ここから本文です

投稿コメント一覧 (45コメント)

  • 日本の恥さらしに、世界の情勢を鑑みたら分析出来るはず。
    会社がいかにガラケイで世界の中には出て行けない企業の証明に成った。

  • 此れでも人はプラスチック頼るのか!
    [ジュネーブ 12日 ロイター] - プラスチック公害は環境に広く拡散しており、人間は1週間にクレジットカード1枚分に相当する5グラムを摂取している可能性があるとの研究結果が発表された。
    これは、世界自然保護基金(WWF)の委託により豪ニューカッスル大学が実施した調査で、他の52件の研究結果に基づいている。
    最大の摂取源は飲料水だが、丸ごと食べることの多い甲殻類の消化器内に入っているプラスチックも一緒に食べてしまうことも、大きな摂取源になっているという。
    リポートは、「2000年以降、世界ではそれまで生産された総量に相当するプラスチックを生産しており、その3分の1が自然界に流出している」と指摘。平均的な人間が1週間に摂取しているプラスチック分子は、水からだけでも1769個に達している可能性があるとした。

  • 富士フイルム 再生医療ベンチャーのJUNTEN BIO社へ出資
    免疫抑制剤の使用低減を目的とした再生医療製品の開発に関する業務委託契約も締結
    2019年6月4日
    富士フイルム株式会社
    富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、このほど、免疫寛容(*1)を誘導する再生医療製品の実用化を目指す再生医療ベンチャーの株式会社JUNTEN BIO(以下Junten社)と、同社の第三者割当増資を引き受ける契約を締結し、2億円を出資しました。また、今回の出資にあたり、当社子会社の株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(以下、J-TEC)とJunten社の間で再生医療製品の開発に関する業務委託契約も締結しています。
    今回、これらの契約締結を通じて、Junten社が開発を進めている、免疫寛容を誘導する再生医療製品に関する技術・ノウハウへアクセスするとともに、薬事コンサルティングを受託していきます。

  • 報道関係各位
    2019年4月11日
    東京エレクトロン デバイス株式会社
    サーバー設置スペースを92%削減し、電力コスト削減にも寄与
    ~関西大学にHCI製品「Nutanix Enterprise Cloud Platform NX-8000シリーズ」を納入~

    東京エレクトロン デバイス株式会社(神奈川県横浜市神奈川区、代表取締役社長:徳重 敦之 以下、TED)は、関西大学(大阪府吹田市、理事長:池内啓三)にハイパーコンバージドインフラストラクチャ(以下、HCI)製品「Nutanix Enterprise Cloud Platform NX-8000シリーズ」を納入し、統合仮想化基盤として採用されたことをお知らせいたします。

  • 報道関係各位
    2019年4月9日
    東京エレクトロン デバイス株式会社

    AI検査システムを低コスト、短期間で実現する「TED AIプラットフォーム」を開発
    ~不良品の流出を防ぎ過検出を低減~
    「TED AIプラットフォーム」では、ディープラーニングを用いた識別技術により検査対象物の特徴から判別が行えるため、個体差がある対象物の判別、位置のバラつきへの対応、官能検査など、さまざまな用途での利用が可能です。
    複数の検査対象物を個別に推論処理する当社独自技術により、複数の製品が同時に流れてくるラインでの活用が可能になり、検査効率が向上します。また、推論処理の高速化を実現するためにインテルのディープラーニングのツールキット「OpenVINO™」を用いることで、AI検査システムを、低コスト、短期間で実現します。

  • 報道関係各位
    2019年4月5日
    東京エレクトロン デバイス株式会社
    東京エレクトロン デバイス株式会社(本社:横浜市神奈川区、代表取締役社長:徳重 敦之、以下TED) は製造業向けビジネス強化の一環として、製造ラインの自動化・省人化・効率化を実現するIoT×AI画像処理技術製品・サービスに注力し、インテル株式会社(以下、インテル社)、日本マイクロソフト株式会社(以下、日本マイクロソフト社)との連携強化によりIoT×AI活用領域の拡大を推進します。

