IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (2586コメント)

  • 総会が 済めば渡るは 三途の川

  • 建築基準法違反の安物建築を高値で掴まされたオーナーがわんさといることは
    すでにレオパレス自身が認めてる。
    それでもオーナー100人が100人美味しいって言うのかな。
    どちらの情報が自然かな。

  • レオパレス 総会までの 命かな

    総会過ぎりゃ あっちの世界

  • >>建築基準法違反に該当する物件は、1996~2001年に手がけた物件で、設計図では「グラスウール」という断熱材を使うとしていたが、実際には「発泡ウレタン」を充填したパネルを使用していた。共同住宅の界壁に求められる遮音性を満たさない可能性があり、1都15県にある一部の物件が該当する。
    これとは別に、防火性を満たさない物件も確認された。共同住宅の外壁には建築基準法で、準耐火構造か防火構造の仕様が求められているが、別の部材を使用したり、構造上の基準を満たしていなかったりした。
    以上2019/2/7日経新聞より引用

    建築基準法違反の物件、即ち違法建築の改修は業績が回復するまで行わないし、それがいつになるのかさえ明らかにできない。(会社発表)
    なんで、こんな無責任な会社の姿勢を国交省は放置してるのだろう。
    防火構造不備の物件で火災が起きて被害拡大となれば、誰が責任とるのか。
    もしかして、某所にお布施が行われたので、国交省は何も言わないのでは、
    と勘繰りたくもなる。

  • テクニカルってのは、不連続線に対応できないからね。
    ちなみに、一番最新の不連続線はレノ撤退判明。
    次の不連続線は?
    言わなくても分かるよね。

  • 明日、倒産するかもしれない会社の株は
    テクニカルもチャートも関係ありません。

    ♪あーる日、突然 レオパ こけるの

    なのです。

  • そうだね。2000円はいくかもしれんよ。
    但し、1000株でだけど(笑)

  • レオパレスの破綻がほぼ見えてきた今、レオパレスに債権を持つ関係者はどうやって自身の資産を保全すべきか考えるべきでしょうね。
    そこで、2020/3決算B/S負債の部をみて、誰がどのような債権をもってるか考察してみました。
    ・補修工事関連損失引当金 479億円
     これは、建築基準法違反の物件の補修に使うお金ですね。オーナーに帰属すべき 債権です。このままだと違法建築物として放置されかねません。オーナーは早急 に修繕するよう申し立てるべきです。この金額では明らかに足りないですが。
    ・未払い金 149億円
     おそらく、補修工事やその他の建築工事にかかる下請業者への工事代金ですね。 支払われないままだと下請け連鎖倒産にもなりかねません。
    ・前受金及び長期前受金 414億円
     法人契約の保証金と前払い家賃と思われます。契約法人は早急に解約して、他の 業者に乗り換えて資産保全を図るべきですね。
    ・退職給付に係る負債 87億円
     従業員に帰属すべき債権です。6000人分とみると少なすぎるような気が
     しますが。今回の希望退職に応募して退職金の出るうちに退職すべきですね。
    ・長短の借入金 165億円
     もちろん、銀行に帰属するものです。いまの状況なら銀行は借り替えを
     認めないでしょう。
    ・長短の空室損失引当金 159億円
     サブリース逆ざやに備えたものと思われます。オーナーに帰属すべき債権です。
    ・これら以外にリース債務とか社債とかありますが、誰が権利者かはよく分かりません。
    ・最後に株主に帰属すべきもの 
     自己資本の10億8300万円だけですね。
     もっとも現在はマイナスになってますが。売れるうちに売っとくべきです。
     
