ここから本文です

投稿コメント一覧 (207コメント)

  • 【日経】ホンダ、小型ビジネスジェット機の最終飛行試験成功

    ホンダは21日、小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の最終段階の 飛行試験に成功したと発表した。内装を含め顧客に販売する仕様で飛ばし、 操縦性などを調べた。最大の小型ジェット機市場の米国で、2014年後半に型 式認定を得たい考え。

    これまでに寒冷地や高温環境などでの試験を終えており、今回の試験は低 速と高速の際の操縦性や電子システムの確認が目的。米国で高度3660メート ルを時速556キロメートルで60分間、順調に飛んだ。

    ホンダジェットはエンジンを主翼の上に設置するデザインで、競合機と比 べて機内を約18%広くした。速度も約10%、燃費は約20%高めた。

    定員は7人で、価格は約450万ドル(約4億6千万円)。米国などの顧客か らすでに100機以上を受注している。

  • ↑日経新聞(9/20)に出てたけど死亡率3割。
    こんなもんがパンデミックしたら・・・。
    厚生省がワクチン開発方針を示したけど、
    ワクチン開発には少なくとも1年はかかるよ。
    T-705をさっさと認可しろよ。

    7月のネイチャー発表記事では、
    H7N9ウイルスの致死量をマウスに感染させて
    タミフル、リレンザを投与した試験ではマウスの体重が2~4割も減ってしまった。
    それだけ既存薬が効かないということだろう。
    一方で富士フイルムが開発中のT-705は体重変化なし。

    H7N9ウイルスに対して日本人全員耐性を持ってないんだから、
    T-705がいかに救世主的な薬になるかがわかるだろう。

  • No.10234

    買いたい

    日経に載ってた

    2013/11/23 04:40

    東電と三菱系3社、福島に最新鋭石炭火力 20年にも 。
    これってうちにとってプラスなの?マイナスなの?

  • こんな記事がでてますね。
    アビガン了承おめでとう!
    H7N9インフルエンザへの最終兵器間違いなし。
    世界各国で備蓄されればえらい売り上げになるな。
    ------------------------------------------------------------------
    【医薬品第二部会】新型インフル備蓄薬が通過‐新薬等3件を了承
    薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会は3日、アステラス製薬が申請した前立腺癌治療薬「イクスタンジカプセル」、富山化学が申請した新型・再興型インフルエンザウイルス感染症治療薬「アビガン錠」など3件を審議し、了承した。現時点でアビガンは、新型インフルエンザ等のパンデミックに備える医薬品と位置づけ、使用は想定されていない。厚生労働省は承認後も製造販売業者の富山化学に出荷を差し控えるよう要請する。

  • No.17529

    強く買いたい

    日経にて

    2014/05/31 21:53

    良いニュースですね。
    ハラヴェンに引き続き抗がん剤領域で結果を出し続けるエーザイには
    今後も期待、応援したくなる会社です。
    とりあえず2007年の最高値6000円を目指してもらいたい。

    エーザイは開発中の甲状腺がん治療薬「レンバチニブ」について9月までに日本と米国、欧州で販売承認を申請する。がん細胞が増殖しない有効性が確認できたため、今後の主力薬の一つとして売上高で600億円以上の製品に育てる。エーザイは稼ぎ頭の医薬品が相次いで特許切れを迎えている。収益の立て直しに向けて主力品の入れ替えを急ぐ。

     日米欧で当局の承認を得られれば来年中に発売する見通し。甲状腺がんは治療薬がほとんどないことから世界規模で需要が見込める。エーザイは2020年度に300億円の売上高を目指す。このほかに薬の適用を肝細胞がんにも広げる方針。肝細胞がんの治療薬としても20年度に350億円の売上高を見込む。

  • ここは米国関連株として期待しています。
    米国がこのまま景気が順調ならばここの株価が大きく下がるリスクは小さい。

    米国住宅着工件数も100万件を越えてきて堅調なことから
    塩ビ樹脂トップシェアのシンテックへの売り上げ寄与も期待できるし。

    2008/3  売上 13764億円  営業利益 2871億円 →最高値9580円(2007/7/13)
    2015/3予    12000億円       1945億円 → 6183円(2014/7/3)

    7年前に比べてこれが割安ととらえるか、割高ととらえるか?

