IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (4060コメント)

  • オイルの交換をしたバイク屋さんに、珍しいバイクが置いてありました。

    TRIUMPH TROPHY1200

    これは初期型なので1990年代のものだと思います。
    ※角目一灯式は、初期モデルの特徴。

    フルカウル仕様ですが、見た目から想像できる????ようにツアラーモデル。
    防風性の高いフェアリング、アップライトなライディングポジションのためのハンドルなど長距離走行でも疲れない!とコンセプトに作ったバイク。

    自分が見たのは、トラインフらしくない4気筒 1180CC
    他の機種は、885ccの3気筒

    自分的には、SSを乗るのが怖いと思うような歳になったら、ツアラーモデルを購入したいと思います・・・・・笑

  • 今日は、オイル交換。
    2000キロちょっとだった1号車
    3000キロ弱だった2号車
    3500キロだった4号車
    合計3台・・・・・
    1号車だけは、品川区にあるバイク屋さんに昼過ぎに行って交換。
    このバイク屋さんは、去年別の店に行ったところ休みだったので、たまたま入った店。
    お世辞にも綺麗な店ではありませんが、バイクの取り扱いが凄く丁寧なことが気に入りました。 それから4回ほど通ってます。
    (サービスマニュアルから逸脱したことは、一切しませんので、それ系が必要な場合は、別の店でやってます)
    その他2台は、自分で・・・・

    バイク屋さんに行く途中、道はガラガラ。
    かなり快適に走れました。
    不要不急の外出を控えるよう要請が出ていますので、バイク屋さん以外に立ち寄らず帰宅。
    一般道を走るにはチャンスですが・・・・・
    自粛です。

  • GBP/JPY Lが一部救済されました。
    これで更に証拠金比率が上がったので、また大きくポジを入れられます。
    ちなみに・・・・・
    EUR/GBP Sは、自分としては苦手なスキャで今晩だけで5回取れました・・・・喜

  • >>No. 1947

    自分はスウィング系なので、あまり見てません。 日中は、仕事なのでトレードも出来ません・・・・・汗
    面白い動画を見つけたので貼っておきます。
    為替ディーラは何を見てトレードしているか?
    自分が気をつけていることが、2,3含まれていたことにビックリです。
    https://youtu.be/zMKFGa1My1U

  • >>No. 1945

    今晩は、ばつぐんさん

    まぐれは、ないですよね?
    思いがあってポジを入れているので・・・・・

    自分は、ファンダ重視系なので、今のようになる前の段階のTradeが得意?なのですが・・・・・
    何故だか?利益が出ています。

    暴落前に証拠金有効比率が高かったことで、余裕を持って耐えられたこと。
    ドル高がマージンコールであることを妄想できたこと。
    BGPについて、11日、20日の緊急利下げで落ちたものの、暴落からの反発に、(ほぼ)置いて行かれなかったこと。
    昨日のMPC後は、EUR/GBP Sを断続して入れられたこと。

    ただ・・・・・どこが飽和点か?全く見えず、自信を持ってTradeできません・・・・汗

  • 米国の株式相場が暴落し、ドル高????
    債券利回りが低下して、ドル高????
    逆相関の気持ち悪さに、ドルには手を出しませんでした。

    これはマージンコール(追証)のため、ドルが大量に必要になったためと囁かれていましたが、自分的には半信半疑。
    しかしダウが20,000ドル台を回復し、昨日終値で21,200ドル

    マーージンコール説が正しければ、ドルは下がる????
    実際、本日は、対円、対ユーロで大きくドルが下がっています。

    この法則に短期間乗りたい気もしますが、
    コロナ感染の拡大、オリンピックの延期が決定と日本経済にもダメージ。
    他方、ダメ国比較で言えば、日本はマシ・・・・・・

    妄想すら出来ない混沌となっています。

    流れに乗るのが得策でしょうか?

  • >>No. 1942

    今晩は、ばつぐんさん

    負けは負けとして受け入れて、取り戻しましょう。
    トータルで勝てば、OKですから。

    今夜は、MPC
    早めに帰宅して、standby中です・・・・・汗
    資金に余裕があれば、参戦されては如何でしょう?

