ここから本文です

投稿コメント一覧 (5コメント)

  • ここの経営者はクリスチャンらしいが、「弱小個人株主には恵みを与えず」教義に反し、オーナーの独裁的な経営を永年続けている。

    一例として株主優待をみると1000株以上の株主対象としている。

    優待を100株以上、年2回にして食品購入者である主婦層のフアン株主を拡大すれば、強固な安定株主となり株価暴落は避けられるだろう。

    素人でも理解できる理屈を、ここのクリスチャン独裁者は理解できない様だ。

    これでは残念ながら、辞任を待つしか何も変わらないだう。

    系列の不二家は優待を100株以上、3000円とし株価は山崎パンより高く推移している。

    経営体質の改革は、不二家の経営者のスカウトが最善の様だ

  • ここの経営者はクリスチャンらしいが、「弱小個人株主には恵みを与えず」教義に反し、オーナーの独裁的な経営を永年続けている。

    一例として株主優待をみると1000株以上の株主対象としている。

    優待を100株以上、年2回にして食品購入者である主婦層のフアン株主を拡大すれば、強固な安定株主となり株価暴落は避けられるだろう。

    素人でも理解できる理屈を、ここのクリスチャン独裁者は理解できない様だ。

    これでは残念ながら、辞任を待つしか何も変わらないだう。

    系列の不二家は優待を100株以上、3000円とし株価は山崎パンより高く推移している。

    経営体質の改革は、不二家の経営者のスカウトが最善の様だ。

  • 予想された暴落が遂に来たようだ。
    名も無く実績もなく成り上がりの「Face」が、身のほど知らずに「日本Colmubia」を食い散らかした報いだろう。
    経営者もお粗末の限りだ。

  • 出雲社長は投資セミナーで夢を語りながら、株を売りつける一方で持ち株1,467,700株を売却している。
    財務担当の永田に至っては50,000株全て売り払っている。(役員の資格なし)

    総会で株主と価値観を共有するなどと臆面もなく言いながら、やっていることは株主に対する背信行為ではないか。

    株主が納得すように売却理由を説明して貰いたい。

    また売れる商品を絞っていきたいと言っていたが、主力商品の緑汁ステックは優待から除外し新開発商品を押し売りている。

    信用を喪失した役員の経営では、行く末イバラ道しかないだろう。

  • >>No. 131

    >>131
    誰もが同感すること、それだけココが異常だということの証明になる。
    粗末なカレンダー、しかも1000株以上の株主対象優待らしいが最低の極み。
    一般常識があれば”はづかしくてやれない”ことをノーマル証券会社がしている。
    却って、信用を棄損していることすら理解していないようだ。

本文はここまでです このページの先頭へ