  • JXは最近ニュースが多いですね。
    それだけ注目されているということで良いことだと思います。
    日経一面に水素ステーション増設の計画がでています。
    これだけの規模で増設できて、かつかかるコストを回収できるのは、
    JXくらい車用エネルギーに対する認知度が高い会社くらいのものでしょう。

    ー日経新聞より抜粋ー
    「JX、水素ステーション100カ所  燃料電池車向け 」
    ・JX日鉱日石エネルギーは「究極のエコカー」とされる燃料電池車に、燃料の水素を供給する施設である水素ステーションを2018年度をめどに100カ所設置する。現在の5カ所から一気に増やす。
    ・JXエネは水素ステーションの運営や水素の調達・供給を手掛ける子会社を近く設立。
    ・政府は平均4.6億円かかる水素ステーションの設置に2.8億円を上限に補助金を出している。今後は車両の購入に200万円程度の補助金を出すことを検討する。
    ・与党内にはステーションで水素を補給する費用も政府が全額補助する案もある。高速道路のサービスエリアへの水素ステーションの設置補助を上積みし、燃料電池車の走行料金を無料にする案も浮上。
    ーここまでー

    燃料電池車の普及に向けて国が動いている。
    脱原発→水素社会の実現はもはや国策で、JXがその中心にいることを願います。

  • ここ1か月下げ基調だった原油価格、昨日までは100ドル割れまできてました。
    石油資源の株価もそれに呼応して下げてましたが・・・。

    原油価格は4月後半に100ドルの下値で反発しているのと、
    本日早朝のウクライナとパレスチナの問題で
    心理的には原油価格は今後上昇または高止まりするのではないかと考えられます。

    原油価格100ドルの下値を再度確認し、
    ここの株価も4000円割れをボトムに上昇に転じると考えますが
    さて、今日はどうなるでしょうか。

  • この時期に危険空域飛ぶなんて燃料ケチったんかな
    これからはちゃんとしたJAL使ったほうが安全

  • 日本海洋掘削はメタンハイドレート関連銘柄ですが、
    風が吹けば桶屋が儲かる的な発想でいけば
    今話題の水素関連銘柄でもあるのではないか、と考えられます。

    水素製造のもっとも主流は
    高温で金属触媒のもと
    メタンと水から、一酸化炭素と水素に改質する(水蒸気改質)方法です。

    一酸化炭素は炭素数1(C1化合物)として
    石油製品を作るための最初の重要なガスですし、
    水素は新エネルギーとして言わずもがなですよね。

    メタハイが大量採掘でき、
    かつ安価になるであろう遠い未来では
    日本の海洋上で得られたメタハイは燃料としてだけでなく、
    さまざまな展開が期待できる気がします。

  • 三井海洋開発は「浮体式海洋石油ガス貯蔵積出設備」や、「緊張係留式プラットフォーム」「セミサブマーシブル」が強み。要は洋上で人工浮島を作るってことですよね。世界最大級の深海油田を有するブラジルとの国策プロジェクト協力の話はここも長期にわたって恩恵を受けるでしょう。
    三井海洋開発はすでにブラジル洋上でプロジェクトが進んでいますし、ここにさらに日本政府の後押しが得られたわけですから、これこそ鬼に金棒と思うのですがどうでしょうか。

    ******以下 日経新聞(7/20朝刊)より抜粋**********************
    政府がブラジルと深海油田開発での協力に乗りだす。ブラジル沖にある大規模油田の開発に必要な洋上中継基地用の人工浮島や運搬船の建造に日本の造船技術を活用する。ブラジルの油田開発は総額20兆円規模を見込む大型プロジェクト。政府は官民一体での技術支援で日本企業の受注につなげる考えだ。

