ここから本文です

投稿コメント一覧 (9コメント)

  • 日本の電機産業を取り上げるシリーズ「日本の電機再び飛べるか」。2回目の今回は老舗オーディオメーカーのオンキヨーです。

    オンキヨーのスピーカーが憧れだったという人も多いのではないでしょうか?
    そのオンキョーがいま苦境に喘いでいます。
    生き残るために選んだ道は黒子役でした。

    東京・新宿の家電量販店。
    オーディオコーナーでお客様が耳を傾けているのはオンキヨーのスピーカー。

    オンキヨーと書いてあると安心。「ああオンキヨーか」と思う。

    オンキヨーは小さい頃からの憧れ。

    持っていると音が好き、音にこだわりがある人というイメージ。

    しかし、

    音響機器にこだわりが全くない。

    家で聞くとき全部iPhoneで聞くから全然分からない。

    オンキヨーは売上の8割以上を市販のオーディオ機器に依存していますが、スマートフォンの普及でその市場はこの10年間でおよそ6割減少。
    こうした結果、5年連続の最終赤字。

    11月9日に発表した中間決算でも本業の儲けを示す営業利益は依然赤字のままです。
    なぜここまで追い込まれてしまったのか?

    オンキヨーの宮田幸雄副社長は、
    要因が分かっていたらこんな会社になりません。
    市場の変化に対応できなかった、それがいま苦戦している最大の要因。

    創業70年を超える老舗企業に巻き返しの手はあるのでしょうか?

    裏、黒子に徹する方がオンキヨーにとって生きる道。
    OEM、つまり自社ではなく他社ブランドの商品を作って生き残ろうというのです

    オンキヨーのOEMでの売り上げは現在1割程度。今後はこれを9割まで引き上げるとしています。
    大阪・寝屋川の住宅地。
    この場所で最先端のOEM部品が開発されています。

    オンキヨーの先行開発課、久本禎俊さん、
    ここは「無響室」といって、部屋の壁の反射、音の反射を抑えてスピーカーの素の音をはかる部屋。

    行われていたのはOEMスピーカーの調整。
    OEMの場合、導入する製品の形が決まっているため、自社ブランド製品のように音を出すことに特化した設計が難しいといいます。

    お客様が「こういう音を作りたい」という音を今まで培ってきた技術やノウハウを使って実現できるか、私たちのプライドの見せ所。
    行錯誤の末、発したのがこのスピーカー。
    これを搭載して新製品が展示会で発表されました。

    搭載されるのがシャープの8Kテレビです。
    そこには小さくオンキヨーの文字も。
    音の良さの証明としてオンキヨーのスピーカーを導入したといいます。

    しかし、この展示会はオンキヨーにとって試練となりました。

    シャープの上杉俊介さんは、
    われわれは家庭用オーディオ・ビジュアルという面もあるのでテレビのみならず周辺機器もしっかり提案していきたい。

    シャープは8Kテレビと同時に自社で開発したサウンドバーを発表。
    今後はオンキヨーのOEMに頼らずに自社でまかなうというのです。

    シャープは会社の形態が変わった。お客様の商売だからやむを得ない。
    新たな市場開拓を余儀なくされたいオンキヨー。

    そこで抜擢されたのがこちらの男性。
    オンキヨー&パイオニアの矢崎賢吾さん、

    いままで経験のない住宅メーカー、しきたりも違うので戸惑いはあった。
    矢崎さん、元々は市販のスピーカーを売っていたトップセールスマン。
    このピンチで1ヵ月前にOEM部門の営業へ移動しました。

    訪れたのは大手住宅メーカーのミサワホーム。
    本日は「加振器」の商談をさせてもらいたい。
    売り込んだのは加振器と呼ばれる物に振動を伝え、音が出るようにする機械です。
    一般的なスピーカーは紙の振動で音を出すため水回りは不向きでした。

    一方、これなら水回りでも使えます。
    この特性を武器に浴室での使用を提案していくとしています。

    BtoB(企業向け)の商品は主従の関係では「従」の商品。
    営業の仕掛け方、進め方は全く違う。
    試行錯誤が続く中、少しづつ結果も出てきました。
    目を付けたのはなんと炊飯器の音。
    イガー魔法瓶の和田隆弘常務、

    少なくとも10年間で3,000回から4,000回炊きあがりの音を聞く。
    その音が耳障りな音だとご飯もおいしくない
    ここに使われているのも加振器。

    この技術を軸に新たな市場へ打って出ます。
    大きな転換期を迎えたオンキヨー。
    果たして復活はできるのでしょうか?

