ここから本文です

投稿コメント一覧 (308コメント)

  • 今場所は玉鷲が優勝しましたね。 幕内上位の実力者としての存在感はズ~ッと持っていましたし、常に真っ向勝負の潔のイイ取り口で評判は大変良い関取だと思っていました。 35歳で初優勝と言うのも良かったな~って心から思えますね。 マダマダ上位を狙えそうな関取です。

    朝鮮半島問題は、もっと続けて書き込みしたかったのですが、残念です。 朝鮮半島に暮らす人達に期待します。 日本列島に暮らす私たちと、平和に仲良く暮らせる日が来ますように。 何か変だなとは思っているんじゃないのかな?

    今晩はもう寝ます。 明日は昼頃まで寝ている積もりなんで、目が覚めた頃には、ここの掲示板も消えているのでしょうか? それでは皆さん、最後の時です。 有難うございました。 さようなら。

  • 最近までこれと言った外洋艦も持っていなかったような所で、最近になって急速に増強しだして公海に活動範囲を広げようとしているのかな?

    新たな動きが有れば、警戒監視するのも当然のように感じるんですがね? そもそも、友好国の哨戒機に脅威を感じるってのも不思議ではないのかな? 東シナ海などでは中共の勢力圏でもあるし、北朝鮮の潜水艦が狙っているかも知れない訳だし、友好国の哨戒機が監視任務していてくれたら、心強く思ってエールの交換でもして、お互いの士気を高めあってもイイようなもんなんだけど、脅威を感じたから威嚇飛行したって言うのだから、後ろめたいものがあるんじゃないのかな~って思ってしまうんですよね。 まぁ、外洋での作戦に慣れていないのも有るんだろうけどね。

    それにしても、北朝鮮の機関紙なのかな? ハンギョレ新聞とか言う所の、日本向けの論調は酷いね。 あんなのを真面に見ている人は朝鮮半島にも余り居ないとは思いますが、あの論調を放置したままでは、すぐにでも戦争が起きてしまいそうで、何とかならないものなのかな~。 アレも言論の自由の範疇になるの?

  • こよぉて さん、書き込み有難うございました。

    朝鮮半島情勢は、私も本当の所は良く判らないのです。 日本の情勢と言っても、東京で暮らして居た頃から早三十年も過ぎてしまっていて、肌で感じる実感と言っても、あまり自信が無くはなって来ています。

    ITの時代になりまして、朝鮮情勢に関しても、Webニュースなどで日本語で書かれた物を見る事が出来るようにはなって来たのですが、その報道内容が果たして同じような内容で現地で報道されているものなのか、聞いた話では朝鮮半島の人達は、北側の方々は兎も角、南側の人々も余り新聞は読んでいないような話は聞いていましたし、そもそも新聞を売っている所も少ないような、定期購読している人って一般の方々ではどの程度いらっしゃるものなのか?

    TVのニュースや雑誌も有るのでしょうが、独自の取材には限界もあるものと思われ、そう言った視点から見ると、一部のリテラシーを持った方々を除いては、かなり偏向した考え方になってしまった方々が多そうな感じがします。

    居心地の良い考え方を満足させてくれる政権が誕生してしまったと言えると思うのですが、これが諸悪の根源になってしまっているような気がするんですよ。 兎に角、日本を屈服させないと気が済まないような、そんな狂気を感じてしまうんですね。 これじゃ、全く未来が描けないんじゃないのかな~?

    文政権は、やはり我々の核が目的のようで、その核はゴーストでも構わない、ゴーズトでも抑止力や脅しや自己満足には使えるって考えているんじゃないのかな。 やっている事に共通点を見つけるならば、日本には悪者になってもらわなければ困るって感じかな。 そこの所が、大変に迷惑なんだよな~。

  • 去年一杯で、ここの掲示板が終わると言う話だったと思い、最後のご挨拶をと思って、さようならを書き込んだんですが、もう一週間くらいは続いているようでした。

    ヘンに間が空いてしまったけど、何か書き込んでみます。

    と言っても、Webニュースからの情報くらいしかないのですが、東洋大学では竹中平助教授を弾劾したチラシや掲示物を掲示したとかで学生が退学処分に追いやられたとかの記事を見かけました。