  • ここ最近海底資源に関するニュースが多く、将来に夢が持てますね。

    ****沖縄タイムス(7/27)より抜粋******************************
    独立行政法人「海洋研究開発機構」(JAMSTEC)は26日、伊平屋島の北の海底にある三つの熱水噴出域が海底下でつながり、鉱物資源を含む巨大な熱水鉱床を形成している可能性があると発表した。そのうち最北の熱水域は東西に2キロ以上、南北に約3キロと想定され、沖縄海域では最大規模と考えられるという。7月9~26日にかけ、地球深部探査船「ちきゅう」で行った採掘調査で明らかになった。
    熱水鉱床は海底の鉱物資源で、地殻内の高温水溶液によって形成される。熱水はマグマ活動によって発生すると考えられ、溶け込んでいる金属が沈殿するなどして鉱床をつくり、産出量が少ないレアメタル(希少金属)を含む可能性がある。
    http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=77995
    **********************************************************
    記事で活躍している地球深部探査船「ちきゅう」には、
    ここが運用しているドリルシップ型リグが積載されています。
    世界第6位の経済的排他水域を有する日本が資源大国になるには、
    海洋掘削技術の進歩が必要不可欠。
    日本海洋掘削には本邦唯一の海洋掘削専門企業として頑張っていただきたい。

  • SFTSウイルスっていうのがマダニを介して西日本で流行ってるってミヤネ屋で言ってますが。
    致死率30%Σ(・□・;)
    特効薬ないって言ってたけど、これもファビピラビル効くんやろなーたぶん。

  • 黒字予想から赤字転落って何回目なんだろう。
    最初から1兆円の赤字ですって言っとけ。バカ経営陣。

  • 事業内容の割に従業員14万人はいくらなんでも多すぎる!
    3万人の規模で
    イメージセンサーとプレステ、スマホだけにして、
    ようやくトントンってとこだろ。

  • 2014/09/17 19:03

    こんな高い値段で買う人いるんですね。
    俺は怖くて買えんけど。

  • 明日から臨時国会が始まりますね。
    地方創生、国土強靭化の具体策が決まれば
    8月末にあったような建設株など国策銘柄に再び目が向けられるのでは・・・
    と期待しますが、どうなるでしょうか。

  • 創業以来の本業である銀塩フイルムが縮小したあと
    デジカメ、液晶フイルム、化粧品、医薬品と第2の創業を目指してきた富士フイルム。
    新しい事業が黒字化しているだけでもすごいことだが、
    ここにきて富士フイルムのオハコが復権していることのほうが注目に値する。
    インスタントカメラのチェキはアジアで若者の物珍しさから再人気化し、
    ポラロイド社が去ったあとほぼ独壇場、
    磁気テープもデジタルストレージにはないセキュリティの高さで再注目されてる。
    これらは2000年以降各社が目の前のデジタル化の波に流される中で手放した一方、
    ここは儲からなくてもしっかりと続けてきた。
    アナログの伝統も大事にし、簡単には切り捨てない責任感のある企業体質の表れだ。
    フイルム本業と新規事業の両輪で稼げる企業、それが富士フイルムだよ。
    ファビピラビルがエボラに効く効かないは大した問題じゃない。

  • メキシコ、中国勢受注の高速鉄道契約を破棄だそうな。
    再入札ってことは、
    川重にもチャンスあるのかな。

  • 今日の日経平均のPBRが1.37倍。
    ここは写真が廃れて期待されずに放置されて未だにPBR0.8倍しかない。
    医薬品やヘルスケアで長期ビジョンが描かれつつある今、
    日経平均に採用されている銘柄と同じくらいの
    将来の業績期待や企業価値も込めれば
    単純に3771/0.8×1.37=6457 !
    まだまだ上が目指せるから来週も買い増しでいきます。

本文はここまでです このページの先頭へ