ここから本文です

投稿コメント一覧 (357コメント)

  • 永守会長が業績悪化を小出しにするのではなく、一気に公表したのが良かったのかも。同社の業績予想は以前から保守的であり、市場は今は最悪期であっても今後良い方への業績修正もありと見たのかもしれない。
    ただ永守会長は「現状を甘く見てはいけない」とも語っていることもあり、自分としては欲というものが出てまだ上がるだろうという気持ちがあり、中々利益確定を実行できないが、撤退時期をうまく見極めなければならないと思っている。

  • 朝方は決算予想の下方修正がネガティブサプライズで990円下落。しかし、その後は戻り歩調に。
    市場では「下げすぎ感から値頃買いなどが入り始めた」(国内証券)ということだが。
    ただ23日の決算発表で減配など発表すればヤバいかも。まあこれは杞憂であって欲しい。自社株買いならいいのだけど。

  • 純利益が減額だったので売り込まれたが、急に動意づいて値を戻しているが、これは全席禁煙で増収増益になったのが改めて評価されたのかどうか。まだ買値には程遠いのだが、この勢いを持続してくれればうれしいのだが。

  • 昨日の決算予想がネガティブサプライズとなり、1000円以上の値下がりもやむなしと覚悟していたが、アメリカの対中関税撤廃を検討しているとの報道の影響もあってか、急速に値を戻しているのには正直言って助かった。
    もし仮に昨日の終値付近もしくはプラ転になれば一応悪材料出尽くしということか。

  • 日経平均株価が引け間際で一気に戻したのは先物にまとまった買戻しが入ったのかどうかはわからないが、こんなジェットコースター相場はたまったものではない。明日は今日の上げ分に利息を付けて下がらなければいいのだが。
    エレク株も売られすぎとは思うのだが、外部環境が落ち着かない限り如何ともしがたし。でもここぞと思ったらイチかバチかで買いを入れたい。

  • 前場中盤から値嵩株に「強烈な売りが出て、買いが引っ込んだ」(国内証券)こと、米国ダウ先物が軟調に推移していることから、日経平均株価は一時19000円を割り込んでしまった。この底なし状態になったため、多くの投資家がポジションを投げざるを得なくなった、ロングポジションだった海外の投資家からの売りも出始めている(ネット証券)。
    とまあ、今日の概況はこんなところだったとのこと。ただ引けで一気に日経平均株価がプラ転したのは先物にまとまった買戻しが入ったのか、あるいはクジラが買い支えたのかもしれない。ただ外部環境は何も変わっておらず、明日は今日の上げ分に利息を付けての下げということにならなければいいが。

  • 今日の上げは所詮は自律反発。でも息切れしてしまって7000台を割ってしまった。外部環境は全く変化なしだし、これじゃしばらくは低迷が続きそう。

  • 10月から12月21日まで30%を超える下落率で個人投資家に追証が発生、売りが売りを呼んで下げが加速したという見方があるが、他の銘柄も同様に総崩れ状態であり、何もSBG株に限ったことではないだろう。
    このままでは6千円台になってしまう可能性大だが、果たしてそこで下げ止まるかどうか。現状ではNY株式市場は下げ止まるとは到底思えないし、落ちてくるナイフは掴むなという格言もあるし・・・。でも如何せん売られすぎとは思うので、伸るか反るかで打診買いはしようかと考えている。

  • 「株安が個人消費に悪影響を及ぼすとの見方から資生堂を始め個人消費関連株が売られた」(国内証券)とのことだが、これだけ急落しているので個人投資家間には追証が発生し、損切に追い込まれている状態だろうから、他の銘柄も言うに及ばずだろう。
    ただリバウンドもあるだろうが、これは一時的なことだろうね。ただここぞと思ったところでは、イチかバチか買いを入れてみようと考えている。

  • 10月初めから12月21日の安値まで30%を超える大幅な下げで個人投資家の間に追証が発生し、損切の売り物も下げを加速させたという見方(ネット証券)があるが、これは何も任天堂株に限ったことではないだろう。他の銘柄も同様なこと。すでに自分はゲームオーバー状態。信用は撤退し現物のみを握って静観せなしゃーない。
    ニューヨーク株式市場は米中貿易摩擦とトランプの迷走で、下げ止まる気配はまだまだないように見受けられるし、来年は景気減速というより景気後退に入っていくのは間違いないので、日本株にとっては最悪の展開になるだろうと危惧している。それにしても政府の危機感のなさには呆れる。おそらく消費税増税は撤回に追い込まれるだろうかも。

