IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (623コメント)

  • >>No. 695

    2年前黒鉛バブルで700億あった利益が今年度はコンセンサスで僅か10億。来期に黒鉛値上げするといっても中国増産と世界コロナで鉄鋼需要は低迷。今期配当の60億は借金して払うのだろうが来期は無配に近い減配。本来株価500円位だから今の株価は空売り待ちという感じで危なくてしょうがない。何しろこの会社発表は見通しで吹っ掛けておいて下方修正をギリギリまで行わないなど嘘が多く信用できない。

  • >>No. 112

    業績が堅調であれば配当は増え利回りが上がる。7Bのような地味だがこうした会社の株は中長期の現物保持では必ず儲かります。7Bは、ビジネスモデルと海外戦略はコンビニと連動していて魅力だが、何と言ってもIR戦略や経営が実直すぎて地味。もっと広報やCMが必要。

  • 国内ATMの利用数は、2Qではコロナ禍にあっても前年比98.2%を維持と強さを見せて、これだけ業績のブレない会社は珍しい。親会社ではセブンイレブンが、国内から海外へシフトを強めていて、7Bも懸案の米国事業は昨年から黒字化を達成し利益貢献大となる。米国コンビニのスピードウエイ2.2兆円買収でさらに3900店増と7Bに追い風。フィリピンでも2900店全店ATM化は確定。株価250円のバーゲン株価で仕込めればチャンス大。配当利回り4.4%も魅力。
    セブン&アイは、不振のスーパー百貨店を縮小撤退し、完全にコンビニと金融を主力にした海外事業へシフトする方針決定。

  • 今夜のBSプライムニュースで、菅総理の携帯料金の値下げの公約が、恣意的な人気取りの政治利用だと言うことがバレてしまいましたね。現在の携帯三社の料金は、総理が言わなくてもすでに相当下がって行く途上にあるのが既定、それを知っていて値下げを総理と政府の手柄にして国民の人気を得ようということらしい。携帯電話の国際比較も、総務省がわざわざ日本が高くなるように資料を作っていて、民間調査では、米国や韓国よりも安く、先進国の中位にあるそうだ。菅総理は相当狡猾な人間だと言うことが良く分かる内容であった。

  • またこの会社のいつも通りの下方修正必至。純利益10億も出せず、最終赤字転落のになるとおもわれる。

  • 今年度利益はコンセンサスで僅か10億。これでどうして60億の配当工面するのだろうか?会社の言う配当性向30%では、来期の配当は現在の30円から1円か2円に減配されるはず。

  • 菅総理が、通信三社の営業利益20%、営業利益1兆円が高すぎると言いう。馬鹿を云うのもいい加減にしてほしい。世界標準の企業になろうとすれば、営業利益どころか純利益で2兆円位出さないと、世界で戦える開発研究や新規事業などの投資も出来ないではないか。全く旧態依然の国内比較の内向きのレベルの発想しか出来ないただの田舎親父の総理大臣が誕生した。
    そんなレベルだから孫氏や柳井氏から日本のIT水準は世界に周回遅れだと怒りを込めてサジを投げられるのだ。そういえばテレビの画面で、菅総理が、まだガラケー使っているのが映し出されていた。ろくにスマホも使いこなせないのだろう。

  • 株価が少し下がると空売りの買戻しが入っていますね。下がると買いが入るのは新規買いではなくそのためです。1200円台で空売り深追いの損切組が冷や冷やしながら下がるのを待っているようです。

  • 1210位で10億株もPOした株が、普通にかんがえて僅か数日で1300円超えまで上がる訳ないでしょう。1200円台で空売り深追いした連中が昨日、今日と損切して必死に買い戻して逃げている。安定操作機関過ぎたら、株価は下値を探りに来る。

  • 空売り機関が撤退したら、もうこの会社は借金しなければ配当も払えないただの不況会社。黒鉛バブルで大盤振る舞いした高配当だから一気に減配も出来ず、利益30億見込で配当65憶だから泣く泣く借金35億もして支払うことになる。こんな会社の株価が1000円超えしているのは、空売り機関の撤退の後始末。株価は500円以下に逆戻りするのは必至であろう。

  • 今日の上昇は、空売りに相乗りした人たちが慌てて買戻した株価でしょうね。どう考えてもPO株価決定から1日や2日で簡単に戻る訳ないし、そんな高値では新規買いはしないでしょう。18日以降の配当権利落ち前に必ず一旦下値を探りることになるでしょう。本格的な戻りは、10月の2週からと見ています。

