IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

投稿コメント一覧 (1078コメント)

  • アンジェスは高血圧ワクチン、コロナワクチン等のワクチンで大変貌を遂げようと

    しています。

    株価が下がる要因は何も在りません。

  • 中村超硬は「ナノゼオライト」で大変貌を遂げようとしています。

    株価が下がる要因は何も在りません。

  • アンジェスは日本国のため多くの企業と連携しより良いワクチンを作ろうと
    しています。

    <アンジェス連合 コロナDNAワクチン・治療薬開発>
    ・開発:大阪大学とアンジェス(マザーズ)
    ・免疫強化剤:株式会社ファンペップ(ペプチド技術)
    ・製造:タカラバイオ株式会社(東証1部)
    ・抗体価測定:ペプチド研究所
    ・非臨床試験:株式会社新日本科学(東証一部)
    ・皮内接種 :株式会社ダイセル(東証1部)
    ・治験、臨床研究:大阪市立大学医学部附属病院との連携
    ・臨床試験の運営と管理:EPS ホールディングス(東証1部)
    ・抗体誘導ペプチド推定AI :フューチャー社(東証1部)
    ・スリーディ・マトリック株式会社の参画
    ・AGC と Cytiva の参画
    ・(株)カネカが製造分野でタカラバイオに続き参画
    ・日本医療研究開発機構(AMED)の採択
    ・日臨床試験での動物へのワクチン投与での抗体価上昇の報告
    ・大阪府知事・日本医師会会長の肝入り事業

    企業、団体、政府一丸となったオールジャパンでの取り組みで成果を出そう
    としています。

    菅首相はコロナ撲滅内閣とすると共に実行内閣にするとしました。

    アンジェスは国策として国から後押しをしてもらえるでしょう。

  • ニュース!!

    トレンダーズ <6069> [東証M]
    保有する営業投資有価証券の売却に伴い、21年3月期第2四半期に売却益1億円を営業利益に計上する。

  • アンジェスは日本国のため多くの企業と連携しより良いワクチンを作ろうと
    しています。

    <アンジェス連合 コロナDNAワクチン・治療薬開発>
    ・開発:大阪大学とアンジェス(マザーズ)
    ・免疫強化剤:株式会社ファンペップ(ペプチド技術)
    ・製造:タカラバイオ株式会社(東証1部)
    ・抗体価測定:ペプチド研究所
    ・非臨床試験:株式会社新日本科学(東証一部)
    ・皮内接種 :株式会社ダイセル(東証1部)
    ・治験、臨床研究:大阪市立大学医学部附属病院との連携
    ・臨床試験の運営と管理:EPS ホールディングス(東証1部)
    ・抗体誘導ペプチド推定AI :フューチャー社(東証1部)
    ・スリーディ・マトリック株式会社の参画
    ・AGC と Cytiva の参画
    ・(株)カネカが製造分野でタカラバイオに続き参画
    ・日本医療研究開発機構(AMED)の採択
    ・日臨床試験での動物へのワクチン投与での抗体価上昇の報告
    ・大阪府知事・日本医師会会長の肝入り事業

    企業、団体、政府一丸となったオールジャパンでの取り組みで成果を出そう
    としています。

    菅総理はコロナ撲滅内閣にするとともに実行内閣としました。

    アンジェスにも国策としての後押しが有ると思います。

  • 中村超硬は「ナノゼオライト」で大変貌を遂げようとしています。

    「ナノゼオライト」を利用したマスクは品切れ状態です。

    株価が下がるなんて納得いきません。

  • アンジェスは日本国のため多くの企業と連携しより良いワクチンを作ろうと
    しています。

    <アンジェス連合 コロナDNAワクチン・治療薬開発>
    ・開発:大阪大学とアンジェス(マザーズ)
    ・免疫強化剤:株式会社ファンペップ(ペプチド技術)
    ・製造:タカラバイオ株式会社(東証1部)
    ・抗体価測定:ペプチド研究所
    ・非臨床試験:株式会社新日本科学(東証一部)
    ・皮内接種 :株式会社ダイセル(東証1部)
    ・治験、臨床研究:大阪市立大学医学部附属病院との連携
    ・臨床試験の運営と管理:EPS ホールディングス(東証1部)
    ・抗体誘導ペプチド推定AI :フューチャー社(東証1部)
    ・スリーディ・マトリック株式会社の参画
    ・AGC と Cytiva の参画
    ・(株)カネカが製造分野でタカラバイオに続き参画
    ・日本医療研究開発機構(AMED)の採択
    ・日臨床試験での動物へのワクチン投与での抗体価上昇の報告
    ・大阪府知事・日本医師会会長の肝入り事業

    企業、団体、政府一丸となったオールジャパンでの取り組みで成果を出そう
    としています。

    西村大臣がタカラバイオのワクチン製造工程を視察しました。

    新しい菅総理と厚労大臣から官房長官になった加藤大臣がコロナ撲滅内閣と

    して稼働始めました。これから後押しが有るでしょう。

  • ニュース!!

