまっているほうですかね?
    長期組から見れば、起きてほしくないけど世界的なリセッションや大暴落は想定しておかないといけないし、そのようなことが起きても影響が少ないと思って、現状内需中心で通信というインフラを持とうとしている楽天を選んだので狙い通り。米中だけでなく世界は様々な問題が表面化してくるので、それにあまり影響されない銘柄が注目される良い機会だと捉えてる。

  • 2019/08/23 16:20

    以下の記事の抜粋が全てじゃないですかね。
    サービスイン後、新ネットワークが問題なく1日1日と稼働実績を積み上げていくのと並行して、不安で抑制されている株価がジリ高傾向に変わっていくのかもしれない。


    >>楽天モバイルネットワークの仕組み自体は、全世界のMNOの中でも非常に先進的で革新的だ。ただ、実際にトラブルなく稼働するかどうかが焦点になる。

     サービスインまでは、「楽天クラウドイノベーションラボ」で徹底したシステム構築とテストが行われることから、サービス開始が大幅に遅れるということはないだろう。実際、楽天モバイルネットワークが全てのソフトウェアを構築することはなく、多くのソフトウェアがベンダー各社から提供されている。また、これらのソフトウェアのオーガナイズをインドのTech Mahindraが行う。

     大きな問題が起こるとすれば、サービスインしてからの実環境において、ラボでのテスト項目にない「想定外」のトラブルとなるだろう。その時に短時間でトラブルを回避できるのか、長時間のトラブルを起こしてしまうのかによって、楽天モバイルネットワークの運用能力を測れる。やはり、サービスインをすれば問題の大小の違いはあって、必ずトラブルは起こるだろう。どれだけ短時間にトラブルを回避できるのかが同社の評価を決めてしまうかもしれない。

     ただ、これだけの先進的なネットワーク構成は世界でも注目されている。トラブルを乗り越え、いち早くネイティブな5Gの世界をユーザーに見せてところだ。

  • 2019/08/23 15:56

    今月の決算説明会で三木谷さんが話していた「モバイルエッジコンピューティング(MEC)」は他の3社も5Gを生かすために欠かせないものとして各社導入するようですね。5Gになればスタートラインは一緒。新しい技術で低コストの楽天のネットワークがプラスになってほしいと願うだけ。

  • 2019/08/23 15:44

    掲示板見てると短中期の人も多いんですかね。
    自分は、まずは1年後ぐらいか楽しみかな~と思ってるんですけどね。

  • 2019/08/23 12:25

    基地局の整備遅れだけど、総務省から尻を叩かれたときの記事では「2020年3月末までに東京23区、大阪市、名古屋市を中心に3432局の基地局を自前で整備する計画だ」となっていて、養分さん情報で413局。あと半年で3000局。1か月当たり500局。日割り換算で17局。最近のペースやこれからの加速を考えれば絶望的な数字ではないと思うが。

  • 2019/08/23 12:10

    過去にも書きましたが、携帯事業を公表したときの株価が1145円。
    そして携帯事業も始まっていないときに達成した今年の年初高は1311円。
    年初高達成からの大きなマイナス要因はリフトの評価損計上と携帯事業スモールスタートが思いつくくらいかな?
    スモールスタートでも無事に開始、稼働できれば再度年初高更新だってありえると思ってますけどね。まずは9月の公表内容に注目。

  • 2019/08/23 10:45

    神戸市は楽天と包括連携協定を締結してるから、自治体と共同で事業を進めていくのは超重要。そして楽天のサービスと市民をつなげるのはやはり携帯・スマホだもんなぁ。


    ◎キャッシュレス決済、自治体本腰 消費税増税、買い控え対策

    10月の消費税10%引き上げに伴う買い控え対策として、国や自治体がキャッシュレス決済に対しポイント還元の“特典”を付ける制度の普及に本腰を入れている。神戸市では7月から、テーマパークや商店街でキャッシュレスを導入する実証実験が始まり、事業者と消費者双方に利便性をアピール。ただ、決済サービスの乱立や大規模な不正利用の発覚があり、消費者側も対策に留意する必要がある。

