ここから本文です

投稿コメント一覧 (417コメント)

  • No.1303

    様子見

    >>1273 菅は孫とつ…

    2019/08/21 13:21

    >>1273
    菅は孫とつるんで太陽光電力料金を世界一高額の42円/kwhにした。昨日も高齢者がクーラー使えず、熱中症で死亡した。
    菅、枝野は利権ファーストで反省もしていない。追放すべきである。

  • ここはアリババの含み益に全面的に依存する経営の様ですね。3兆3000億円で買収したARMについては、消極的意見が多く、含み損経営になるかも知れませんね。
     特に、実質的価値を有する子会社を分離したヌケガラのARMホールディングスの75%をSVFに現物出資(82億ドル)していますが、これをどう処理するんでしょうかね。
     良く注意しましょう。

  • >>30
    アリババは流通子会社Cainiao との架空取引による不正経理疑惑でSECの捜査を受けており、株主訴訟(class action)が提訴されていますね。含み益は使えば終わりで
    ここの含み益経営は長くは続きませんね。
     おっと、3兆3000億円で購入したARMはどうなっているでしょうね。どうやら含み損経営になる可能性もないわけではない様ですね。
     それと、実質価値を占める子会社を分離してカラのARMホールヂングスの75%(
    82億ドル)をSVFに出資しましたが、これはどうなりますかね。
     良く注意しましょう。

  • >>998
    孫には立派なニックネームが付いている様ですね。恐怖の皇太子マネーとJマネーで
    ” one-man bubble "をもたらし、IPO業界をぶっ壊したと。もはや、マネーゲームかも知れませんね。
     破裂しないように、良く注意しましょう。

  • No.599

    様子見

    >>575 では、菅の民…

    2019/08/19 10:53

    >>575
    では、菅の民主党(枝野党)は、何をしたかと言うと、①為替を1ドル=76円の超円高にして、中国韓国を儲けさせ、②株価は8000円台と国民資産を激減させ、③孫とつるんで太陽光電力料金42円/kwhにして産業の空洞化を招き、弱者を虐げた、
    前代未聞の悪徳政権です。
    日本が潰れなかっただけでも八百万の神々に感謝すべきでしょう。

  • No.840

    売りたい

    >>808 1号ファンド…

    2019/08/19 09:56

    >>808
    1号ファンドの終末はどうなりますかね。ハッピーエンドかそれともIPOバブル破裂ですかね。神のみぞ知るですね。
     子会社を分離してカラになったARMホールディングス株式の25%や含み損銘柄など屍はどうするのでしょうかね。
     恐怖の皇太子への分配最優先として、後は2号ファンドで末長く引取るかも知れませんね。循環小数みたいですね。
     良く注意しましょう。

  • No.975

    売りたい

    >>967 SVF は、…

    2019/08/17 10:21

    >>967
    SVF は、恐怖の皇太子ファーストで、余り物(もしあれば)を残りで分配する仕組みの様ですね。欲張りバーさんの大きな葛籠箱かも知れませね。
    ここは、個別銘柄を開示しないので、ブラックボックスなので、自分で情報を取りましょうね。

  • >>710
    ここは、札束にものを言わせて、超高値でベンチャーを買い漁り、I P Oで一気に稼ぐ、とのビジネスモデルで、ハイテク投資は単なる謳い文句ですね。ハンズオンで企業を育成する精神は持ち合わせていませんね。
    それなら、綺麗事を言わずに、メイクマネー第一と明言すれば判り易いと思いますね。税金も同じですね。
    良く注視しましょう。

  • >>54
    アリババは、中国人中間層が熱狂して超高額になりましたが、流通子会社Cainiaoとの架空取引による不正経理疑惑でSECの捜査を受けて、株価は20%以上下落しましたね。営業好調と言っても超高株価に実態が追い駆けている様ですね。
    ところで、ここの放出株を誰が購入しますかね(ここが一番大事)。本物の機関投資家(accredited investor)は数値基準で判断し、またSEC捜査中の銘柄は購入しないでしょうし、中国人中間層が再度購入するのでしょうかね。
    良く注意しましょう。

