ここから本文です

投稿コメント一覧 (278コメント)

  • >>No. 158

    ははは、
    貴公の書き込は規約に則っておると申されるか
    貴公ごとき許容力なきものは、ここに出てくるべきではござらん

  • >>No. 155

    ははは、
    貴公が何ぼのもんじゃと申されるか。
    貴公ごときに掲示板を批評する資格はござらん。

  • >>No. 143

    華は度量のない方々に通報されてバンされましたが、
    お茶目で、わがままで、あまえんぼで、天真爛漫の可愛い女性だったと私は思います。

  • >>No. 141

    サンバイオに夢を託して大事なお金を投じている方々に対して、何たることを申されるか。
    貴公ごときがここに出てくるべきではござらん。

  • >>No. 118

    株式投資は自己判断でやるもので、すべての責任は己にあります。
    株価の騰落を会社や社長のせいにするのは、私に言わせれば「八つ当たり」です。
    株価を決めるのはマーケットです。会社が決めるわけではりません。
    一気にきますよ、ここ。

  • >>No. 96

    ここの利用者の信用を得るために、身分を詐称したり嘘を並べて自分を飾る貴公ごとき人間に用事はござらん。
    ■弟は弁護士だと偽り、その弁護士の話だとして的外れの法解説を書く。
    ■米系投資銀行にいたことがあると偽り、それを信じさせるために専門家のコピペを適当にアレンジして意味不明の解説をする。
    ■米系投資銀行にいたというのが疑われると、「IRなどは英文のドキュメントを取り寄せて読んでいる」とか「アメリカでアセット運用会社のファンドマネージャー数名と会った」などと取って付けたような嘘の上塗りをする。投稿文の中にやたら英文字の単語を挿入して、さも英語が得意であるかのように装う。
    ■世界旅行中だという大嘘がバレると、「これから娘たちとクラリッジズのアフタニーヌーンティ(正しくはアフタヌーンティ)に出かける」やら「これから飛行機で移動する」などと真っ赤な大嘘を書く。

    貴公ごとき人間はここにいるべきではござらん。(怒)

  • 私は息の長い大相場を期待していますので、IRは遅いほど好ましいと思っています。
    IRが出ないことへの嫌気売りが出尽くしますと、IR後の株価はいっそう軽くなって大相場に繋がると見ています。

  • > サンバイオの経営陣への非難にちょっと違和感があります。

    私もそのことが大いに気になっています。
    株式投資は自己判断でやるもので、すべての責任は己にあります。
    株価の騰落を会社や社長のせいにするのは、私に言わせれば「八つ当たり」です。
    株価を決めるのはマーケットです。会社が決めるわけではりません。
    一気にきますよ、ここ。

  • そう思います。
    いくら問い合わせても既報の情報以上のことを回答するわけがありませんし、
    催促されたからといって急いでIRを出すわけもありません。
    常識です。

  • 羹に懲りて膾を吹くような投稿が目立っていますが、先の大騰落相場をもっと客観的に見るべきだと思います。
    米国で慢性期脳梗塞治験を始めたというニュースは世紀の大ニュースでした。株価が急騰するのは当たり前です。株価が上がれば次から次に買いが集まりさらなる高値に向かうのは相場の本質で、これぞ相場の醍醐味というべきものです。
    いまごろになって、あれは異常だったとか、浮かれ過ぎだったという見方は、一見正しく冷静なように聞こえますが、相場の本質を無視した後講釈の域を出ません。

    私は、むしろ急騰後の暴落にこそ違和感を感じています。
    米国での慢性期脳梗塞治験フェイズ2Bの結果報告で統計的有意差が出なかったというニュースを、治験すべてが失敗したと曲解して売りが殺到し、大暴落を演じました。そもそもフェイズ2Bの結果報告は、治験全体の工程からすると中間報告といったもので、「いまのところ統計的有意差が見られないので、フェイズ3に進む前にその点をクリアしてください」という報告が出されたにすぎません。サンバイオも大日本住友製薬も、クリアするための解析を続けています。
    投資家も事実関係について徐々に理解し始めており、株価は回復の様相を見せています。
    株価が再び沸騰する環境が出来上がっていると私は確信しています。