    がけっぷちですから厳しい状況
    ようやく会社全体がBtoB(企業向け)主体の機能に変えると決まった。
    来年あたりから芽が出てくると思う

  • >>No. 665

    先ずは
    チョッと浸かって温まってから、
    お背流しますわ~(笑)

  • 今が真っ盛りの6819から、同じく往年の仕手銘柄と想起しコチラにたどり着く。
    ところが…いやいやなんのっ!業態&業績変化で著しく目を見張り、実績予測からしても出遅れ感高し!
    2020に向けたインバウンド需要も十分見込める♪テルマーHPもしっかり多言語対応。
    じわりじわりでいいからね~。
    着実に↑トレンドを刻むだろうと期待する一銘柄。

  • 尊敬、且つ敬愛する社会さんが、
    売り方支持に廻ると
    ホント手強いな〜あ(笑)

    いちいちごもっともと頷きつつも
    直近投稿の節々に、
    な~んとなく、
    焦りの色というか
    翳りさえ覚えるのは…気のせいかあ???

    立派な含み損でを抱え、
    正月お年玉も渡せぬ我が身ながら、
    それを根拠に週明け
    ちょっくらナンピン入れたしっ!

    社会さん、
    こんなボクを叱ってね!

  • う~~ん、
    今回のIR…
    本旨が読めない!
    素人には咀嚼できないっ!

    行使価格が
    現行株価より2割も高いCB、
    5割近くも高い新株予約権、
    なんて…
    万が一資金調達が急務な状況であれば、
    普通設定しませんよね~え。

    2Qでの逆転は難しいと思うけど、
    やっぱり、行使価格に向けてサプライズありそうだよ。

    禿げても金冷法で下半身鍛え
    まだまだ現役で頑張りまっす!!

  • Q「Alexa!オンキヨーの株価について教えてくれ。」
    A「…」

    Q「Alexa!オンキヨーの株価について教えてくれってっ!!」
    A「…」

    Q「Alexa!Alexa様!オンキヨーの株価について教えてくださいませ~~~!!!」
    A「へっ…へっくしょん~~!!」


    まあ、ここまで持ってたんだから、
    来月10日の2Qまでは待つさ!

  • 1Q決算やワラントでの大きな下げも、
    気にはすれども、
    あの時は余裕持ってホールド出来てた。

    前にも書いたけど、
    決して銘柄に惚れ込んでる訳でもなく、
    はたまたこの株の信者でもない。

    ただ、辛気臭く垢抜けしない、
    過去の栄光を引きずって
    ここに至った様な企業が、
    いま改めて自らの価値(技術)に目覚め、
    昇竜の如く生まれ変わる…
    そんな、
    わくわくする「夢」にかけたのだと思う!

    投資とは裏腹で、
    それこそ信者たる所以…
    と突っ込まれそうだし(笑)
    そいえば、競馬も
    「逃げ」か「追込み」しか買えなかった。

    でも、安心めされよ。
    時折とんでもない高配当が舞い込んできた。

    株とギャンブルを一緒にしてはならぬが、
    こと、オンキヨーに関しては、
    直線一気に追い込んでくる
    蹄の音が響いてくるようだ!

    相応の含み損抱えての戯言ですが、
    今はきっと手放す時ではない。

  • >>No. 461


    >スーパーで売られている「モヤシ」は、どんなに割安でも値上がりしません。
    >ここは究極の「モヤシ銘柄」ですから、適正価格は関係なしに売られ続けます。


    立派なゴタク並べてるけど…
    20倍の価格で売れるモヤシもあるみたいだぜっ!
    ⇓⇓⇓
    http://diamond.jp/articles/amp/68654?skin=amp

    ここが、こんなモヤシでは無いって何故確信できる???
    伊豆シャボのカピバラさんに叱られちゃうよ〜ん。

  • >>買った銘柄を宗教のように信じるから…
    なるほど、耳が痛いですな~~あ。

    ここのホルダーさんは
    少なくとも決算期待で持ってる方は
    ほとんど無し!
    …と思う。

    開き直りではありませぬ。
    決して芳しいとは言えぬ状況ながら
    次世代技術に果敢にチャレンジする姿勢が
    溢れ見えてくる…。
    単なる老舗の悪あがき、
    とは、とても思えませぬ。

    信者?
    いえいえ、「夢」に乗っただけです。

    評価損は悲しいですが
    しっかり持ってます。

本文はここまでです このページの先頭へ