ここから本文です

投稿コメント一覧 (9コメント)

  • 知らない方もいらっしゃるかしれませんが

    12月14日は討入りです。

    三波春夫です。「元禄名槍譜・俵星玄蕃」

    h ttps://www.youtube.com/watch?v=X8T5JAXZyY4&list=RDX8T5JAXZyY4&start_radio=1

    私達も願いをかなえましょう!

  • △PuraDermの美容整形領域への適応拡大 承認はいつ?

    △私は ズバリ 12月10日とします。

    会社発表は ズバリ 12月11日とします。

  • PuraDermの美容整形領域への適応拡大 承認はいつ?

    ズバリ 12月△△日 と当てようではありませんか

    私は ズバリ 12月10日とします。

    皆様は如何に?(青赤不要です)

  • ハーケンクロイツ ナチス ヒットラー は気分悪いからやめるべきです。

  • >>No. 760

    大変な作業でしたね。

    有難うございます。

  • セオリーなどと?どんな?

    株にセオリーってあるのかな?

    1万円2万円 ターゲットだ!

  • 創傷治癒材「PuraDerm」の FDA(米国食品医薬品局)への、美容整形領域への適応拡大を目的とした市販前届 Special510(k)を提出いたしました。

    30日って結構長いけど、結果は来月早々楽しみ!
    利益拡大楽しみ!

    「PuraSinus」
    2019 年8月からの販売開始に向けて、製品製造については5月の製造開始及び7月の初回出荷を予定しております。製品販売に関してはオーストラリアの成功事例やノウハウを米国でも展開すべく、当社営業社員による自社直販体制の構築を進める計画です。
    この度の承認取得により、当社グループは癒着防止材の領域に本格的に取り組んでまいります。米国の癒着防止材の市場は耳鼻咽喉科領域で約 100~200 億円(*2)の市場規模と推計されております。

    すでに利益拡大約束!楽しみ!

  • 確かに借金は心配ですね、でも、金利が物凄く安いので、借り時との考えがあると聞いたことがあります。
    現在の借りるリスクと買収による将来益との天秤でしょうか!

    功を奏すると良いですね。

  • 既知記事ですみません。今日の日経でした。

    鼻に噴射でインフル感染予防 国産ワクチン承認申請へ
    社会・くらし
    2019/11/24 16:49
    保存 共有 印刷その他
    鼻にスプレーするだけで、インフルエンザの感染を防ぐ国産の経鼻ワクチンを大阪府吹田市の阪大微生物病研究会が24日までに開発した。人に予防接種して安全性と有効性を調べる治験が今年7月に終わり、近く国へ承認申請する方針。従来の注射に比べて高い効果が期待できるという。

    経鼻ワクチンはすでに米国で広く使われているが、国産品は初。承認されれば、数年後に痛みを伴う注射をしなくても、インフルエンザを予防できる時代が来る可能性がある。

    申請するのは、病原性をなくしたウイルスを利用した不活化ワクチン。細いスプレー容器に入ったワクチンを鼻に差し込んで噴射する。国立感染症研究所で先行して行われた臨床試験では、複数回投与すると、ウイルスを攻撃する抗体が働くことが確認できた。

    従来の注射するワクチンは体内に入ったウイルスによる重症化を防ぐのが目的で、感染は食い止められなかった。これに対し経鼻ワクチンは、ウイルスが体に入る際に通る気道の粘膜のバリアー機能を高めるため、感染防御ができると考えられている。また流行したウイルスのタイプが予想と違った場合でも効きやすいとの研究結果もある。

    米国では毒性を弱めたウイルスを鼻に噴射する生ワクチン「フルミスト」が販売されている。ただ、発熱などの副作用が出る場合もあり、乳幼児や高齢者は使えない。日本での使用は、製薬大手の第一三共が2016年6月に国に承認申請し、審査中となっている。

    これに比べて阪大微研が開発したものは、不活化ワクチンのため副作用の恐れが少ない。国立感染症研究所インフルエンザウイルス研究センターの長谷川秀樹センター長は「痛みがなく簡便。お年寄りや乳幼児の使用にも向いている」と話している。〔共同〕

本文はここまでです このページの先頭へ