    日本アジア投資 <8518>。14日の取引終了後、ベトナムに280支店を展開するベトナム海運商業銀行(ハノイ市)及びアジアンマーケット企画(東京都千代田区)と協力協定を締結したと発表した。今回締結した協力協定は、日系その他のアジア企業に対するクロスボーダービジネスやベトナム企業とのM&Aニーズに関連する銀行サービスその他の資本提携機会を提供することが目的。日本アジア投資では現在、投資先の日本企業の海外進出支援とアジア企業の対日投資のサポートや、日本とアジアのクロスボーダーM&A業務を展開しており、そのためのアジアネットワークを強化しているが、今回の協力協定もその一環としている。

  • ニュース!!

    日本アジア投資<8518>は14日、ベトナムの商業銀行Vietnam Maritime Commercial Joint Stock Bank(ハノイ市 以下、MSB)および、アジアンマーケット企画(東京都千代田区 以下、AMP)との協力協定を締結したと発表した。

     MSBはベトナム全土に280支店を展開し、約4万5000社の法人顧客、ベトナムに進出している日系企業を含め大手900社との取引実績があり、AMPは企業のアセアン進出支援やM&Aアドバイザリーを行っているという。

     今回の協力協定を通じ、日系その他アジア企業に対してクロスボーダービジネスやベトナム企業とのM&Aニーズに関連する銀行サービスなどで、資本提携機会の提供を行う方針としている。

  • アンジェスは日本国のため多くの企業と連携しより良いワクチンを作ろうと
    しています。

    <アンジェス連合 コロナDNAワクチン・治療薬開発>
    ・開発:大阪大学とアンジェス(マザーズ)
    ・免疫強化剤:株式会社ファンペップ(ペプチド技術)
    ・製造:タカラバイオ株式会社(東証1部)
    ・抗体価測定:ペプチド研究所
    ・非臨床試験:株式会社新日本科学(東証一部)
    ・皮内接種 :株式会社ダイセル(東証1部)
    ・治験、臨床研究:大阪市立大学医学部附属病院との連携
    ・臨床試験の運営と管理:EPS ホールディングス(東証1部)
    ・抗体誘導ペプチド推定AI :フューチャー社(東証1部)
    ・スリーディ・マトリック株式会社の参画
    ・AGC と Cytiva の参画
    ・(株)カネカが製造分野でタカラバイオに続き参画
    ・日本医療研究開発機構(AMED)の採択
    ・日臨床試験での動物へのワクチン投与での抗体価上昇の報告
    ・大阪府知事・日本医師会会長の肝入り事業

    企業、団体、政府一丸となったオールジャパンでの取り組みで成果を出そう
    としています。アンジェスは日本国のため多くの企業と連携しより良いワクチンを作ろうと
    しています。

    <アンジェス連合 コロナDNAワクチン・治療薬開発>
    ・開発:大阪大学とアンジェス(マザーズ)
    ・免疫強化剤:株式会社ファンペップ(ペプチド技術)
    ・製造:タカラバイオ株式会社(東証1部)
    ・抗体価測定:ペプチド研究所
    ・非臨床試験:株式会社新日本科学(東証一部)
    ・皮内接種 :株式会社ダイセル(東証1部)
    ・治験、臨床研究:大阪市立大学医学部附属病院との連携
    ・臨床試験の運営と管理:EPS ホールディングス(東証1部)
    ・抗体誘導ペプチド推定AI :フューチャー社(東証1部)
    ・スリーディ・マトリック株式会社の参画
    ・AGC と Cytiva の参画
    ・(株)カネカが製造分野でタカラバイオに続き参画
    ・日本医療研究開発機構(AMED)の採択
    ・日臨床試験での動物へのワクチン投与での抗体価上昇の報告
    ・大阪府知事・日本医師会会長の肝入り事業

