ここから本文です

投稿コメント一覧 (107コメント)

  • しかし、アメリカの各種指標がこれだけ良いのに、ドル円は変わらないのか。。。それだけ、ドルの需要が高いということなのですかね。そう考えると、FOMCで、新聞などで報じられているように、利下げがあっても、最低限だったら、物理的にドル円の距離が多少縮まっても、短期ではやっぱ、円安方向に行く気がしてならない。
    取りあえず、早く寝て(笑)3時前には起きる!!

  • 先週、ポンドを買っているときに、ちょっとしたハプニングがありました。
    急落したので、あれれ。。。と思って、取りあえず含み損を抱えつつ、ホールドしていたら、ユーロポンドが、急騰?したんだとか。

    ドル円、ポン円、ユロドルに加え、ユーロポンドまでとは。。。
    奥が深いなと、その時の含み損を忘れつつ、待っていたら戻りました。

    何が言いたいかというと、ポン円(に限らず全通貨)の上昇基調での急落は、
    ほぼ元通りになるということ。これは、目視でのチャートを追うしかあるまい。
    (アラームがあるという声も聞こえそうだが)

    眺めながら、横で新聞の金融情報や、証券会社の情報を見て時間を有意義に
    過ごすのである。そして、急落や急騰を狙う。投資方法としては悪くないと思う。
    なぜなら、投資していない間は、負けないからである。

    有言実行に移したいところだ。無論、時にはなんとなくエントリーもあるだろうが、上記を意識しつつ、結果をレポートしてみたい。

  • これ、ほんとその通りだと思います。ずいぶん前に、ユロ円だかユロドルだか忘れましたが、戦っているプロが居て、40枚を基本単位として、非常に高い確率で30pipを刈っておられた。
    その方がおっしゃるに、最初は、湯水のようにFXの情報を浴び、各種指標を覚えその中から、取捨選択して1つか2つに絞ったほうが良いという結論に至ったとか。

    その勝ちの秘訣は、おそらく「買うタイミング」それに尽きるのでしょうね。

    最近、ああ、やっぱタイミングだなと思い、チャートを時折眺めながら、日経などの新聞を読む手法に変えようと切に思っています。

  • こんにちは。響、美味しそうですね。いつも安酒ばかり買っているので、高くて良いお酒を飲んだ方が、長い目で見たら、肝臓にいいのではないかと思っております。

    昨日は、ポンド円Sでやられてしまいましたが、どうしてOCO注文しなかったんだろうと少し悔やんでいます。金曜の朝だったら5000円損ですんだのに、帰宅してビックリ!の2万円損。。。損切りしました。まあ、ホールドしていたら、来週あたり、5万ぐらいの損になって、あぁ!なんで、2万の時に損切しなかったんだろうというふうになる気がします。

    そうプラス?に考えると、響を買う理由も出てくるわけで。。。

    来週も楽しみです。

  • 突然のカキコ失礼いたします。
    上がらないので寝たほうがいいですよ。明日(今日か?)が生産的に過ごせる気がしますがいかがお考えですか?

  • これだけ、世界各地で株価が戻って、為替も持ち直しているのに、FMOCで利下げする感覚が、庶民にはどうにもわからない。アメリカなんか、指標が良くて、ドルは相変わらず強い。なにしろ、金が高値に迫る際に、前例と違い、ドルも一緒に上がるという。そんな国が、景気対策で、金融緩和やるのかね?
    素人には分からない。。。

  • そういえば、ミシガン指数がありましたね。ポンドさがらないですかねw
    BGMをちおちゃんの通学路にして、ナイアガラを期待してます。。。ふふふ

  • ずっとドルが動かないので、もどかしく思い、ポンドで勝負していたが、とうとうその日が来た。。。5000円の損切ろうとしたが、ほっておいて、仕事から帰ってきたら、2万近いマイナス。たった一枚なのに、久しぶりだな。ドルが昨日とさして変わらないのに、GBP/USDのほうが、大盛況なようで、結構なマイナスをくらってしまった。他に持っている資産の含み損を奪うようで、悔しい。

    まあ、怒りが止まらないでもないが、まぬけな自分の力量を仕方なく思うしかないだろう。一つ言いたいことは、ポンドは、八月前ぐらいから急落していた。そうすると、方向が、ロングになった時、素直に従えという単純なことなのである。