  • >>No. 1940

    今晩は、ばつぐんさん

    かなり前のポジですね。
    自分もそこまでのintervalではありませんが・・・・・
    keepしているGBP/JPY Lを持ってます。
    もう存在すら忘れかけていますが・・・・・笑

  • >>No. 1938

    ばつぐんさん

    はじめまして!
    含み損は、精神衛生上宜しくないですね。
    でも今日の上げで、クロスでもストレートでもかなり救済されたのでは?
    少なくとも評価損はかなり減ったかと・・・・・

    26日には、MPCがあります。
    前後は激しい動きがあるかと思いますので、ご注意下さい。

  • 遅れ馳せながら・・・・汗
    2月(2/1~2/29)の決済状況です。
    このintervalの新規ポジ、決済状況を見ると、自分のものと思えない内容・・・・・笑

    ストレート中心の自分が、殆どがクロス。

    前半は、1円幅で揉むと妄想して、SおよびLポジの決済。
    後半に掛けては、S
    これが上手く行ったのですが・・・・・
    GBP/JPYは、2月の終わり頃で140円。
    今思えば、凄く勿体ないポジを手放しました・・・・・泣

    trendの読みは、妄想どおりの結果になりなりましたが、コロナの影響を過小評価
    し過ぎたのが反省点です。

    ただし結果からすれば、excellent
    上を言えばきりがありませんが、引き続き大きなリスクを取ってはいけない状況はでしたので、正解でした。

    問題は、3月。
    予想外の米国の緊急利下げで、大きく自分の戦略が崩れてしまいました。
    結果とは逆に、自分のリスクは増大しています。・・・・・・汗

  • 新型コロナウイルスの感染拡大で、今日のお天気と対照的に、日本はどんよりしたムードになっています。
    自分の移動手段は、ほぼバイクなので(出張や関係施設への移動は除く)、普通の人よりは感染リスクは低いかも知れません。
    それでも人が多いところに行くと・・・・・汗
    相手もそう思っているかと思うと、嫌な感じです。

    感染拡大と言えば、兵庫・大阪間の不要不急の往来自粛が要請されました。
    これは、国の感染症対策の専門家によれば、「感染者の爆発的な増加が起きてもおかしくない状態」という見解が示されたため。

    実際、今月になってから感染者が急増している大阪・兵庫。
    予測では、今後1週間で感染者が587人に増え、2週間後には3374人に達する試算。
    専門家は私の知る限りでは、感染拡大の事例、情報を多く持っているexpert

    他国と日本と置かれた状況、環境の違いを考慮した試算だと信じています。
    保菌者の完全な封じ込め=隔離が出来ない以上、残念ながらそのようなことになると思っています。

    今回の措置、同地域の皆さんの対応次第で、数字は変わる筈ですが・・・・・

    兵庫・大阪に限定したのは、経済への影響を考えてのことだと思います。
    これは、ビルゲイツ財団(厚労省出向中)の方も、言っていましたが、感染拡大をより防ぐなら完全隔離、実際には地域で分離。
    経済との兼ね合いで政府も難しい判断をしてこの決断に至ったと思います。
    何を持ってヨシとするか?
    バランスを考えた場合、85点くらいの点数をつけます。

    頭の弱い左系の連中は、無責任な批判ばかりしていますが・・・・
    そんな輩は、単純単細胞なので広い見地でものを見れません。

  • WRC第3戦ラリー・メキシコ

    コロナウィルスの影響で日程が1日短縮されましたが14日に無事終了。
    今回のコースは、グラベル。
    去年までのTOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamでは、どちらかというと苦手なコースでした。
    しかし今年加入したオジェは、このラリー・メキシコを得意にしているドライバー。
    2018年からラリー・メキシコ3連覇。
    今回も前評判では、優勝候補筆頭に上がっていました。

    オジェは、まさに実績どおりの走りを展開。
    全体を通じてステージトップ4以内に入る安定した走り。
    13日のSS12終了時点で13.2秒リードして総合首位につけてたオジエは、最終日のSS13で最速タイムで貯金を増やし・・・・・
    その後は、リスクを避けたのか? トップタイムこそなかったですが、トップに近い走りで総合優勝!

