ここから本文です

投稿コメント一覧 (24コメント)

  • >>No. 20847

    ここ中国はご存知パクリ有名国です。獣医の免許制度があるでなし、獣医の偽者本者確認は飼い主の責任となります。注射薬も偽物があり要注意となります。
    狂犬病の予防注射は無料で政府補助だろうと思っていますが、ペットショップなのか獣医なのか見た目解らない、こんな具合です。幸い奥さんは医者なので見破ります。
    ルーシー、次郎は病気になりません。
    ドッグフードは色々な種類を試しましたが食べないので、ルーシー次郎は手作り料理ですが、食の安全が確保されていないので、材料の段階での安全確認が必要になります。豚肉一つでも、ドーピング豚 薬ずけ脂肪なし豚 水注射目方増量豚など、店頭で買う気は起こりません。我が家では、牧場で飼われている豚を見て買います。少々は売って貰えないので1/8頭分20Kg位、前足1本含め、胸骨5本あたりを切り落としてもらい買います。この部位 日本高級肉も所変われば品変わるで、肩ロースは何故か中国は安いのでありがたいです。後は半日掛かりで精肉に、残りは次郎ルーシーの餌です。卵も鳥牧場で買います。養鶏鳥でなく地面を歩いている鳥から出た卵を買います。生卵食べるにはこうするしかないのです。一般市販の卵は、ドーピング剤 ホルモン剤 抗生物質ずけ、触るとすぐ潰れる。中国人は生卵を食べる習慣がありません。多分過去に酷い目にあったんだろうと想います。

  • >>No. 20832

    ゴールデンは次郎で5頭目、先立たれた悲しみに、二度と犬は飼うまいと決心しても、はたまた性懲りもなく・・・・ご主人は次郎のことを
    、「次郎は裕次郎だな」と言います。「何もしない、ただいるだけで、俺たちを幸せな気分にして呉れるな〜
    次郎を見ているだけで気分が和むよ、 スターだな巡り会えてホント良かった」と言っています。奥さんは何時も頬ずり、キスしている。
    キスと言えば、犬好きの中国の子供3人が何時も来る。食事の時間になっても帰らないので、一度日本料理をご馳走しました。
    そのうち学校の帰りには、毎日毎日来る様になり、宿題を教えるようになりました。
    夕食を食べないと帰りません。ついに食事つきの塾になってしまいました。料理を作るのはご主人の趣味です。
    最下Dクラス、字も書けない子供達も、今はAクラスになりましたが、フィフィと言う女の子と次郎のキス、これが大変なのです。
    次郎はフィフィの肩に両腕をかけ、開けてるフィフィの口へ舌を入れベロベロ5分位やっています。
    「間違えて唇でも噛んだら国際問題だ」と、ご主人が何度も注意してもフィフィはやめません。
    この街は大型犬種は飼えない条例ができてから、街から大型犬は姿を消してしまいました。いったい何処へ?
    噂では肉にして食べられたなど云っている人がいます。実際、城外には犬肉販売の露天があり朝鮮族が好んで食べます。
    我が家にも公安官と犬殺しがパトカーできました。ガードマンも制服組には弱い城内に入れた。
    誰かに通報密告されたに違いありません。作業服の犬殺しが「公安だドア開けろ!」その後から制服の公安がやってきた。
    中国の公安(警察)は武器はもっていない丸腰です。やるきゃない!戦闘開始です。「身分証明(警察手帳)みせて!」奥さんが怒鳴った。
    「ルーシーは日本国の動物検疫を済ませ出国許可をとり、中国の入国許可で日本からきた。国が許可したもの何云うか!」
    「子供たちは、殺されても渡さない!帰りなさい!」
    身分証明書を返さないでドアを締めてしまった。
    「身分証明書がないと仕事ができないから返してくれ、今日は条例があることを知らせに来ただけだから!」
    (ドジ!泣くな!)
    「あの犬殺しは公安だと云ってドアを叩いた。本官は偽公安と共謀するのか!」
    一階のフロアに住民が立ち止まり始めました。何時までもやってると、ご近所迷惑になるから身分証明書は返してやりました。
    この話は中国の愛犬家から、インターネットで大喝采となりました。犬は国翠城に50頭位いますが大型犬は2頭だけです。

