ここから本文です

投稿コメント一覧 (1033コメント)

  • メディキットの浮動株はたったの36万株弱です。日々の出来高と板を見てもそろそろ飛んでくる気配です。

  • >>No. 165

    5桁に乗せた時点で1:2の株式分割、更に5桁に乗せて再び分割という流れになると思います。投資情報誌にも載っていましたが独自技術を持ったメディカルメーカーとして朝日インテックと同じような推移でテンバーガーを達成していくのではないでしょうか。

  • 9月権利付きで配当25円、来年3月に25円、今買えば実質8%近い配当利回りになりますからそろそろ動意づいてきますかね。メイドインチャイナ2025に向けて中国市場は勿論のこと欧米での販売も超繁忙と聞いております。PER200円超えのグローバルニッチトップの銘柄がこのような株価の筈がありませんよね。

  • 来三月期のEPSは400円を大きく超えてくることが予想されます。我が国だけでも毎年4万人近く増加している新規透析患者、更には世界に目を向ければ膨大な需要が見込まれることから将来的にはガードワイヤーで6000億円を超える時価総額を誇る朝日インテックを上回ってくるのではないかと思っています。すなわちテンバーガー銘柄といわれる所以です。

  • 朝日インテックは売り上げ550億円で時価総額6100億円です。現状メディキットは売り上げ190億円で時価総額は660億円ですが数年後には時価総額5000億円を超えてくると思います。

  • 循環器ガイドワイヤーの朝日インテックも6年前には時価総額600億円程でしたが今年の5月には8000億を超える株価までになりました。メディキットにその夢を託しています。

  • EPS190円超え、配当利回り4%の株価がPER10倍以下ということがあり得るでしょうか。少なくとも私の投資経験ではありません。

  • 板に売り物が並んできましたね。1300円を超えてくるといよいよ第一四半期の好決算を織り込んできますよ。

  • 私の経験ですと今から3年前の3月に四季報を丹念に調べていたら売り上げ、利益が居どころかえて伸びている会社がありました。熊本の地方企業、平田機工でした。2700円台でしたがその年の7月には6840円の高値をつけた後一休みしましたが11月には一気に8630円の高値まで駆け上がりました。その後一年後の11月に14720円の高値を示現します。和井田製作所との共通点はいくつもありますが高い技術力、製品力は勿論ですがカスタマーオリエンティッドで顧客に密着したサービス、アフターサービスが他社を寄せ付けないということかなと思います。岐阜高山の地方企業が見直されこの後上場来高値の4230円を遥かに突き抜けた高株価をつけていくことになると確信しています。

  • 相場全体を覆う不安感から好決算を評価する買い物も引っ込んでしまいましたが全く心配ありません。9月の中間配当権利付き最終前には2487円の高値を抜いてくるはずです。いずれ2006年4月に付けた4230円を抜いてくる日も近いと思います。

  • 心配された決算でしたが全くの杞憂でした。和井田製作所がグローバルニッチトップの工作機械メーカーとしての地位を確立したことをまさに証明することになりました。通期予想を変えてはいませんがEPS190円超えと通期配当50円(配当利回り4%超え)を織り込んでくることになるでしょう。来週にも大台を変えてくるものと期待しています。

  • 第一四半期決算でもきっちりと利益を上げているのはバイオ創薬ベンチャーでもジーエヌアイくらいのものじゃないでしょうか。アイスーリュイやF351等の大材料 や北京子会社の香港市場の上場申請も控えてここに集中してくるのではないかと思います。もしF351が上市されればその患者数からすればテンバーガーどころの騒ぎではありません。そーせいの大相場を彷彿させます。

  • 日証協発表の銘柄別株式等貸借週末残高によりますと貸し株が144万3000株もあります。5000円を超えてくると一気に買い戻しが入ってくるものと思われますがそれよりなによりアイスーリュイの間質性肺炎適応治験3相.F351肝線維症中国2相終了メドで3相入り等の材料に加え北京子会社の香港市場への上場申請等事欠きません。今年後半の目玉銘柄でそーせいの大相場を彷彿させます。

  • 日証協発表の銘柄別株式等貸借週末残高によりますと貸し株が144万3000株もあります。5000円を超えてくると一気に買い戻しが入ってくるものと思われますがそれよりなによりアイスーリュイの間質性肺炎適応治験3相、F351肝線維症中国2相終了メドで3相入り等の材料に加え北京子会社の香港市場への上場申請等事欠きません。今年後半の目玉銘柄でそーせいの大相場を彷彿させます。

  • 想定通りの決算になりましたね。明日のストップ高はほぼ間違いないでしょう。近々上場来高値の4230円も抜いてくると思います。高山発の技術力とカスタマーズファーストを社是に地道な努力を積み重ねた会社がまさにグローバルトップになった瞬間です。

  • 私も6時のNHKニュースで見ましたが衣料はもちろんのこと毛髪素材から車のボディまでその用途は多岐に渡ることが放送されていました。買い煽りをするつもりは全くありませんが素材のパラダイスシフトとして連休明けの火曜日には空売り方の動揺次第ではストップ高の可能性もありそうです。

  • 私は分割前の6300円(分割後3150円)からのホルダーですのですでに2年近くになります。業績の上方修正に加えてスパイバー関連リリースが近々あるものと思われますが今日久しぶりに日証協発表の銘柄別株券等貸借週末残高を見て驚きました。なんと浮動株245万株の58%を超える137万株もの空売り残がある可能性があります。取り組みで買っているわけではありませんが一体全体空売り方はどのように着地するのでしょうか。

  • オーストリアのIMSとのコラボで世界初の次世代マルチビーム描画装置を今期7台受注することになったことは競合他社で描画装置マーケットを独占していたニューフレアテクノロジーを撃退したことを意味します。5000円の大台超えも見えてきましたね。

  • 連休明けにも上方修正のリリースがあるものと思われますがグローバルニッチトップの金型関連研削盤メーカーとして揺るぎない地位を占めつつある和井田製作所に対する高い評価が株価に反映されてくると確信しています。それほど遠くない時期に上場来高値の4230円を抜いてくるはずです。

  • 第三四半期決算では
    売上高 62.76億円 営業利益 14.8億円  純利益 10.43億円
    会社発表の通期予想は
    売上高 81.51億円 営業利益 16.47億円 純利益 11.11億円
    第三四半期単独の決算は
    売上高 22.17億円 営業利益  5.6億円  純利益  3.87億円 
    となっています。
    第三四半期単独の決算と同じ数字が第4四半期でも上がると仮定すると本決算では
    売上高 84.93億円 営業利益 20.4億円  純利益 14.3億円
    EPSは222.6円となります。
    近々発表される上方修正が期待されます。

本文はここまでです このページの先頭へ