    企業、団体、政府一丸となったオールジャパンでの取り組みで成果を出そう
    としています。

    西村大臣がタカラバイオのワクチン製造工程を視察しました。

    国策として着々と前進しています。

  • アンジェスは日本国のため多くの企業と連携しより良いワクチンを作ろうと
    しています。

    <アンジェス連合 コロナDNAワクチン・治療薬開発>
    ・開発:大阪大学とアンジェス(マザーズ)
    ・免疫強化剤:株式会社ファンペップ(ペプチド技術)
    ・製造:タカラバイオ株式会社(東証1部)
    ・抗体価測定:ペプチド研究所
    ・非臨床試験:株式会社新日本科学(東証一部)
    ・皮内接種 :株式会社ダイセル(東証1部)
    ・治験、臨床研究:大阪市立大学医学部附属病院との連携
    ・臨床試験の運営と管理:EPS ホールディングス(東証1部)
    ・抗体誘導ペプチド推定AI :フューチャー社(東証1部)
    ・スリーディ・マトリック株式会社の参画
    ・AGC と Cytiva の参画
    ・(株)カネカが製造分野でタカラバイオに続き参画
    ・日本医療研究開発機構(AMED)の採択
    ・日臨床試験での動物へのワクチン投与での抗体価上昇の報告
    ・大阪府知事・日本医師会会長の肝入り事業

    企業、団体、政府一丸となったオールジャパンでの取り組みで成果を出そう
    としています。

    国策に売りなし、国策に売りなし、国策に売りなし、・・・・・・・・・

  • ニュース!!

    アルデプロ <8925> [東証2]
    今期経常は9%増益、1円増配へ。

  • ニュース!!

    日本アジア投資 <8518>
    ベトナムに280支店を展開する商業銀行Vietnam Maritime Commercial Joint Stock Bankと協力協定を締結。

  • ニュース!!

     アルデプロ <8925> [東証2] が9月14日大引け後(15:00)に決算を発表。20年7月期の連結経常損益は23.5億円の黒字(前の期は18.8億円の赤字)に浮上し、21年7月期の同利益は前期比9.3%増の25.7億円に伸びる見通しとなった。

     同時に、今期の年間配当は前期比1円増の1.5円に大幅増配する方針とした。

     直近3ヵ月の実績である5-7月期(4Q)の連結経常損益は7.4億円の黒字(前年同期は3.5億円の赤字)に浮上し、売上営業損益率は前年同期の-18.9%→20.1%に急改善した。


  • ミリ波帯で伝送損失が低く、柔軟性に優れる

     住友電気工業は2020年9月、ミリ波帯において伝送損失が低く、柔軟性にも優れたフッ素樹脂のフレキシブルプリント基板(FPC)「FLUOROCUIT(フロロキット)」を開発し、量産化に成功したと発表した。5G(第5世代移動通信)システムなどミリ波帯を利用する用途に提案していく。

     フッ素樹脂は、誘電率や誘電正接が低い。高周波基板などに採用が進む液晶ポリマー(LCP)に比べ、伝送損失をさらに小さくできる。例えば、40GHz帯での伝送損失は40%程度である。しかも、周波数が高くなればなるほど、その特性を生かすことができる。ただ、これまでは加工が難しく生産性に課題があったという。

     住友電工グループはこれまで、フッ素樹脂の加工に長年取り組み、さまざまな製品を開発してきた。今回は、これまで得てきた知見や加工技術を生かし、加工が難しいとされていたフッ素樹脂FPCの量産を可能にした。柔軟性にも優れており、曲面実装が必要な配線などに適している。

     新製品は、データセンターでの配線を始め、5G基地局や端末機器のアンテナや配線材、レーダー、センサーなどへの採用を提案して

  • アンジェスは日本国のため多くの企業と連携しより良いワクチンを作ろうと
    しています。

    <アンジェス連合 コロナDNAワクチン・治療薬開発>
    ・開発:大阪大学とアンジェス(マザーズ)
    ・免疫強化剤:株式会社ファンペップ(ペプチド技術)
    ・製造:タカラバイオ株式会社(東証1部)
    ・抗体価測定:ペプチド研究所
    ・非臨床試験:株式会社新日本科学(東証一部)
    ・皮内接種 :株式会社ダイセル(東証1部)
    ・治験、臨床研究:大阪市立大学医学部附属病院との連携
    ・臨床試験の運営と管理:EPS ホールディングス(東証1部)
    ・抗体誘導ペプチド推定AI :フューチャー社(東証1部)
    ・スリーディ・マトリック株式会社の参画
    ・AGC と Cytiva の参画
    ・(株)カネカが製造分野でタカラバイオに続き参画
    ・日本医療研究開発機構(AMED)の採択
    ・日臨床試験での動物へのワクチン投与での抗体価上昇の報告
    ・大阪府知事・日本医師会会長の肝入り事業