  • iPS細胞の高品質・高効率生産を実現、総額約25億円を投資
    富士フイルムは20日、総額約25億円を投じ、米国に治療用の人工多能性幹細胞(iPS細胞)の生産施設を新設すると発表した。2019年度中に稼働させる計画。新設備は、米ウィスコンシン州にある再生医療子会社の隣接地に建設する。同子会社はこれまで大学設備を活用して創薬や治療の研究用にiPS細胞を開発していたが、将来的な商業生産をにらみ自前の設備を持つ。(2018/12/20-13:39)
    富士フイルムは、FCDI社をはじめ、株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング、富士フイルム和光純薬株式会社、Irvine Scientific Sales Company, Inc.などの富士フイルムのグループ会社の技術・ノウハウを活用して、事業拡大を図るとともに、再生医療の早期産業化に貢献していきます。

  • 階段を今は慌てて降りる人、降りてケガする人、何時までも降りる階段が存在する分けでもなく、必ず降りる階段は無くなります。
    残るのは登って行く階段だけに成ります、昇階段を放棄したら登れません。
    バルブの時代リーマンショックの時代色々ありました、長いスパンのチャート眺めて夢を見ましょう。
    「日はまた昇る」

  • ピンチが来ないとチャンスは生まれない40年の経験より

  • 化学メーカーの再生医療事業拡大、2桁成長続く 富士フイルムなどM&Aを加速
    2018年12月7日 17:39
    再生医療関連製品の国内市場、堅調に拡大 三次元培養やiPS細胞が市場けん引
     18年度以降も順調に拡大する見込みで、18年度は前年度比20.5%増の470億円、20年度は660億円、30年には3,600億円と予測している。

    ■種類別の構成比
    種類別の市場規模構成では「製品・消耗品類」が構成比43.6%の170億円、「機器・施設類」が同19.2%の75億円、「その他サービス」が同37.2%の145億円となっている。

    ■再生医療関連の企業別シェア
    企業別では「富士フイルム」が180億円の46.2%と首位、以下、「タカラバイオ」、「住友化学」、「味の素」がそれぞれ10億円の2.6%という結果になっている。
     「富士フイルム」は再生医療事業をM&Aを通じた買収により拡大。「ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング」、「和光純薬工業」、米国の「Cellular Dynamics international」などを子会社化、自社開発可能な一貫した体制を整備しているという。さらに最近ではディープラーニング用スーパーコンピューターの導入や、次世代AI技術の開発拠点開設など、再生医療を含めた各事業に活用できるAI技術にも注力している。
     「タカラバイオ」は遺伝子治療薬、細胞医薬品などの再生医療等製品の開発製造支援事業に注力。7月にはグループ会社がスウェーデン医療製品庁より、臨床用ヒトES細胞の製造ライセンスを取得したことを発表。米国の研究用試薬及び理化学機器メーカーの買収も売上に大いに貢献するなど、今後も製造設備の拡充と新製品開発に力を注ぐことを表明している。

  • フィックスターズ
    2018 年 11 月 28 日
    フィックスターズ、エッジビジョン AI の提案で NEDO 事業に採択 -エッジビジョン AI を超軽量化し短時間で実装する技術の研究開発-

    国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
    「高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティングの技術開発/ 【研究開発項目①】革新的AIエッジコンピューティング技術の開発」(追加公募)
    1 動的多分岐・結合トレース型AIプロセッサのエコシステム開発
    株式会社エヌエスアイテクス 株式会社ユーリカ 株式会社日立製作所 国立大学法人東京工業大学
    2 セキュアオープンアーキテクチャ基盤技術とそのAIエッジ応用研究開発
    学校法人慶應義塾 株式会社日立製作所 国立研究開発法人産業技術総合研究所
    3 AIエッジデバイスの横断的なセキュリティ評価に必要な基盤技術の研究開発
    国立研究開発法人産業技術総合研究所 みずほ情報総研株式会社 電子商取引安全技術研究組合 コネクテックジャパン株式会社 株式会社IIJイノベーションインスティテュート
    4 エッジビジョンAIを超軽量化し短TATで実装する技術の研究開発 株式会社フィックスターズ
    5 FPGA IP と可変精度演算コアの融合による超低消費電力エッジヘビーコンピュー ティング向けSoCの研究開発
    株式会社Preferred Networks 国立大学法人神戸大学
    【先導調査研究枠】 No. テーマ名 委託予定先
    1 メモリとして接続する小型リニアアレイアクセラレータの研究開発 国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学
    以上
    「高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティングの技術開発/ 【研究開発項目①】革新的AIエッジコンピューティング技術の開発」(追加公募)

