ここから本文です

投稿コメント一覧 (2576コメント)

  • 第36回 IHSディスプレイ産業フォーラム 第2回 日本FPD業界 - 生き残りのカギは、新顧客開拓と次世代技術開発 マイナビ
    2/21(木) 抜粋

    ○AppleショックのJDI  
    スマートフォン向けLCDパネル出荷数量は、2017年に1.66億枚だったものが、2018年には1.24億枚に減り、2019年にはさらに減少することが予測されるが、具体的な数値までは現時点では予測しがたいと同氏は指摘する。

    特にAppleのiPhone向け需要が期待より少ないため、それを頼みとしているJDIの茂原および白山のモバイル用G6ラインの稼働率は50%を割っていると推測され、極めて厳しい状況にあるといえる。

    JDIはiPhoneにかわる新たな用途として、スマートミラー、ヘッドアップディスプレイ(HUD)、スーパーマーケット用ディスプレイラベル、VR、有機ELウオッチなどさまざまな用途への進出を計画しているが、いずれもビジネス規模が小さい。同社は、有機ELも手掛けようとしており1.57型あるいは1.78型のApple iWatch向けパネルを2019年第4四半期からAppleに納品しようとしているが、製造歩留まりが低く、いまのところAppleからの受注に成功していない。また、JOLEDの能美工場は2020年の稼働を計画しているが、まだ外部から十分な資金を集められてはいない。同社の有機ELの輝度は低く、車載用にはいまのところ向いていないようである。

  • ロツン…。
    今日くらいに、なんかIRでるんちゃうか?

  • アップル不振、日本メーカーに影響広がる=依存度で業績濃淡-収益構造の転換課題に
    2019年02月21日19時51分 時事

     年明け早々に業績予想を引き下げ、世界的な株安を招いた米アップルの不振の影響が、日本メーカーに広がっている。スマートフォン向け部品を供給する電子部品大手は2019年3月期の業績予想を相次ぎ下方修正。5年ぶりの純損益黒字化を目指したジャパンディスプレイ(JDI)も赤字に沈む見通し。各社が受ける打撃の大きさはアップルへの依存度に比例しており、収益構造の見直しが課題となってきた。<下へ続く>

     「非常に重く受け止めている」。JDIの月崎義幸社長は2月中旬、18年4~12月期決算の記者会見で、険しい表情で業績予想の下方修正を発表した。iPhone(アイフォーン)の最新機種である「XR(テンアール)」に採用された新型液晶が黒字化をけん引すると期待していたが、中国での販売不振が要因となってアップルからの受注が急減。10~12月期はフル稼働だった工場の稼働率は、19年1~3月期には5割に落ち込むという。
     カメラ部品などを供給するアルプスアルパインも純利益予想を見込みから4割強下方修正し、オムロンも15%弱引き下げた。井垣勉オムロン執行役員はアップル減産で「設備投資が一段と縮小し、制御機器事業に明確な影響が出た」と話した。

     アップル頼みの危うさが露見するのはこれが初めてではない。13年3月期にも「iPhone5」の販売不振で日本メーカーは打撃を受けた。小型液晶を供給するシャープは当時巨額赤字に陥り、中国メーカーへの販路拡大やタブレット向け中型液晶の強化を加速した。シャープは今回も影響を受けたが、18年4~12月期決算は中型がけん引しディスプレー事業全体で増収を確保した。
     JDIも車載向けの液晶強化でスマホ向けの依存度引き下げに取り組み、アルプスアルパインも車載事業の強化を急いできた。だが、収益構造の転換が進まぬうちに「アップルショック」が直撃し、厳しい経営のかじ取りを迫られている。