    神戸市須磨区の須磨海浜水族園では7月中旬から、入園料や売店などで「楽天ペイ」によるスマートフォン決済を始めた。窓口に掲示されているQRコードをスマホで読み取り、金額を入力してスタッフに見せる仕組み。支払いは数十秒で完了する。担当者は「キャッシュレスの利用者はまだ数%ほどだが、夏休み中の混雑緩和に一定の効果があった」と評価する。

     この取り組みは神戸市が本年度から始めた実証実験で、第1弾の同園に続き、8月からは水道筋商店街(同市灘区)や三宮本通商店街(同市中央区)などで始まっている。消費税増税を機に、市全域でキャッシュレス化を図りたい考えだ。

  • 2019/08/23 10:23

    >>No. 39

    でも、株価対策して投資してなかったら、ジリ貧だったと思いますけどね。
    amazonにも対抗できず、下手したら楽天が携帯事業に参入せずとも、ドコモのdポイントやSBのpaypayが作り上げきたかもしれない経済圏にどんどん喰われていた可能性も十分だから。

  • 2019/08/23 10:16

    >>No. 52

    ここにいる皆さんはいろいろ考えて行動する方ばかりなので関係ないのでしょうが、取り扱い機種だと、使ってほしいアプリがプリインストールされているのが大きいんだと思います。最近のpay戦争やゲームアプリの競争でもまずはインストールしてもらうのにポイントつけたりしてますから。
    楽天の取り扱い機種なら楽天関連のアプリはプリインストールされてるでしょう。例えばLINEではなくきっとViverでしょうからね。

  • 2019/08/23 10:01

    将来が明るいかどうかは全て携帯通信事業にかかっていると思うので、不安がまだある以上そう簡単には上がらないんでしょうね。楽天の命運がかかってる事業であることは確か。
    9月の詳細発表はプランと同時に取り扱い機種にも注目。現状日本の場合iphneを取り扱うかどうかは大きい。いつもこの点を明瞭に発表していないところを見ると、取り扱いけど障壁があるのか、すでに取り扱いが決まっているがサプライズにしたいのか?

  • 2019/08/23 09:36

    とりあえずの詳細内容が9月上旬発表予定だから、出来高を伴った大きな動きはないかなぁとは思うけど。
    個人的には既存3社と同じようなネットワークシステムを構築するようなら生き残りは難しかったと思うけど、世界初の新システムなら食い込める余地十分と見てます。
    ここは買い方売り方で意見が別れるでしょう。

  • 2019/08/22 14:00

    10月からのスモールスタートで株主割引料金ないかな~?
    ソフトバンクは携帯電話株主優待やめちゃったから、楽天がやると面白いのだが。

  • No.1012

    強く買いたい

    MNO事業へのチャレンジは応援…

    2019/08/22 11:38

    MNO事業へのチャレンジは応援したいし、実際世界初の新システムを構築して従来の回線サービスの枠を超えた構想に大いに期待。
    私も確実な回線の拡大を望むも、どうしても評論家や一般の人たちは、国民共有の財産である電波の許可をもらった以上無駄にするな(楽天割当分を既存3社に割り振った方が良かったんじゃないか?)との論調も出てくるので、料金プランを含めちょっと待っても仕方がないなと思うようなサービスを期待したい。

  • 2019/08/22 09:55

    ホントあとは携帯事業の成否ですね。
    楽天の携帯シェアが伸びれば、プリインストールされているだろう各楽天サービスのアプリを使う機会が増えて、まさに相乗効果。
    長期的に見るも、まずは新システムがちゃんと稼働できるか勝負のときが近づいてきています。

  • 2019/08/22 09:22

    信用買い残は整理どころか増えてますね。
    これをこなしがらの上昇は新プランやサービスインを待つしかないのかな?