    朝鮮半島関係の記事はドンドン過激な様相になって来ていて、コリャ!ただでは済まない所まで来てしまったのかな?ってな感じがして来ました。

    腹をくくって心の準備もしておかないとね。 幸いの多い地域に生まれて十分楽しく幸せに過ごせてきました。 先人に感謝すると共に、未来に繋げたいものでもありますね。

  • 新年のご挨拶を申し上げます。

  • 雅さん、リョウジさんも、まだ見てくれてたかな? まもなくここの掲示板も無くなってしまうそうです。 寂しさもありますが、何時かはこの時が来る事は判ってたつもりでやっていましたので、ここが潮時と諦めます。


    それでは、さようなら。

  • >>No. 714

    永らく見ていて下さいまして、有難うございました。

    ここの掲示板は、あまり荒れる事も無く、のんびり書き込みが出来たので、重宝しておりました。

    暫くの社会実験的な所も有ったのかな? 何て考えたりもしていましたが、存在価値が無くなって来たんですかね?

    ここで、終わりってのも残念ではあります。

  • 先月一杯で終わったげんばの追加作業の様な仕事もあって、今月になっても幾らか稼げました。 送迎の仕事は全くなくなったので、朝夕の束縛が無くなってグッスリ気の済むまで寝てられる幸せを満喫しております。

    所で、ここの掲示板もイヨイヨ今年一杯で終わるみたいですね。 残念な所は勿論あるのですが、潮時かもね。

    期待していた21世紀も、混迷が深まって来てて、結局は人類って、そもそもこんなものなんだと諦めも着いて来ましたし、残り少なくなって来た自分の寿命が尽きるまでは、少しでも楽しんで、この世から消えて行く事になりそうです。 でも、なんか寂しい感じもしますね。

  • 暫くの社会実験は失敗って事かな? 無くなるのは寂しいけど、潮時って思うしかないね。
    新しい芽は育って来ているようだし、只、どれもこれも何だかな~。 終了か~。
    チョッと残念だな。

  • 今年は暖冬なのかな~? ここ2~3日はこの時期にしては随分暖かくて助かっております。 この秋は朝夕の送迎と日中の現場仕事のダブルワークが三か月も続き、久々に充実した暮らしが出来ました。 いつも、こうは行かないかとも思いますが、条件が合えば、タイミング次第ではこう言った稼ぎ方も出来るなと、再確認出来ました。

    送迎の仕事も、半年契約が終わり、自動継続は無かったので、暫くは無いと思うし、通っていた現場も11月一杯で終わったし、春まで冬眠かな? 春先に都合よく仕事が出てくればいいけどね。 少し稼いだから、今はしばらく休んで居たいです。

    写真は、屋上菜園の塩ビ管栽培の、青首大根です。 大根おろしにすると焼き魚が美味しいです。 水気が少なく、おろしてもあまり絞らないで使えます。 買って来る大根は何故か水気が強くて、擦って絞ると、量が随分少なくなるような気がしてました。 家の大根は、味もからみもいいですよ。

  • 先月からズ~ッと、送迎の仕事と現場とのダブルワーク状態が続いております。 稼げる時に稼いでおかないとと思ってはいるのですが、やはりチョッとキツクなって来ております。

    現場の方は馴染みのある監督さんから、こっちの都合で来れる時に来て、自分のペースで無理しなくていいよとは言われているのですが、そこはやはり、やるからには一人前の事はしなければと頑張ってしまうんですよね。 それでも以前よりはペースを落として、疲れないように頻繁に休みながらやって居る積もりなんですが、疲労が溜まって来て一日二日休んでも疲れが抜けないような感じです。

    頼まれる作業も、コンクリートガラの片付けとかシートの張替えとか資材の運搬の様な、本当に大した事ないような作業なんですが、それでも続くと疲労感が溜まって来てます。 これが老人の世界かって先々の大変さが見えて来たような感じです。

    写真は、コンクリート目地のコーキングの改修の為に、古いコーキングを剥がしている所です。 こういった作業は本来コーキング屋さんがやるもんだと思っていましたが、何せ人手不足なようで、乗り込みが遅れて来てて、コーキング屋さんが乗り込んでくる前に、出来る限り出来そうな事はやっておこうとって言う事なんでしょうか?