    ポンド円をやって面白かったのは、ドル円とGBP/USDの指数を両方追いかけて、損切をかんがえるところだろうか。だから、ドル円と関係がある。

    GBP/USDだけ高騰する関係ない日もあるが。。。

    さて、今回の負けで思ったのは、ドルを少しばかり長く持ってもいいかなということ。現物だと持っているんですけどね。しかし、日経のみならず、週刊ダイアモンドまで、年末にドル円100円近くを目指すという、結構悲観的な論調。一貫しているのは、みごとだが。。。

    ここから、たった3か月ちょいで100円まで行くのは、よほどの悪材料が無い限り難しいと思うが、全体的な流れは悪くて、S方向というところなのだろうか。
    発想の転換は難しい。

  • 必勝法などないと思います。かつて、日経先物miniをやっていたとき、憧れだった、ひまわり証券のカリスマが、開発したアルゴリズムが話題になっていました。しばらく順調だったらしいですが、アルゴリズムも、その後の余波(リーマンショック?)には勝てなかったようです。

    絶対はないと、この掲示板で協調されている方がいたが、それが真実だと思う。
    だからこそ、自分自身のベンチマークを決めて、相場ごとに、変更修正していくというのが、恐らくかつトレーダーの最低限なんだろうな。。。

    書くの簡単ですけど、実践しつづけるのは、すごく難しい。
    バルサラの破産確率?、資産管理?、欲をおさえる、、、

    結構パチプロだったころの考えと似ているのが笑えるが、FXの方が
    はるかにレベルが高い。

    必勝法はないが、不文律にこれはダメというのは多々あるだろう。
    そういうのをここで拾いたいですね。。。

  • ご存知のように、個人型の保険は利率があるので、10年なら、想定の損益分岐点があるかと思います。

    私も実は110円ぐらいで、利率4%近くの商品を勧められました。損益分岐点が、87円と商品担当者の前で、自分で計算して、良いですね、と言いつつ、断りました。

    仮に105円でドルを買うと、別に利率が無くても、上記より安心だというのが、本絵です。無論100円ぐらいがちょうどいいのではという考えも持っています。

    銀行員は、知識はあるけど、経験がない(出来ない)ので、ちょっと違うなと思って、頷きつつ、最後は反論しました。投資は経験が大事で、自分なりのルールを決めるべきですが、やはり、自分より優れた人間の投資方法を学ぶ必要もある。

    難しいですね。。。

  • ふむ、いいですねぇ。。。一本筋が通った本物のプロフェッショナルの予感がします!!。

    ちなみに、私は、一本筋より、一本道のほうが好きです(笑) <m(__)m>

  • 「脱糞」という、ひとつの言葉にとっても人それぞれ解釈は違うな。。。
    どっかのオヤジがそうだったら、吐きそうだがw、電車でいつも遭遇する、
    いとおしき姉ちゃんだと、おおぅ!と快哉をあげそうになるのである。

    数年前、本屋で立ち読みをしていた。著者は銀座で成功したホステスらしいが、
    なんでも、日々、金を武器に迫るむさ苦しい男に辟易していたら、ある日、
    ナイスミドルな男が現れ、件の女性の悩みに真摯に向き合ってくれたという。

    ホステスは、感極まり、嗚咽とともに泣き崩れ、ついには、男性の優しさに
    体の芯がほてってしまい、肛門からゆるりと、可愛い便がでてしまったという。

    本屋で読んでいて、小さなテントを張ってしまった私自身を苦笑しつつ、
    やさしさは武器なりとつぶやくのである。FX通じて、いい出会いないかな(笑)

  • まったくおっしゃるとおりで。。。
    スワップって、銀行金利などより全然美味しいと思います。
    一枚というと、FXトレーダーの中には、馬鹿にする人もいるんでしょうが、
    現物だったら、立派な1万ドルです!

    銀行預金は、すでに廃れ、国債はともかく?投信なども不安定のなか、美味しい資産という考え方が出来そうですね。まぁ、書いても実践がなかなか。。。w。

    米中貿易戦争で、現金比率を高くと声高に叫んだ、良心的なエコノミストが居て、その通りだと思うのですが、ホントに賢い人は、リスクはチャンスなりと考えて、しっかり儲けているのだなと。

    今、穏やかな感じがしますけど、今度は火柱でなく、直角落下だと思いますね。
    FOMCで、動きがあると仮定すると、その方がしっくりくる。

    ひとつの仮定ですが。。。

  • 米大統領は、結構むちゃだけど、結果論として、ダウは相変わらず高いし、円も104円にくらべたらまとも。。。まあ、どうなるか知らないが。

    9月にFOMCでさらなる利下げするのか焦点でしょうが、これだけ経済指標が良いと、新聞の論調と逆に、下げない可能性すらある気がします。

    素人が時事ニュースをみて、やばいなと思うんだから、大統領が思わないはずがない。なにしろ、再選が目標だという。。。
    日経ほどの格調高い新聞は、たぶん皮肉をいっているに違いない。

