IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (114コメント)

  • 昨日購入した資生堂を本日利確して、このユーザーローカルに試し玉入れました。
    下値余地はあると思われますが、その場合は一定価格を空けながらナンピンで追いかけたいと思っています。
    成長性もありますし、財務面の良好に見えます、
    下値余地あるとは言え、比較的安心感を持って買える銘柄に見えます。

  • 資生堂 昨日購入しましたが、本日全株利確いたしました。
    特に何の材料もなく需給関係で動いている感じです。
    上値のまだあるかとおみますが、また5300円台で購入できる機会もあるかと
    思います。
    このような動きの日本株が散見されます。
    日本株はテクニカルで、プロ向き市場のような印象を持っています。
    その点米国株は単純なように思います。良かったら買われる、悪かったら売られる
    分からない事が起こると素直に売られ、良さが分かれば戻ってきます。
    何か分かり易く、また単純に業績、株価右上がり企業も多くあります。
    本日の4424Amaziaもそうですが、日本株は相場にある程度張り付いておくことができるなら、比較的短期間で収益をあげられるように思います。

  • 現状手持ちなし。このS安で再INいたします。
    100万株を超える出来高となっています。
    機関の空売りも積み上がっており、今後逆に大きな下げがあるとするなら
    逆に安心感が高まります。
    ただ買いは信用が多そうなのが気がかりですが。

  • この合併は互いの強みが補完しあい相乗効果を生むものと思います。そして更に参入障壁の高い世界を創りあげる事を期待いたします。LVGOは急速に株価上昇してきた事もあり、短期売買の方は利確されるでしょうし、また他の方も書かれていますが、判断つかない事が起こった時はいったん利確という方も多かったと思います。短期ではなく長期目線で徐々に買っていきたいと思います。

  • 現状手持ちなし。4700円で試し玉入れました。
    現時点ではボックス圏内にいる値動きに見えます。
    微妙に出来高もたっており、いったんこのボックスの中の値動きで
    益を取ることができるのではと思いました。
    5日移動平均5110円 
    25日移動平均5029円ですから出来高と共に
    少し様子見です。

  • 全株3350円で利確。25日移動平均3365円を超えるとは思っていませんでした。上値余地狩るかとは思いますが、今の状況でこのまま上昇を続けていくようには見えませんでした。いったん2980円くらいの指値で下落を待ってみます。

  • 現状手持ちなし。5384円で100株だけ試し玉いれました。
    7月29日▲360円で出来高316万株
    7月30日▲306円で出来高366万
    7月31日▲94円で出来高316万株

    8月7日▲524円で出来高716万株
    本日は最終ぢれくらいの出来高になるのでしょうか。
    後場の出来高見て買えばよかったのですが買ってしまいました。
    5243円割り込むようなら、次回ナンピンは4千円台半ばというに
    なるのでしょうか。

  • 2020/08/07 23:12

    こんなに下落するんですね。
    私も買います。

  • 7月29日▲360円下落時出来高316万株
    7月30日▲306円下落時出来高366万株
    7月31日▲94円ゲラ記事出来高316万株
    そして本日は現時点で550円くらいの下落で
    この出来高です。
    まだ下値余地があるように見えます。
    連休を控えていることもあり、ちょっと今日は買いにくいように思います。

  • ライフの株が1か月で40%以上上昇しています。
    H2Oはどうでしょうか。
    何が起こるかわからない状況の中、減配により手元資金確保したい企業は多いと思いますが、H2Oには減配せずとも十分な資産があるように見えます。
    いずれは自社株買いにより、まずはROEを改善し、「株価が割安で置かれている」というシグナルを市場に送る事が必要に思えます。自社株買いにより自己資本率落ちるとは言え、まだ40%位の率があります。自社株買いの投資はかなり利益率の高い投資で、買付株式数の配当を減らす事ができます。
    このあまりに安い株価、まだ特損があるのでは?資産価値はどうなのか?というのがあると思います。中国事業にしても、当初2018年秋から2019年秋、そして更なる競争力の強化の為2020年秋へ延長、当初からわかっていた米国大統領選挙の時期への延長です。本当の処どうなのか?となります。
    鉄道会社をバックに持ち、資産もあり、新しい事業を生み出す充分な原資を持っています。それでいて株価を600円台で放置しておく事自体も問題ですが、上がる要因が見えてきません。
    市場に明確なメッセージを流す事が必要と思います。

  • 長期成長トレンドが一見くずれたようにも見えますが、着実に成長していく企業である事は変わりません。人事総務のアウトソーシング企業。大企業相手のADPと中小企業相手のPAYXを保有しています。この2社はうまくすみ分けも出来ていますし。またこれからの他企業の新たな参入には障壁が高いものがあります。強固なキャシュフローをほこり、83万社くらいの顧客を持っていたかと思います。一度契約すると解約される事も少なく、長期投資に充分値する銘柄と思っています。
    11月の米国大統領選挙に向けて米国株大きく乱れる場面もあるかと思います。
    しかしこの銘柄は持ち高調整をしなくとも順当に乗り越えていける銘柄と思います。