    以上を見ると、キャッシュ600億円あるからというのがまやかしに過ぎないことは明らかです。長文失礼。

  • 前受金及び長期前受金は法人契約の保証金及び前払家賃だったのですね。
    ちなみに、2019/3決算で長短前受金が465億円あったのに、2020/3決算では
    414億円と51億円、1割以上減ってます。それだけ法人の解約があったということですね。どの口で法人需要は底堅いなどと言ってるのでしょうね。
    この会社、キャッシュが600億円あるから大丈夫などという意見もありますが、
    そのうち414億円は法人から預かってるお金なのですね。
    あと気になるのが未払金の149億円。これは下請けへの補修工事の代金だと思うけど、これだって数ヶ月以内には払わなければならない。
    もちろん、長短の借入金もあるし、サブリース逆ざやでの資金流出もあるし、人員整理の退職金支払いもある。
    補修工事を止めたとしても、資金繰りは火の車なんですね。
    早く第一四半期決算のB/S、P/Lをみたいものです。

  • ありゃ、SMBC日興証券、新規信用買いできない。当社自主規制だって。顧客保護のつもりなのかな。レオパレス買うのは当社は推奨しませんってことか。
    松井証券はOKだったけど。

  • どれどれ、売り玉いっぱい持ってるけど、170円割ったら一部買い建てしてみるかな。もちろん、デイトレで。
    250円以上の売り玉ばかりだし、こういう局面での売り方は余裕だな。

  • 昨日のPTS、185円で買った人、買ったとたんに10円も下げて涙目ですね。
    いつも思うけど、PTSの個人投資家さんの判断、逆の目ばかり出ますね。

    PTS いつも逆の目 涙目だ

  • そう言えば、会社発表として、法人需要が底堅いので、新規契約分は
    月額家賃を1000円値上げするなんて言ってましたね。
    冷静に考えると、このコロナ渦の状況で、法人需要が底堅いわけがない。
    やっぱ、平気で大ウソついてくる会社ってのは本当なんですね。
    前期決算だって、凄い大嘘ついてたことが明らかになったし。
    この会社の発表は絶対に信用してはいけませんね。

  • 有価証券報告書の提出期限は本来6月末なのに、
    コロナの影響で9月末までの延長が認められた。
    レオパレスはこれで救われたね。
    どうせ、9月末にならんと出してこないだろうけど、
    その頃には倒産してる可能性のほうが高いかな。

  • ここって、持ってる土地売ると莫大な評価損が出るよ。
    ちなみに、中野坂上の本社の土地は2941㎡で簿価121億円。
    中野坂上辺りの土地実勢価格は1平米約80万円。
    ま、まとまった土地だから、これよりは高くなるだろうけど、
    平米100万円と見ても、29億円。
    売却すれば、100億円近い売却損が出るよ。
    既に債務超過なのにさらに債務超過が膨らむ。

  • 確かに、修繕引当金479億円は、レオパレスのオーナーに対する借金のようなものですから、オーナーとしては何らかの資産保全をしておくべきでしょうね。
    すでに、大部分が運転資金や赤字の垂れ流しに使われたみたいだし、
    このままじゃ、欠陥住宅のままでレオパレスに倒産されてしまう。
    グアムでも本社土地でも担保に取って置かないと、まずいでしょうね。

  • 債務超過を防ぐ最後の奥の手があります。
    今、固定負債に計上している補修工事関連損失引当金479億円をないものとするのです。すなわち、もうこれから補修は一切行いませんよと宣言します。
    それで、引当金の戻しを行って479億円の利益を計上します。
    国交省や監査法人が認めるかどうかは知れませんが。
    ザイマールが言ってるのはこれに近いものだと思います。
    どうせ479億円で足りるわけはないのだし、ゼロでも構わんだろうという訳ですかね。

  • ちなみに四季報予想だと、増資がなければ、
    今期末に 120億円の債務超過
    来期末には265億円の債務超過
    となります。
    おっと、ほったらかしておくと、来期中に上場廃止ですね。

  • 増資があっても、暴落は免れません。最悪は100%減資後の増資となります。
    良くて、10:1で株式併合したあと1株200円くらいでの増資じゃないのかな。
    けど、増資額は500億円じゃ足りないだろうし、1000億円もこんな会社に注ぎこむような先があるとは思えませんが。増資した先から、どんどん赤字で吸い込まれれいくのに。

  • いえいえ、JALだって、飛行機は普通に飛んでましたし、
    空港に行っても社員は当たり前のように働いてましたよ。

本文はここまでです このページの先頭へ