ここから本文です

投稿コメント一覧 (393コメント)

  • 今日買わなければ、値付かずで3000円超で買うことになるぞ!!

    後は神のみぞ知る。

  • 大黒屋ホールディングス <6993> [東証2]
    国内の出張買取・質屋事業を強化する。

    やっと事業に積極性が出てきたね!!

  •  シリコンスタジオ <3907> がこの日の取引終了後、米グーグルが提供する新たなゲームプラットフォーム「STADIA」に、ミドルウェア「YEBIS(エビス)3」の提供を開始したと発表した。

     「YEBIS」シリーズは、3D/2Dのグラフィックスに対し、グレアや被写界深度、モーションブラー、レンズエフェクト(光学シミュレーション)、フィルム/感光効果、カラーコレクション、アンチエイリアスなどを掛けることができるポストエフェクトミドルウェア。新たなゲームプラットフォームへの対応を開始することで、同社では更なるビジネス拡大を図るとしている。

    このニュースで株価が上昇に向かえば良いね!!

  • リプロセル <4978
    > 、同社と順天堂大学による共同事業「ヒトiPS細胞由来神経細胞の成熟老化促進培地および創薬応用可能な評価方法の開発」が、NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)公募事業に採択される

    良いニュースですね!!
    株価の刺激になりますように・・・・・・・

  • ユーグレナ <2931> 、スキンケアブランド「one(ワン)」から、加水分解ユーグレナエキスなどの美容成分入り先行美容液「oneディープセラム」を10月1日から同社ECサイトで発売
     
    販売に積極性が出てきたね!!
    先日の幸楽苑に続き今回の発表いいですね!!

  • ヤマシンフィルタ<6240
    >が急騰。同社は19日、アクシー(本社:大阪府大阪市)の株式を取得し、完全子会社化すると発表した。
     株式取得に伴い同社グループにアクシーが合流することで、事業ポートフォリオにエアフィルタ分野が加わり、第2の事業の柱が創出されるとしている。

    第二の柱が出来たバンザイ!!

  • ユーグレナ<2931
    >が大幅に6日ぶり反発。同社は19日、幸楽苑ホールディングス<7554>と共同で微細藻類である石垣産ユーグレナ(和名:ミドリムシ)とヤエヤマクロレラ入りのオリジナル麺を開発し、期間限定で発売すると発表した。
     「健康」と「環境」に配慮した取り組みを推進するとして、栄養バランスが良いユーグレナつけめんを20日から幸楽苑全店で提供を開始する。

    栄養バランスが良いのであれば、俺も幸楽苑に食べに行こう。
    このごろ太りすぎだから・・・・・

  • ブライトパス・バイオ<4594
    >が続急騰している。19日の取引終了後、信州大学と固形がんを対象としたCAR-T細胞療法の臨床開発を目的として、共同研究開発契約を締結したと発表しており、これが好感されている。CAR-T細胞療法はがん免疫療法の一つで、免疫細胞であるT細胞にがん抗原を認識する受容体を、ウイルスベクターなどをもちいて遺伝子導入することでがんの排除能を高めた医薬品。今回の共同開発では、同大学小児医学教室の中沢洋三教授及び京都府立医科大学小児科の柳生茂希助教らが製法を確立したがん抗原HER2を認識するHER2-CAR-T細胞を治験薬として、骨肉腫患者を対象とする医師主導治験の実施準備に入るとしており、20年度内に医師主導治験を開始する予定としている。

    実現すればすごい戦力になるね!

  • ブライトパス・バイオ <4594> [東証M]
    信州大学と固形がんを対象としたCAR-T 細胞療法の臨床開発で共同研究開発契約を締結。

    良い結果が出ればよいね!

  • ヤマシンフィルタ <6240
    > がこの日の取引終了後、エアフィルタ専門メーカーのアクシー(大阪市住之江区)の全株式を8月23日付で取得し、完全子会社化すると発表した。

     今回の子会社化は、事業ポートフォリオにエアフィルタ分野を加えることで、第2の事業の柱を創出するのが狙い。また、ヤマシンFが量産化技術を確立した合成高分子系ナノファイバー「YAMASHIN NANO FILTER」と、アクシーが培ってきた空調エアフィルタ市場での優れた開発力・製造技術及び豊富な販売チャネルとの掛け合わせにより、「総合フィルタメーカへの飛躍」を加速させるとしている。取得価額は非開示。なお、20年3月期業績への影響は現在精査中としている。

    業績が拡大する事を願っております。

  • ACCESS <4813
    >  793円  +12 円 (+1.5%)  本日終値
     ACCESS<4813
    >が3日ぶりに反発。この日、「ACCESS Twine for Car(Twine4Car)」を介してドイツの自動車業界向けにテレビ向けコンテンツを配信することで、米メディア企業のバイアコム・インターナショナル・メディア・ネットワークス社(ニューヨーク)と業務提携したと発表しており、これを好感した買いが入った。この提携に基づき、ACCESSは「MTV」、コメディ中心の「コメディ・セントラル」、幼児・児童向け「ニコロデオン」などバイアコム社が保有するドイツ語版テレビ向けリニア・チャンネル(放送波と同時にコンテンツをIP配信するチャンネル)の版権を取得。ドイツの自動車メーカーにより開発される車載向けにリニア配信するとしている。

    これを材料に株価が少しでも右肩上がりになると良いね!