  • PERから見ても明らかに売られすぎ状態だけど、SOX指数は下げ止まらず、円高も進行しているからまだ下値不安は付きまといそう。ここまで日経平均株価が急落したのだから一度はリバウンドもあるとは思うが、米国株式市場はまだまだ下値がありそうなのでどうなることやら。ここまで下げたのだから一応買ってはみたが、今は早まったと後悔している。まさかこんな相場になるとは思わなかったので。
    政府首脳は今日の株価急落について「経済のファンダメンタルズは堅調」とか「大きな心配はしていない」、株価下落の要因について米中貿易摩擦を巡る不透明な情勢を挙げて、「株価は過度に反応しすぎているのではないか」
    とまあ、案外楽観視しているコメントを出しているが、能天気なことを言っていていいのかな。

  • 「売り出し株の販売が難航した噂が流れ、19日は買いが入りにくかった」
    「悪いのは外部環境ではなく、割高な公開価格だった」
    「予想PERがドコモやKDDIと比較して割高、目先は公開価格を上回っていくイメージは描きにくい」「長期保有しても期待した程の配当利回りを得られないのではないか」という不安心理が高まった・・・など、今日の市場では以上のことが言われているようだが、今更こんな御託を並べても遅いわ。
    まあ、証券会社が必要以上に熱心に勧めた株は大抵はドボン。それを疑心暗鬼ながら買った自分もマヌケということ。
    多分海外機関投資家や国内年金基金や上場投資信託の運用業者は、公募で買った個人が投げた後安値で拾うだろうな。結局はそれが正解ということか。

  • 同社株はビジョン・ファンドなどを通じて米ハイテク企業に投資しているから、日本株の中でも米ナスダック安は同社株の株価の逆風要因として強く意識されやすいこと。また明日上場のソフトバンク株もあの大規模通信障害や華為技術のCFO逮捕などミソを付けていることから、「投資家からの応募が期待したほど集まっていない」という見方も出ていることが上値抑制要因になっている。とまあ、下がる要因はなんぼでもあるということ。
    こちとらもういい加減にして欲しいという心境。

  • 今日の大幅な下げは「直近で買った個人投資家の損切の売り」(国内証券)と観測されている。
    でも自分は売りたくても売れなというか、今損切したらさっそく反発するかも。だからじっとしていなければしゃーない状態。

  • ファーウェイ副会長の逮捕、これによって同社とロボットにおける5Gの活用に向けた実証実験を行っていることで連想売りが出た、それとソフトバンクの携帯電話回線大規模な通信障害、とまあSBG株にとっては踏んだり蹴ったりでの状態だったということ。ソフトバンク株の公募割ればないだろうと思っているが、地合いによっては微妙な感じか。
    ただ今日の日経平均株価の大幅な下げは先物主導の仕掛け的な売り崩しだったようで、今日米国株式市場が下落しても日本株は前倒しで大幅下落しているので、明日は比較的落ち着いた動きになるかもしれないと淡い期待を持っているのだが。

  • ファーウェイ副会長がカナダ当局に逮捕されたことから、この幹部の逮捕が同会社のスマートフォン事業に影響を及ぼすと見込まれるため、スマートフォンに関連しそうな銘柄は売り込まれたということ。
    またこの一件が米中通商協議の新たな火種になる懸念があることも影響しているみたい。
    業績に関係ない降って湧いたような出来事など予想できる筈はないだろう。ダメだこりゃという気分。

  • 2018/12/04 15:12

    25日移動平均線(4706円)に上値を抑えられたことから、戻りの鈍さから見切り売りが嵩んでいること、米中貿易摩擦の懸念が払しょくされていないこと、中国景気に減速感が出ていることも影響している。
    また日経平均株価が短期間で大幅に上げていることからのスピード調整、米国株式市場の先物が下げていること、ソフトバンク上場による換金売りなど下げの理由は色々あるが、相場が落ち着けばリバウンドもあっても然るべきか。

  • 30050円から35080円まで短期間で約17%も上げたことから、短期急騰による警戒感から利益確定売りが膨らんだ、また銀行系証券によるとソフトバンク上場による換金売りも出ているとのこと。
    今日の下げは業績悪化とか悪材料が出たいうものではないため、相場が落ち着けば戻りも早いかも。ソフトバンク購入のための換金売りは他の銘柄も出ているが、万が一ソフトバンクが公募割するようなことになれば、何のために売ったのかわかんないとならなければいいのだが。

  • ここ数日下げているけれど、特段売り材料というものは出ておらず、一部機関投資家の持ち高調整の売りという観測が出ている。明日から三連休に入り米国株式市場も休場だから買い手控えムードもあるしね。
    来週あたりには反発してもいいと思うけれども。

  • ここ2,3日の動きを見ていると1400円台後半で底値を打ったのではないかという感じ。PERは4.55倍であり、売られすぎ感はあることは間違いなく、好業績に関係なく材料出尽くしとか地合いの悪化で下げていたのだから、いい加減に反転上昇し続けて欲しい。

本文はここまでです このページの先頭へ