IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (1929コメント)

  • 長坂ではなく花咲か爺さんは、灰をまいて、花を咲かせた。
    隣の欲張り婆さんは、大損をした。
    現物とか信用など、資金は使わず、現金で 現金で

  • SUMCOとかS高に
    耳寄りな話。
    ソフトバンクの孫社長が去年、アームと言う売り上げ2,000億円の半導体設計会社を3兆円で買収しました。まさに先見の明とはこのことを言うのではないでしょうか?半導体はこれからスマホもちろんのこと自動運転車、IoTなどありとあらゆる分野で使われてくるので、半永久的に需要が増え続けていきます。そして、技術の大きな革新が今生まれております。それはEUV露光という半導体の微細化には欠かせない画期的な技術が実用化し始めてます。
    世界のデータセンタが数億テラバイト必要なので、3DNANDSSDでないと、
    設置面積がHDDの10分の1のSSDに代わるらしい。
    東芝が、工場を竣工するようだ。
    時代のながれで、鉄くず、廃車などの原料の電炉鋼より、高品質の粗鋼(製鉄)
    や、アルミが使用され始めている。
    黒鉛電極も、中国の特需により、価格が上がったが、もはや、米中関係と、
    カルテルにより、カーボン株はレートが引き上げられた。
    孫会長はコインビットなどで負けたようだが、狙いは半導体でしっかり。
    SUMCOはS高3連騰10000ぐらいになるだろう、とかボンなど900ぐらい

  • WELCOME TO 2500
    現金資金に勝るものはない。
    株はいつでも買える 邱永漢談
    株の利益は我慢料である。

  • HDDとSSD 黒鉛電極と半導体電極の対決 イノベーション 買収
    ◆中国NANDメーカーの台頭
    中国のTsinghua Unigroupは、子会社のYMTCを通じて3D NAND市場に参入する見込みです。YMTCのNAND技術は現時点では周回遅れですが、2019年後半には64層の3D NANDを量産し、96層製品はスキップして、2020年に128層製品を投入することで、一気に主要なNANDメーカーに追いつこうという計画を打ち出しています。韓国や日本、アメリカのメーカーに加えて中国メーカーも参入することで、NANDビジネスはさらに激しい競争が繰り広げられそうです。
    このような3D NAND製造競争の激化と歩留まりの向上を背景に、2018年にSSDの価格は急激に低下し始めました。SSD価格の低下傾向は、仮にNANDメーカーの生産能力向上ペースが低下したとしても2019年前半まで続くとAnandTechは予想しています。
    1個のメモリセルに4bitのデータを記憶する、「QLC(quadruple level cell)」方式のNANDフラッシュメモリが商業化されはじめた。これまでの主流である「TLC(triple level cell、3bit/セル)」方式に比べ、原理的には同じ製造コストで記憶容量を1.33倍にできる。別の言い方をすると、記憶容量当たりのコストが75%に下がる。
     NANDフラッシュメモリを内蔵するSSD3D NAND技術とTLC方式の組み合わせによって記憶容量当たりのコストをさらに低減し、10K HDDをSSDで置き換え可能になった。
     次にSSDが目指すのは、ニアラインHDDとクライアント(コンシューマ)HDDの代替である。その切り札となるのが、QLC方式の実用化と3D NANDフラッシュの高層化だ。QLC NANDフラッシュを内蔵したSSD「QLC SSD」が近い将来、これらのHDDと市場で激突する。
    東芝とWestern Digital・SanDisk連合は、第3世代の64層製品のBiCS 3D NANDは大量生産に成功し、2018年は最盛期を迎えています。

  • ストップ高連騰と8000向けて調子に乗っていきたい。↑
    会社とバックに資金がたくさんある。
    SDKは、需要に応じて、SSDの会社も買収できるので心配ない。
    会社の方針が大きいので、これぐらいは押し目。GO GO GO

  • 200000ごえはもうすぐか。
    カーボン株は、将来も永久に不滅です。
    明日、STOP高 キター ↑
    換金、現金 パチンコ屋 決まり

  • 今決算が良くても、今後の発展が期待できない場合、メンタル面で、
    買う気にならない。
    ビデオカセット => DVD BLUELAY 
    TAPE装置    => DASD(磁気ディスク) => HDD 
    IBMシステム370  DOSV  =>MS-DOS => IOS => WINDOWS
    サーバーバックアップ => HDD =>SSD 
    黒鉛電極       => 半導体電極
    しかし、中国が技術が向上し、すでに建設ラッシュ
    マルクス協賛主義が、資本主義に勝つ。

  • 915 さんのコメントに賛成。
    自社株売りで安く買えるように、N証券さん他と共同で株価操作
    通報するほどのこともなく、大企業では常識。
    季節変動株なので、売り買いの時期と相手を間違えてはいけない。
    (忖度しておけばライブドアのように逮捕されることもなかった。)
    2500ぐらいで買えれば喜んで。

  • 早く分割しなければ、危なくてしようがない。
    多分、大方の投資家のカーボン株の含み損は、大きい
    通常は、100株200万 100万も損している。
    株やパチンコ遊戯にしては、高すぎる。
    10000で10000の損はすごい。ノンホルダがあきれた。

  • 株とかパチンコは癖になるので遊戯程度でよい。
    堀江氏のロケットのように、優秀なスタッフが集まれば、最後に成功する。
    いずれは、カーボン株も打ちあがるだろう。
    最後まであきらめないことが勝利の方程式か。

  • 株とかパチンコ遊戯人生投了
    真面目に働いて、社会に貢献。
    寿命あるだけありがたい。
    その時が来たら喜んで死にます。

  • アベノミクス万歳 自民党が選挙圧勝 消費税増税確定
    市場のシェアで、黒鉛の価格を高くするのは、
    長続きしないかもしれないと思いつつ、豊かに恵まれた株式市場に感謝。
    (6000台で買った投資家は笑いもの)
    100株200株の現物ホルダーは死ぬまで含み損を抱えることになるか。
    末代の恥は、今損切をすることだ。

  • プロの投資家には絶対負ける。
    現物素人は、今は損切だけしかできない。
    現金資金こそ、素人の生きる道。
    N証券とかに、40万で買わされ、空売りでぼこぼこにされる。

  • 大容量3TBのHDDが超安値 8980円
    黒鉛電極も値下げ競争をしなければ、公正な取引とかで、
    カルテルとかカクテルとかで、株価も安くしないと売れないので大変。
    孫正義氏もビットコインで少し損切をした。
    損切でもして、連休に渋滞旅行とかもよい勉強になるだろう。
    どうせなら2000ぐらいまで下げてや。↓

  • わけあり株 今は下げてもいずれ高く売れそうだ 
    とにかく、郵便局にはなぜか配当金がたくさん入る。
    現金資金に勝てない。
    孫正義でも仮想通貨で損をする時代、現金資金が強い。
    鳴かぬなら、鳴くまで待とうホトトギス。

  • 現金資金に勝る投資はない。
    令和は暴落するであろう。
    鳴くまで待とうホトトギス。(家康の長期投資)

  • 会社の運転資金がないかもしれないと思った。
    事業計画書を作成し、銀行から借入する。
    担保に滋賀工場とかしかない。
    現金資金に勝るものなし。

  • 立ち上げまでの2分間とか、バージョンアップの徹夜作業はHDDが遅いから。
    CPU、メモリ、SDDを高速化しないと、連休も休めない。

  • 現金資金は、定期預金のほうが、リスク小
    株式市場に、お金は落ちていないし、拾えない。(高値つかみ笑いもの)
    社名変更で、令和電工がかっこいい。

本文はここまでです このページの先頭へ