  • 10月23日、ブリッジレポートが会社の並々ならぬ自信を報じたました。
    10月24日、モルガンがブリッジレポートを否定するかのように、3,845円という低い目標株価を新規に出しました。
    10月25日から、JPモルガン証券とNomuraInterが堰を切ったように空売りを入れています。11月12日までに両社合計で319,900株売っていますが、両社が目論んでいた狼狽売りを誘えなかったため、10月24日終値と今日の終値比較で2%の下げにとどまっています。
    買い戻し目的で売り崩した両社は一文も買い戻しできないまま、安い売値の空売りが残ってしまいました。これにより両社とも、より苦しい買い戻しを迫られることになります。

    他のヘッジファンドは買い戻しモードを続けています。(9月12現在で600万株あった貸株残高が、11月8日には370万株に減っています)
    一方、個人投資家中心に売り惜しみが続いています。
    ヘッジファンドが一斉に買い戻しに出ることはほぼ確実で、ヘッジファンドがヘッジファンドを踏みあげるという、個人投資家にとっては、何とも留飲の下がる相場が展開されると見ています。

    一気に来ますよ、ここ。

  • neさん、先ほどの ー華よりー は私の余興ですので気を悪くなさらないようお願いします。

    華は度量のない方々に通報されてバンされましたが、
    無邪気で、わがままで、お茶目な可愛い女性だったと私は思っています。

  • そんなに心配なら売ったら? いなくな~れバカだから
    ―華よりー(笑)

    華は、お茶目でわがままで可愛い女性でした。

  • >チョット前にどなたかの投稿に、6ヶ月程度で承認された例が数例示されて
     いたと思います。

    おっしゃる通り承認の事例の大部分が6ヶ月前後になっています。
    令和元年9月6日付の厚労省公式文書には、このような記載があります。
    【先駆け審査制度では、原則として既承認薬と異なる作用機序により、生命に重大な影響がある重篤な疾患等に対して、極めて高い有効性が期待される医薬品を指定して、(中略) 審査期間を6ヶ月まで短縮することを目指します。】

  • > また後場下げでしょ?午前に売って午後に買えば余裕で儲かる

    ははは、
    二匹目のドジョウですか。
    そんなに相場は甘くはありませんぞ。

  • > 今日もかよ、機関ハゲろ。
    禿げてますとも、まる剥げです。
    一気に来ますよ、ここ。

  • > TBIも世界的に販売していくには、欧米のメガファとの提携も必要となってくる。
    >
    > アジア、米国はサンバイオ社、欧州はメガファとかといったような体制になるのか。
    >
    > メガファへの導出IRきたらストップ4連チャンはいくよでしょう。
    > 株価は20000円台へ
    >
    > ホルダー、おめでとう!
    > ㊗️㊗️㊗️㊗️

    > メガファへの導出IRきたらストップ4連チャンはいくよでしょう。
    > 株価は20000円台へ

    製造や販売について他社と提携することと、導出はまったく違う話です。
    会社は世界中で独占的製造販売を目指すと言い続けています。
    導出のドの字も言っておりません。
    導出していまえば相場はそこで終わります。

  • > また後場下げでしょ?午前に売って午後に買えば余裕で儲かる

    ははは、
    貴公も、地合いが変わっていることに気がつきませぬか
    相場の強さが目に入りませぬか

  • > 今日も売り崩し来るかな?
    > 来るだろうな。

    ははは、
    貴公には地合いが変わっていることが分かりませぬか
    相場の強さが目に入りませぬか

  • ははは、
    先高期待が膨らんでいる時に、信用買残は増えても減ることはござらん。

本文はここまでです このページの先頭へ