  • 中本パックス <7811> は狙い場となりそうだ。チャート上では、年初来安値(1392円、8月6日)で底入れし、さらに予想配当利回りが年3.9%台と高く、今月28日の権利付き最終日に向けて、配当狙いの買いも期待されるためだ。

     グラビア印刷加工会社で、コンビニ向け弁当容器やレンジ用容器などの食品関連から、自動車内装材、医療・医薬、建材、生活資材まで幅広く展開している。20年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は前年同期比1.0%増の4億7100万円だった。コンビニ向け中心に食品向け包装が堅調に推移した。

     一方、通期予想は前期比9.8%増の18億5000万円を見込んでいる。埼玉新工場の稼働効果が本格化し、IT関連分野などでの伸びが見込まれる。人件費や輸送費なども上昇するが、増収効果で吸収する。

    これから反転上昇するとよいね!

  • ニュース速報 No-2

    がんペプチドワクチン「GRN-1201」のメラノーマ対象第1相臨床試験の結果、主要評価項目である安全性・忍容性及び副次評価項目の免疫応答が確認できたと発表している。また、現在進められている第2相臨床試験では、ペンブロリズマブの併用により単剤の場合を上回るがん免疫誘導が発揮され、主要評価項目の奏効率に結びつくことが期待されているという。発表を受けて新薬開発に対する期待が高まり、買いが膨らんでいる。

    今後に期待!!

  • ニュース速報!!

    ブライトパス・バイオ <4594> [東証M]
    米国で実施していたがんペプチドワクチン「GRN-1201」のメラノーマを対象とする第1相臨床試験で、主要評価項目の良好な安全性・忍容性と副次評価項目の免疫応答を確認。

    少しでも株価が上がるとよいね。

  • 何度見ても良い【IR】

    そーせいグループ<4565>が急伸し年初来高値を更新した。午前10時ごろ、武田薬品工業<4502
    >と複数ターゲットを対象にした研究開発・製品化に関する戦略的提携契約を締結したと発表しており、これを好感した買いが入った。今回の提携は、Gタンパク質共役受容体(GPCR)ターゲットに作用する低分子およびバイオ医薬品を含む新規医薬品の研究開発・製品化を目指すのが狙い。また提携に伴い、そーせいは契約一時金と初期マイルストン合計で最大2600万ドル(約27億8600万円)を受け取ることになるほか、契約期間にわたる研究開発に対する支払いに加えて、開発・販売及び販売高の目標の達成に応じて、総額12億ドル(約1286億円)を超えるマイルストンや、同提携から生み出され、武田薬品が権利を得る製品の販売高に応じた段階的ロイヤルティーを受け取る権利を有することになるとしている。

  • 企業はイメージが大切です。
    店舗の前にイメージキャラクターとして打ち出の小槌を持った大黒様を置いて
    来客様に運がつくイメージを植え付けて大黒屋HDを広く一般の人に知ってもらったらどうでしょうか?
    株価がずっと100円以下なんてどうしても耐えられません。

  • 業績の報告(2)

    イグニス
    19年9月期黒字化予想
     
     19年9月期連結業績予想は、売上高が18年9月期比23.1%増の60億円、営業利益が30百万円の黒字(18年9月期は25億32百万円の赤字)、経常利益が10百万円の黒字(同25億71百万円の赤字)、純利益が5百万円の黒字(同26億51百万円の赤字)としている。
     
     第2四半期累計は売上高が前年同期比9.9%増の27億15百万円、営業利益が5億14百万円の赤字(前年同期は6億66百万円の赤字)だった。なお第2四半期累計においても損失を計上し、継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせる状況が存在している。
     
     通期は増収効果で黒字化予想である。収益改善を期待したい。
     
    ■株価は反発の動き
     
     株価は軟調展開だったが、6月の直近安値圏から反発の動きを強めている。底打ちした可能性がありそうだ。7月30日の終値は1306円、時価総額は約191億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

  • 業績の報告

    イグニス <3689
    > (東マ)はオンライン恋愛・婚活サービスとスマホ向けゲームを主力としている。19年9月期黒字化予想としている。収益改善を期待したい。株価は6月の直近安値圏から反発の動きを強めている。底打ちした可能性がありそうだ。
     
    ■オンライン恋愛・婚活サービスとスマホ向けゲームが主力
     
     オンライン恋愛・婚活サービス「with」のコミュニティ事業、スマホ向けゲームのネイティブゲーム事業を主力として、求人マッチングサービスやモビリティサービス・プラットフォームも展開している。また新規事業として子会社でVR(仮想現実)事業を展開し、さらに孫会社を設立して芸能プロダクション領域も始動する。

  • ★12:32  セガサミー-後場買い気配 1Q営業益3.6倍 エンタテインメントコンテンツ事業が好調
     セガサミーホールディングス<6460>が後場買い気配。同社は30日11時30分に、20.3期1Q(4-6月)の連結営業利益は34.1億円(前年同期比3.6倍)だったと発表した。
     エンタテインメントコンテンツ事業が、デジタルゲーム分野においる一部既存タイトルの好調や、タイトルの譲渡などによる収益計上などにより、大幅な増益となったことが寄与した。

    黒字企業に大変身して下さい。

  • 午後から売り方を焼き尽くす大逆襲が始まるか?・・・・・

本文はここまでです このページの先頭へ