  • ニュースリリース
    報道関係各位 2018年11月21日
    IoT向けメッシュ無線温湿度センサー「ConnecTED TH」で統合的な倉庫管理を実現
    ~立体自動倉庫や複数の倉庫での医薬品の温湿度管理に対応~

  • 東京エレクトロン デバイス株式会社(横浜市神奈川区、代表取締役社長:徳重 敦之 以下、TED)は、予知保全を実現する異常判別プログラム自動生成マシン「CX-M」に、正常データを学習し装置状態の変化を外れ値として検知可能な判別モデルを自動生成できる「外れ値判定機能」を追加し、「CX-M ver3.0」として11月13日より提供を開始します。

  • 空売り残高情報

    2018/10/03
    モルガン・スタンレーMUFG 0.840% +0.110% 284,766株 +38,800
    2018/10/02
    Nomura International 2.910% +0.020% 979,000株 +8,600
    2018/10/01
    Nomura International 2.890% -0.060% 970,400株 -21,400
    2018/09/28
    GOLDMAN SACHS 0.500% 0% 170,897株 再IN(前回2018-09-10)

  • 空売り
    2018/09/28
    GOLDMAN SACHS
    0.500%
    0%
    170,897株

    再IN(前回2018-09-10)

  • 平成 30 年度 「再生医療の産業化に向けた評価基盤技術開発事業(国内医療機関から のヒト(同種)体性幹細胞原料の安定供給モデル事業)」事業採択のお知らせ

    国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED)が公募した平成 30 年度 「再生医療の産業化 に向けた評価基盤技術開発事業(国内医療機関からのヒト(同種)体性幹細胞原料の安定供給モデ ル事業)」※1において、当社の申請事業が採択されましたので、下記のとおりお知らせいたします。 なお、今回の採択案件につきましては、AMED が本日公表した採択内容をご参照ください。 (

  • 平成 30 年度「医療機器開発推進研究事業」事業採択のお知らせ
    1.採択された当社事業及び内容
    「皮膚再建に用いる乾燥同種培養表皮の開発」 (医療費適正化に資する革新的医療機器の臨床研究)
    創傷を早期に治癒させる新たな治療法となる乾燥同種培養表皮の開発を行う。

    当社は、再生医療の産業化を目指し、自家培養表皮などの開発・製造・販売を行っています。国 内初の再生医療等製品である自家培養表皮「ジェイス」は、2007 年に重症熱傷を適応対象として製 造販売承認され、2009 年より保険適用されました。「ジェイス」は、患者自身の皮膚を原材料とし たオーダーメイド製造に3 週間を要するため、重症例では移植前に患者が死亡に至ることも少なく ありません。広範囲熱傷による早期の死亡を回避するには、広範囲の熱傷創の早期閉鎖を実現し、 急性期の全身状態を安定させる必要があります。 当社は、広範囲の熱傷創の早期閉鎖を実現するため、本研究を通じて、他人の皮膚を原材料とし たレディメイド(事前に製造・保存しておき、必要な時に遅滞なく使用することができる)製品と して、乾燥同種(他家)培養表皮の製品化を目指します。最終製品には生細胞が含まれていないた め医療機器に該当しますが、本製品の開発は産業化の観点から新たな再生医療の応用例となります。
    当社の開発パイプライン(同種培養表皮)として革新的医療機器の創出を図るとともに、日本の 再生医療のさらなる発展に寄与することを目指していきます。
    2.今後の見通し 本事業の実施に伴い、委託金収入(販売費及び一般管理費から控除)が見込まれますが、当社は、 2019 年 3 月期通期業績予想において、本件に伴う委託金収入額を見込んでおりません。今後、当社 の業績に重大な影響を与える新たな事実が判明した場合は、速やかにお知らせいたします。

本文はここまでです このページの先頭へ