  • ここの所、現場仕事も本格的にこなしながら、朝夕の送迎の仕事もやってて、週末の今日は疲労感満載でした。 お蔭で屋上菜園の方は暫くほったらかしになっていて、今日やっと手を入れれました。 大根を間引いて、葉物の苗を定植して、草むしりして、追肥して、あっと言う間の日曜日でした。

    合間を見て、Webニュースを眺めているんですが、朝鮮半島関係の話題が違和感を持ってひっ掛かりますね。 聞いた話なのですが、KOREAではあまり新聞を読む人が居ない様で、NIPPON向けのWebニュースサイトも様々に細工されている様ではありますが? ですから、KOREAの人達もこの記事を見ているのかな?って疑って見ないといけない事になるのですかね? 未熟なマスコミの論調を見た少数の方々が物知り顔で話すのかな? それが世論になって、ロウソクになったりするんですかね? 中共の統一戦線工作部も楽なもんだよね。

    そんなWebニュースで毎年恒例になって来ている、半島ノーベル症候群が面白いですね。 謙虚にNIPPONを見習えと言うような論調もありましたが、どうも勘違いしているような気がするんですね? 政策でノーベル賞受賞って訳でもないような気がするんだけどね。 漫画だって、今でこそクールジャパンとか言ってNIPPONのコミック文化とか何とか言って政治家が介入して居るみたいだけど、草創期には政治や行政の様な大人からは否定的に捉えられていたようなものだったような気がしました。 で、クールジャパンってどうなったの?

  • 今月は久々に現場仕事も結構こなして幾らか稼げたし、送迎の仕事とダブルワークも上手く出来る事も実証できたような気がして、今後の暮らし方に幾らか光明も見えてきた気がして、何とかなりそうな気がしてきました。

    台風もこちらに向かって来ているようですが、明日から10月だし秋も本番ですね。 今年はコスモスが咲くのが幾らか遅めになっているような気がするのですが、最近やっと一面のコスモスの咲いている光景を見ました。 不思議な事に朝顔も先週辺りに満開でした。 朝顔って秋の花でしたっけ?

    不思議な事ったら、この間の国連総会ではKOREAの大統領が北朝鮮の首席報道官?ってニュースになっていました。 的を得た記事でしたね。 ソロソロあちこちでボロが出てくるようで、そのうち「我々の核」を交渉の切り札にしだすんじゃないの? 賢明な朝鮮半島の人達はどうされて行くのでしょう。


    家の屋上菜園は、今年の秋は今の所順調で、いつもの年なら白菜や大根に虫が付いて大変なんですが、今年は随分害虫被害が少ないような気がします。 写真は現在の白菜や大根です。

  • ここの所、現場仕事も頻繁に頼まれ、送迎の仕事の合間に何とかこなしていますが、二足の草鞋は結構キツいですね、ヤッパリ。 夏から秋に向けての収穫から片付け、種蒔き植え替えと、畑仕事も天候を見ながらやっているから、タイミングが遅れ気味になってしまってて、雪が積もり始めるまでが勝負なんで気持ちばかり焦って来てます。

    関西では台風被害、北海道では地震と、あちこちで災害が頻発してて、どうなっているんだと気持ちも不安になって来てます。

    台風関連の事故かなとニュース記事を読んでたら、六月とあったので、今回の台風とは関係が無かったようなのでしたが、京都の方で80歳の方が屋根作業中に転落して亡くなられたと言う記事を読みました。 工務店の社員と言う事でしたが、指示を出していた社長さんが82歳と言うではないですか。 とんでもないような時代になって来ているような気もするのですが、如何なものなのでしょう?