  • 2019/08/21 12:37

    世界初オール仮想化システムが大きなトラブルなく稼働できるかどうかが全てを握ってると思うから、スモールスタートとはいえ10月からが本当の勝負。

  • 2019/08/20 16:18

    いろんな材料が出てくるも、携帯事業がやはり肝だと思うので。
    年初の始値713円から、サービスインがスモールになってしまうも実際するスタート約1か月半前で1000円台をキープと考えればよし。9月の詳細発表から10月の実際のスタートでどの位置にいるのか?そして大きなトラブルなく新システムが稼働するようなら、不安はどんどん取り除かれるし、既存のサービスも種を撒いたサービスもモバイルを通じて結びついてくるし、他からの提携アプローチもどんどん来るのでは?
    逆に失敗したら、全ての歯車が狂うでしょうから、モバイルは社運かかってると思う。

  • 2019/08/20 12:03

    出来高見ると、まだ様子見の人多しかな?
    暗号資産取引開始と9月のモバイル詳細発表の思惑で買い戻しても良さそうな安さだからね。9月上旬予定のホップ段階での発表も「契約したけど騙されたぁ~」にならないように現状の設備でつながりにくいエリアがあるなら正直に発表しておけば良いと思うけどね。自社回線のうち、過密で整備しにくそうな東京23区を除いて、大阪市と名古屋市は早めに完璧にしておいて展開していけばauローミングの力を借りて結構他社から獲れると思うけどなぁ。

  • 2019/08/19 14:28

    ◎楽天、仮想通貨取引サービスを開始 ビットコインやイーサリアムなど取り扱い

    暗号資産(仮想通貨)を取り扱う楽天ウォレット(東京都世田谷区)は8月19日、仮想通貨取引所「楽天ウォレット」を開設し、専用スマートフォンアプリ(Android版)からの現物取引サービスを始めた。iOS版は9月上旬にリリース予定。

    取り扱う仮想通貨は、BTC、ETH、BCH。取引時間は午前7時から翌日の午前6時55分まで。スマホアプリ「楽天ウォレット」から、仮想通貨の売買や口座への入金、資産の入出庫が行える。資産やレートの確認など、資産運用の機能も用意した。口座開設には楽天の会員IDと楽天銀行の口座が必要。

    「セキュリティ対策」でサービス開始に遅れ
     ユーザーから預かった資産は楽天ウォレットの自己資産とは分離し、楽天銀行子会社・楽天信託の信託口座で管理する。楽天信託は預かった資産を楽天銀行の銀行預金に預けて管理する。

     ユーザーの資産は全て、オフライン環境下で管理する「コールドウォレット」内に保管し、安全性を確保。コールドウォレットから資産を移動するために必要な秘密鍵は、複数の署名が必要な「マルチシグ」で保護する。コールドウォレットと秘密鍵はセコムのグループ会社と提携して管理する。

     サービスへのログインや出金、資産の出庫時には、楽天ウォレットの認証とGoogleの認証システムを使った二段階認証が必要だ。

     楽天は2018年8月、「みんなのビットコイン」を買収。19年3月に商号を「楽天ウォレット」に変更し、仮想通貨交換業者として財務局に登録していた。6月の取引サービス開始を目指し、4月から楽天ウォレットの口座開設を受け付けていたが、5月にサービスの品質向上やセキュリティの強化を理由としてサービス開始を延期していた。

  • No.352

    強く買いたい

    ツイッターから ●楽天モ…

    2019/08/19 13:11

    ツイッターから

    ●楽天モバイルだと、ショッピングモールの携帯アンケートに立ち止まっても相手にされないからいい。やっぱり楽天モバイル安いんだな。

    ●au、docomo、softbank等のアンケートを求められる際に楽天モバイルですと言うと明らかにトーンが落ちる。。。

本文はここまでです このページの先頭へ