  • >>No. 554

    その話し、555番目で投稿すべき。一個早い。

  • >>No. 628

    だが、皆様、ご安心下さい。
    ここは、JDPのドクターイエローと呼ばれた、ふじた君にお任せ下さい。

    そう、「機構、JDPからの完全撤退へのストーリー」を予想しました。
    そのタイトルは「全てはJOLEDへ 〜春の石川が泣いたパン祭り〜」

    それが、こちら→
    台湾・中華軍団が増資により33%保有の筆頭株主に。また、CBを発行し将来的には50%以上の持ち株比率を目指す。

    一方、機構はJOLED株や白山工場などを買い取り、融資との相殺や当面の運転資金などを提供。その買い取り工場と人は、そのままJOLEDへ組込むことで市場から闇へとほうむる。

    新生JDPはチャイナディスプレイへと社名変更し、モバイル生産はファブレスで蒸着OLEDなどの技術を売る会社に。ただし、車載などは、温存。

    その結果、CDPチャイナディスプレイは、売り上げ1500億、営業利益30億、純利益10億規模の会社へと変貌を遂げる。PER 15倍で試算すると、適正株価18円

    …となると、こっちのもの。「楽勝パターン」です。

    その楽勝パターンが、こちら→【GC点灯が買いサイン→トラップゾーン75円〜108円、買い目標40円以下、適正株価18円】

    爆下がり伝説

  • DR.ふじた君の予想では、
    機構は、余裕でJDPを支援してきます。

    それが、こちら→
    一方、機構はJOLED株や白山工場などを買い取り、融資との相殺や当面の運転資金などを提供。その買い取り工場と人は、そのままJOLEDへ組込むことで市場から闇へとほうむる。

    機構にとっては、上場しているJDPを潰すより、JOLEDに移管して潰した方が説明がしやすいし、潰すまでの時間稼ぎも出来る。万が一にもJOLEDが成功すれば上場してまた儲ければよいのだから。

  • >>No. 805

    アホやなぁ。機構がルネサスやJDPを支援してきたから企業再生で儲けるイメージを持ってるポンコツ多いけど、機構の本来の目的は新たな分野にチャレンジする事であり、儲けることは二の次やで。

    せやから、それで失敗してもええという考えのもとにJLOEDは潰しても、痛くも痒くもなく、官僚は説明責任を果たすことができるって算段や。

  • まあ、大丈夫やて。GC点灯していないのに、突然死はないて。

  • >>No. 995

    民主党政権時代に、ココ作ったんちゃうん?

  • ヒント→ふじた君の記憶が正しければ、昨年末くらいに横浜で開催されたフォルシアのJDPディスプレイを使った展示会の報道では、「株価は下がった」よ。これ、既知の情報ですよ。

  • この会社、車載車載と言ってきたけど、思ったほどには伸びていないし。引き合いがすごく来てるといっているが、それは中華メーカーっていうオチです。

  • たとえると、本命はトヨタのカムリなのに、競合させてマツダのアテンザの見積もりもとったところ、アテンザがあまりにも安いので、アテンザを買ってしまったというような引き合いでは?

  • だが、ご安心ください。
    ここは、ふじた君にお任せ下さい。

    日経で法的整理案の記事も出る中、皆様、ご安心下さい。

    直近、資金繰りや独禁法などの問題をクリアするには、3月中旬までは何らかの決定と発表があるはず。
    3Q決算を1日遅らせたのにもそれと関係があり意味があるはず。

    皆さま、「なぜ、決算日を1日遅らせたか理由を知りたいですか?」

  • 「できるできない」ではない、「やるかやらないか」が会社を変える
    2/27(水) 17:30 Forbes

    日本には「不言実行」「沈黙は金」「秘すれば花」などという言葉があるが、私はこの考え方が大嫌いだ。自分の目標や、やりたいことはどんどん口に出すべきだと思っている。常に目標を口にしておくことで、緊張感が生まれるし、自分がいま何をなすべきかを考えることにもなる。

    人が口にした言葉には力がある。人は自分が口にしたことを実現しようとする。私自身、「自分は優秀な経営者になるんだ」と常日頃から口に出していたら、自分でも「優れた経営者になるためにはどうすればいいか」を考えるようになった。…

  • なっ、フォルシアねたは、下落するって言った通り

本文はここまでです このページの先頭へ