    写真は、ニンジンの収穫の時のものです。 先に収穫しておいたジャガイモも使ってカレーを作ってタラ福食べました。 スーパーで買って来る物よりも味が濃くて、一味も二味も美味しいような気がするのですが、至福の時ですね。

  • 先週辺りから、久々に現場仕事も頼まれるようになって来ました。 学校の改修工事に伴う金物工事。

    以前のように、一財産になる程は稼げないと思うけど、小遣いの足しにはなるね。 只、マダマダ熱いね。 パンツまでグチョグチョになってしまいましたよ。 楽しては稼げないものですね。

    朝鮮半島情勢は、ほぼ想定通りになって来ました。 ここぞのタイミングで統一国家宣言とか、奇策に出て来るものと予想されますね。 核兵器保有の朝鮮ナショナリズム国家なんて、想像すら出来なかったんですが、人類の滅亡も掛かって来るかも。

    短期勝負で仕掛けてくると思いますよ。 短期の人気取りと誤魔化しで何とか、非願成就を狙っているものと思われ、数年は持たないであろうことは、本人達も良く分かっているんじゃないのかな? 核兵器無しで統一っても、数千万の難民を引き受けるような事になるんじゃないの? 大義名分は色々考えてるんだろうけど、何とでもなりそうだしね。

    写真は、キャベツの苗を植えた、ベランダ菜園です。 ビックリしたのは、猫除けも兼ねたつもりの防虫ネットの中に、ミケチビの子猫が潜り込んで遊んでいました。 今年はダメかも。

  • ここ暫く、この時期の甲子園大会はよそ事でしたが、今年は俄然として盛り上がって来ました。

    金農すごいね。 見れば負けるから、でも気になるからニュースで結果だけ見るようにしてましたが、今日は見てしまいました。 見だしたら、後半ピンチの連続で、見た事を後悔しだしていたのでしたが、9回裏の守備で逆転サヨナラもあり得る展開になって、最後の外野フライもチョッとそらし気味ながら捕球して、ゲームセット。

    選手の気持ちは如何ほどなものか? 久々に気持ちが入り込んでしまいましたよ。 楽しませてくれて有難うね。

    写真は、待望の秋ナスです。 今年はナスに力を入れて来ましたので、収穫も嬉しいものです。

  • 先日まで猛暑を嘆いていましたが、一転して昨日今日は寒いくらいの夜です。 これでも関東以西は40℃超えとか異常な高温が続いているとか、空き家もいっぱい有るし、秋田に疎開して来てはと進言したいくらいです。

    ネットのニュースサイトを眺めておりましたら、久々に目から鱗の記事を見ました。 WITHニュースの記事で、呉座勇一さんの、「歴史に学ぶくらいなら、ワンピースやスラムダンクを読もう。」「歴史『を』ではなく、歴史『に』学ぶのは危険」と訴えます。と言う記事なのでしたが、確かにその通りだと感じ入りました。

    チャンとした歴史を学んでいない、私程度の者が、所謂、通説や定説、俗説の類の歴史を見聞きして、歴史の概念を作ってしまって、その歴史に学んで思考すると言う事は危険を伴いかねない事になるのかも知れないと言う事のようです。

    朝鮮半島の人々も、この事をよく理解して頂きたいものだと思いました。 パク・ユハ教授の「帝国の慰安婦」への攻撃や旭日旗への攻撃なんかにも、この考え方が当てはまるような気がしました。 歴史に学ぶなら、先ずは歴史を学ばなくりゃね。

  • 今年の夏は、まだ七月なのに異常な猛暑から、未だ経験のないような集中豪雨や、逆走台風まで、異例ずくめのオンパレードで散々ですね。 これが日本だけでなく世界規模で起きていると言うから、何やら不気味になって来ます。

    不気味と言えば、米国のトランプ大統領も不気味になって来ました。 まだ何かやってくれるんじゃないかと期待はしているんですが、どうなんでしょう? 尋常じゃ無い所が持ち味の様な気がするのですが、尋常な人じゃ今の世界情勢を収められないような気がして、期待はしているんですが、やってくれるものでしょうかね?

    何て事も書いては見た物の、実生活は焼き付くような猛暑の日差しの下で農作業で四苦八苦してます。 去年は遮光ネットを張るタイミングを逃してしまって、胡瓜とかナスとかが壊滅的にダメージを負ってしまって、八月以降は殆ど収穫できませんでした。

    今年も日射しがキツクなって来て、ソロソロっては思ってたのでしたが、風の強い日が続きナカナカ出来ませんでした。 風が収まって、やっと昨日張ったのでしたが、ギリギリ間に合ったかどうか? こんごの成り行きが楽しみです。