  • >>No. 20826

    暮れから、雪になりました。こちら気温は氷点下ー8度〜ー12度です。
    空調は夏冷房で得た熱を地下水に蓄え、冬その熱で暖房します。冷水と熱水が天井と床に通っています。
    ご主人も奥さんも仕事に出かけることはありませんので散歩が仕事みたいです。奥さんはうんこ回収、ひと周りして帰るとうんこは凍ってサラミセージ。リードはご主人です。
    フリーの時、次郎と雪の上を全力疾走します。ここ国翠城は(と云ってもお城ではありませんが)塀に囲まれて、塀の上は200Vの電流が流されガードされてます。城内は住民専用鍵がないと出入りできず、24時間ガードマンが常駐しています。
    公園の中にマンションがあるような感じで、塀に囲まれ、住家は1階です。
    車は地下駐車場以外は入れません。通路以外、芝生で、春からは次々と花の咲く樹木が植えられ、秋には果物がなります。
    鹿が6頭いて、池が3つあり、今は氷の下に鯉が静止しているのが観えます。横になって静止しているのは仮死状態かもしれない。
    それとも凍死しているのかな。
    次郎は雪の上を走ってきて、その池の氷の上をすべります。でも足で滑るのでなく、腹ばいで両手両足広げてやります。
    私ルーシーは、薄氷の時、氷が割れるし、滑べって這い上がれなく、それ以来、氷には乗りません。
    私と次郎はめったに城外に出ることはありませんが、城外は不潔なのと車で大変危険です。犬をつなぐ習慣がなく、野良犬の伝染病がうつります。
    一郎とさくらは下痢が止まらず 9ヶ月にもなって、死んでしまいました。
    買い主を調査して売ったのにと、奥さんは一日中泣いていました。人の命も安い国の悲劇です。

  • >>No. 1

    私は、ル−シー ご主人はそう呼びます。3歳女の子、中国に住んでいます。
    1歳の時、成田から韓国経由チンタオ空港、中国に来ました。チケット予約の時、うるさい全日空に減量要求され、ダイエットが苦しかったです。
    5時間カーゴの中に詰められ、チンタオではオシッコが止まらなかったですよ。
    そして、中国は高速を5時間、山東省に、ご主人と奥さん、そして中国で産まれた私の息子 次郎 と暮らしています。
    次郎のパパは、中国の血統証持ってる ポポ 私はジャパンケンネル、本名は ワンコJPだって。次郎の兄弟は一郎、ちび、くろこ、さくら、みんな、中国人の初任給1ヶ月分で買われて行きました。
    次郎だけは、どうしても ご主人が売りませんでした。
    兄弟3頭は逆子で出産が大変でしたが、奥さんはドクター、(と言っても獣医ではありませんが退職した医師です。)奥さんの介助で助かりました。
    1本出てきた次郎の足を押し込んで、お尻からひっぱり出して、次郎は産まれました。
    それ以来 次郎は、奥さんを母親と想い込んでいるみたいで、離れません。
    生後1歳36キロ、私より巨漢になりましたが、いつまでも性格は子犬で成犬に成れません。
    寝るときもベットに、ご主人と奥さんの間で川の字で寝ますが、エアコンが熱いので1時間でフロア降りて寝ます。
    ご主人は私にひとめ目惚れしてくれました。睫毛が長い、眼が大きくて美人ヘアーの感触が気持ちいいなど云っていましたが、最近は沈殿デブと言います。
    奥さんが、なんで沈殿デブですか?と聞くと、ご主人は私の首の皮をひっぱりあげて15cm、尻3cm伸びるだって?
    最近、次郎の人気が急上昇 私はジェラシーショックになっています。

本文はここまでです このページの先頭へ