  • No.22

    強く買いたい

    ADPは大企業向け、このPAY…

    2020/08/06 10:45

    ADPは大企業向け、このPAYXは中小企業向けとしてすみ分けされており、この両銘柄を保有しています。このPAXY65万社を超える顧客を持ち、北欧の同業他社を買収する等M&Aにも熱心に見えます。また一度顧客になると離反できなくなります。このような人事総務系のアウトソーシイングできる企業はあまりなく、新規参入は難しい業界と思います。11月大統領選挙に向けて、一時的な大きな変動も予想されますが、そんな中でも持ち高調整することなく、安心して保有できる銘柄ではないかと思っています。日本ではあまり同様の会社が無くイメージしにくいですが、長期投資には非常に良い企業に見えます。

  • グレイスあまりに高い株価でしたので良い調整であったように見えます。今回の下落で試し玉いれました。まだ下値余地あるとは言え、グレイスの成長性は変わりません。各企業に迫られる業務効率化も追い風で、売上の半分くらいが営業利益という会社です。現物長期で持てるなら、ここからの下落はナンピンの機会かと思います。
    あまりに急激な上昇だったので、いずれにしても調整が必要であったかと思います。
    最近インフォマート、コムチュア、マークラインズ、シグマシス等の調整が続いています。適正な利確とナンピンの有効性を改めて思います。

  • エス・エム・エスの長期現物ホルダーです。
    短期的には下押しする場面も多々あると思いますが、長期にわたる成長銘柄である事に変わりはありません。医師のエムスリー、看護師、薬剤師、臨床検査士、放射線技師のエスエムエスといったところでしょうか。16期連続増益であったかと思います。中国、インド、東南アジア、オーストラリアでの事業展開しています。
    また国内の求人を見ても看護、介護関係の求人であふれています。今後ますますこの業界に関わる方の人数も増加の一途と思われます。11月の米国大統領選挙の向けて株価大きく乱れる場面あるかと思われます。そのような時に引きずられる形で、ここや、エムスリー等大きく下げる局面あればコツコツと拾いたいと思います。エムスリーと共に長期保有に値する国内銘柄と思っています。

  • 昨日のコムチュア、インフォマートに続き、マークラインズ試し玉いれました。
    下値余地あるとはいえ、プラットフォームの優良企業。
    益抜きをしてきましたが、基本は現物で長期ホールドに値する企業に見えます。
    単価も低くナンピンもしやすい銘柄。とは言え米国大統領選挙を前に9月半ばくらいからの相場の荒れに日本株も振り回されるか?その時に十分な投資余力を残しておくことは必要に見えます。

  • 結構な出来高になっていますね。
    誰が買っているのでしょうか。いろんな意味で楽しみです。

  • 2020/08/03 11:18

    >>No. 699

    私も同意です。
    時価総額で3000億円台を充分体現できるビジネスモデルと思います。

    単価も低くナンピンもやりやすく
    若干の下押しはあると思いますが
    その都度分散して追加購入したいと思います。
    以前にこの銘柄で大きな利益を上げる事ができましたが
    現物を手放してしまっています。
    今回も中長期視点で見れば、また大きな利益を上げてくる
    銘柄に見えます。現物保有いたします。

  • 下値余地まだ若干あるように見えますが、
    この下げなので100株の試し玉いれました。
    グロース銘柄である事は変わりません。
    ただ若干積みあがった買い残の整理が進むとは言え
    やはり9月末以降米国大統領選挙の煽りを日本株も受けるでしょうから
    本格出動はそれくらいの時期からかと思っています。

  • No.56

    強く買いたい

    CVNA r利確後も株価上昇し…

    2020/07/21 11:21

    CVNA r利確後も株価上昇し、再INの機会を逃してしまいました。中古車を完全オンライン化で販売し、その中で融資まで完了させるシステムは魅力的です。細分化された中古車業界の最大手カーマックスで市場シェア2%未満、その中でカーバナはまだ0・4%くらいのシェアしかありません。巨大な自動販売機のようなビル?で車を売ったりとこのカーバナの販売方法が主流になるのではと思います。どこかで買い戻したいと強く思っています。

  • この株価、業績ですから一定範囲まで戻るでしょうが、それでも以前の姿に戻る事は無いと思います。コロナ後は日本でも、米国でも高PER株 割高でも確実に成長していく企業の株が上昇し、H2Oのような低PER低PBR株 一見割安株ですが、この旧来型の姿での改革では順当な成長の想像ができない企業の株価は上がりません。他の方も記載されていますが、この企業のこの状況下で、役員に対し、7月発行新株予約権A(1株460円)、新株予約権B(1株452円)と発行するのは違和感を感じます。1株当たり純資産1903円の株をです。実はここまでの資産の価値がないのでは?まだまだ含み損、特損を抱えているのではと思ってしまいます。他社でも事例ありますし、企業側からすると正当性の高い理由もあるのかも知れません。それでも今この時期に、この価格で行うべきではないように思います。逆にこの権利を受けた方々が株価を一定期間内に2500円に戻すというなら話は変わります。ここまで低い株価だと企業の信用リスクを示すAltman Z スコアー値も大きく悪化していると思います。460円の新株予約権を受けて、株価を2500円に戻す、それはそれが実現できるなら美しい姿に見えますが、400円台での予約権の発行は安すぎませんか????と思ってしまいます。それなら同時に継続的な自社株買いも行うべきではと思います。

本文はここまでです このページの先頭へ