    大玉スイカは何とか二個収穫しました。 目標は一株四個で二株で八個と欲張っていたのですが、残念ながら二個しか育ちませんでした。 でも、二個に栄養が集中したのか、特大サイズで収穫出来ました。 トマトも次々と赤くなりだして食べきれません。 あちこち配って歩いているのですが、四台ある冷蔵庫は満杯状態です。 ナスもここの所収量が増えて来て、焼いたり炒めたり漬けたり、嫌って程食べてます。

    こう熱くなってくると、本当は外で食べたいんですが、採れたら食べなきゃならないから、汗だくになって毎日台所に立ってます。

    写真はジャガイモの収穫です。 今年はジャガイモがホントに当たり年になりました。 おそらく来年の春まで買わなくてもいい事になると思います。 新じゃが茹でて食べましたが、食味もマアマアでした。 そろそろ枝豆も食べ頃になって来てます。 楽しみではあるのですが、もう少し涼しくなってくれないもんですかね。

  • 今月に入って、二件ほど現場仕事の依頼が有りました。 久々でチョッと躊躇してしまってたのですが、その辺が伝わったのか、その後連絡がないですね。 ホッとしたような寂しいような、もう少し大人しくしていれば忘れられるか、何時の間にか廃業って感じになるのかな?

    朝鮮半島の状況は、嫌な流れに向かって行っているような気がしますが、その時は相当に凄惨になる事も予想され、覚悟だけはしておいた方がイイのかも。 案外、そうなる事に期待しているような気もしてきました。

    なにか投げやりになっているのですが、毎年楽しみにしているスイカが今年は余り良くなく。 やりかたを変えて試行錯誤した一回目でもあり、それが悪かったのか、六月の開花時期と着果時期に、大雨と強風のダブルパンチが悪かったのか、期待していた程の収穫は見込めないようです。

    写真は、アンドンに蔓を絡ませて立体的に栽培を試みた物の、強風で一度崩れて、その後蔓が絡み合ってしまって、手の着けようのなくなってしまった、現在の小玉スイカのホダジェです。 欲張って慣れないメロンも混載してしまったのも災いしてしまったような。 蔓ばっかし伸び放題になってしまって、肝心の実はあまり付いていません。

    今からでも孫蔓にでも次々と着果してくれないかなと、かすかな希望は捨てていませんが、もう七月も中旬ですから殆どゲームセットかな? 今から着果して、運良く育ったにしても八月下旬だろうから、有難味も無くなるしね。

  • 暫く現場仕事から遠ざかっていましたが先日、昔お世話になっていた親方から連絡が有り、自社の事務所を建て増ししているので、その内装工事をしないか? と誘われました。 まあ、ボード貼りですが、正直な所、まだ出来るものか不安な所もあるのですが、引き受けてしまいました。

    体力的な所も不安はあるのですが、心配なのは道具ですね。 ボード貼りのマンタッチスクリューも十年近く使ってないし、ビスを十数本打ったら、回らなくなったりして。 やはり、十年くらい前に久々にボード貼りを頼まれた時には、コンプレッサーが壊れてたし、タッカーもダメでした。 当時は、しょうがないから買い替えたんですが、それっきり殆ど使ってないから、又嫌な予感がしますね。

    サッカーはベルギー戦、見ごたえのある良いゲームだったようでした。 後でニュースで見ましたが、本多選手のコーナーキックがまとも過ぎたような、相手キーパーがダイレクトで抱えて、丁寧に自軍に渡すと、アレヨアレヨって間にゴールされてしまいましたね。 鮮やかと言うかセオリー通りと言うか、絵に描いたようなカウンターで決着が着いたような、ああいう所が力の差ってやつなんですかね? 負けはしましたが、いい試合が出来て良かったんじゃないのかな。

    あと、タイの洞窟閉じ込め事件ですか、なんと半分諦めかけていましたが、全員生存が確認されたとか! なんにしても本当に良かったですね。 これから、どうやって救出するかと言う事も、難題山積のようですが、生きていてくれさえすれば何とかなるでしょう。 後日談が楽しみですね。

    写真は、家の屋上菜園のスイカです。 実が大きく膨らみ始め、そろそろ吊ろうかなって思っている内に、一個蔓が切れて落っこちてしまいました。 サッサとやっておけば良かったんですが、連日雨降りで、明日こそって思っている内に落ちてしまいました。 残念でした。

本文はここまでです このページの先頭へ