    この優勝は、オジエにとっての2020年シーズン初優勝。
    そしてTOYOTA GAZOO Racing World Rally Team移籍後の初優勝。
    通算6回目のラリー・メキシコ優勝。

    今回の優勝で、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamは、第2戦ラリー・スウェーデンについで2連勝 (ドライバーは、エバンス)

    あのVITZ(海外名YARIS)が、もの凄くかっこよく見えるようになってきました・・・・・笑

    超有名マシンになったヤリス YARIS。
    日本でもYARISとして売り出していますね。
    ただしWRC仕様とは、まるで違いますが・・・・・汗

    今年は、コンストラクターも獲得できそうな勢いです。

  • 今日は、用事があり、バイクで都内をあちこち巡っていたのですが・・・・・
    昼前から雨が強くなり、昼頃にはみぞれに・・・・・汗
    寒い、つらい、滑りそう・・・・・
    スピードを出すのもリスキーなので、大人しく乗ってました。


    コロナウィルス騒ぎで、妄想通りEUR、GBP、USDは、落ちたわけですが、
    自分は、木曜日からクロスのLに転じています。
    これが成功してSでの利益とあわせここまでの決済金額は、先月のトータル決済金額を超えています。

    もちろん経済指標で悪い数字が出てくるのは、これからでRISKは大。
    不慣れな?短期でやっています。

    自分の妄想は単純で・・・・・
    マイナススワップ

    USD/JPYのスワップは、某社の場合
    Lで14円 Sでマイナス43円

    GBP/JPYの場合は、Lで15円 Sでマイナス35円

    特に短期筋は、中長期になるのを嫌うと言いましょうか? やりませんので必ず短い節目節目で決済をします。
    それに乗るのが、現在のエントリー、ポジションタイミングです。

    見分けるのは、難しいですが、ここ数年でなんとなくですが、分かるようになってきました。 
    それでも5回やって2回当たれば・・・・・という感じですが。

    ちなみに線を眺めるtechnical、使いません。
    参考程度で、ポイントを決めるのは、乱暴に言えばカン・・・・・・汗

  • >>No. 1930

    逆に残念なのがヤマハ  ビニャーレスとロッシ。

    テストでは好調だったビニャーレス。 カタールおよびタイは、ビニャーレスが得意なコース。

    病み上がりのマルケスに差をつけるチャンスだったのに・・・・・・
    少し残念です。

    ロッシは、今年限りでヤマハワークスチームを去ることが決定しています。
    カタールGPの中止で少なくとも1戦は、ヤマハワークスでのロッシの姿を観る機会が減った訳で・・・・・泣

    去年のパフォーマンスを見る限り、そんなことはないとは思いますが、
    2021年から加入するファビオ・クアルタラロが、もしもダメダメだったら・・・・・・

    怒ります。

  • 2020年MotoGP 

    当初の予定では、 MotoGPの開幕戦カタールGPが先週3月6日から開始され筈でした・・・・
    ところがカタール政府が新型コロナウイルスの感染が広がっているイタリアからの入国に対し検疫措置を強化したため、MotoGPクラスのレースは中止することに。

    イタリアからの旅行者、もしくは過去2週間以内に滞在していた者に対し、2週間の隔離される。

    これではイタリア人ライダーやメカニックは、アウト。

    ご推察の通りドゥカティ、アプリリアが実質締め出しになります。

    さらにMotoGP第2戦タイGPでも、大規模イベントが禁止されたことを受け、延期が決定。

    この延期に伴って、カレンダーの見直しが行われ、アラゴンGPが開催される予定だった2020年10月2から4日に、タイGPを開催。
    アラゴンGPは、1週間前倒しとなり、9月25から9月27日の予定に変更。

    コレラウィルスの流行は、自分たちも影響を受けているわけですが・・・・・・
    まさかMotoGPまでこのような大きな影響を受けるとは思っていませんでした。
    多方面に大きな影響を受けて、本当に淋しい、厳しい状況に陥っています。

    逆に中止、延期で少しラッキーなのが、マルケス。

    2019年12月に、肩を亜脱臼したマルケスは、手術を受けました、
    術後の経過が良くなかった模様で? セパンでのテストではベストのパフォーマスが出来てなったようです。
    さらにホンダの2020年型のRC213V は、2019年型に比べバランスが劣化している模様で、サテライトのLCRホンダ カル・クラッチローは、フロントフィーリングの悪化を指摘。
    マルケスも怪我の影響かも知れませんが、転倒を数回しています。

    ホンダは、原因究明を行ったところ、この問題が2020新型のエアロカウルによるものとコメントしています。
    現レギュレーションでは、エアロカウルは、シーズン変更可能。
    今は、その改善に注力しているため、この猶予は非常にありがたい話だと思います。

  • 2020年1月のTradeは、年末に入れたGBP/JPY Sの行く末に、期待と不安を持ちながらスタート。

    大晦日に144円台は急騰したGBP/JPY。
    自分のポジは、赤ポジだらけでしたが・・・・・

    1月3日には、142円半ばまで下落。
    この間、大きな利益を得ることこよりも、証拠金有効比率を改善することを主として、Sポジを小まめに決済。
    負のスワポも大きくなる前に大半のポジをプラスに反転させ、決済することに成功。