  • 速い戻りに煽られて、もっと上がらないうちにと思って妥協して高値で買ってしまうもの。大口空売り機関はまだしっかり持っている。権利落ち前に1回、権利落ち後に一回は大きな売り仕掛けてくるはず。

  • おっかなびっくりで空売りに追随した個人が、慌てて買い戻していますね。一巡したら一旦マイ転するでしょう。

  • 菅長官は、これから大きく成長しなくてはならないでデジタル通信事業に介入するのではなく、例えば世界一高い高速道路料金を無料化か低料金にすべきであろう。それでなくとも2重3重の自動車関連税負担とガソリン代の2~3倍もする高速料金を取るから、もう若者は車を持たないし、車での長距もしなくなっている。加えて物流配送コスト負担も莫大になって通販価格が下がらない。国は今の高速料金を維持したいがために、利用もされない高速道路を理由を変えながら作り続けている。ドローンが荷物を運び、車で空を移動する時代が迫ってきているのに、未だにこれほどの時代遅れの無駄を続けている。もうこの国の65歳以上の高齢政治家が新らしい社会の政策を考える時代は終わったのだろう。

  • 適切な株価形成のために大量株放出POを取締役会議で決定したと公表されたが、これだけ落ちた株価が適切な株価なのか。役員はPO失敗で既存株主価値を棄損した責任はしっかりとらなければならない。

  • まさか政府のトップの菅長官が携帯電話料金とスマホのネット通信料金の区別が分かっていないということでしょうかね。今はどの会社でも電話料金など掛け放題で2000円前後で十分安いし、無料なLINE電話もある。何だか大人も子供も家に閉じこもってスマホで四六時中ネットゲームやYouTube漬けような連中の大量BG消費を推奨するような料金変更をしようとしているように聞こえる。コロナで散々行政のデジタル化の遅れが明るみに出て、使いこなせていないその行政のトップだから携帯電話料金とスマホのネット通信料金の言葉の使い分けさえもできていないのだろう。セキュリテ―担当大臣にパソコンもスマホも使ったこともない議員を任命し、それを適材適所の人事だと平然と言い放った菅長官がよくも恥ずかしくもなく言えたものだと思う。営業利益率が高すぎるというが、今の高さでも大きな新規事業や設備投資に必要なキャッシュフローは十分ではない。さらに大きな営業利益が出せなければ世界に伍したデジタル通信事業会社などになれようもないことは中国のファーウエーの投資額の大きさを見れば一目で分かるであろう。政府がこうした時代遅れの考えで民業に過剰な介入をして次代の成長企業の芽を潰していくのだろう。本人は気が付いていないが、71歳の高齢が行政に老害を与えることになる。

  • 業績やマーケット評価や機関の空売りで株価がどんなに下げられても自己責任として仕方がない。しかし増収増益で収益トップの子会社の株を2年足らずの間にIPOよりも1割も低い株価で大量にPOやるのは、その実行を決めた実質オーナーでトップの孫氏と会社の将来を見込んで株を買っている株主投資家の間が不信を通り越して「憎悪の関係」になるという、SBは前代未聞の不幸な会社になってしまう。経営トップの合法でありながらの身内への裏切り的行為は、不正行為による不祥事よりもかえってたちが悪く信頼回復が難しい行為だろう。それを百も承知の上での行為なので、さらにたちが悪く憎悪を増幅させる。

  • 毎回のことだが8月決算の利益確定売りも終わり、業績上方修正の評価と高い配当取りに株価は向かう。

  • 米大手証券がソフトバンク㈱レーティングを2300円に引き上げましたね。1Q決算みれば当然でしょう。空売り手が1500円のIPO組を売らせようと慌てて売り煽っています。馬鹿だねえ。

  • 配当権利落近くでまたぞろいつもの空売り手がでてきましたね。今年は1Q決算で、22年度中に営業利益1兆円、増配の継続、自社株買いの実施を宮内社長がコミットしているので株価も2000円が射程に入っていて、これからは皆ホールドに回るでしょう。空売り拾って買う人はいても、釣られて売る人はいないでしょう。いつまでも同じ手法で空売りで誘っても、何度もドジョウは獲れないでしょう。

本文はここまでです このページの先頭へ