    企業、団体、政府一丸となったオールジャパンでの取り組みで成果を出そう
    としています。

    西村大臣がタカラバイオのワクチン製造ラインを視察したそうです。

    国策として着々と推移しております。

  • ニュース!!

    ミリ波帯で伝送損失が低く、柔軟性に優れる

     住友電気工業は2020年9月、ミリ波帯において伝送損失が低く、柔軟性にも優れたフッ素樹脂のフレキシブルプリント基板(FPC)「FLUOROCUIT(フロロキット)」を開発し、量産化に成功したと発表した。5G(第5世代移動通信)システムなどミリ波帯を利用する用途に提案していく。

     フッ素樹脂は、誘電率や誘電正接が低い。高周波基板などに採用が進む液晶ポリマー(LCP)に比べ、伝送損失をさらに小さくできる。例えば、40GHz帯での伝送損失は40%程度である。しかも、周波数が高くなればなるほど、その特性を生かすことができる。ただ、これまでは加工が難しく生産性に課題があったという。

     住友電工グループはこれまで、フッ素樹脂の加工に長年取り組み、さまざまな製品を開発してきた。今回は、これまで得てきた知見や加工技術を生かし、加工が難しいとされていたフッ素樹脂FPCの量産を可能にした。柔軟性にも優れており、曲面実装が必要な配線などに適している。

     新製品は、データセンターでの配線を始め、5G基地局や端末機器のアンテナや配線材、レーダー、センサーなどへの採用を提案していく。

  • ニュース!!

    黒谷 <3168> が9月11日大引け後(15:00)に業績修正を発表。20年8月期の連結経常損益を従来予想の3億4800万円の黒字→5億6000万円の黒字(前の期は2億8900万円の赤字)に60.9%上方修正した。

     会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した3-8月期(下期)の連結経常損益も従来予想の2000万円の赤字→1億9200万円の黒字(前年同期は2800万円の赤字)に増額し、一転して黒字に浮上する計算になる。

  • ニュース!!

    NTT<9432>日本経済新聞電子版は11日14時、同社とKDDI<9433>が災害時の通信インフラの復旧などで連携する協定を結んだと報じた。

     記事によれば、両社は海底ケーブルの敷設船を2隻ずつ保有しており、基地局や発電機などの共同運搬などで手を組むという。被災地への物資の搬送スピードを速め、設備復旧の妨げになる障害物の除去でも連携する。また新型コロナウイルスで日本の雇用が減っており、就労支援でも手を組むとしている。

  • アンジェスは日本国のため多くの企業と連携しより良いワクチンを作ろうと
    しています。

    <アンジェス連合 コロナDNAワクチン・治療薬開発>
    ・開発:大阪大学とアンジェス(マザーズ)
    ・免疫強化剤:株式会社ファンペップ(ペプチド技術)
    ・製造:タカラバイオ株式会社(東証1部)
    ・抗体価測定:ペプチド研究所
    ・非臨床試験:株式会社新日本科学(東証一部)
    ・皮内接種 :株式会社ダイセル(東証1部)
    ・治験、臨床研究:大阪市立大学医学部附属病院との連携
    ・臨床試験の運営と管理:EPS ホールディングス(東証1部)
    ・抗体誘導ペプチド推定AI :フューチャー社(東証1部)
    ・スリーディ・マトリック株式会社の参画
    ・AGC と Cytiva の参画
    ・(株)カネカが製造分野でタカラバイオに続き参画
    ・日本医療研究開発機構(AMED)の採択
    ・日臨床試験での動物へのワクチン投与での抗体価上昇の報告
    ・大阪府知事・日本医師会会長の肝入り事業

    企業、団体、政府一丸となったオールジャパンでの取り組みで成果を出そう
    としています。

    ここの努力、成果を認めない人々を驚くような株価上昇でふるい落として下さい。

本文はここまでです このページの先頭へ