    妄想どおりの結果になった訳ですが・・・・・
    もう少し我慢していれば、大きな利益になっていた筈で・・・・・

    でも大きなリスクを取ってはいけない状況でしたので、正解だったと思います。

    月ベースでは、ずっと黒字を続けているのですから、ここでスタイルを変える必要もありませんし、変えてはいけないと思っています。

  • 12月のトレードは、GBP/JPY Sが殆ど。
    ストレートが自分のTradeの基本ですが・・・・・
    USDに思うところがありクロス勝負。 (それは今現在も続いています)

    Sを入れては、下がれば決済。 
    上がれば損切りを一切せず我慢・・・・・汗

    前半、中盤と好調が続いていたのですが、後半になりポジ数が増えたところでGBP/JPYが大反発。
    142円台から144円に跳ね上がり、利益は出たもののの赤ポジを抱え年越しとなる羽目に・・・・・汗
    しかし
    これは仕掛けだとの妄想から、損切りをしませんでした。

    その理由は、EUは英国との通商交渉において、決して好条件を出すとは思えなかったかたです。

  • 掲載を忘れていた? サボっていた?・・・・・汗
    2019年11月(11/1~11/30)の決済状況です。

    今となっては昔の数字ですが、数ヶ月続けてきたことなので、やはり掲載しておきます。

    11月のトレードは、GBP/JPY S GBP/USD およびGBP/JPY Lが全体の約80%
    残りは、EUR/JPY と長期塩漬けにしていたUSD/JPY Lでした。
    狙いは、EU離脱問題。 特に離脱条件。

    国内外の出張があり、トレード数は少なくかったのですが・・・・
    自分的には、もう少し利益が出てると思ってました・・・・・笑

  • >>No. 1922

    少し時間が掛かりましたが・・・・・汗
    妄想通りクロスは見事に落ちました。

    先の投稿から円安方向に動き、かなり厳しい状況になりましたが決済せず我慢。
    リスクはありましたが・・・・
    自分を信じた結果。 今回は、上手く行きました。
    利益の方は、100Mを超えました。

    爆益ではありませんが、
    ファンダベースのスイングトレードが上手くいったことに満足しています。


    > ・・・・続き
    >
    >
    >
    > AUD/USDは、一応強い指標が出ている米国に対して、国内外でネガティブ要因のある豪州。 これも弱めになるかと・・・・
    > GBP/USDは、あまりにも動きが大きく予想しても????的な感じですが、先に述べたようにEUとの通商交渉次第。前回MPCでは利率を大多数の賛成で据え置きましたが、次回はかなり接近すると思っています。
    > 今は、Lはできない状況。
    >
    > 一番厄介なのは、USD/JPY
    > 経済指標は強く、利下げが遠のいたという意見もありますが、利下げ云々よりも、コロナウィルスの影響により、中国からの輸入が滞るのは必至。
    > 中国がもっとも輸出しているのは米国であり、これにより消費が落ち込むのでは?と妄想しています。 2月の指標は、大き目の落ち込みがあるかも知れません。
    >
    > さらに今は、2月。
    > 2月、3月と言えば、レパトリの時期。
    > 現在の不安定な状況に我先でレパトリに走ることも充分考えられます。
    > 従って自分としては苦手なクロスですが、2,3週間はクロスSを主体と考えています。
    >
    > 以上

  • スクーデリア・トロロッソ改め、スクーデリア・アルファタウリが、今期2020年のF1を戦う新車AT01をお披露目しました。

    マシン性能は、もちろんレッドブルにかないませんが、
    マシンのデザイン、特にカラーリングはかなり好きです。

    遠目では、シンプルでスポンサーなしにも見えますが・・・・・
    そこは、レッドブルのファッションブランド名をチーム名にしたアルファタウリ。
    お洒落なデザインです。

    トロロッソは、赤い雄牛という意味のイタリア語。
    アルファタウリは、牡牛座の星「アルデバラン」にちなんだものだとか?

    しっかり雄牛つながりの系統は、残されています。

    そしてPUは、これまで通りホンダが提供。
    レッドブル・ホンダは、年間ダブル優勝、アルファタウリは、上位に食い込めれば・・・・・
    楽しい年になりそうです。

本文はここまでです このページの先頭へ