    (米中)戦争は、個人投資家の勝利であっても不思議ではないというわけか。

    もし、こんど発言があったとしたら、火柱でなく、つるべ落としだと思う。
    これだけ、口先介入があっても、104円台と106円台の差は、素人が肌感覚
    でわかるレベルだ。

    年始に、憂鬱な気分で、エコノミストを読んでいたが、主席が、104円下限、
    114円上限と、テクニカル指標を基に発言していた。結果論だが、当たっているな。。。

  • 突然のカキコ失礼いたします。切らないほうが良いと思います。
    私も、米国債をかなり持っていました。リーマンショックで、じぇじぇじぇの鬼太郎と思いw、その後80円を割って、苦笑せざるを得ませんでしたが、助かりました。

    FXで46万損は嫌ですが、現物だと、まだまだ!と思っちゃうんですよね。。。

    日本に申し訳ないと思いつつ、やっぱり、国際的地位は下がると思います。
    長期だと、円安方向に向かうなぁと、銀行員の投資部門の担当者と話して、意見が一致した記憶があります。。。

  • FXと関係なくて申し訳ないです。
    ここのカキコしている方の文体が、10年ほど前の、三菱自動車の掲示板で賑やかにしている方に似ていたので、可笑しかった。

    10年前の夏、GSユアサの株が、爆上げして、RSI80以上が一週間続く異常事態があった。私も、さすがに6日は以上と思い、1100円近くで参戦した記憶があるが、とうとう「最後の日」、寄り付きから、さながらFXの火柱もビックリの恐ろしいあげで、数分で、1200円を超えて、あっという間に含み損が、10数万円で、唖然としていた。

    そうしたら、急に力尽きて、そっから怒涛のつるべ落とし!(by みかかの黄門様)
    たしか、980円まで、急落するすさまじさ。私は、途中で利確して、8万ぐらいだったか儲けたが、茫然としてしまい、震えていた記憶があります。

    信用取引のレバレッジは所詮3倍。FXは、25倍もあるのだから、それなりの額をかけたら、人間でなく、IFDなどでシステマティックにしたほうがいいな。

    ヒューマンミスは、気をつけても起きるが、機械は正確だ。

  • うーむ、酔って思ったことを書いたら、顰蹙を買っているようである。
    しかし、どこか違うのか、意見を述べるぐらいしてくれたらどうかなと思う。
    ここに、優秀なトレーダーが居るのは百も事実。だからこそ、ちょっとでも、
    「そこ違うよ」みたいな意見がほしいのだがなぁ。。。

  • アメリカ様は、GAFAがあるのでいいのだと思います。クライスラーと、トヨタへの思いやりかな。。。と(とんでもない)偏見を持って、見守っています。

  • メルケル首相m、中国国家副主席、トランプ大領領、そして、ECBは値下げしないという声明。。。それから、なんだか落ち着いた相場な気がします。火柱相場に慣れてしまったので、一昨日はきつかった。。。昨日は、普通にLで前日の負けをまあまあ取り戻す。今日は? そりゃ、これからですよ!といいつつ。値幅が固いので、難しい、先週は、米中貿易戦争に多くの方が怒っていたが、ダウ平均と、日経見ると、どうもマイルドである。この間に、米大統領は、たくさんの顰蹙をかったはずだ。。。別にここに限らず、N新聞だって、読んでたら怒っている気がしないでもなかった。。。米大統領は、やっぱりしたたかとしかいいようがないと思う。
    年末に向けて、ドル円100円という基調、多くの方が目にしたかと思うが、今のところならないと思う。弘法も筆のあやまりと、親しんでいる新聞を擁護したい。

  • 2019/08/26 17:01

    3勝1敗 全部1枚 L:2回 S:2回 うまい棒、約220本分
    最後ここで、16時ごろ大きなLがあるの知りました。良く考えたらSがあるな。。。と思って、参戦。110本勝ち。 今日は、GDの直前の105.282で、午後の相場でことごとく跳ね返る。ここを割ったら、結構、抜けるかと思ったが、Lが思いのほか強かった。また、チャンスがあったら参戦します。。。

本文はここまでです このページの先頭へ