  • No.1991

    売りたい

    >>1927 格付機関は…

    2019/08/15 16:08

    >>1927
    格付機関は何のために存在するんでしょうかね。実態は、年金などの機関投資家(
    Client accountではない、本物の機関投資家)のファンドマネジャーがリスクヘッジ
    のために利用するんですね。万一失敗しても自分のせいではないことを釈明するためですね。
    個人投資家は、自分の知識経験、カンを頼りにしましょう。

  • No.1571

    売りたい

    >>1552 アナリスト…

    2019/08/15 12:07

    >>1552
    アナリストはおバカさんで、経済企業の実態の知識経験ゼロかも知れませんね。紙に書いてあることは単なる表面的体裁で、悪化すれば支援せざるを得ないでしょう。世の東西を問わず、同じですね。
    恐怖の皇太子は、特別扱いで、何が何でも、元利金を返済しなければなりませんね。
    良く注意しましょう。

  • >>1534
    再生可能エネは、天候に左右されて需給がマッチせず、超高額で社会的弱者に厳しく、これ以上技術的発展の可能性はない、とEUでは、否定的になっています。
    猛暑で多数の熱中症死亡者(体温40℃で脳細胞を破壊)が出ていますが、菅と孫の
    陰謀により太陽光発電料金を世界一高額42円/kwhにして経済的に冷房機を使用を出来なくしたのも原因の1つですね。
    欧州では再生エネの時代は終わったとされていますね。
    良く考えましょう、直ぐ判る話です。

  • No.1405

    売りたい

    >>1327 WeWor…

    2019/08/15 10:25

    >>1327
    WeWorkは、ハイテク銘柄と言うよりむしろ不動産関連で、理路整然とした恐怖の
    皇太子が購入価額を160億ドルから20億ドルの縮減させたましたね。ドシロウトの孫より自己マネーだけに相当厳正に選別していますね。
     Chehaoduo Groupなどライバル企業の市場評価額より非常に割高でSFVが購入した案件が多い様ですね。
     良く注意しましょう。

  • >>662
    チャート分析は過去のものになりましたね。常任代理人口座が増殖し、正体不明の
    ブラックマネーも増殖してますね。ここの場合、シードマネー〇〇億円、パソコン
    数台、常任代理人口座数10口座あれば、チャートは描けるかもしれませんね。
    おっと、〇〇操縦になりかねませんから、おススメはしませんが。

  • >>582
    只管、孫を信ずる訳で、投資ではなく、カルト信者ですね。孫は、そんなに儲かるなら、恐怖の皇太子と同様に、自己マネーでai投資をすれば良い訳ですが、ai投資を
    口実に大衆マネーを集めて大儲けすることを狙っている教祖ですかね。
    投資は、beauty contest, 良く注意しましょう。

  • >>436
    償還期間は12年ですが、この世界は「力は正義」、当事者で合意すれば、何でもありですね。国内でチマチマした契約を締結する訳ではありません。
    相手は、巨大な国家権力(財力、武力)を背景に、何でするでしょうね。
    良く注意しましょう。

  • >>415
    皇太子が巨額マネーを引き上げる際には、元利金を取り戻していきますね。他人に
    金を預けて運用させる場合、野放しにすればピンハネなど勝手に使い込まれてしまいますね。
    元利金保証でSBGの資産が担保になっている可能性があるかも知れませんね。
    良く注意しましょう。

  • >>380
    東條はおバカですね。魂で敵機を撃墜しろ、とか、必勝の信念があれば戦車、大砲、食料など不要と資源、工業力、技術力など全て無視して、想定通り完敗しましたね。精神主義は必ず負けますね。
    韓国などは精神主義者が多く、孫も例外ではないかも知れませんね。

  • >>74
    孫が上げようと思えば直ぐ上げられる=相場操縦ですかね。
    ここの大株主には、常任代理人口座がズラリと並んで、こいつらの資金は正体不明で、ブラックマネー、アングラマネーの様ですね、運用者は、金融機関の社員ではなく、正体不明で、仕手筋の類かも知れませんね。
    機関詐欺に良く注意しましょう。

  • No.856

    売りたい

    >>827 SVFの投資…

    2019/08/13 21:02

    >>827
    SVFの投資、運用条件は、実質的決定権者と思われる恐怖の皇太子が仕切っいるかも知れませんね。開示された条件に加えて、大量の秘密協定があるかも知れません
    が、開示されることはないでしょうね。
    ビッグディールとはこういうことですね。
    良く注意しましょう。

本文はここまでです このページの先頭へ